2017年8月21日 (月)

レンズ保護フィルターで後光写真撮影

幻想的でもない写真撮影は、

レンズ保護フィルターを汚し、

  

後光写真撮影をしよう!!と、

そんなバカな事に気が付く、

  

メガネで物を見る、私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トックリキワタの木、アラマンダの木は、手入れ不良で枯らし

そして、インドボダイジュの木、レイシの木、ナギの木に思う、

  お前らは、水生植物!?と思う様な、

樹木を育て、知るになった、

この木たちは、水を好む木と知る、

そして、水辺近くを好むのか!、

そんな事を知る、樹木観察になっている、

今年の夏の、植木鉢の木の、日々水遣りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

お盆の朝は、ゴーヤ稲荷寿司を、朝のお供えに

亡き母が、ゴーヤ料理を、好んでいた事を思いだし、

お盆に、ちょっと工夫のお供え飯は、

ゴーヤ稲荷寿司、ゴーヤ稲荷、ゴーヤ寿司でした。

ご飯、ゴーヤ炒め、油揚げの甘辛煮は、作り置きなので、手早く済む、

朝のお供え物の飯物でした。


冷や飯に、ゴーヤ炒め、すりゴマを混ぜ、レンジ温めして、

 

酢をかけて、混ぜご飯にして、油揚げの甘辛煮の袋に、詰め込み、

 

私には、美味しい、ゴーヤ稲荷が出来た!!と、

 

位牌が並ぶテーブルで、両親と先祖様達に、報告でした。

 

一言。

 

酢飯は、ご飯に、酢だけで十分で、

 

稲荷の油揚げの甘辛煮は、

 

  一味、粗目、醤油で味付けなので、

 

酢に、何かを足す必要はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

風に舞う掛け軸に、軸先が化粧壁に当たり、ししおどし同様の音を聴かせる

人が立ち入らない、和室に、

 

  畳みカビ防止で、首ふり扇風機を置き、

 

私が、仏壇に行く時に、

 

  その扇風機の風を乱した結果に、

  (あとで知る事に現象・状況)

 

人気も無いのに、「あれ、何の音だ?」となり、

 

  音の方向を見ると、掛け軸が揺れていて、

 

掛け軸の軸先が、化生壁を打ち

 

  ししおどし(鹿威し)同様の音色を聞かせてくれた

 

朝の仏壇の、お釈迦様、お寺さん、先祖様、

 

  両親に、お参りした前後の事でした。

 

 

 

そして思った、これと同じ構造の物を作れば、

  私も、何時でも、鹿威しの音を楽しめるか!!でした。

補足。

アメーバブログに元記事を書き、その後、こちらに転記でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

読み間違い、見間違いに始まった、恥の上塗り!、墓穴を掘る!を実感!!

投稿コメントの公開に、

  「あっ!、コメントを間違えた」から始まった、

投稿したら、変更が利かないコメントに、

公開されたコメントを見て、文字は間違ってなかった!!のに、

  それを読み間違い、そして、見間違いに

縁(えん・ゆかり)と、緑(みどり)の文字を、ご認識し、

トンチンカンな、訂正コメントを書き、

また、公開に知る、

今日の朝の、「墓穴を掘る!」になり、「恥の上塗り!」になった、

一人では、読み間違い、見間違い、勘違いを、

  どうする事も出来ない、今日の、一人暮らしの私でした。

追記。

間違えた!と思ったら、間違いでは無い、

文字の見間違いに、よみを平仮名で、

その漢字が、間違っている事を気が付かず、

コメント再投稿の、コメント公開に知る、後の祭りで、

コメント投稿と公開確認の、

  タイミングずれに、ドツボにはまった

そそっかしい私でした。

そして思う、宮崎緑さん、コメント繰返して、ゴメンなさい!でした。

宮崎緑オフィシャルブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

せんべい布団の欠点補正は、ひざ掛けを首枕にして、毛布を腰枕にする

私の体の構造にあわせ、

有る物利用で、

体型補正に、ひざ掛け、毛布利用で、

ひざ掛けの折り方で、高さ調節して、首枕に、

毛布の折り方で、高さ調節して、腰枕に使うを知り、

何よりはましか!の、廃品利用で、

敷き布団の下に、ひざ掛けと、毛布を使い、

  布団に高低差を付け

廃物利用に、倹約生活を知るでした。

そして、もう捨てるか!の、ひざ掛けと、毛布!に、

  利用方法を考える私でした。

一言。

結果的に、欠点補正は、ひざ掛けと毛布でしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

ニガウリとピーマンの塩コショウ炒め、炒め物の油分は、サラダ油

ニガウリを頂いた人からは、

「ニガウリとベーコンで、炒めている」でしたが、

貧食家の自宅に、

  

ベーコンなどが置いてある分けも無く、

ベーコンを普段、使う事も無いから、購入しても、他の予定も無しで、

直ぐに、思い浮かんだ、

  

それなら、塩コショウとサラダ油で炒めれば、

ベーコンの調味料使いなどは、不用だ!!の私でした。

そして、癖のある香りの食材、ニガウリとピーマンを、

  ピーマンの、カサマシ利用で、

さてどうなるか?は、

  分かっているつもりに、

二種の食材を、一緒に炒めよう!!と、

  

昨日浮かんだ、料理案を、

改めて、ここにも、メモでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

お米は床下収納庫利用で、中間保存は、虫も湧かない、タッパ保存

10キロのおコメが無くなるのに、三ヶ月を要しますが、

お米の米びつ保存は、何の意味も持たない!!と思う私。

最初は、買って来た、ビニール袋の10キロの米から、

中間保存用のタッパに、

  五キロの米を、米のビニール袋から、タッパに移したら、

暗闇になる、食器棚に、タッパのお米保存して、

残りの、五キロは、コメ袋のビニール袋を、

  洗濯バサミで、袋の封をして、金属バケツに入れ、

床下収納庫から、残りの五キロを、持ち上げやすくしておく、

  金属バケツの封はしない、

床下収納にしても、残り五キロだけで、

床下収納とタッパの暗闇食器棚の保存の併用で、

  お米10キロを、三ヶ月で食べ切るに、

おコメの風味が、変わる事は感じてない、私です。

そして、私の1日一回の米食では、

  米びつが不用と感じている、

お米を炊く事も間欠で、お米保存タッパの、蓋を開けるのも、

ご飯を炊く時の、九日に一回で、

  炊いたご飯は、ご飯用タッパ入れ、野菜庫保存の、

土鍋でご飯を炊く時だけになってます。

また、

お米10キロを購入する時には、

  中間保存のタッパには、お米が、九食分以下になってから、

次のお米の購入にしています。

元記事は、アメーバのもう一つのブログに書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

「抱きしめて」の歌詞がある歌の検索に、「抱きしめて」のタイトルの歌があるだろう!!でした

歌のタイトルに、「抱きしめて」がある、大月みやこさんの歌、

歌詞に、「抱きしめて」文字がある、「今夜は離さないpartⅡ」に、

大月みやこさんの歌なら、

  歌詞に「抱きしめて」の台詞がある歌は、

数え切れないと思う、

  演歌歌手、大月みやこさんの、歌詞と歌声が大好きな私です。

そして、最近は、

大月みやこさんの「終着駅にて」と、 

野中彩央里さんの「夜汽車は北へ」に、

歌で旅情を楽しむ、ほぼ、セットで歌うかな!の、 

二年ほど前に、野中彩央里さん歌世界にも、はまり込んだ、

  「忘れ雪」の、彩央里さんの歌声にもはまった、 

私の歌の嗜好です。

余談。

二人の歌が大好きと言っても、

  大雑把にくくると、歌詞に幼さを感じる歌はダメですけれど。

一言。

アメーバブログ「そらがいっぱい・くもがいっぱい」からの、

下書きを転載でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演歌歌手、野中彩央里さんと私が写った、一枚の写真に

演歌歌手、野中彩央里さんとの、写し直しが無い、

  

ツーショット写真一枚に思い浮かぶ、

娘の手を取り、花嫁の父と仮している、私」。

公開していない、非公開の、演歌歌手とのツーショット写真の事ですが、

その、ツーショットに見る、親子でもない私と歌手の方との写真に、

  最高の親子ショットが、写し取れていた気がした、

自分ではシャッターを切る事も無い、写し取られた、写真の結果に、


こんな様子を写して欲しいと望んだ、それ以上になった、

  

娘に見つめられている、

  そんなシーンの写真を写したい!!
の、

要望が、希望が、気持ちが、届いた気がする、


歌手のお嬢さんと私の、ツーショット写真の一枚に、

  私の思いが届いた、結果を見た!!になった、

普通は、ツーショットと言わない、一枚の写真でした。


そして、このツーショットを写す切っ掛けは、

彩央里さんに、一年ぶりほどで、お目にかかり、

私の脳裏に浮かぶ、文字、

  「野中彩央里さんとの思い出だけで生きられる!!」に、

この文字が、写すテーマになり、彩央里さんとのツーショットでした。

余談。

 心に響いた、「忘れ雪」の歌に、垂井まて、野中彩央里さんの、
生歌を聞きに出かけ、彩央里さん歌声に、一目ぼれ?になった、
それ以来、近くに、キャンペーン来られたら、
野中彩央里さんを、追いかけて出かける事にしている、私です。

追記。

今日の、このマトメ記事の原稿にした、私のアメーバのブログに書いた、
三つの原稿記事へも、下記から、リンクです。

歌手とのツーショットに思い浮かぶ、娘の手を取り、花嫁の父と仮している、私。

すきな人に見つめられてる写真、そんな写真を、写す機会があった、キャンペーンでの出来事。

「野中彩央里さんとの思い出だけで生きられる!!」をテーマの、彩央里さんとのツーショット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

苦味調味料をゴーヤのサラダ油の炒めに知る

苦味と言えば、アクでしたが、

ゴーヤの塩コショウとサラダ油炒めに知る、

  炒め時間で、苦味は調整できる、

自分好みの苦味を、ゴーヤで作り出せる!!に、


湯豆腐のゴーヤ煮のトッピング(ゴーヤ炒めの鶏肉煮)で、

  苦味の味に、違和感も無かった、

苦味の味も、美味しく味わった(控えめな苦味)、

ゴーヤ一つの炒め方だけでも、醤油と鰹節での味付けで、

  身近ある、ゴーヤを苦味調味料に出来るんだ!を知る、

ゴーヤの塩コショウのサラダ油炒めの炒め時間で、

  苦味も、自分好みに調節できるを知る、

鶏肉も足し煮して、鰹節も足して、コトコト煮に知る

(リンクはもう一つのゴーヤ料理記事)、

ゴーヤの苦味を楽しむ、ゴーヤの苦味調味料の生かし方でした。

補足。

私は、料理の専門家でもない、

  

料理の素人の、私のゴーヤ料理の記録なので、

さらに、ここの記述は概要なので、

  

味付けは、試行錯誤を、お楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

酔って歌うなら!!の宴会芸として、訓練は、「三味でダンスを」でした

カラオケ初心者の独り言ですが、

酔って歌う訓練は、野中彩央里さんカバーの「三味でダンスを」でした。

そして、

三味の音色も心地いい、

  ハミング部分もある歌に、

男が歌っても、色気も無いけど、

  でも、カラオケ喫茶のチーママの、

微笑みを引き出せる歌で、

  宴会芸なら、楽しめる!と知る、

「三味でダンスを」の歌になりました。

そして、最初は、酒を飲みの、ほろ酔いでの、カラオケでしたが、

ほろ酔いの、イメージトレーニングにもなり、

  今は、酒を飲まなくても歌える、

野中彩央里さんカバーの「三味でダンスを」でした。

追記。

チーママは、介護の道に進まれ、

ツインボーカルの相棒を失った私は、

ちょっと、疎遠になっているカラオケ通いです。

チーママが一緒に歌ったくれていた、歌の一覧

一言。

  チーママは、歌の覚えも早く、私が、一、二回でも、

迷いながらでも歌って、気に入れば、一緒に、歌ってくれてました。

大月みやこさんの歌から。

  幸せ明日も、東京しのびあい、今夜は離さないpartⅡ、愛愁、

  愛にゆれて、夢に抱かれて、恋ものがたり、終着駅にて、

  涙かさねて、抱きしめて、心ひとすじ。

  夢追い橋、トカラ海峡←チーママが関心無く私の一人歌。

野中彩央里さんの歌から。

  郡上恋歌、雪国恋人形、恋路、海峡、夜汽車は北へ、夕月海峡、

  忘れ雪、東京・札幌、雪国恋人形。

  秋蛍、籠の鳥、白夜←チーママが関心無く私の一人歌。

山本あきさんの歌から。

  金沢忘れ雨、十六夜化粧、涙の川を越えて、男女川、

  砂の橋、たそがれ本線、寒すみれ。

  別れの雨音、花咲かす雨←チーママが関心なく私の一人歌。

西田あいさんの歌から。

  都会のおとぎ話←譜面が読めるチーママは、歌を直ぐ覚え、

一緒に歌ってくれた歌。

杉田次郎さんの歌から。

  ふぞろいの人生←チーママも知っていた歌。

キムヨンシャさんの歌から。
  北の迷い子。

 

余談。

野中彩央里さん歌を、私が原曲キーで歌うカラオケに、

  チーママは苦戦気味の時もありました。

そして、キーの上げる下げるを知らない、カラオケ初心者の私でした。

一言。

記事の原文は、アメーバブログのひとりごとの、お気に入りの曲からでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

古株のシオデの雌株の花と今年咲いたシオデの雄株の花

Shiode201706xx

Shiode201706282_2

Shiode201706281

Shiode201706283

シオデの雄花を見た事がなく、種まきをして、七年後ぐらいに、シオデの雄花を見る事になった、これで、願いが叶った、雌雄異株のシオデに付いた、雄花、雌花でした。

写真一枚目、花粉のある雄花は、今年初めて咲いた雄花で、種子を蒔いてから、七年ぐらい経過したシオデに咲いた雄花

写真二枚目が子房のある、一粒の花の先端が、三つに開いている、この雌花の集合は、このシオデの雌株を、マキの木の垣根の中に見つけてから、種子も採取で、この雌株が、成長を始めてから、もう何年経過しているかは不明の、今年つけた雌花の一つ房。

写真三枚目が、マキの木を支柱代わり、今年も育っているシオデで、このシオデの新芽を見た時は、薬指の太さぐらいに、食べ頃が思い浮かんだけど、我が家では、これまで、この雌株が無くなったら、素敵な色の種子を見られなくなる!!と、食べられないでいました。

写真四枚目が、毎年、株は成長していて、太くはなって来ていたけど、好きな植物、ワラビ、ナギ、シオデ、サルトリイバラの寄せ植えの一鉢の中で育つ雌雄不明のシオデが、今年は花を付け、雌株と分かったシオデの一株に、まずは、予備の雌株を見つけた!!になりました。

余談。

シオデの種子を蒔き育て、シオデの雌花の形しか知らなかったけど、今年咲いた、シオデ雄花ばかりには、雄株の花に、シオデの雌株を見つけられる確率が下がりっぱなしになり、諦めかけていたら、一鉢の中に育つ、雌株の花をみて、嬉しくなった私でした。

また、成長スピード知らないシオデに、シオデ畑にするには、根気が足りないかなと思う、今は、百本ほどのシオデは、種蒔きをした常態のまま育てている、気が向いたら、十本ほど、植え替えて、様子見をしたりになっています。

追記。
2017/06/29 記事中二箇所に、雌雄の誤記が有る事に気がつき訂正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

チーママとの二人カラオケに、左耳は、チーママの声を聞き、右耳は自分の声を聞くになる!!

序文。

ツインボーカルの二人カラオケに、楽しみ方を、見つけた・知った、

 

  昨日のカラオケ喫茶ことぶき(江南市)での出来事を、分析でした

以下の本文は、別のブログからの転載。

そして、アメブロは、ネット上では、検索に対して、

  ローカル記事と感じている為、niftyのcocologのブログに転載でした。

本文。

カラオケ喫茶ことぶき(江南市)での、二人カラオケに、

 

チーママが合わせる、音程に、

 

  私は、チーママのガイドボーカルを、聞く余裕・楽しむ余裕に、

 

声の質の違いも楽しむ余裕も出てきたを自覚で、

 

二つのスピーカーの位置の違いもありで、

 

左側に立たれるチーママに対し、私は、右側のスピーカに近くなので、

 

左耳では、チーママの声を聞き、

 

  右耳は自分の声を聞くになる!!になった、

 

今日のカラオケ喫茶でした。

 

また、

 

山本あきさんの、「たそがれ本線」は、

 

  二人のお客さんが、歌われ、嬉しくなり!でしたが、

 

でも、ちょっと不満に思った、

 

フレーズの二箇所にある、フレーズが終わる後にある、

 

  心地よい、女性の声の「ふぅー!」の音が、楽しみたい私は、

 

歌われる方が、変に歌い方を伸ばされると、

 

歌の中の、「ふぅー!」の声が、掻き消されるを知る!になった、

 

チーママに、この後ろに、

 

  女性の声で「ふぅー!」の音があると説明した、私でした。

 

そして、

 

野中彩央里さんの、「別れの桟橋」と、

 

  大月みやこさんの、「紅の傘」も、それぞれ、別の方が、歌われに、

 

この三人の歌手のファンなので、嬉しくなった、

 

  昨日の「カラオケ喫茶ことぶき」での出来事になりました。

 

一言。

 

大月みやこさんの「涙かさねて」「花くれない」「今夜は離さないPartⅡ」では、

 

  「ガイドボーカルがある」と、チーママに言われ、

 

私は、歌う自信の無さに、ガイドボーカルを使う事に、

 

そして、チーママの、歌えるようになれば、ガイドボーカルを切れば、

 

  大月みやこさんの本人映像が、見られるから!に、

 

チーママも一緒に歌われる事になり、

 

  ボーカルガイドありで、二人カラオケで歌い、

 

私もチーママも、一緒に、練習しなくちゃ!!になった、

 

私は、24時間聞ける状態の、

 

  デジタルプレーヤーに、この三曲が未登録で、

 

脳の音の記憶に、勉強不足・訓練不足を知る、三曲になりました

 

他に、

 

二人の方が列車関連の曲を歌われたので、

 

私とチーママの二人カラオケでは、

 

  野中彩央里さんの、「夜汽車は北へ」を歌ったり、

 

カラオケ喫茶も日中の営業の終盤の時間では、

 

ふんわかの温かみを感じられる、

 

  山本あきさんの「寒すみれ」を、二人カラオケに、

 

チーママの交代時間前には、

 

  大月みやこさんの「幸せ明日も」で、

 

私とチーママで、父と娘感を楽しんだ、二人カラオケに。

 

また、受付が、チーママから、ママに代わった時間では、

 

一人カラオケで、大月みやこさんの「夢追い橋」「トカラ海峡」、

 

  野中彩央里さんの、「白夜」を歌い、

 

編曲音・アレンジ音を楽しんだ時間でもありました。

補足。

アメブロ「そらがいっぱい・くもがいっぱい」に記述した、
  下記リンク先と同記事の転載でした。

チーママとの二人カラオケに、左耳は、チーママの声を聞き、右耳は自分の声を聞くになる!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

歌声の広がりを楽しむ、男と女の二人カラオケ

以下は、私のアメーバブログの記事から、

  ちょっと編集を加え転載。

カラオケ喫茶ことぶき(江南市)で、

夫婦で見えていた、年配の女性の方に、

  「一人で歌えば!」と言われ、

私は、「自分一人だけの、声だけでは、つまらない!」と、

  言い返すと、

女性の方も「そうなのよ!!」と言われ、

また、女性は、「鼻声の男の人とだけど、

  二人カラオケを楽しんでいる」とも聞いた、

年配の女性は、

次からも、チーママと一緒に歌って、

  二人カラオケを楽しませて!!」と言われ、

私は、「同じ、カラオケ趣味の人がおられた!」と、

  知る事になった、

カラオケ喫茶での出来事でした。

補足。

二人カラオケは、デュエット限定ではなく、

  男と女が二人で歌う、声の広がりを楽しむ

二人が好きな歌なら、どんな曲でも良く、

二人が一緒に歌う、カラオケで歌っての楽しみ方です。

元記事タイトルと元記事リンク。

一人人カラオケより、男と女で歌う、二人カラオケが好きな、

  年配の女性に出会った、カラオケ喫茶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

山本あきさんの新曲、先月発売のカラオケファンに掲載が無い!!

そんな事も知らない、山本あきさんの歌声ファンなんですが、

私は、カラオケ喫茶に、雑誌カラオケファンが有っても、
  譜面が読めないので関心も無く、歌の雑誌にも興味が無く、

 

譜面が読めないから、雑誌では音が見えないに、

もっぱら、頼りは、ネット試聴で、A面で雰囲気は知るで、
B面は、新曲発売後の、ネット販売の試聴で知るになってます。

 

また、歌詞にドロドロ感を受けたりすると、興味外の歌になったり、
歌詞にも、何かと拘る、アレンジにも、耳障りの良さ!!を、
  求めたり・探したりする私です。

 

そして、9月9日の山本あきさんのキャンペーンでは、
地元のカラオケ喫茶のチーママにあげる予定で、

  CDは余分に購入だったので、

 

昨日行った、何時ものカラオケ店では、

  カラオケアァンに未掲載が幸いした、

どの道、B面は、カラオケファンでは、知る余地も無いから、

  B面マニアの私は、チーママを相棒に、歌う事も有るので、
歌唱指導はしてもらわないけど、
歌のガイド、沿い歌をして頂いていて、

 

カラオケの得点に全く興味が無い私には、

歌い慣れても、一つの歌を、男と女の歌声で楽しみたい、
好きな歌を、男の女の歌声で楽しみたい、そんな、歌う趣味の私
は、

 

昨日のカラオケ喫茶ことぶきで、「たそがれ本線」は、
  私とお客さんのもう一人が歌われ、

そのお客さんは、私とチーママで「寒すみれ」を歌ったら、

  私も覚えるよ!と気に入って頂いたりしたり、

一人の女性の方は、AB両面とも覚えるよ!に、

 

また、チーママには、「たそがれ本線」「寒すみれ」の両曲を、

  気に入ってくれた様で、

チーママは、覚える為に、譜面を見て歌って、

  私を、その歌のガイドで、助けて頂いたりに、

ちよっぴり嬉しくなった昨日でした。

 

余談。

温かみを感じる、山本あきさんの歌声が大好きな、

  歌詞に、耳障りの良さを感じない時は、

時に、ごめんね!!の選択もある、

おまえファンか!と言われても、

  山本あきさんのファンだ!!と、言い張る私です。

 

一言。

誤字脱字、文章が正しいか、チェックはしてません!!。
翌日のココログ転載に関連して、日付表現を修正。

 

追記。

大月みやこさん、野中彩央里さんの歌も、

  カラオケ喫茶ことぶきで楽しんで来た私でした。

 

再追記。
歌の手帖2016年10月号に、インタビュー“上唱気流”、

そして 、山本あきさんの名前を見つけたけど、

  雑誌の名前は知っていても、カラオケ喫茶では、

見た事も無い歌の雑誌に、内容は???でした。
そして、同誌の”歌の市「新曲攻略講座」”に、

  山本あきさんの名前をみつけた、
もうちょっと、ネット検索すれば、何か分かるかも!に。

一言。
この転載の元記事は、アメーバのブログ記載。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

山本あきさんの新曲「たそがれ本線/寒すみれ」を歌いに行こう!!

今回は、お気に入りの二曲になった、

  山本あきさんの、2016年の新曲CDに、

 

そして、今日は、午前中から、

 

山本あきさんの新曲「たそがれ本線/寒すみれ」を、

カラオケ喫茶ことぶきへ、

  チーママも、多分、気に入る二曲だと思うので、

また、一人で歌うに、二曲を歌う順序は、部屋から旅に出る気分で、
  「寒すみれ -> たそがれ本線」の順に、歌おう!!。

そして、チーママと、一緒に歌えると思う、予感?に、

でも、チーママと歌うのは、ダメモトでも、

今日、お店が始まるまでの時間、パソコンのCD再生で、

  繰り返し、二曲を聞いていれば、

 

今回の作品は、私の心には届く歌!!なので、

  一人でも歌える!!、二曲なので、

まず、カラオケ店へ、歌いに行こう!!でした。

余談。

ここ数年の山本あきさんの、新曲に、

  歌の世界に、入り辛さを感じ、少し、小無沙汰してたけど、
今年の新曲のネット試聴に、

山本あきさんを追いかけて、CDショップのキャンペーンに、
  愛知県江南市から、三重県桑名へ出かけた、
今回は、お気に入りになった二曲、
  「たそがれ本線」、「寒すみれ」でした。

追記。
三重県桑名のショップキャンペーンでは、
  山本あきさんに、
「歌が気に入らないと、来ないけど、ごめんね!」と、

  失礼と思いながらも、一言掛けた私でした。

 

補足。

カラオケ喫茶では、私とチーママで、
大月みやこさんの歌、野中彩央里さんの歌も、二人で歌います。

一言。
アメーバーブログの元記事から転載。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 9日 (金)

妻も子も居ない人生で、山本あきさんに合えた、最高に、嬉しい出来事!!

歌手・演歌歌手、山本あきさんを、追いかけて三重県桑名市に、

ネットの新曲試聴では、「たそがれ本線」の歌は、気に入る予感で、

「寒すみれ」のB面の曲も、

  早く、山本あきさんの生声から、聞きたくて、桑名に出かけ、

本当は、一番は、娘のような年の、山本あきさんの、

  笑顔を見たくて、声が聞きたくて、出かけた桑名でしたが、

「たそがれ本線」「寒すみれ」の二曲が気に入った、

  桑名のキャンペーンへ出かけた私でした。

そして、文字数の多いサインをお願いしたりに、

CD三枚で、ツーショット撮影は三枚からに、思わぬ嬉しい、

  山本あきさんとの、ツーショットの偶然の一枚があった、

持ち込みカメラでのツーショット撮影に、

カメラを操作される、スタッフさんの、

  撮影タイミングを考慮されない、遠慮ない撮影に、

妻も子も居ない人生で、一番、嬉しい出来事になった、

親と娘の様な、私と山本あきさんのツーショットが、一枚あった事でした。

それも、普通に見れば、山本あきさんが、カメラ目線で、

  私は、山本あきさんに、話しかけている、横顔ですが、

これまでにない、歌手の方を追いかけていて良かったと思った

癒される声、癒される歌声の、お気に入りの声の一人、

  山本あきさんだから、良かったと思った、

ツーショットを写して良かった!!と思った、

今日の桑名行きになりました。

余談。

今まで、ツーショットを撮影する度に、

  私の半分だけ残して、カットすれば、

遺影更新のつもりで、写されていた、私でした。

一言。

嬉しかった、デジカメの中の一枚は、いずれ、掲載します。

追記。

デジカメ、p900は、私には、今回も歌手の方を、

蛍光灯下でしたが、ストレス無く写せました。

一言。

アメーバーブログの元記事から転載。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

ネットには無い、私の、カラオケ喫茶の楽しみ方!!

カラオケマナーだのの、ぐだぐた話など、

  検索で、出会った、記事には、

全く、興味も無い私は、

アメーバに書いた、私の、

  カラオケ喫茶での楽しみ方を、ここに転載でした。





☆--------------------------------------------☆

好きな歌のレパートリーは、

大月みやこさんと、野中彩中里さんの歌が、ほとんどで、



一人で歌う、自信も無く歌う!に、

チーママが、気に入ってくれた歌は、

  歌のガイドを、お願いしている事で気がついた、



歌う気分は、ヒデとロザンナで、そんな気分で歌う!!に、

歌声の受け持ちを、低い声は、私が受け持ち、

  高い声は、自然な発声のチーママで、お願いすれば、

カラオケを、一人で歌うより、男女二人で、声を重ねて歌う!!は

  好きな歌も、また、違った楽しみ方出来る!!
と、



そして、チーママが、忙しくて、一緒に、歌う時間が無い時、

  チーママが、納得されてない歌は、一人で歌うに、

これも訓練と、一人で歌う事もある、私です。




男女二人カラオケの考察など。

今日は、野中彩中里さんの歌を、私以外では、

  二人の、お客さんの歌われました。

男性とチーママで、デュオ 札幌・東京、

女性が、野暮天さん。

私一人では、音程は原曲のままで、

  チーママとの歌声合わせをしたくなり、

私自身の歌声を下げる練習をした、

  海峡、夕月海峡、夜汽車は北へ、白夜、忘れ雪。

大月みやこさんの歌から、

一人で歌ったのは、恋ものがたり、水仙、幸せ明日も、

チーママと一緒では、愛にゆれて、愛愁。

☆--------------------------------------------☆




下記リンクは、アメーバの私の編集前の元記事。

男女で歌う!に、カラオケ喫茶の楽しみ方を確信する!!

時に、私が、男と女の声で、

  二人カラオケを、楽しんでいる、お店へのリンク。

カラオケ喫茶ことぶき(江南市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

初めて、自衛隊輸送機 C-2を見た、昨日の江南市の上空

見慣れない輸送機に、写真を写し、
  川崎重工製造のC-2と知った、

昨日の木曽川沿いの、江南市上空を、
  周回飛行をしていた、

検索して知った、
  航空自衛隊、新型輸送機、
C-2の機体でした。

C2_201608012 C2_201608011


晴れている時間帯の周回飛行に、
  写す事が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«大月みやこさんと野中彩央里さんの歌を、カラオケで、助けも借りて、歌ってみました