« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月24日 (火)

せせらぎ遊歩道から西山頂上へ

15日は近隣の神社へ、左義長はどうなっているのかなと散策に

kumanosya1 森が無くて見落としていた熊野社



oirijinjya1 地元の神社の魚入神社



shiinoki1 熱田社のシイノキに、キノコのヒラフスベが大発生



hoteidaibutu1 布袋大仏は化粧直しが完了してました



igagaharajinjya1 伊賀ヶ原神社へは、ミツバチの巣の様子を見に
でも、寒いので木の幹では飛んでいませんでした
冬では、スズメバチも、ミツバチを狙いようがありません

koke1 神社の木に苔、さて、何の木でしょうか?



kareha1 まだ、枯葉をつけている木、何の木かな?
春に、また、見に行かなくては・・・


shinmeisya1 神明社では、のぼりが、まだあがっていました



hakusansya1 白山社では、鳥居に締め縄が、張られていました



kochino1 古知野の商店街は、寂しくなりつつあります




22日は、せせらぎ遊歩道では朽木に育つキノコを、
西山頂上へは、まだ行ってなかったので、どんな所かと歩いてきました

suisen1 朝一番には、まだ、日陰になっている場所に咲く
水仙を写して


正月から、ほとんど、体を動かしていなかったので、
犬山の桃太郎神社脇の、せせらぎ遊歩道の脇にある朽木のキノコを
日陰にあるけど、フラッシュを使って写してみようと出かけました
体力チェックを兼ね、西山山頂までの低山徘徊です

せせらぎ遊歩道にあった朽木に育つキノコkinoko1
kinoko2kinoko5kinoko4kinoko3


食べられそうかかなと思うようなキノコもありましたけど、私には区別がつきません

fuyuichigo1 せせらぎ遊歩道には、
フユイチゴ(冬苺)も沢山育っています

seseragi1 せせらぎ遊歩道の木陰から覗く日差し


せせらぎ遊歩道を抜け、西山山頂に向う道から
今日の青空なら、山からの御嶽山も楽しめるかな?

kouyabouki1 コウヤボウキが綿毛を楽しませてくれました



kanamemochi1 落葉した中で、常緑のカナメモチに
沢山の赤い実は目を引きます
ただし、下ばかり見ての山歩きでは、
目にとまる事はありません
mushikobu1soyogo1  ソヨゴの幹に見つけた虫コブと、
常緑のソヨゴに赤い実

ontake1yamaaruki1 西山山頂までの道のりから
写真右の遠くに見える山が御嶽山でいいはず

nishiyama1 nishiyama2 先に見える山が西山の様
西山山頂についたのですが、
木立ちの中で、
展望はまったく望めずでした

tenbou1 帰り道で岐阜方向の眺めを写し


urajiro1 せせらぎ遊歩道では、ほとんど、見られなかったウラジロも
頂付近の道筋には育っていました

| | コメント (0)

2006年1月 9日 (月)

宮田町の大明神社

小網橋近くにある、宮田町の大明神社では、
もう、左儀長のようでした。
写真は8日の昼過ぎに写してます。
daimeijinjya1 私の住む小杁町の魚入神社では左儀長は
15日だったと思います。

| | コメント (0)

園芸花卉公園予定地

木曾川上流を向いて写す。
堤防右に広がる、(仮称)国立園芸花卉公園予定地を
まだ管理棟の建物の形だけしかありませんが、
冬の様子を写しておきました。
写真、中央少し左に見える背の高い建物は57mある
「すいとぴあ江南」です。kouenyoteichi1

| | コメント (0)

2006年1月 7日 (土)

セイロンベンケイソウ、咲くのは何時

セイロンベンケイソウの蕾が、小指の第一関節まで
ぐらいの大きさに膨らんできましたけど、
咲いた花を見たことが無いので、
花が開くのが何時になるのか分かりません
このセイロンベンケイソウ、最低温度が10度を
切らないように暖房している仕事場に置いてます
補足、撮影は室内の為フラッシュ使用です
bankeisou7 bankeisou8

| | コメント (0)

2006年1月 1日 (日)

1月1日、夜に徘徊

元旦の夜(1日の午前0時過ぎ)、寺と神社に出かけ。
オートと夜景モードの両方で写してくるべきだったと反省
久しぶりの夜の散策に、失敗でした。
紅白の垂れ幕があるのはoirijinjya1曼荼羅寺の鐘つき堂。 oirijinjya2 mandaraji1

| | コメント (1)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »