« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

パパイヤ、クダモノトケイソウ

Papaiya1iPapaiya2iパパイヤの幹に芽吹いた緑に、枯れる心配は要らなくなった感じです。
そして、この反対側に、もう一箇所、葉芽をみつけ、こちらも、成長に期待です。
上部が枯れて、背丈を半分の位置で切り、防湿処理して、葉も無く育てていたけど、幹が緑なので、葉は無くても光合成はするはずだからと、少しの期待で、待っていた、小さな新緑と、さらに嬉しい、もう一箇所からの芽吹き。
Kudamonotokeisou1iクダモノトケイソウ、最初に、蜜線に集まる蟻を写していた蕾が、花も写したけど、運良く、結実もしました。この状態なら、実は、無事、育つと思います。
何年ぶりかで、また、色づく実を見られると期待です。
2006年8月22日、追記。
実は、そろそろ、色づくからと思うぐらいの大きさまで育ったのですが、緑の実のまま、地上に落下していました。
この落ちた実を、玄関先にほっておいたら、色づきはしたのですが、まだ、そのままにしてあります。種子が熟していたら、とりあえず、保存しておこうかなと思ったりも。

おまけ。
2006年5月15日、寝るまでの暖房の屋内においていたパパイヤ、初春には、先端の元気が無く、屋外に出して、パパイヤの上部が枯れ、多分、根腐れかなと思うけど、根元は元気そうなので、無駄な努力かなと思いながらも処置してみました。
途中からは芽吹かないとの記事を読んだ事のあるパパイヤ、高さ70cmぐらいで切り落とし、中空の幹を防湿処理。
Papaiya0 

| | コメント (0)

アベルモスクスの初夏

冬越しできた、アベルモスクスの鉢植えが初夏を迎え。
Aber1iAber2i 去年は、種蒔きが遅れ、花を見たのは9月も終わりでしたけど、今年は、木が冬越ししてますので、花は、去年より、早く見られそうな気がします。
この鉢に、3つ育っているので、鉢を分けるかは思案中。
写真右は、アオムシがいたので、殺虫剤にフマキラーを使用した後。いつも、薬負けしないかといつも思いながら、ほとんど、殺虫剤は、フマキラーで済ませています。

| | コメント (0)

2006年6月27日 (火)

バオバブ、ミラクルフルーツ

Baobabu1iSotetu1i_1バオバブソテツが芽吹く。
バオバブは、去年、シャクトリムシに1回、若葉を全部食べられた思いがあるので、監視を怠れません。
Miracle1iミラクルフルーツは、年中蕾(冬は暖房の室内、但し、寝る時は切ってます)をつけているけど、今年は、沢山、花を開かせ、木をゆすって自家受粉させたいと思い、今日、鉢を、一回り、大きいものに植え替えです。
Daiginryu1iおまけ。ダイギンリュウは多肉ですが、樹木同様に育てています。そして、去年まで室内に置きっぱなしでしたが、今年、室外に出したら、葉色を、少し、赤色に変化したので、いつも、緑一色だったダイギンリュウの変化も、今年は楽しんでます。ネットで秋に紅葉の文字も見つける。

| | コメント (0)

2006年6月26日 (月)

クロベ、オウゴンテマリシモツケ

2006年6月24日には、138タワーで見た、ヒノキのようだけど、実の形が違っていた木、クロベ(ネズコ)を掲載。
ずっと、その前の2006年5月14日に写し、名前が分からなかった木も、持っている図鑑には、シモツケで載ってましたが、シモツケというと、頭に浮かぶのは、草花に近い種で、納得が行かず、やっと、オウゴンテマリシモツケの名前に出会いました。
この、オウゴンテマリシモツケの名前は、北国のみどり情報局(北国に適した樹木・草花の情報サイト)で見つけました。
Shimotuke1iShimotuke2i
オウゴンテマリシモツケは、
アメリカテマリシモツケの
黄金葉品種とありました。


Hamanasu2i  2006年6月24日分から、追加1枚。
ハマナスの若い実が、白茄子のような
雰囲気をもっている写真も追加です。
Kyouchikutou1i
さらに、25日に写した、
キョウチクトウ
雄ズイの接写も、雄ズイが5本という
写りではありませんが、雰囲気だけをお届けです。 

| | コメント (0)

2006年6月24日 (土)

回廊を見に138タワーへ

Ichimiya1iIchimiya2iIchimiya3iIchimiya4iIchimiya5i新聞記事に回廊が完成したとあったので、138タワー周辺の様子を見てきました。
子供の遊ぶ水辺もあって、子供たちが遊んでいる様子に、私も水遊びがしたくなりました。
ほかにも、色々、子供づれの方には楽しめる工夫も。
一角には、水生昆虫の為の池も。
Hamanasu1i_2Kurobe1iKurobe2i樹木からは、盛りを過ぎた薔薇より、実の色を楽しませてくれる、沢山のハマナスに夢中でした。また、ヒノキの仲間のクロベがある事に気がつきました。
クロベから若い実と前年の爆ぜた実を掲載。      

| | コメント (0)

2006年6月20日 (火)

アリの引越し、蟻さんの引越し

Ari1iアリさんの引越しも、こうして写してみると、
色々と、思わぬ光景に出会え、楽しいものだと
言う事が分かりますよ!。
アリさんの引越しは6月20日に写す

Mushi1iこの虫、なんだか分からないけど、
5月30日の、ドクダミの花を写していた
時にいました


Mushi2i

6月10日に写した、フタ星テントウムシ、
なんともしがたい写りだけど、これから、
色々写せるかもしれないから掲載です。


Mitsubachi1i同じく、6月10日の犬山栗栖、大泉寺の
駐車場脇のアジサイの植栽では、
アジサイの花より、ミツバチに夢中に
なったりでした。

Kumabachi1i6月17日の音楽寺でも、やっぱり、
アジサイの花より、クマバチを追いかけている
時間の方が長かったかもしれません。
でも、結果は、写りがよくありませんでした。

Tentoumushi1i6月18日、近所のマキの垣根では、
脱皮前のテントウムシ?、脱皮直後の
テントウムシなのか?、よく分かりません。
この近くでは、幼虫の共食いも写しました。

| | コメント (0)

2006年6月18日 (日)

すいとぴあ江南のホタル

Hotaru1iHotaru2i言葉に甘えて、子供たちに見せていたホタルを写させて頂きました。
お腹を上にして、光る明りをと言われたのですが、不自然だからと断って大失敗でした。
なにより、まず、写して、使うかどうかを決めればよかったと反省です。
結局、フラッシュ使用で写し、ほたるを写しに言って来たという、アリバイ証明の様な結果になってしまいました。
今年の見頃は、5月25日頃から一週間と言う事だったので、来年は、そんな時期に一週間ほど通ってみようかなと思ったりです。
余談。
持っていったデジカメ(CyberShot F-828)は、接写できるのですが、切り出して何とか使用できる結果に、レンズ口径の小さいデジカメ(coolpix995)も持って行けばよかったと反省。

| | コメント (0)

2006年6月17日 (土)

音楽寺、あじさい祭り

あじさい祭りの音楽寺へ、午前中の晴れている間に行ってきました。
Ongakuji3iOngakuji1i_1Ongakuji2iOngakuji4i円空仏が、ここで見られるのは、
あじさい祭りの期間だけだったかな?。
Ongakuji5i_1なつつばきも、音楽寺の一角に二本ありますので、紫陽花を見た後にでも。
Biwa1iおまけ。
畑で収穫時期を迎えたビワの実。
また、梅も収穫時期で、
梅酒、梅干の楽しめる季節もまじかです。
 

| | コメント (0)

2006年6月15日 (木)

ヤトロファ・クルカスが芽吹く

自宅にあるキリと名の付く植物。
Taiwan_aburagiri1iSango_aburagiri1i芽吹きを写した
写真の二つは
ともに、
トウダイグサ科でした。

トウダイグサ科:タイワンアブラギリ(ヤトロファ・クルカス)
トウダイグサ科:サンゴアブラギリ(多肉)
他に、鉢植えで(以下の三本は、鉢植えでは可哀想なのですが、観察とコレクションを兼ねているので、ゴメンナサイ)、
ゴマノハグサ科/ノウゼンカズラ科/キリ科とあれこれで、
好きにしてと言いたい:キリ
アオギリ科:アオギリ
トウダイグサ科:シナアブラギリ
があります。
余談、写真は6月9日のものです。
おまけ、千葉大学園芸学部ホームの、”まちのみどりと園芸の相談受付”の”庭園・樹木”の中に、キリが何科にふさわしいのか?の記述があったのでリンクです。
独り言、科名より、素人の私に分かるのは、皆、同じような大きな葉をつける事だけでしょうか!。葉の形は、それぞれですが。

| | コメント (0)

2006年6月14日 (水)

花をつけた幹は枯れました

昨年12月から花を楽しませてくれたセイロンベンケイソウ、170cmにもなっていた幹が、完全に枯れました。
でも、脇に3本伸ばしているので、順調に伸びれば、”今年も、花を楽しませてくれかも?”です。一株で、三本仕立ての様になってます。
ほんとうは、樹木の様に、幹から芽吹いて欲しかったけど、乾燥した幹の様子からすると、完全に枯れ朽ちてしまっています。
ちかじか、この部分は、切り取って、健在な部分と一緒に、写真を掲載しようかなと思います。

| | コメント (0)

2006年6月12日 (月)

花しょうぶ祭、あじさいまつり

一宮市萩原町から萬葉公園・高松分園の、花しょうぶ祭。
Hanasyoubu1iHanasyoubu2iHanasyoubu3iHanasyoubu4iHanasyoubu5iHanasyoubu6i イベントは、ミス七夕、織物の女性による撮影会、津軽三味線と琴の演奏。そして、5枚目の高松分園の写真で、今日の天候を紹介。
おまけは、公園の向かい側では、生ビールなども販売されていました。
また、今回、萬葉公園に出かけてみて、三箇所に別れている萬葉公園の植栽が、高松分園は水辺の植物、 住吉社のある所は広葉樹、八剣社のある所は針葉樹が中心の様に感じました。

一宮市三条(旧尾西)から御裳神社(みも神社)の、あじさいまつり。
Mimo2iMimo3iMimo4iMimo5iMimo6i神社でのあじさいまつりには初めての出会いで、このように、大きな立ち木を残し、沢山の紫陽花を植栽し、このような形で、神社を利用するのもいいかなと思ったりでした。
ここでは、ラーメンもありましたが、後で、写真から、お酒250円、各種飲み物100円、缶ビール250の文字に、テントに立ち寄ればよかったかな?と反省も。
もちろん、茶席、紫陽花の販売も行われていました。
余談。
梅雨にも入り、今日の天候も心配でしたが、小雨なので逆風の中でも、傘を差し、自宅から自転車で出かけ、雨が、大江川緑道あたりで、ぽつぽつ状態になり傘は不要なった時には一安心も。
また、萬葉公園から、御裳神社へは、荒い地図を頼りに、初めての場所だけど、なんとか勘を頼りに、たどり着く事ができ、紅白の垂れ幕を、遠くから目にした時は、ほっとしました。

| | コメント (0)

2006年6月10日 (土)

花しょうぶ、薔薇、紫陽花

Suitobia1i_1Suitopia2i_1 Suitopia3iすいとぴあ江南の花しょうぶ。
他には、クヌギとマテバシイも花盛りでした。
おまけは、一角にあった、花壇の植栽の様子。
Jyoukasenter1iJyoukasenter2iJyoukasenter3i各務原浄化センターの花菖蒲と薔薇。
薔薇は、毎日、ハナガラ摘みの選定もしているので、咲くのは少しずつですが、長く楽しめそう。
また、ここでは、金網で覆われた、ホタル観察舎もありました。
Kurisu1i_1Kurisu2i_1Kurisu3i_1犬山栗栖の花菖蒲園。
花しょうぶの一角には、沢山のガマが、実をつけていました。
花しょうぶの苗と切花も販売されていた様です。
Daisenji1iDaisenji2iDaisenji3iDaisenji4i犬山栗栖のあじさい寺、大泉寺。
ここでは、紫陽花を写すと言うより、駐車場横の額紫陽花の花に集まってきているミツバチを夢中で写していました。
余談。
今回が、初めてなのは、桃太郎公園近くの花菖蒲園と、その先にある大泉寺。

| | コメント (0)

2006年6月 7日 (水)

江南市、古知野と布袋の商店街

本当は、夜景を写したいのですが、手軽な夜の風景でもと、江南の街を徘徊、江南市古知野町・布袋町の夜の商店街から、夜道ガイドなんて、誰も関心はないでしょうけど、でも、押し付けで、「新ふるさと迷走案内」へ掲載しておきます!。
写りは失敗作?だけど。Kochino19iHotei12i
ここへは、個性的な建物から、古知野の衣料センターイチハラと布袋の山星酒造さんの建物を掲載。
いいわけ。
”嵐の5人が、故永島慎二さん原作の映画「黄色い涙」に主演”の記事を見つけたから行った訳ではありません。

| | コメント (0)

2006年6月 6日 (火)

居酒屋の赤提灯に魅せられて

夜の蛾ではありませんが、居酒屋の赤提灯に魅せられて、江南市の古知野町から北を、少し走り回った中から、写していた赤提灯の写真が、未整理だったので、その分を、ここに、メモ書きです。
これも、現在、やりかけで、終わっています。入って、味を楽しむには、懐も寂しい状態。
おまけに、1件、たこ焼き屋さんの屋台も。
Izakaya1iIzakaya2iIzakaya3iIzakaya4iIzakaya5iIzakaya6iIzakaya7iOmake1i2005.11.5に写したのですが、お店に入った事のあるのは、まだ、1件だけ。       

| | コメント (0)

ナギが無い時はマキの花に注目

近くに、ナギの木の雄雌の株が無く、花が見られない時は、
マキの木の雌雄の株の花に注目、大ハズレではなく、雰囲気は、
分かってもらえると思います。

| | コメント (0)

2006年6月 5日 (月)

ユリノキ(百合の木)の蕾と花

五月四日と十四日に、各務原市にある、くすり博物館の樹木園で写した、ユリノキ(百合の木)から蕾と花を掲載。
これ、検索で見つけた”ユリノキファン、ゆりのきファン倶楽部”の言葉に便乗です。
Yurinoki01iYurinoki02i五月四日は蕾から、
1枚目は冬の衣を、
まだ、まとっていて、
2枚目は、冬の衣を脱ぎ捨て、
咲く準備に入る。
Yurinoki1iYurinoki2i Yurinoki3i五月十四日は花から、
1枚目は、咲いて間もない花、
2枚目は、花を覆っていた、一番外側の部分が垂れ下りはじめ、
3枚目は、花が散り始めるまで、もう、何日ぐらいかな?、
Yurinoki4i4枚目に
一番若い花を、
覗き込んで写してみました。
でも、ちょっと、ピンボケでした。
折角なので、ここから、追記です。
Yurinoki20020926i2002.9.26
紅葉半ば、これ以来、
紅葉を写していない事がわかりましたので、
黄葉を写すぞと、ここへメモです。
この黄葉半ばを写した自宅の鉢植えのユリノキ、今年、冬越しに失敗し、枯らしてしまいました。
Yurinoki200401241iYurinoki200401242i2004.1.24
樹皮と冬の姿。
花後の名残の実
(種子は飛んで抜け殻)をつけているのですが、これが、種子だと言うのに、出会った事がありません   
Yurinoki20040403i2004.4.3
花の名残と、
膨らみ始めた冬芽。
この時期には、もう、種子を探すのは無駄です。
Yurinoki20051119i2005.11.19
黄葉と実
樹形の分かる写真もいりますね。
実は黄色い彩の中に埋もれてます。
Yurinoki20060422i2006.4.22
ここまで芽吹くと花の蕾も分かってきます。
手の届く位置に花があるのは、
私が知る限り、各務原市にある、くすり博物館の
ユリノキだけ。 
余談。
私は、ユリノキファンではなく、四季折々を楽しませてくれる樹木のファンです。

| | コメント (0)

2006年6月 3日 (土)

ナギの雄花は、まだ未成熟

Nagi1iNagi2i犬山市の比良賀神社の雌雄のナギの木に、花の様子を見に出かけ、雌花は背が届かず確認できませんでしたが、雄花は、まだ、花粉を出す所までは育っていなかったので、またの訪問が必要となりました。

近道で通った近くにあった、鳴海テガシ神社では、
ハナノキ、松、クロガネモチに足を止め。
Hananoki1iHananoki2iハナノキは、落葉している時は、何の木か気がつかなかったのですが、葉色が見慣れない色をしていて、回り込んだら、名札をみつけ、なるほどでした。
Sanyounomatu1i三葉の松が三本、
庭で見かける三葉の松とは、
雰囲気が異なる見事な
大木もあります。

Mochinoki1iMochinoki2iクロガネモチも、
二人なら抱き
かかえられるかな
と言う様な大きさの木も一本。

Aomoji1iAomoji2i小牧工業高校近くの川の脇にあるアオモジの雌木には、緑の小さな実が付いていました。葉の緑は、アオモジの雄木からです。
Mamenashi1iMamenashi2i
大口町の天神社にあるマメナシの木が、なるほど、マメナシかと言う写真を。
写真右には、実の大きさを実感してもらう為に、実が一つ付いているものを掲載しておきました。

Ongakuji1i おまけは、江南市のあじさい祭の始まった音楽寺から、午後1時からの5分ぐらいイベントでの、ドジョウすくいの演技から一枚。
紫陽花の花は、まだ、見頃ではではないので、この後、自宅に帰り、湯を沸かし、カップ麺でおそがけの昼食でした。

| | コメント (0)

2006年6月 2日 (金)

土曜日はナギの蕾の様子の確認

土曜日は、犬山羽黒の神社にある雌雄のナギの木の花芽の様子を確認に出かける予定。
大口のマメナシ、小牧のアオモジの実つきの具合などの様子も見て回る予定。
自転車なので、雨が降ったら、中止になります。

| | コメント (0)

2006年6月 1日 (木)

蟻が作った墓(嘘-NO2)

Mukade_to_ari4iMukade_to_ari5iMukade_to_ari6i蟻が作った百足の墓(うそ!)の翌日朝の様子。
盛り土と、松葉の墓標に、なるほどではありませんが、出入りするアリに、中で、解体作業が行われているのかなと思ったりです。
今日の様子と、盛り土を横から写した写真も追加しました。
Mukade_to_ari7iMukade_to_ari8iMukade_to_ari9i追加情報
お茶の時間前に、掘り出されていたムカデに、半分、行方不明の分を探し出してきたのかと思っていたら、大型のアリが、土盛りから引っ張り出したようです。
小さなアリに、攻撃され、一匹では太刀打ち出来ない様子。
また、ムカデの胴体の中身は、すっかり持ち出されたようで、中が空に。    

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »