« 土曜日はナギの蕾の様子の確認 | トップページ | ユリノキ(百合の木)の蕾と花 »

2006年6月 3日 (土)

ナギの雄花は、まだ未成熟

Nagi1iNagi2i犬山市の比良賀神社の雌雄のナギの木に、花の様子を見に出かけ、雌花は背が届かず確認できませんでしたが、雄花は、まだ、花粉を出す所までは育っていなかったので、またの訪問が必要となりました。

近道で通った近くにあった、鳴海テガシ神社では、
ハナノキ、松、クロガネモチに足を止め。
Hananoki1iHananoki2iハナノキは、落葉している時は、何の木か気がつかなかったのですが、葉色が見慣れない色をしていて、回り込んだら、名札をみつけ、なるほどでした。
Sanyounomatu1i三葉の松が三本、
庭で見かける三葉の松とは、
雰囲気が異なる見事な
大木もあります。

Mochinoki1iMochinoki2iクロガネモチも、
二人なら抱き
かかえられるかな
と言う様な大きさの木も一本。

Aomoji1iAomoji2i小牧工業高校近くの川の脇にあるアオモジの雌木には、緑の小さな実が付いていました。葉の緑は、アオモジの雄木からです。
Mamenashi1iMamenashi2i
大口町の天神社にあるマメナシの木が、なるほど、マメナシかと言う写真を。
写真右には、実の大きさを実感してもらう為に、実が一つ付いているものを掲載しておきました。

Ongakuji1i おまけは、江南市のあじさい祭の始まった音楽寺から、午後1時からの5分ぐらいイベントでの、ドジョウすくいの演技から一枚。
紫陽花の花は、まだ、見頃ではではないので、この後、自宅に帰り、湯を沸かし、カップ麺でおそがけの昼食でした。

|

« 土曜日はナギの蕾の様子の確認 | トップページ | ユリノキ(百合の木)の蕾と花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土曜日はナギの蕾の様子の確認 | トップページ | ユリノキ(百合の木)の蕾と花 »