« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

一宮の七夕祭り

雲の多い青空に出かけ、雨にも降られ、一宮の七夕祭りに行ってきました。
新ふるさと迷走案内に掲載したので、ここの写真は減らしました。
・真澄田神社鳥居近くの七夕飾り、・ミス七夕とミス織物の6人、・火の輪くぐり、・真澄田神社拝殿の飾り、・同じ境内の服織神社参入口、・アーケードでのパレードと七夕飾り、・アーケードのボウケンジャーの七夕飾り、パレードからひとコマ、・アーケードの七夕飾り。
Tanabata2iTanabata6iTanabata9i余談。
往きは、古知野のはずれで、ソテツの雄花を写した後、雨が降り出し、傘を差しての、七夕まつり行きに。
帰りには、浅井山公園に立ち寄り、ラクシヨウの葉を確認、ただ、天候が悪く、葉の位置も悪く、写す事はあきらめました。

| | コメント (0)

2006年7月25日 (火)

犬山城下町の夏まつり

23日は、町内主催の犬山城下町夏まつり 。雨が降り出しそうな中に出かけ、帰る時は、予想通りの土砂降りの中を、自転車で帰宅です。
新ふるさと迷走案内に掲載したので、ここの写真は減らしました。
・氷の彫刻、・普段は人気のない小さな神社にも出店、・犬山駅前も祭りかざり、・どこまでが祭りの範囲かと回る途中に厄除け祈願に、・お城に向う通りの一角では、よさこい踊りのイベント、・蛇足ですが祭りの通りへ走り去るバイクにシャッターを押し、・針綱神社横の広場では、なにやら催しも、・最後は、ガラスの風鈴絵つけを楽しんで出来上がった頃の土砂降りになってきた時の一枚。
ガラスの風鈴絵つけは、内側にアクリル絵の具で描くので、子供が見ても、なんだこれはと言う出来上がりになってしまいました。
Inuyama1iInuyama5iInuyama6i        

| | コメント (0)

2006年7月23日 (日)

おがせ池の花火大会

22日は、苧ヶ瀬(おがせ)池の花火大会に出かけてきました。
Ogaseike2iHanabi2iHanabi1i上空の花火とは違い、池(湖面)に写った花火も、ここならではと、楽しんできました。
去年は、ステージ横で、写すには近すぎた様に感じたので、今回は写す場所を変えました。
池に少し張り出した散歩道で、人が通ると少し揺れましたけど、写した花火が、どうなるかも楽しんでみようと思い場所取り。
池に張り出している関係で、池に映る花火も違う趣で写す事が出来ました。

| | コメント (5)

2006年7月20日 (木)

山中温泉、ゆげ街道をバス停へ

17日は、山中温泉、ゆげ街道を、山中温泉バス停への道のりから。
高瀬大橋を渡り、ゆげ街道の通りへ、街道の町並みを道路を中心に写し、長谷部神社、恩栄寺、写真を見て気がついた山中片岡鶴太郎工芸館、菊の湯のおんな湯の建物二棟、燈明寺を後に写しただけの芭蕉の館、そして、山中温泉バス停へ。
雨で、先を急いだ事もあり、酒蔵へは立ち寄れず、残念な事も。
Tabi61iTabi62iTabi63iTabi64iTabi65iTabi66iTabi67iTabi68iTabi69iTabi70iTabi71iTabi72iTabi73iTabi74iTabi75i               

| | コメント (0)

山中温泉の栢野大杉と三又大杉

16日、ホテルに着いた時間も早いし、明日の天気も雨だろうから、できるだけ今日中に歩き回ろうと、山中温泉の栢野(かやの)大杉と三又大杉へ向って、もう一度、歩き出しました。
ホテルを出て、かじか橋を渡り、天狗岩へ行こうとして、足元の悪さに挫折し、平岩橋を写し、菅原神社の栢野大杉へ、道を戻り、平岩橋を渡り、八幡神社の三又大杉へ、そして、徳性寺へまわり、ホテルに戻る事に。
Tabi41iTabi42iTabi43iTabi44i

山肌の岩を
写した位置は、
ホテルへ戻る
近くの道から。Tabi45i
Tabi46iTabi47iTabi48i

渓谷の眺めは、
栢野大杉へ
向う時に写した
橋の上から。Tabi49i
Tabi50iTabi51i    

巨木・巨樹を、どう写そうかと迷ったりで、散策時間は、1時間30分ほど、そして、残念な事に、一人旅だった事もあり、巨木の比較対照物が見当たらず、大杉らしさの分かる写真は写せませんでした。
HPに掲載した大杉のページへのリンク
栢野大杉
三又大杉


余談、どうしたら、写真が思うよう位置に張り付くのか分かりません!

| | コメント (2)

山中温泉バス停から川沿い散策

16日は、雨の中、荷物は背に、デジカメは三脚につけ、片手に傘を差しての、山中温泉バス停から川沿いの遊歩道を散策です。
黒谷橋を渡り、大聖寺川沿いにある、鶴仙渓遊歩道を、芭蕉堂から、あずまやで一休み、桜公園をぬけ、あやとり橋、そして、道明ヶ淵の少し恐怖感のある木の橋の上に立ったり、こおろぎ橋では折り返し、無限庵の前を通り、高瀬大橋への道を眺め、ホテルへ。
Tabi11iTabi12iTabi13iTabi14iTabi15iTabi16iTabi17iTabi18iTabi19iTabi20iTabi21iTabi22iTabi23iTabi24iTabi25iTabi26iTabi27iTabi28iTabi29iTabi30iTabi31iTabi32iTabi33i

傘の花を見たのは、この散策も終盤の時、写して歩いていたので、所要時間は2時間30分ほどでした。

| | コメント (0)

山中温泉へ電車とバスで

16日、17日、山中温泉一泊の旅、電車とバスを乗り継ぎ行ってきました。
Tabi1iTabi2iTabi3iTabi4iTabi5i往きは、山中温泉での散策時間を十分とるために、しらさぎ5号で。雨でなければ、もう一本前の電車にしたのですが、生憎の天候に、予定より、一時間遅れの旅に。
掲載写真は、しらさき5号の切符、加賀温泉駅、山中温泉に向うバス内、山中温泉バス停の一角、帰りの普通電車の車窓からの5枚。
翌日も雨で、しらさぎで帰るつもりが、悪天候に、電車の時刻もはっきりせず、普通電車と快速電車を乗り継いでの5時間あまりの車窓からの眺めを楽しむ旅に(車窓から写したのは、ここに掲載した一枚だけ)。
ネットで探せなかったバス料金ですが、加賀温泉駅バス停から山中温泉バス停まで、410円でした。
旅の反省。
散策マップを良く見ておけば、16日に、東山神社、17日に、医王寺、白山神社を回りそこなう事はなかったと思いました。

| | コメント (0)

2006年7月15日 (土)

犬山、中々切町夏まつり

犬山、中々切町の町内夏まつりは、今日、明日の二日間、三宅神社を中心におこなわれます。
Miakejinjya1iMiakejinjya3iMiakejinjya6i今回は、お祓いのシーンまでで中断。
他の誘いごとに、方向転換です。
でも、ゆっくりしていたら、雨に降られる所だったので、
自転車の私には幸いでした。
来年は、しっかり、二日間写してみたいと思います。
新ふるさと迷走案内に掲載したので、ここの写真は減らしました。

| | コメント (0)

2006年7月14日 (金)

アピオス(ホドイモ)の花

花が咲いたから写しにおいでと言われ。
Apios1iアピオス(ホドイモ)の花を写す。
花は、ちょっと癖のあるような香り。
芋の味は、育てている人の話では、
土臭いとの事でした。

Carnation1iカーネーション、
写した記憶がなかったので、
早速、写す。
アピオスの花を写しに行く途中の畑からです。

Hiougi1i_1庭から、葉だけ見ていた時は、
何だろうと思っていましたが、
今日咲いていた花に、
ヒオウギと分かりました。

| | コメント (0)

2006年7月 1日 (土)

インドボダイジュも芽吹直近

Indobodaijyu1i インドボダイジュが、やっと、冬の殻を脱ぎ捨てはじめました。

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »