« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

雄カブトムシ成虫飼育3ヶ月

今日で、雄カブトムシ成虫飼育3ヶ月も終わり、明日から、4ヶ月目にはいります。
Kabutomushi1i_1Kabutomushi2i_1昆虫ゼリーのスイカ味とバナナ、一緒に入れておくと、ゼリーには見向きもせず。
減りもしないので、バナナ味の昆虫ゼリーに交換、もちろん、バナナも一緒に置きます。そして、思うように写せないカブトムシに、写真を加工して掲載です。
余談。
まずは、生活環境を清潔にしておけば、病気にならずに、長生きするという事か?。これから、温度も下がってくるから、どうやって、温度維持しようかな?。(最近、20度に室温が下がっていた日も一日あり)

| | コメント (0)

2006年9月28日 (木)

リコリスの城下農園

2008年9月8日現在、該当ページは行方不明。
同タイトルのページは、アドレスも、内容も変わっているので、再検索中です。
関係ない事ですが、演歌歌手、花咲ゆき美さんの誕生日が9月8日。

リコリスの城下農園、彼岸花も含まれる、リコリスの仲間が沢山、素敵な百種ほどの花の写真が紹介されてます。一度、覗かれると、リコリスの虜になってしまうかも?。

| | コメント (0)

アンティゴノンの花と種子

アンティゴノンの花と種子(種子の隣は、朽ちた5枚の萼片に包まれた種子)、そして、発芽後の、その後。そして、一花に注目して。
Antygonon1iAntygonon2iAntygonon3iAntygonon4iAntygonon5iAntygonon6iAntygonon7i花の様子も。オシベは、中心のメシベを囲む、王冠の様な部分に伸び、中央のメシベは先が三又に分かれていました(7枚目の様子は、4枚目から切り出して)。シベの横顔は、花びら(花弁はなく、萼片)2枚つまみ落として(手持の鉢植えで咲いた花だからですよ)、写しておきました。   

| | コメント (0)

アベルモスクスの塊茎の雰囲気

Mosukusu1iMosukusu2iMosukusu4i地下の塊茎:最初の写真に雰囲気だけですが紹介(少し土をよけて写す)。寒くなったら、全景の写真の状態で、暖房の室内に取り込むので、根の全体を掘り起した写真は、来春の植え替え時期まで、おあずけです。
種子:ジャコウの香り->私には、感じられず。乾燥して、すり潰さないとだめかな?。
ハマキムシの被害にあっているアベルモスクスの写真もおまけに。
shu(^^) Homepage, ボタニックガーデンの、アベルモスクス・ツベローススのページで、ジャコウ、塊茎の文字を見つける。

| | コメント (0)

2006年9月25日 (月)

メタセコイア、ラクウショウ

クロベの実、メタセコイアの葉、を138タワパークへ、ラクウショウの葉を浅井山公園へ、イトスギの実を曼陀羅寺へ写しに出かけ(9月23日)
クロベ
Kurobe1i_1Kurobe2i_1Kurobe3iKurobe4i全景、実、葉の表裏(沢山ついていた実が目に止まらなければ、ヒノキと思って通り過ぎてたかな?、でも、樹形がちょっと違う感じも!)
メタセコイア
Metasekoia1iMetasekoia2i葉の裏表、
緑が濃い方が表側、
垂れ下っていた枝
ラクウショウ
Rakushiyou1iRakushiyou2iRakushiyou3iRakushiyou4iRakushiyou5i全景、葉、枝の様子、葉の裏表(葉、どちらが裏で表だったか、垂れ下る葉しか見ていないので・・・)、樹皮
イトスギ
Itosugi1i_1Itosugi2i_1Itosugi3i_1Itosugi4i_2Itosugi5i実、葉の表裏、全景(遠くで全景を眺めたらスギ、そんな感じで、イトスギとついたのかな?)、樹皮

| | コメント (0)

カテゴリの植物・草花から削除

ホームページ四季の植物(四季折々の草花・農作物のデジカメ写真で自然をお楽しみ下さい[樹木の四季 別館7])に掲載したので、ブログカテゴリーの植物・草花から下記を削除しました。
2006年9月 4日 (月)ハス(蓮)の花、レンコン畑から
2006年7月 6日 (木)グラジオラスの花を集めたい?
2006年7月 1日 (土)インドハマユウは花盛り
2006年5月10日 (水)ウォーターマッシュルームの花

| | コメント (0)

2006年9月24日 (日)

鵜沼から、貞照寺、岩屋観音

Mokutekichi1i今回の散策の目的は、岩屋観音のある山の山頂の建物が気になっていたので行ってみたのですが、21号沿いには、登り口を見つけられず、寂しい結果に。(写真は、貞照寺前の踏み切りから、目的地の山頂を望み)
9月26日追伸、目的の山へは、坂祝の城山へ登ればいいような記事をネットで見つけました。(よっせ-の山彦通信の記事の中、城山276m岐阜県加茂郡坂祝町
Odou1iJinjya1iOdou2i高野山弘法大師御分身霊場、北野天神社、四国54番弘法大師分身霊場、
Sanmon1iTeisyouji1iTeisyouji2i貞照寺(山門、山門から本堂を眺め、本堂の写真の両隅には、紅葉の楽しめるイチョウ)、女優貞奴、川上貞奴が各務原市に貞照寺を私財で建立諸芸上達・東海三十六不動第三十番札所)、
Odou3i岩屋観音(岩谷観音・岩窟観音の文字もあり)、今回の目的の山頂の建物は、このお堂のある山の山頂です。
Sansaku1iSansaku2iSansaku3iSansaku4iSansaku5iSansaku6iSansaku7iSansaku8iSansaku9iSansaku10i木曽川の風景を写すには、この道のりが最適かなとの思いに満足も。(遠くまでは行けませんけど)
Fuubutu1i夏の風物?、川ではカヤックの訓練?
今回の道のり、自宅から最終地点の岩屋観音まで、片道12kmぐらい。
写真は、鵜沼から岩屋観音の間で写したものです。

| | コメント (0)

ドングリのシイノミを食べる

シイノキの下に落ちていたドングリ、シイノミ(椎の実)を炒って食べてみました。
二粒ほど食べ、ちょっと生っぽいかなと思い、さらに炒ったら、炒りすぎた様で、冷めたら硬くて、歯が立たなくなってしまいました。薄皮(甘皮)は、ドングリの殻についてはがれるので、食べる種子の部分は用意に取り出せました。
食べた感じですが、無味無臭という感じ、味に癖が無いので、クッキーの粉の増量用に用いてもいいかなと思います。中身を焦がしたらいい香りが出たかも知れません、また、炒って食べるなら、実が爆ぜたら火を止めるぐらいがいいかもしれません。
Shiinomi1iShiinomi2iShiinomi3iShiinomi4iShiinomi5i余談。
好きな食べ物と言う訳ではありませんが、食べられると知っていたので、そして、シイノミを拾っている人がいたので、食べ方を聞き試してみたのです。    
これも、樹木の四季のテーマ”自然との触れ合い・森・林・植物園を楽しむヒント”にのいい例なのかも?
ネットの検索で、
・殻を割って生で中身を食べる
・炒って中身を食べる
とあり、次回は、生でかじってみようと思います。

| | コメント (0)

2006年9月22日 (金)

ブセウドランテマムに蕾

私の50音索引では、ブシュードランセマム・ラクシフロルムですが。
gooで検索
Pseuderanthemum laxiflorum
ブセウドランセマム・ラクシフロルム
ブセウドランテマム:12件:プセウデランテマム・ラクシフロルム(パープルスター)米村浩次の花の世界
ブセウドランセマム:3件:
ブシュードランテマム:1件:
ブシュードランセマム:3件:15件:

プセウデランテムム・オウァリフォリウム
「ルリハナガサモドキ(P. reticulatum)」の変種
花色は白、花の心付近は紫の斑点、葉はラクシフロルムに比べると幅が広い


プセウデランテムム:43件:ブセウドランテマムと併記の所もヒット
プセウデランテムム・ラクシフロルム
プセウデランテムム・ビコロル 常緑小低木 shu(^^) Homepage, ボタニックガーデン
プセウデランテムム・リラキヌム 常緑多年草 shu(^^) Homepage, ボタニックガーデン
プセウデランテムム・アトロプルプレウム BotanicalGarden植物園へようこそ!

Pseuderanthemum reticulatum:23件:ニセランセマム植物園へようこそ!

花色は白、花の心付近は赤の斑点、葉はオウァリフォリウムと同じ形
reticulatumをレティクラツム、リラキヌムと表記するページもみっけ

植物の名前、日本で管理する所は無いのかな?

話は変り、本題に、ブセウドランセマムは蕾をつけました。
Ransemam1iRansemam2iRansemam3iRansemam4i

| | コメント (0)

2006年9月21日 (木)

カブトムシ加工壁紙写真集

Kabutomushi03Kabutomushi05雄のカブトムシ、丸めた新聞紙を少し広げ、その上で散歩させ、その中で写した、少し難のある写真をロウ化加工でアレンジ。
サイズ1024*768のデスクトップ壁紙にしてみましたが、ブログ(ココログ)の仕様なのか、アップロードした壁紙サイズは800*600という状況にガッカリも。
私の飼育状況(写真は2006年8月30日に掲載)も、ちょっと追記。
・カブトムシのテーブル
新聞紙を半分に切り、その半分を丸めた紙を少し広げたものは、カブトムシの食卓のテーブルにしてます。
・カブトムシの寝床
残り半分の新聞紙は、ハガキ半分ぐらいに、ちぎって丸め、カブトムシの寝床にしています。
・カブトムシの食事
昆虫ゼリーの空いた器に、バナナを4cmほどにちぎって置いています。夏の時期は、二日に1回、食べ残していても交換していましたが、最近は、体調を壊すような事で寿命を短くしない為に、毎日の交換になっています。
・新聞紙をちぎって作った寝床・テーブルの交換周期
飼い始めた時から二日に一回の交換、この時に、虫籠、カブトムシの汚れも水洗い。清潔さを保つように気をつけています。
・新聞紙の水分
前回の交換まで、交換時に、コーヒーカップ五分の一ほどの水をまいて、新聞紙をぬらしていましたが、今回から、一日に昆虫ゼリーの容器一杯分の水に減らしました。
10月5日追記
本館にカブトムシのデスクトップ壁紙(1024*768)も用意してあるので、リンクを追加。
カブトムシの高解像度壁紙・高画質壁紙・グリカ素材

| | コメント (0)

2006年9月20日 (水)

雄カブトムシ成虫飼育81日目

9月19日、朝、カブトムシの部屋を掃除、バナナが切れていたので、最後の二つになっていた昆虫ゼリーのスイカ味を与える。午後、バナナを買ってきてもらい、追加。
20日、今日も朝一番で、痛んだバナナを取替え。
Kabutomushi01iバナナを前にしたカブトムシの写真は18日。
相変わらず、動きとブレで、大きな写真を掲載できない私は、ストレスが溜まり気味。
Kabutomushi02i19日の夜は、室温も25度に下がってきているので、虫籠を、写真のようにプチプチで覆う事にしました。
20日朝の室温は24度。
独り言。
この成虫、いつまで長生きさせる事が出来るかな?。こう書いた明日の朝には死んでいたりはしないと思いますが・・・・。
ネットで、成虫の長生きのコツを探してみたのですが、なかなか探し出せず。
でも、やっと1件、参考になりそうなページに、ここの、”長生きさせる為の異常な飼い方”の文字(文字の並びは編集してあります)に、早速リンクも。
亀有カブトの館
カブトムシ->買うじゃない、飼う->カブトムシを飼う

| | コメント (0)

2006年9月19日 (火)

一豊まつり(一宮市木曽川町)

9月17日、一宮市木曽川町で行なわれた、一豊まつりへ。
パレードが黒田小学校に着く頃には雨となり、帰る事になってしまいましたが、バスに乗り込む前のリハーサルでの武者姿は写していたので、今回は納得のガマンで済みました。
Kazutoyomaturi1iこの黒田小学校の門がパレードの最終地点。武者行列などのパレードをどこで写そうかと迷うまもなくが、ここに着く頃には雨が降り始め、降られた雨に悔やまれます。
Kazutoyomaturi2i体育館でも、
色々なイベントが
行なわれていたようです。
Kazutoyomaturi3iこの売店左手のテントでは、簡単なスケジュールが書かれたチラシも用意されていました。写した写真から、回転ダーツ300円、ラムネ100円、フランクフルト200円、トウモロコシ300円の文字。
Kazutoyomaturi4iこちらでは、串カツ90円、ドテ90円の文字。売店を写したのは、この2枚だけですが、子供さんが楽しめる値段だったのではと思います。
Kazutoyomaturi5iKazutoyomaturi6iKazutoyomaturi7iKazutoyomaturi8iKazutoyomaturi9iKazutoyomaturi10i_1生憎の天候になり、パレードは写さなかったのですが、出発点へバスで向う前の、ちょっとのリハーサルと打ち合わせ模様。戦国何とかじゃないけど、電車を背景の武者姿はどうかな?。
Kazutoyomaturi11iKazutoyomaturi12iKazutoyomaturi13iKazutoyomaturi14iパレードが入ってくる前の、グランド中央のステージで行なわれていたイベントの様子。ふうせん芸は星野トチローさん、忍者姿の笑撃武芸団の”オリジナル一豊演目”のお芝居では、大人も子供も時間を忘れて楽しんでいたのではと思います。また、この頃には、雨もポツポツと降り始めました。
Kazutoyomaturi15i_1パレードの来る時刻には、雨模様。残念ながら、自転車の私は、この写真を最後に、デートの都合(嘘、一度使ってみたかった言葉です)も出来、帰る事にしました。

| | コメント (0)

デジカメの購入予定

クチコミ情報のある、価格.comサイトへのリンク
ニコン COOLPIX S10 接写専用に。
パナソニック LUMIX DMC-FZ50 風景撮りに、ワイドコンバージョンレンズは必要、テレコンバージョンレンズは、野鳥狙いにはあった方がいいかも。
デジカメ(価格.com)へのリンク
参考資料にリンク
今日の一枚 FZシリーズ情報集積所
LUMIX DMC-FZ50 で撮影した写真もあり。
余談
私は、現在、接写にcoolpix995、風景中心にdsc-F828を使用中です。
追記。
9月27日、DMC-FZ50に触れてみて、性能と関係ない事ですが、ワイド端からテレ端まで、ズームリングを回しても、レンズの伸縮がない事、リングの目盛りが、dsc-F828と逆になっている事を知りました。
10月1日に、dsc-F828で運動会を写した写真で、望遠側の悩みを紹介。
Check1iCheck2iCheck3i運動会の雰囲気から、子供の姿までと、一本のレンズ狙うには、望遠側がもっと欲しい、まさか、走る競技に、スタート地点からゴールまで一緒に走るわけにもいきません。そうかと言って、大金を費やす余裕もありません。

| | コメント (0)

2006年9月18日 (月)

好きなテレビ番組の記録に

”好きなテレビ番組の記録に”、元々のタイトルを変更して、とりあえず、追記中心で記述する事に。
2006.12.14
追記。(リンク切れも覚悟で
SAMURAI7(サムライ7)のテーマ曲”虹結び”を歌っているグループのページ
Rin' Official web site
サムライ 7(”GONZO THE BEST” DVD ”サムライ 7”)、壁紙ダウンロード、関連商品、”「虹結び」は、国内盤ボーナストラックとして収録”との記述、全26話の物語の始まりの部分の記述も。
SAMURAI7(NHKの放送終了案内ページ)
2006/12/01関係ない事だけど、だらだら、タイトルが増えるのも嫌だから、ここへ追記。(番組が終わったらのリンク切れ覚悟で記述)
楽しみにしているテレビ番組(深夜過ぎのテレビドラマ)
AXN-デッド・ゾーン
AXN-トップページ
どこまでが、アナログテレビで見られる放送かな?
デッドゾーンの後の、他チャンネルで放送されていた、”CSI:マイアミ”は、どうなったのかな?。
番組を懐かしむ為に、AXNのHPを覗くのもいいかな?。
TSUTAYA online - 海外TVドラマ情報サイト
コマーシャルサイトだけど、懐かしむだけでもいいかも?。

2006.12.12追記。(リンク切れも覚悟で
宮廷女官 チャングムの誓い(終了番組HP)
チェオクの剣(チャン・チェオク役が小川範子さんだったとは検索するまで知りませんでした)
2006.09.18の元記事とタイトル
妖迷門と文字を並べて。
日光の陽明門じゃないけど、妖迷門、と文字を並べて、さて、どんな、物語を書こうか?。

| | コメント (1)

2006年9月17日 (日)

ポインセチアの仲間

写真は、ポインセチア(ショウジョウボク(猩々木))の仲間で、草本のPoinsechia1iポインセチア(ショウジョウソウ、クサショウジョウ(草猩々))。トウダイグサ科ユーフォルビア属。
余談。
サマーポインセチア(ヒゴロモコンロンカ)の花と、どうしたら、見間違えるのかな?。アカネ科コンロンカ(ムッサエンダ)属。
目立つ萼の色しか見てないのかな?。
崑崙花の仲間のサマーポインセチアは、ポインセチアと何の関係もない!。私は見た事ないけど、サマーポインセチアの木、園芸店で、よく売られているのかな?。
検索すると、草本のポインセチアに、サマーポインセチアと名前がつけられて売られていたり、統一して欲しいものです。
おまけ。
ユーフォルビア属の初雪草(ハツユキソウ)にも、クサショウジョウ、サマーポインセチアとついているのも、紛らわしい!。
もう一言。
ショウジョウソウの花、ポインセチアと似ているのではなく、同じ形をしています。

| | コメント (0)

2006年9月10日 (日)

セイロンベンケイソウの今

Benkeisou91iセイロンベンケイソウ、根元の緑は来年の花の為。枯れ上がって伸びる緑は、冬、昼間に暖房している室内に置いて、花を期待。
鉢は前年のままで、欲張って、三本仕立てに。
そのせいもあり、これからの伸び方次第ですが、花は半分期待はしていません。
余談。
セイロンベンケイソウの幹を支えているものは、鉢植えの葛の蔓。
葛の蔓をちぎり取り、茎を支える程度に縛り付けてあります。
前年は、ススキの仲間の葉で縛り付けたのですが、今回は、変更です。

| | コメント (0)

鉢植えから、あれこれ

Aramanda1Aramanda2iアラマンダの実と花
実は種子が取れるのだろうか?
花は、百個以上咲いても、実は一つだけ、初めて見たような気がします。
Aserora1アセロラの実
味を忘れた頃に、かじったりしてますが、どうも・・・・・
暖かければ、年中実が取れそうです。
Jasminam1iジャスミナムの花
香りもよく、一杯咲くのですが、いまだ、実は見た事がありません 
アラマンダのように運良く実をつけて欲しい!。
Tanemaki1iプランターに蒔いた種から
レイシ(ライチ)アベルモククスが育っています。
問題は、冬越し!。

| | コメント (0)

2006年9月 9日 (土)

カブトムシの食事風景

雄のカブトムシの食事風景を虫籠の上から写してみました。
Kabuto2iKabuto3i足をたたんで食べている様子に写したくなり。人で言うと、肘をついて食べている様な所でしょうか?。
余談。小さな虫籠の上からなので、構えるアングルに制限もあり思うようにピントは合いませんでした。
また、このカブトムシと暮らし始めて、今日で、70日に、今は、体力維持にと、バナナを中心に与えています。

| | コメント (0)

2006年9月 8日 (金)

アシ(葦)とカヤ(萱)、十五夜

アシ、ヨシ(葦)とカヤ(萱)、ススキ(薄)
お月見にちなんでと言うわけではありませんが、アシをキザンで、水槽に入れていたら、水の上に芽を出してきたので、区別が気になり、ちょっと、調べてみる事に。
水槽の葦は、ワンカップ酒の瓶に観察用に移し変えも。

Kaya1iススキ(薄)、カヤ(萱)、カヤ(茅) イネ科ススキ属
茎に沿って上に伸びる葉
環状に増えるけど、根は、掘り返した事がありません。
風を感じる花穂
草原
写真は庭の片隅の困り者から、切ってばかりいるので、穂はつけません。
Ashi1iAshi2iアシ、ヨシ(葦) イネ科ヨシ属
茎から横に出る葉
地上を這う、よく伸びる根?で増える(節毎に新芽をもつ)
重みを感じる花穂
水辺
写真は一節で切ったアシ、この横に伸びる部分、何と言うのかな?
Tuki1iTuki2i_1夜になって、やっぱり、も写してみて。でも、思うようにならず、加工して掲載です。

| | コメント (0)

2006年9月 3日 (日)

各務原カレー祭り(9月2日)

9月2日各務原カレー祭りの新聞記事に、早速、出かけ。
Kagami_maturi1iKagami_maturi2iKagami_maturi3iKagami_maturi4iKagami_maturi5iKagami_maturi6iKagami_maturi9iKagami_maturi10i各務原市民公園では、無料の各務原カレーに、2006人分用意されていた所に、案内が入った時には、2500人が列をつくっていて、並ぶのをあきらめるしかありませんでした。このブログでは、イベントは、ほんの、さわり程度に紹介です。
Kagami_maturi8iカレーにありつけなかった私は、テントの売店で、飲み物を物色。テント6つの売店では、食べ物、飲み物以外にも、色々とあったように思います。
Kagami_maturi7iいつも一人で出かける私には、イベントを写す事をあきらめ、予定の2時間前ぐらいから並んでいたら、カレーにありつけたかも?。
Kagami_maturi11iKagami_maturi12iKagami_maturi13iKagami_maturi14i市民公園の線路を越えた側にある、学びの森の花火、これなら、学校に、広い運動場があれば、こんな事もできるのかと言う思いで写してきました。でも、容量切れで、最後まで写す事が出来ず大失敗も。

| | コメント (0)

2006年9月 1日 (金)

鯱ほこ連のピロさん、皆さんへ

ピロさんへ、8月4日、5日の江南市の祭りから、鯱ほこ連の皆さんを写した写真を、今日、CD入れ、送ります。
夜、フラッシュを使用しないで写した、自己満足の写真なので、紙に焼き付けるとゴミ扱いになりそうですが・・・。
次回からは、少しは皆さんの記念になるように、夜の祭りの時は、阿波踊りを踊られている姿に近づければですが、フラッシュも使用して写そうかと思います。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »