« アベルモスクスの塊茎の雰囲気 | トップページ | リコリスの城下農園 »

2006年9月28日 (木)

アンティゴノンの花と種子

アンティゴノンの花と種子(種子の隣は、朽ちた5枚の萼片に包まれた種子)、そして、発芽後の、その後。そして、一花に注目して。
Antygonon1iAntygonon2iAntygonon3iAntygonon4iAntygonon5iAntygonon6iAntygonon7i花の様子も。オシベは、中心のメシベを囲む、王冠の様な部分に伸び、中央のメシベは先が三又に分かれていました(7枚目の様子は、4枚目から切り出して)。シベの横顔は、花びら(花弁はなく、萼片)2枚つまみ落として(手持の鉢植えで咲いた花だからですよ)、写しておきました。   

|

« アベルモスクスの塊茎の雰囲気 | トップページ | リコリスの城下農園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アベルモスクスの塊茎の雰囲気 | トップページ | リコリスの城下農園 »