« 松永ひと美ファンの集いに参加 | トップページ | 挿し木の続きと何でも経験? »

2006年10月23日 (月)

甘酒祭りと巫女さんの神楽奉納

10月22日、無形民族文化財の甘酒祭りに、一宮市丹陽町重吉、八幡神社まで、出かけてきました。午前中の八幡神社は、テントと甘酒祭りのノボリが一本だけで、祭りの雰囲気はありませんでした。
印象的だったのは、小学生の巫女さんが午後から奉納する神楽、皆さんも、一度は、訪問されたらと様子を写真で報告です。
Amazake1iAmazake2iAmazake3iAmazake4iAmazake5i地元公民館(地図では赤い十字の場所)で、午前中に沢山頂いた甘酒、ノンアルコールなので、子供さんも含め甘党の方には、お勧めです。午後は、もう一つの公民館(場所は聞かず、その為、所在地不明)と八幡神社でも頂けますが、話を聞きながら、ゆっくり飲むなら午前中。
Maturi1i_2Maturi2i_2新聞に、よく載るのは、こんなシーンから!。裸男が神前に供えられたオヒツに入れられた甘酒とオコワが参拝者に振る舞われます。
Mikosan5iMikosan1iMikosan2iMikosan3iMikosan6iMikosan4iKannushisan1i公民館で接待を受ける神主さんと
脇の善光寺堂で、着付けされる巫女さん。
クラスメートも興味心身?、
”何を話し込んでいるのかな?”
です。
Retu1iRetu2iRetu3iRetu4iRetu5iRetu6iRetu7iRetu8iRetu9i公民館から八幡神社へ向う、奉納行列と、その中で、ちょっと、見かけない歩き姿の巫女さんの行列、
Kagura1iKagura2iKagura3iKagura4iKagura5iKagura6iKagura7iKagura8iKagura9iKagura10iそして、神楽を奉納する巫女さんから。舞の形を変えながら、何度も、神楽の奉納が行なわれ、その度に、賽銭でしょうか?、投げ込まれていました。おまけに、クラスメートなのかな?、舞台裏を覗き込む二人も!。
Mikosan11i神楽の奉納も終わり、甘酒祭りも終わり、善光寺堂へ帰る巫女さん。
雰囲気は楽しんで頂けたかな?、では、詳しい事は、皆さんと地元の方のふれあいの為に、楽しみとして残しておこうと思います。

|

« 松永ひと美ファンの集いに参加 | トップページ | 挿し木の続きと何でも経験? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松永ひと美ファンの集いに参加 | トップページ | 挿し木の続きと何でも経験? »