« 晩秋の大洞池、犬山 | トップページ | 流行は木立性、皇帝ダリア »

2006年12月 4日 (月)

酒蔵「勲碧」と焼肉「河長」

12月3日、江南市の酒蔵「勲碧・くんぺき」の新酒試飲会に出かけてきました。(辛口のお酒を造っている地元の小さな酒蔵さんです。)
Kunpeki3iKunpeki4iKunpeki5iKunpeki6iKunpeki7iKunpeki8iKunpeki1iKunpeki2i酒蔵さんの試飲会、仕込が始まったばかりという事で、試飲は3種でしたが、購入出来るのはもっと種類がありました。今回試飲したお酒には、つい先週、近くの酒屋「おかもと酒店」さんに、進められて購入した「初しぼり」もありました。(まだ、昨日、封を切って飲んだばかり。)
そして、居酒屋に立ち寄って飲んだつもりならと思い、”数量限定販売の平成18年全国新酒鑑評会「入賞酒」、大吟醸山田錦40%無濾過原酒、平成18年「仕込12号」”の750mLを購入して、リュックに入れ背負って帰ってきました。
Kawacho1iKawacho2iKawacho3i酒蔵「勲碧」さんの、畑を隔てた、すぐ東側にあった
焼肉「河長」さん。(春の第五回勲碧酒蔵開放でも、”どて煮”を出されていたお店で、勲碧さんのお酒が飲めるとの事。ネットの地図に載ってなくて辿り着けなかったけど、今回の試飲会で場所がわかりました。

|

« 晩秋の大洞池、犬山 | トップページ | 流行は木立性、皇帝ダリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晩秋の大洞池、犬山 | トップページ | 流行は木立性、皇帝ダリア »