« 流行は木立性、皇帝ダリア | トップページ | 浜名湖競艇でボートを楽しむ »

2006年12月 4日 (月)

松永ひと美、浜名湖競艇イベント

松永ひと美さんの浜名湖競艇場(イベント会場はサンホール)での歌謡ショーに行ってきました。午前、午後の2回見る予定が、夜更かしのせいで、午後だけしか見れず、ゴメンナサイ。(ひと美さんの”午前と午後の2回見られる方は手を上げて”に、4人ほどの手。)
会場は、松永ひと美さんの歌謡ショーのアナウンスで、すぐに満員に、そして、ひと美さんの熱唱に私は惜しみなく拍手でした。
歌われた曲は、”冬の花”、”ねぶた風恋歌”、”花の寺”の3曲だけで、短い時間でしたが、花の寺(持っているけど、近所のカラオケ好きの人にあげる為に購入)と全曲集の2枚のCDを購入、そして、サイン色紙と握手で、今日は、満足しての帰宅になりました。(ひと美さんには、午後3時頃の新幹線で東京に帰られる事、スタッフの方には、年明けの新曲の”ふたり星”の発売は、当初の1月24日から1が月延期(”花の寺”が好調な為かな?)になった事を聞きました。)
私の独り言ですが、”競艇ファンは、演歌ファンでもある様だけど、CDを購入してもらう為には、どうしたらいいのかな?”と思ったりも。
新居町駅の歌謡ショーの案内看板、サンホール前の花の寺のポスター、ショーが始まる1時間ほど前のサンホールの全景と内部、撮影禁止なので内緒の3枚も(私には、歌謡ショーの雰囲気を言葉だけで伝える自身がないのです。そして、ひと美さんの写真を掲載したのは、スタッフの方に話し、”少しだけにして”の言葉に甘えてなのです)。後ろ向きの姿は帯の紹介。
Hitomi12041i_1Hitomi12042i_1Kaijyo1i_2Kaijyo2i_1Hitomi12043i_1Hitomi12044iHitomi12045i余談、歌謡ショーの様子などを書くのは初めてなので気持ちが伝わるかが心配です。

|

« 流行は木立性、皇帝ダリア | トップページ | 浜名湖競艇でボートを楽しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 流行は木立性、皇帝ダリア | トップページ | 浜名湖競艇でボートを楽しむ »