« 百合の実が開いたと思ったら・・ | トップページ | 菜の花、ナバナの花 »

2007年1月24日 (水)

イネ科の綿毛、2種を接写

イネ科の綿毛を2種、綿毛が、どんな風に違うかが知りたくて接写。
ススキの綿毛(イネ科ススキ属)
Susuki1241iSusuki1242iSusuki1243i1枚目は縮小のみ、2、3枚目は、切り出して縮小。但し、3枚目は、綿毛をつけた一つの実を穂から外して室内で写してます。
メリケンカルカヤの綿毛(イネ科ウシクサ属)
Ushikusa1241i_1Ushikusa1242i_1よく見かけるけど、見つけた時には、ウシクサの文字に、なるほどと思ったりでした。
こちらは、穂の一部を切り取り室内で写す。
Ushikusa1243iそして、一つ外した種子の綿毛の影に、この写した方が、綿毛の様子が分かりやすいかと思ったりも。
メリケンカルカヤの文字を”花図鑑(松江の野草樹木の花の名前)・サイクリング日記”で見つける。

|

« 百合の実が開いたと思ったら・・ | トップページ | 菜の花、ナバナの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 百合の実が開いたと思ったら・・ | トップページ | 菜の花、ナバナの花 »