« タラノキの冬を接写で楽しむ | トップページ | 百合の実が開いたと思ったら・・ »

2007年1月23日 (火)

樹木から冬を接写

樹木の蕾、実、花から冬を接写
Tubaki1231iTubaki1232iツバキ、赤とピンクの花をつける椿の花芽から。ピンクの椿は挿し木したものです。
Natumikan1231iNatumikan1232iナツミカン、隣の畑にある夏カン、画面一杯の実の写りに食べたくなりました。
Kinkan1231iキンカン、小さい実は上を向いています。地面に植えたら、雪の重みで枝が折れそうになる場合も。
Roubai1231iRoubai1232iRoubai1233iロウバイ、花と蕾。
花の様子に、退化したオシベと退化したメシベの花がありそうに思えました。また、メシベのハッキリしない写りに、テレスコマイクロを引っ張り出したくもなりました。

|

« タラノキの冬を接写で楽しむ | トップページ | 百合の実が開いたと思ったら・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タラノキの冬を接写で楽しむ | トップページ | 百合の実が開いたと思ったら・・ »