« 伊勢うどんでなく味噌うどんに | トップページ | 移動介助(歩行介助)の杖の管理 »

2007年1月28日 (日)

切り倒した葛の幹を輪切りに

雑木林になっていた畑の葛、伐採で切り倒した樹木の年輪と違う様子に、クズ(葛)の幹の断面を写しておきました。維管束は、水分の通る木部と養分の通る師部からなるとあるのですが、小さな穴がハッキリ見える部分が木部かな?。では、中央の白い部分は何かな?。
Kuzu1282i葛の幹の輪切りに幹全体がスポンジ状でした。縦に割ったり、斜めに刻んだりも。
Kuzu1284i_1葉痕の位置を目印に、上を向く冬芽の様子も。
Kuzu1286i輪切りにして持ち帰ったクズの幹に、折角なので、水受けに幹を立て(冬芽は上向きにして)水挿しに、春の芽吹きを期待です。でも、置いている部屋は、親の介護の為に24時間暖房なので、もっと早く芽吹くかもしれません。
Kuzu1287iKuzu1288i輪切りの幹に生物。1mmたらずのカタツムリ、同じ位の大きさのカイガラムシ?も。
余談。
見通しが悪く、空き巣防止を兼ね、雑木林の伐採に、切られたエノキの切り株は、キノコの栽培に使用との事。
Enoki1284iEnoki1285iキノコ栽培に向かない虫食い状のエノキの切り株とキノコの菌を植えられた切り株。キノコ栽培は4年ぐらい出来ると聞きました。

|

« 伊勢うどんでなく味噌うどんに | トップページ | 移動介助(歩行介助)の杖の管理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊勢うどんでなく味噌うどんに | トップページ | 移動介助(歩行介助)の杖の管理 »