« 朝食は、どて飯と味噌汁 | トップページ | 樹木から冬を接写 »

2007年1月23日 (火)

タラノキの冬を接写で楽しむ

タラノキの冬の姿から、(トゲ)、葉痕(ハコン)、皮目(ヒモク)、冬芽などを接写(coolpix995にて)です。
Tara1231iTara1232i(トゲ)、棘の付き方に、方程式の文字が浮かびました。
Tara1233i樹皮にある葉痕(ハコン)と皮目(ヒモク)、この葉痕は、ブイネックセーターの縁取りの様。
Tara1234i先端の冬芽と先端の葉痕
、葉痕は幹の周囲に及んでいます。
Tara1235i脇の冬芽、テンプラで美味しいのは、脇の芽か先端の芽かな?。
Tara1236i皮目
Tara1237i熊の爪(見た事ないけど)の様な
余談。

春の芽吹きの緑、タラノメのテンプラが楽しみです。そして、折角なので、”白岩先生の植物教室-専門的な用語の解説”へもリンク。

|

« 朝食は、どて飯と味噌汁 | トップページ | 樹木から冬を接写 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝食は、どて飯と味噌汁 | トップページ | 樹木から冬を接写 »