« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

多岐川舞子さんを検索して

多岐川舞子さんを検索して、多岐川舞子さんをブログで検索するならgooよりyahooの方がいいようです検索結果が求める記事かどうかの判断は、名前の前後にカンマがある時は無効な記事と判断していいと思います。そして、検索結果から、演歌好きの人がブログを書くのは、天然記念物的な事に、とても寂しく残念な結果です。
カラオケ好きの方は、ネットよりカラオケ、一般的な話ですが、演歌が好きでカラオケが好きな方が、ブログで記事を書く時間があるなら、その時間も歌に集中していたい様です。
3月7日発売予定の「秋冬カモメ/愛一葉」にリンクと思ったけど、リンクしたい様なページがみつからず、最終的に、「コロムビアミュージックエンタテインメント  多岐川舞子」さんのページにリンクする事に。
折角検索したから、信濃川の時でインタビュー記事も、ちょっと古いですが、私のふんわり旅-最終回-多岐川舞子さん(歌手)にリンクも。
余談ですが、”歌手の名前を羅列しただけの記事の多さにイラダチ、トラックバックされて浮かび上がってくる古い記事にもウンザリ。そして、シニアグラフィティ昭和歌謡シアター”新宿の女”の記事では、舞子くらぶの舞子日記が一番よかったかな!”でした。

| | コメント (0)

葛の茎に天使の羽の様なもの

伐採して切り取ったクズの幹にあった冬芽から芽吹き、伸びた葛の茎に、天使の羽の様なものを見つけ写しました。
Kuzu1i伸びた蔓に葉が出て、その両脇に、天使の羽の様な小さな緑が目に止まり。
そして、樹木の四季のHPでは、クズ(葛)の成長記録を始めました。

| | コメント (0)

2007年2月26日 (月)

松永ひと美さんが近江八幡へ

2月25日は、松永ひと美さんを追いかけて近江八幡のカラオケ店へ。近江八幡のカラオケ店、マンボ、出かけて分かった事は、踊りのマンボじゃなくて、魚のマンボーだった事。
Hitomi20072251iHitomi20072252i歌は五曲、ねぶた風恋歌、花の寺、おんな街道、ふたり星、恋の河、ふたり星は松永ひと美さんの歌唱指導あり、皆でゲストの松永ひと美さんと一緒に「ふたり星」を歌う練習を兼ねて大合唱、そして、男女のデュエットでも「ふたり星」で盛り上がりました。
「樹木の四季」でHPに掲載している「松永ひと美」さんの記事を更新(ブログでは書き忘れた事も)
松永ひと美さんは忙しくて見る事が出来なかったかなと思う近江八幡のシーンも掲載。
Oumi20072251iOumi20072252i歴史民族資料館脇の「近江商人のふるさと」の文字に、民族資料館と旧伴家住宅で文化財満喫です。
Oumi20072253iOumi20072254iOumi20072255iOumi20072256i雛人形の時期でもあり、旧伴家では雛人形がお出迎え、そして歴史ある「ひな人形」とその道具類も沢山展示されていました。
Oumi20072257iOumi20072258iOumi20072259i近江八幡の3月の「左義長まつり」と4月の「太鼓まつり」が有名の様。左義長まつりの様子と町と祭りの模型、町並み。

Oumi200722510iOumi200722511iOumi200722512i散策で目に止まったものも。テレビで見た事しかなかった”うだつ”、格子戸明治橋、八幡公園と八幡山(八幡山のふもとに八幡公園)、
Oumi200722513iOumi200722514iOumi200722515iOumi200722516i私が松永ひと美さんの「ふたり星」のヒット祈願した地蔵堂のお地蔵さん、八幡公園にあった1本の梅の木からは、ピンクの梅の花とミノムシ(ひと美さんが虫嫌いだったら大きくして見ないで!)、蓮照寺から寺の屋根の一角に八幡山?へのロープウェイ京街道の標柱と趣のあるアーケード
余談(冗談、洒落)ですから
出かけた言い訳に、テレビの娘に会いに行くコマーシャルの出張ではないけど、二度と通じないと思う様な、”隠し子の娘に会いに近江八幡へ行ってくる”ってな理由をつけたら、絶対、大喧嘩で、怒鳴られ、離婚だろうなと言うのはどうですか!?、そして、訳を話し、「ふたり星」のデュエットで仲直り

| | コメント (0)

摘み菜,ブロッコリ,赤カブの花

摘み菜の花、菜の花、ブロッコリーの花、赤カブの花。しつこく、菜の花シリーズの写真です。
Tumina20072261i摘み菜の花、
食べきれない?摘み菜には、花が開いたので写す事ができました。
Nanohana20072261i菜の花
一本だけ、実と種子の写真用に残してあります。
他に、残してあるのは白菜。
Block20072261iブロッコリーの花、
ブロッコリーには二種類、ブロック状の蕾をつけるものと伸びる茎に次々に小さな蕾をつけるものがある事を知りました。

Akakabu20072261i_1赤カブの花、
丸く育った赤カブも写したけど、納得できない写りに掲載せず。花の背景も気に入らないけど、とりあえず、切り出して掲載。

| | コメント (0)

2007年2月24日 (土)

松永ひと美、近江八幡、マンボ

松永ひと美さんの2月25日のスケジュールから、”滋賀県近江八幡松永ひと美新曲発表・歌の祭典」カラオケマンボ”の記事から詳細をチェック、出かける事に。
Keitai20072231Keitai20072242(余談)
携帯電話で、かけた履歴を写してみようと、携帯の履歴を写してみたら、フラッシュ使用では、液晶は真っ黒、手ブレが気になるけど、フラッシュを未使用で写したら、何とか読める結果に。
(本編)
カラオケマンボ 近江八幡”で検索したらヒットして、カラオケ店リストが見つかり、電話番号も分かり、カラオケマンボさんで教えてもらった、”まごころきかく”さんに電話してスケジュールを確認、25日は、出かける事に。
念の為、”まごころきかく”さんを検索、マゴコロキカク、まごころ企画、真心企画で検索したけど特定できずの結果に。

| | コメント (0)

2007年2月23日 (金)

松永ひと美、ふたり星/恋の河

松永ひと美さんの”ふたり星/恋の河”を聞いて。
Hitomi20072211新星堂さんへCDとカセットテープをもらいに行き早速聞いて思った事。
Hitomi20072212「ふたり星」を聞いて、ひらめいた事。
「ふたり星」は、恋人のいない、出会いの機会が無い男女の方に、特にお勧めです。
心を寄せる異性に、デュエットで機会をつくりませんか。
その始まりは、”応援している女性演歌歌手の為に、デュエットコンテストにテープを送りたいと異性に申し込んで下さい。そして、出会いのチャンスをつくり、デュエットで交流の機会をつくって下さい!!。
夫婦の方には、デュエットで思い出づくりの一つにと思いますので、ぜひ、この機会に、カセットに録音してデュエットコンテストに参加されませんか!。
「恋の河」を聞いて、実らない恋しか縁の無い、私には、ぴったりかと思ったりでした。
松永ひと美 OFFICIAL WEB SITE

| | コメント (0)

2007年2月22日 (木)

菜の花、小松菜、摘み菜

コーヒーの空き瓶に挿していた小松菜の花の様子に、菜の花摘み菜も写す事に(花の観察を兼ねて)。残念ながら、ツミナはいつも蕾をつまれ花は見つけられませんでした。
Komatuna20072221iKomatuna20072222i小松菜(コマツナ)メシベに寄り添い直立するオシベ4本に、花びらの間に伸びるオシベが2本、合計6本のオシベに、よく見ていない事を再認識。たまに、オシベが6本以上の花もあり。
Nanohana20072221i菜の花(ナノハナ)、コマツナと同様の花の形、花としては、花びらが、コマツナに比べ、少し丸っぽいかなと思いました。
ナノハナは、墓前の花のしても重宝している様。
Tumina20072221iTumina20072222i摘み菜(ツミナ)、摘まれ、食べられている様で、今の所、花が見当たりませんでした。

| | コメント (0)

イチゴの種(実)を接写

夜の自宅介護に、時間つぶしに、イチゴの実と種を接写です。
バラ科のイチゴ(苺)に、食べる部分は花托が膨らんだ偽果、種に見える部分が実なのだそうだけど、実はゴマの様に黒く(茶色)なったら熟しているのかな?。
Ichigo20072221i写したイチゴ、実の部分はまだ、緑。
Ichigo20072222iの先に伸びるのは何?。丸い部分が果実、先端に伸びる柱状の部分が花柱
Ichigo20072223i取り出しは緑の実。実は繊維状の部分で花托と繋がっていて取り出すのに一苦労です。
詳しくは、リンク先の「いちごのホームページ」で、イチゴ教室イチゴの秘密理科を読んでください。(図解入りで分かりやすく説明されてます)
(注)一粒ずつの写真は懐中電灯を照明にしています。
Kami1iおまけは、実のステージにしたティッシュを接写(coolpix995+テレスコマイクロ+接眼レンズ)。

| | コメント (0)

2007年2月21日 (水)

長芋(ナガイモ)の発芽観察

長芋(ナガイモ)の発芽観察と言っていいのか?、ナガイモの冬芽観察と言えばいいのかな?。
Nagaimo20072161iNagaimo20072162iNagaimo20072163i2007年2月16日、頂き物の長芋に、冬芽もあるのでコーヒーの空き瓶に水とナガイモを入れ、暖房の室内で、ナガイモ観察です。棒状の写真は芽の下の一部分部分。
Nagaimo20072211i2007年2月21日、発芽が近づいたのかな?。先端が一皮はがれてきています。

| | コメント (0)

2007年2月20日 (火)

葛(クズ)、テーブルで植物観察

葛(クズ)の切り株で植物観察。介護で24時間暖房の部屋。そこにあるテーブルは自然観察の場所になっています。
Kuzu20071281i1月28日に切り取ってきたクズの幹。
小さい方は長さ37mm、直径23mm。
大きい方は長さ80mm、直径33mm。
雑木林見通しが悪いから泥棒対策の為にも切り倒してと言われ、エノキ等と共に、絡み付いていた葛も伐採でした。
葛の断面は「四季図鑑:クズの写真(くず、葛)(樹木の四季:樹木図鑑)」へ。
Kuzu2007211i2月1日、切ったクズの幹の大きさの紹介には、比較対象した方が、大きさが分かりやすいかとタバコとライターと共に写す。
よく見たら、誰かが倒したようで、上下がさかさまで水受けの水についましたので直す。
Kuzu20072151iKuzu20072152i2月15日、暖房の室内で暖かいので芽吹いてきましたが、根はまだ伸びてきていません。
小さい葛の株の方が成長が早い様。
葉痕の上にハの字に存在する冬芽も伸びだしています。
20072191i2月19日、葛の伸びた芽に、照明に赤色のLED(発光ダイオード)使用です。光源のLEDは光量調節が出来ないと照明には不適な感じでした。(次回は白色LEDでテストしてみたいと思っています。)
Kuzu20072201iKuzu20072202iKuzu20072203iKuzu20072204i2月20日、晴れた朝にクズを写す事に。多分、根が成長してくるのかなと言うシーンも。小さい方のクズの芽吹きは成長不良?。樹皮の表面にある目の形に似たヒモク、皮目の説明にもクズの幹は重宝かな?
余談。
クズキリの葛の根からとるデンプン質が、どんな根に蓄えられるのかなと、くず粉をとる根の成長記録用も兼ね、クズの伸びた蔓を挿し木した鉢植えも育てています。

| | コメント (0)

2007年2月19日 (月)

テレスコマイクロを取り出して

椿の花の接写にcoolpix995とテレスコマイクロ、そして、テレスコ用接眼レンズを取り出して、気になった花粉の一粒に大きさをどこまで捉えられるのかをチェックです。本来は、顕微鏡で写すべきものなのでしょうが、普段見る中では小さな花粉なのかな?と言う思いもあり写して見ました。
Tubaki20072101iTubaki20072102iTubaki20072103iTubaki20072104i花全体と雄花全体は室外ですが、風で揺れる事も考慮して、花粉は庭の一花を採取して室内で写してます。
4枚目の写真は、2枚目から497*373のサイズで切り出したものです。
Tubaki20072171i_1coolpix995単体で、瓶に挿した一花のオシベとメシベを接写。
これ以降の照明は懐中電灯。
Tubaki20072172iTubaki20072174icoolpix995にテレスコマイクロをつけて写す。そして、481*361のサイズで部分的に切り出したもの。
coolpix995にテレスコマイクロ+テレスコ用接眼レンズをつけて写す。そして、Tubaki20072173iTubaki20072175i493*370のサイズで部分的に切り出したもの。
おまけは、機材紹介写真。そして、ピンボケの片隅には、水受けに入れた葛の切り株、コーヒーの空き瓶には長芋の芽吹き観察用の切り株。
Degicame12

| | コメント (0)

空の写真でガマン?

自宅を離れられないので空の写真でガマン?です。
Sora1Sora2Sora3そして、万華鏡風にも空の写真を加工です。
Sora1mSora2mSora3m空の様子に、どの部分を写し取ろうかと思案。でも、結果は、どこにでもあるような空の写真になってしまいました。
他にも、多くは無いのですが、空の写真は「空の彩り(樹木の四季 別館3)」で壁紙素材用に掲載してます。

| | コメント (0)

2007年2月16日 (金)

納得できない写真も加工次第

納得できない写真も加工次第でと言う事で、まったく関係ない形の万華鏡風に加工です。
Mangekyo1Mangekyo4Mangekyo7Mangekyo10接写で写したグズ(葛)の幹の表面、接写で写したナガイモの冬芽、接写で写した葛の芽吹き、水受けにおいて観察している葛の幹などから。
樹木の四季では1024*768で掲載
同じ写真をサイズを変えてニコンのアルバムサイトに掲載
1600*1200、1280*960

| | コメント (0)

樹木の四季50音索引更新報告

樹木の四季から樹木別のページにある50音索引の更新報告です。
2007.2.15
挿し木のクズ(葛)などと写しためた中から13枚追加
写し集めた中から、イチョウ(銀杏)のページの入替と雄花/雌花の追加で再構築、追加枚数としては8枚
2007.2.14
モンキーポッド(アメリカネムノキ)のコルク質の樹皮など、今の様子から10枚追加
2006年9月に写したアラマンダ(アリアケカズラの実と今日の乾燥気味の葉の様子から4枚追加

| | コメント (0)

2007年2月14日 (水)

モンキーポッドの樹皮はコルク質

モンキーポッドの樹皮はコルク質。日立が独占的撮影権と言っても、ハワイの一本の木だけ。
この木なんの木 気になる木(このきなんのき きになるき)で知られる日立のコマーシャル(CM)で有名な木(樹)。本当に、コマーシャル写真だけでは”何の木か分かりません”けど、モンキーポッドのコルク質の樹皮と木に居座る子蜘蛛、そして、木に何か虫が入ったようで、そんな様子を含め、”モンキーホッドのコロニー”として紹介です。
このモンキーポッドは、2007年2月14日、バレンタインデー当日に写したものです。(冬は暖房の室内に置いている木。)
Monkeypod1iMonkeypod2iコルク質のモンキーポッド、切り詰めて木が低いので幹周りの計測は地上1cmにて周囲18cm。樹高は100cmほど、管理の悪い木の全景は恥ずかしいので写さず。木には虫が食い荒らしたような糞の跡。このモンキーポッド、松の立ち枯れの様に、虫に食われ枯れはしないかとヒヤヒヤなのです。
Monkeypod4i室内なので木の上部では、落葉した木も葉痕の上部から新しい芽吹きが始まっています。芽吹きの葉の表面は産毛がいっぱい。
Kumo20072142iそして、蜘蛛のコロニー。何故だかいっぱい住み着いている蜘蛛。時々しか見ないので、こんなに小さな赤い蜘蛛(体長1.5mm、全長3.0mmほど)がいる事に気が付きませんでした。寒くなって室内に入れ置き場所も変えていません。
5月9日追記。数日で全部いなくなった蜘蛛、どこかで見たような様子に、地面で樹木の根元で筒状の巣をつくる土蜘蛛の仲間かな?。

| | コメント (0)

今日の夕食シリーズから抜粋

2月7日の酒の肴と言うか、夕食のおかずとと言うか、とにかく、イカから煮物と刺身の2品と、ゆでた白菜からです。
Yuusyoku2007271iイカの肝は調味料、イカの足と頭を醤油と砂糖で煮て、味付けの決め手は肝です。
Yuusyoku2007272i一皿の白菜には、ゴマとジャコをトッピング、醤油は、ジャコに塩気があるので少々。
2月10日の夕食のご飯ものはありあわせ。
Yuusyoku20072101iマーボ豆腐の素で作ったマーボ茄子の残りに、ご飯と卵を入れ、レンジでチンのマーボ雑炊
麻婆茄子の素は好みじゃないので、いつも、麻婆豆腐の素を使っています。
2月13日自前で夕食。
Yuusyoku20072131iレンジでチンのホウレンソウ一束と豆腐1/3丁で、和風サラダ(言い方を変えれば、ホウレン草の白和え)と、残り物同士で、野菜のテンプラに雑煮のツユをかけ、揚げ豆腐ならぬ、野菜揚げ椀(碗)。木の器だから椀かな?、陶器なら碗でいいのかな?。そして、思わぬ辞書結果に・・・・でした。
Yuusyoku20072132iそして、白和えの残りに、ネコマンマならぬ、白和え雑炊(ご飯、かつお、卵)という結果に。
そして、その結果に”食事は創造だ!”でした。

| | コメント (0)

木曽川に映る夕日を求め

木曽川に映る夕日を求め出かけたのですが、目的地へ着く前に沈んでしまいました。
Kisogawa20072131iKisogawa20072132iKisogawa20072133iと言う事で、まだ写していてない木曽川の脇からも目的を変更して写してます。
Kisogawa20072134i木曽川草井低水護岸工事現場から「すいとぴあ江南」の眺めも。

| | コメント (0)

2007年2月12日 (月)

木曽川に映る夕日と思い・・・

木曽川に映る夕日と思い出かけたのですが生憎の空模様。
Kisogawa20072124i_1写真は愛岐大橋から。
Kisogawa20072121iKisogawa20072122i木曽川草井低水護岸工事の状況とテトラポットが川岸で造られている事に、出来たものを運んでくるのじゃないんだと認識も。
Kisogawa20072123iすいとぴあ江南の建物もライトアップ。強い手ブレも写真加工すれば絵になりそう。すいとぴあ江南裏側の堤防脇が埋め立てられていました。

| | コメント (0)

2007年2月11日 (日)

江南市民駅伝競走大会

今日、2月11日は、江南市民駅伝競走大会。江南市民マラソンと思っていたけど、たすきの受け渡しシーンなどの写し所のある、市民駅伝競走である事を、生まれて初めて写しに行って知りました。広報などでもマラソンの案内がされるのですが、自分自身、いかに、いいかげんな目の通し方であるかも認識です。
Ekiden1iEkiden2iEkiden3iEkiden4iEkiden5i一般から中学生まで参加の民駅伝競走の写真を見て分かったのは、ゼッケンに隠れているのか?、布袋、古知野、江南、shikiboの一部の一部の人の文字だけ。
受け渡すタスキには、思い思いの文字を書けばよいのか?、OO病院看護師募集中、OO病院、気力・・・、写真からタスキの色は、白、赤、茶、青、オレンジ、黒、水色、ピンク、紫、黄を確認です。
江南市の広報には江南市民駅伝競走大会の文字があったけど、なぜだか、江南市のHPでは文字を見つけられず、どうして?と思ったりも。

| | コメント (0)

2007年2月10日 (土)

2月3月の見所、写し所

岐阜梅林公園、岐阜新聞主催の梅まつり撮影会(岐阜県岐阜市)2006.3.5
樹木の四季から
岐阜梅林公園梅まつり(運良く、イベントを楽しめる梅まつりに出会えて)2005.03.06
大県神社[大縣神社(オオアガタジンジャ)]の豊年祭(愛知県犬山市)2005.3.13
犬山ハーフマラソン(最終ランナーの人々にスポットを)2005.2.27
ふるさと迷走案内から

田県神社(田縣神社)の豊年祭り(愛知県小牧市)2006.3.15
2005.03.13大懸神社の梅の木
2005.03.21北野天神社の梅の木
新ふるさと迷走案内から
梅まつり(岐阜梅林公園)(岐阜県岐阜市)2006.3.5
岐阜梅林公園2006.3.4
田縣神社の豊年祭(愛知県小牧市)2006.3.15
犬山、成田山へ豆まきを写しに、行くなら、ゲストのいる2月3日の節分まつりでした2007.2.4
ブログから
2006.03.11江南市内、曼陀羅寺公園本誓寺、北野天神社、江南市市民会館裏の公園の梅の木
樹木の四季@壁紙館から
まだ、行っていない所も紹介。
3月4日(日曜日)に
岐阜梅林公園の撮影会に立ち寄ったら、市民会館北側の美江寺まつり(美江寺観音)にも回る予定です。
岐阜市美江寺2-3 美江寺観音
ここで示した地図は梅林公園と美江寺の中間です
2007年4月19日追記、ふるさと迷走案内のHP移動でリンク先変更。

| | コメント (0)

2007年2月 9日 (金)

松永ひと美新曲発表ファンの集い

3月3日、三重県四日市市、松永ひと美 新曲発表ファンの集いに参加する事を、電話連絡しました。残念ながら、担当者の方が見えず、他に聞きたい事もあったのですが、後日電話する事に。
松永ひと美 新曲発表ファンの集いに参加されたい方は、松永ひと美さんのHPで確認を!。
余談になりますが、2007年1月の松永ひと美さんの記事見っけで、
演歌な毎日~アバウトイッチャン~ 番組収録(文中には、松永ひと美さんの名前と写真あり)
小桜舞子のさくらむすび 2月放送分 ~おひとつどうぞ♪~(小桜舞子さんも演歌歌手、松永ひと美さんの記事と写真あり)
(注意)松永ひと美さんの元気な姿が掲載されていないブログ、HPへはリンクししていません。

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

マンサク,ツバキ,曼陀羅寺の藤

Mansaku2007281i曼陀羅寺マンサク(満作)は黄色い花は写し頃、アカバナはまだでした。
Tubaki2007281iTubaki2007282iTubaki2007283iTubaki2007284iツバキ(椿)は村久野の熱田社。白花の一重と八重、赤花から八重と一重。写している時間より、写し頃の花を探す事に時間がかかりました。
Mandaraji2007281i 曼陀羅寺の藤(フジ)は植え替えが進んでました。
余談。
昨日の夜、酔いつぶれて、タクシーの運転手さんと交番のお巡りさんに迷惑をかけてしまいした。今日は、昼前に、デジカメを下げて自転車を取りに行ったので、松永ひと美さんの「ふたり星/恋の河」を新星堂アピタ江南西店(愛知県江南市松竹町上野205/ tel: 0587-55-7170)でカセットとCDで予約、その帰り道、曼陀羅寺と熱田社にも立ち寄りマンサクとツバキを写してきました。
独り言。松永ひと美さんの「ふたり星/恋の河」ですが、新星堂のネット予約では発売日前日にならないと受け付けていませんでした。
Matu2007281i曼陀羅寺公園の忠魂碑の背後にあった2本の松は切り倒されてなくなっていました。そして、前側にあった桜もどこかへいってしまっていました。

| | コメント (0)

2007年2月 7日 (水)

味噌カツの味噌だれの作り方

味噌カツの味噌だれの作り方を紹介。
赤味噌(マルサンだし入り赤だしを使用)大さじ1杯、ザラメ大さじ1杯、お酒大さじ1杯、みりん大さじ1杯を材料に、同時に、材料を鍋に入れ、後は、砂糖(ザラメ)が溶けるまで煮込むだけ。
Akamiso1赤味噌に、八丁味噌を使うと味付けが難しくなるので、何も考えなくて良い
マルサンのだし入り赤だしを使っています。コクを出すには、お酒が必須なので、味醂を水に変えても、お酒を水に変えないで下さい。
作る量は、かける量にも依存しますので、ここでは、基本配分のみを紹介します。
余談。
”あなたは、においで味が分かりますか?”。調理の基本は、鼻だと思うのは私だけかな?。

| | コメント (0)

2007年2月 5日 (月)

捉え所の無い木曽川を写し

扶桑緑地前後の平地を流れる木曽川、遊歩道を脇に降りたのですが、捉え所が無く、木曽川を表現するの困りました。(木曽川という文字は沢山出てくるのに木曽川の流れを写した場面が本当に少ない)
Kisogawa1Kisogawa2Kisogawa3Kisogawa4Kisogawa5Kisogawa6時には、上流を眺めながら、写し所はと思案。扶桑緑地辺りでは中洲にさえぎられ木曽川の主流が見えません。(川漁師の船をチャーターしないと中洲には渡れません!)
そんな状況を、樹木の四季の1ページに壁紙を交え掲載も。過去にも写した中から、ふるさと迷走案内、新ふるさと迷走案内へリンクし木曽川の紹介も。

| | コメント (0)

針綱神社,三光稲荷,猿田彦神社

針綱神社、三光稲荷、猿田彦神社も回ってきました。そして、普段、写し忘れている場所、神輿も。
Haritunatenmangoo1iHaritunatenmangoo2iAkibajinjya1iIchi1iKotohira1i針綱神社の境内に針綱天満宮、秋葉神社、市神社、金刀比羅。ノボリで分かった神社の名前も。天満宮には、牛の像もありました。
Harituna1iHarituna2iHarituna3i針綱神社と朱色に塗られた神輿も。
Sarutahiko1iSarutahiko2iSarutahiko3iSarutahiko4iSarutahiko5i猿田彦神社は、三光稲荷と鳥居は別だけど、社務所は一緒の様、拝殿(社殿)が開いているのも珍しいかな?。由緒書きも写しておきました。
Sankou1iSankou2iSankou3iSankou4i三光稲荷神社の片隅に神輿。写さなかったけど、境内には三狐と書かれた石を祭った社も。こちらも、由緒書きも。
神社仏閣の写真は、ふるさと迷走案内(別館6) に沢山置いてます。

| | コメント (0)

2007年2月 4日 (日)

犬山、成田山へ豆まきを写しに

犬山、成田山へ豆まきを写しに出かけてきます。
伊藤まいこ(いとうまい子、本名:伊藤麻衣子)さんと、岡田奈々さんの芸能人(俳優)が豆撒きをする様なので、出かけてきます。
Naritasan5i結果は、帰ってのお楽しみという事に、3日の予定だったらゴメンナサイ!。やっぱり、3日、節分まつりは名鉄とタイアップでゲストを呼んだのかな?。
Naritasan1iNaritasan2iNaritasan3iNaritasan4i節分まつり、節分から外れたけど、建物の中も見られたから行かないよりはよかったかも?。
不動明王を祭る成田山の本堂へも立ち寄り、納札堂はお札売り場の片隅にある事もわかり。
Taishidou1iTaishidou2i片隅にある大師堂もこの時期は開かれているようです。
反省。
来年は、3日に出かけようと思います。
地域の催し、祭りの写真は、ふるさと迷走案内(別館6)新ふるさと迷走案内(別館9) に沢山置いてます。
3日のブログリンク。
寝屋川の成田不動尊に節分の豆まきを
成田山横浜別院で行われた節分
節分の昨日、その雰囲気を味わいに出かけたのは大須観音
大本山成田山新勝寺
”成田山”に加え、”いとうまい子”さんも検索に含め。
犬山成田山節分まつり
福は~内っ!愛知県犬山市成田山へ

| | コメント (0)

2007年2月 3日 (土)

蝋梅、梅、桜、鳥の巣、苔ほか

蝋梅、梅、桜、鳥の巣、苔ほか。
Roubai1iソシンロウバイの花には、表面が朽ちたも沢山ついてました。
Ume1iUme2iUme3iウメの花は、の中、スイトピア江南曼陀羅寺
Sakura1iSakura2iサクラの花は、江南団地の広場脇から。可愛い花をつけていました。でも、いつも咲いてたシダレ桜は移植でだめ。
Koke1i自宅から、コケも接写すると、土筆の様に見えませんか?。
Minomushi1i同じく、自宅から、写したかったミノムシ。まだ、小さなミノムシのすみか。
Torinosu1i_1畑の中の木には、むき出しになった鳥の巣も。
樹木の壁紙は、樹木の四季@壁紙館(別館2) に沢山置いてます。

| | コメント (0)

江南市の工事現場から

Kouen1iTeibou1iByouin1iTenpu1i_1公園建設工事、堤防強化工事、新病院建設工事、温泉掘削工事。
Suitopia1i_2Karyuu1iJouryu1iおまけは、すいとぴあ江南と梅の花、愛岐大橋からの眺め

| | コメント (0)

2007年2月 1日 (木)

樹木・多肉から種子4種を写す

五年ほど前?に、街路樹から採取したムクゲの種子を写し忘れてる事に気がつき、自宅の鉢植えから採取した他の種子と一緒に写す事に。
Syushi211i樹木から、ムクゲ、フヨウ、アベルモスクスの種子、多肉からはサンゴアブラギリの種子、合計4種を写す。
種子は、大きい順に、サンゴアブラギリ、ムクゲ、アベルモスクス、フヨウです。綿毛をつけているのは、ムクゲフヨウ。実は、先が尖っているものがアベルモスクス、上部に写っているものがフヨウ、下側の茶色い実はムクゲ。
Aberumosukusu211iアベルモスクスの種子は、花びら4枚の花の実から採取した種子。
Fuyou211iフヨウの種子と綿毛。
余談。
種から育てたサンゴアブラギリは、2006年に初めて花をつけ、前年から今年にかけて、7個の種子が採取できました。そして、今は、また、暖房の室内で、花の蕾をつけています。
サンゴアブラギリの自家受粉”で紹介した傷をつけてしまった花からだと思いますが、その一つ実からは、3個の種がとれました。他の二つの雌花は、自家受粉失敗に終わりました。(HPには、このサンゴアブラギリの種まきからの成長記録も

| | コメント (0)

移動介助(歩行介助)の杖の管理

歩行介助(移動介助)用の杖が、椅子に座ったり、ベッド脇に座ったりした時に、何気なく立てかける杖が、バタバタと倒れ、その度に置き場所に思案でした。
でも、大き目の洗濯バサミを介助バーとかテーブル脇の立ち回る所に紐で結んでおけば、杖を使わない時には、その杖をハサミ込む(洗濯バサミで杖を固定)だけで、杖の倒れる音や杖を拾い上げる動作から解放される事に気がつきました。
Sentakubasami1Sentakubasami2写真が我が家の室内で使う[移動介助(歩行介助)の杖の管理]方法です。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »