« 移動介助(歩行介助)の杖の管理 | トップページ | 江南市の工事現場から »

2007年2月 1日 (木)

樹木・多肉から種子4種を写す

五年ほど前?に、街路樹から採取したムクゲの種子を写し忘れてる事に気がつき、自宅の鉢植えから採取した他の種子と一緒に写す事に。
Syushi211i樹木から、ムクゲ、フヨウ、アベルモスクスの種子、多肉からはサンゴアブラギリの種子、合計4種を写す。
種子は、大きい順に、サンゴアブラギリ、ムクゲ、アベルモスクス、フヨウです。綿毛をつけているのは、ムクゲフヨウ。実は、先が尖っているものがアベルモスクス、上部に写っているものがフヨウ、下側の茶色い実はムクゲ。
Aberumosukusu211iアベルモスクスの種子は、花びら4枚の花の実から採取した種子。
Fuyou211iフヨウの種子と綿毛。
余談。
種から育てたサンゴアブラギリは、2006年に初めて花をつけ、前年から今年にかけて、7個の種子が採取できました。そして、今は、また、暖房の室内で、花の蕾をつけています。
サンゴアブラギリの自家受粉”で紹介した傷をつけてしまった花からだと思いますが、その一つ実からは、3個の種がとれました。他の二つの雌花は、自家受粉失敗に終わりました。(HPには、このサンゴアブラギリの種まきからの成長記録も

|

« 移動介助(歩行介助)の杖の管理 | トップページ | 江南市の工事現場から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 移動介助(歩行介助)の杖の管理 | トップページ | 江南市の工事現場から »