« 空の写真でガマン? | トップページ | 葛(クズ)、テーブルで植物観察 »

2007年2月19日 (月)

テレスコマイクロを取り出して

椿の花の接写にcoolpix995とテレスコマイクロ、そして、テレスコ用接眼レンズを取り出して、気になった花粉の一粒に大きさをどこまで捉えられるのかをチェックです。本来は、顕微鏡で写すべきものなのでしょうが、普段見る中では小さな花粉なのかな?と言う思いもあり写して見ました。
Tubaki20072101iTubaki20072102iTubaki20072103iTubaki20072104i花全体と雄花全体は室外ですが、風で揺れる事も考慮して、花粉は庭の一花を採取して室内で写してます。
4枚目の写真は、2枚目から497*373のサイズで切り出したものです。
Tubaki20072171i_1coolpix995単体で、瓶に挿した一花のオシベとメシベを接写。
これ以降の照明は懐中電灯。
Tubaki20072172iTubaki20072174icoolpix995にテレスコマイクロをつけて写す。そして、481*361のサイズで部分的に切り出したもの。
coolpix995にテレスコマイクロ+テレスコ用接眼レンズをつけて写す。そして、Tubaki20072173iTubaki20072175i493*370のサイズで部分的に切り出したもの。
おまけは、機材紹介写真。そして、ピンボケの片隅には、水受けに入れた葛の切り株、コーヒーの空き瓶には長芋の芽吹き観察用の切り株。
Degicame12

|

« 空の写真でガマン? | トップページ | 葛(クズ)、テーブルで植物観察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 空の写真でガマン? | トップページ | 葛(クズ)、テーブルで植物観察 »