« サブちゃんと歌仲間、小夜啼鳥 | トップページ | ツクシなどを植えた一鉢を接写 »

2007年3月20日 (火)

酒屋さんから頂いた酒粕で甘酒

酒屋さんから頂いた酒粕で、2回目の甘酒。塩、一つまみに、砂糖、大さじ2杯、酒粕はオタマ2杯ぐらいの分量、水は500ccぐらいかな。全て、適当に。甘さだけは味見しましたけど。(私の場合はショウガは甘酒の風味が損なわれるので入れません
Amasake20073191Amasake20073192写真の鍋は、コーヒーカップ1杯分をすくった後に写す。
本当は、日本酒があれば、少し加えたかったのですが、普段飲んでいるのは、焼酎なので諦めて、甘酒をニオイに癖の無い焼酎で割って、濁り酒風にしても味わって見ました。味の程は、個人の嗜好があるので書きませんけど、いきなり、濁り酒だと出されれば、そうかと思う味に。濁り酒風にするなら、甘酒は冷えていた方がいいかと思いながら、これはこれでありかと思いました。
余談。臭み抜きの再現性の確認に、残ったら生豚モツの臭み抜きに使おうと思っていたけど、今回は、飲みきってしまいました。
Sakekasu20073191Sakekasu20073192そして、まだ残っている酒粕の袋に、開いてみたら、妙高山1kg、新潟県上越市・・・とあり、地酒の酒粕かと思っていたら違う様でした。

|

« サブちゃんと歌仲間、小夜啼鳥 | トップページ | ツクシなどを植えた一鉢を接写 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サブちゃんと歌仲間、小夜啼鳥 | トップページ | ツクシなどを植えた一鉢を接写 »