« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

つつじまつり、一宮市浅野

つつじまつり、つつじの花を相手に、ミス七夕・ミス織物の女性も参加しての撮影会があったので、一宮市浅野公園まて出かけてきました。自宅から自転車で45分の距離。つつじ祭りの開会式にも間に合った様で、そんなシーンも。
Tutujimaturi20074291Tutujimaturi20074292Tutujimaturi20074293Tutujimaturi20074294Tutujimaturi20074295Tutujimaturi20074296今回の撮影会では、藤棚の近くで飛び交うクマバチが飛び入り。そして、クマバチを恐がるお嬢さんは、私には、絶好の被写体に。でも、これ、撮影会の主催者(社)には、想定外かも。6枚目の写真には片隅にクマバチも。
撮影会は、午前と午後の2回あるのですが、午前中は藤棚を中心とした場所だけの様。
帰り道では、水田に咲き誇るレンゲの花に、立ち止り、まだ乾いている、たんぼのあぜ道に下りて、レンゲを接写。
Renge20074291Renge20074292Renge20074293咲き誇るレンゲ畑を写した後は、花と、花後の膨らみ始めている実も接写。
余談
私が人物を写すのは、こんな機会とファンクラブに入っている女性演歌歌手の時だけ。人物を写す機会がめったにないので、撮影会の祭りに出かけては、人物を写す練習です。
おまけ
Renge20074294咲き誇るレンゲ畑、写真を加工すると、意外と使えそうな壁紙ができそうな感じでした。
Fujidana20074291藤棚には、鳥の巣の名残も。他に気がついた事は、浅野公園にあるヒトツバタゴは満開でしたが、江南団地にあるヒトツバタゴは、まだ、花も緑で白くなる前でした。
5月1日、追記
一宮浅野公園の撮影会と途中のレンゲ畑の写真からデスクトップ壁紙も用意しました。

| | コメント (0)

2007年4月28日 (土)

ゲッキツの実と種子

Gekitu20074281Gekitu20074282ゲッキツの実と種子を接写。そして、綿の実とも違う、毛糸にくるまれた様な姿に感激。ゲッキツの赤い実の大きさは、長い方向で10mmほど。但し、鉢植えについた実。
余談
カボチャの種子の接写に、静物画として描くなら種子に限るかなと思ったりも。
そして、おまけに
かぼちゃの種子の接写を。
Kabocha20074281Kabocha20074282カボチャの写真1枚目は、煎餅にチーズが挟まれた様な姿に食べたくなり、2枚目では、実と種子を繋いでいたへその緒の様なものを取り去った姿に、カボチャの種子にもヘソ?でした。

| | コメント (0)

もし、すみれの写真壁紙を探して

もし、すみれ(スミレ)の写真壁紙(一部分追記)を探していらっしゃるのでしたらですが、
グラビアアイドルの桜井すみれさん、小川すみれさんではなく、アニメキャラクターのスミレ16歳でもなく、絵画のベルト・モリゾの”すみれのブーケ・・・”でもなく、イラストの天谷すみれさんでもなく、セット素材のすみれでもなく、和風素材集のすみれでもなく、全く、シンプルな、植物のすみれ(スミレ)の一輪を接写した写真壁紙に用意してみました。
もし、植物・草花のすみれ(スミレ)の接写写真壁紙を使ってみようと思われる方は、ぜひ、四季の植物へ、お越し頂けたらと、ブログで案内です。
Sumire13i四季の植物(スミレ)へ。
樹木の四季」管理人から、スミレを検索して、意外と、スミレの写真を壁紙サイズで提供しているサイトが見当たらないと実感しての案内でした。
余談
簡単に、スミレ一輪を接写するには、指一つの指紋をフレームいっぱいに写し出せるデジカメを検討される事もアドバイスしておきます。
Sumire14iそして、おまけに、写真を万華鏡風に加工した壁紙も3枚追加しておきました。残念ながら写真を加工した時に、すみれ色が出たものは、この1枚だけでした。

| | コメント (0)

ナギイカダの傍らにツボスミレ

ナギイカダの傍らに咲くツボスミレの花を接写。でも、スミレの花芯の様子を写すには、デジカメ単体(coolpix995)では、ちょっと厳しいと感じた一枚も、花芯の部分を切り出して掲載。
Tubosumire20074281Tubosumire20074283Tubosumire20074282特徴ある葉と、茎が伸びて複数咲く様子に検索して、ツボスミレのようでした。同じツボスミレの咲く鉢には、花びらが短く、反り返っていないものも咲いていました。花芯の様子もツボスミレ。ナギイカダの葉の突起に手の甲を刺されながら、花を狙うと葉が写らず、どう写そうかに思案で終わったツボスミレ。
Sumire20074283_2こちらは、何スミレ?。鉢のあちこちで咲いていたけど、背丈が倍ぐらいのものもあり、その様子に、育つ場所と鉢の大きさが違うせいかと思ったり。
Sumire20074282そして、他に、様子の違うスミレが咲いていないかと樹木の鉢植えを見回して、もう一つの、よく見るような葉のスミレを一株だけ見つける。
Nagiikada20074281本当の写す目的は、この、ナギイカダの花、でも、前年の朽ちた花の様子に写し時でなく、傍らに咲いていたスミレに写す対象を変更。

| | コメント (0)

2007年4月27日 (金)

サンゴアブラギリの子葉も朽ち

Aburagiri20074271サンゴアブラギリの発芽観察に、本葉一枚が、子葉の大きさを越えたあたりで、子葉も朽ちかけました。
Mame20074271マメ科の発芽に、子葉とは言えない様子の二つに開いたマメ。始めは緑色だったものが、黄色く色を変え朽ち落ちるばかりの様子に。
Nagaimo20074241ナガイモは相変わらずコーヒーの空き瓶の中、それでも、蔓を伸ばし続け、緑の葉を1枚テーブル上に、それらしい形を広げてきました。
余談
介護疲れは、自然観察で気分転換です。テーブル上の鉢植えでは、自然観察とは言えないかな?。

| | コメント (0)

庭のハナミズキを被写体に

庭のハナミズキを被写体に、電柱、電話線、電線、自宅、隣の建物をよけながら、そして、かたわらに植えてある、カキノキ、モチノキ、タラノキ等を気にしながら、太陽の位置も気にしての悪戦苦闘!。最後は、ハナミズキの徒長枝、木の大きさまで気になりだしてのハナミズキ三昧でした。
Hanamizuki20074271Hanamizuki20074272Hanamizuki20074273Hanamizuki20074274Hanamizuki20074275Hanamizuki20074276Hanamizuki20074277Hanamizuki20074278そして、悪戦苦闘のハナミズキ三昧から結果を掲載
余談。花水木に、辞書で出て来た、”花見月(はなみづき)”、月を背景にしか写せない場所にある花水木ですが、月夜に写したら、どう写るかと思ったりも。
種を蒔いて鉢植えにして、5、6年ほどしても花が付かない状態に、痺れを切らし地植えに、大きくなった二本は、運良く白とピンク。ピンクのハナミズキから採取した実だったけど、運良く、結果は紅白に。

| | コメント (0)

セイヨウトチノキの花色の変化

セイヨウトチノキの花色の変化、ゲッキツの種子ほか
Tochi20074271Tochi20074272セイヨウトチノキの花色の変化。最初の写真は数日前に開いた花、2番目が昨日か今日に開いた花。花芯の模様が黄色から朱色に変化。オシベも爆ぜると花粉の色で朱色に。
ゲッキツの種子ほか
Tane2007427カボチャの種子は、ゲッキツカリッサの種の大きさを比較する為に一緒に写してます。
2番目に大きい、白い丸いものがゲッキツの種2個、小さい方は未熟かも。カリッサの種は、一つの実にあったもので、赤い色に染まった扁平なものですが、熟しているかは不明。ゲッキツ、カリッサ共に、種蒔きも予定してますが、発芽はどうなるかな?。カリッサの種を写して、50音索引にリンクしようと見たら未掲載、結局、壁紙に用意しただけの様でした。

| | コメント (0)

カボチャの種を乾煎りして

かぼちゃの種。今回は10粒だけ、雑草と戦わせて見ようと、種まき用に採取でしたが、検索したら、美味しそうな記事に、食べて見ようかなと記録です。
カボチャの種はリスの餌ぐらいに思っていたら、乾燥して乾煎りで食べられる。もちろん、固い皮は剥いで。味についても、検索したけど、”おいしい”としか書いてなかったので、次回、食して味をみてみようと思います。他に、食べても、10粒ぐらいの文字も。
Kabochanotane2007426実から取り出し、軽く洗ったカボチャの種子は、へその緒のような物をつけていました。

| | コメント (0)

2007年4月26日 (木)

トチュウ(杜仲)の鉢植えに雌花

トチュウの花、花が咲くというより、雌花の場合は、雌花(メシベ)が付きましたの方がぴったりかも。(杜仲茶の木に花といった方が分かりやすいかな?)
Tochuu20074264x雌花は葉の緑と同じ色に、ふと、覗いてみたら、ちょっと変、そして、しっかり見たら、雌花でした。近くの場所で、トチュウが見られるのは、エーザイのくすり博物館の樹木園、ここも雌花ですが、関心のある方は出かけて見られたら?。
余談。
雄花は、どんな形かと検索してみましたが見つけられず。でも、鉢植えで、また、ひとつ、花の時期を知りました。
トチュウの実と種子の写真はこちら

| | コメント (0)

歌謡サロンに松永ひと美さん

歌謡サロン・演歌がいいじゃん!」に、松永ひと美さん。(今回は、私の独り言も少し織り交ぜ書いてみました。)
服部浩子さんのゲスト紹介に、松永ひと美さん、岡ゆう子さん、中条きよしさんの名前があったけど、ゲストとの会話は、中条きよしさんだけに、ちょっぴり寂しさも。
・オープンニングは司会でもある、竹島宏さんの曲、花水木
司会の二人の話は、曲の花水木に、
竹島:女心は難しい
服部:中条きよしさん、女心を歌わせたら・・・
竹島:勉強させてもらうと花水木もかわるかも?
服部:教わったら・・・
松永ひと美、ふたり星
司会者とも会話が無かったので、私がかってに追記
松永ひと美さんのHPのinformationには、デュエットでも歌えるように、男女のパート分けで歌詞が掲載されています。”聞いて、感じて、ぜひ、カラオケで歌って見て!、そして、「ふたり星」のCD・カセットを購入して、デュエットコンテストにも応募して!!”。
岡ゆう子、加賀友禅
・竹島宏、いいもんだ いいもんだ コーナー。
今回は、神楽坂のいいもんだ紹介。グルメの町、カグラザカ(この記事を書いていて思った事は、グルメの字には、神楽坂の漢字より、カタカナの方が似合うかな?)
この町のシンボルは毘沙門天に、名物の煎餅。お店の紹介は、”せんべい福屋”さんの毘沙門煎餅・勘三郎煎餅。草加煎餅の香ばしい焦がし煎餅は、勘三郎さんの注文から。毘沙門煎餅はゴマいり。
そして、このコーナーの締めは、竹島宏さんの、いいもんだ、神楽坂バージョンの歌。
・ゲストの中条きよしさんと司会者の会話。
”だんちょうの思い”の言葉で、”だんちょう”の意味が分からなかったから調べた事。役者と歌手でどちらが大変かという話。
役者:長い時間かけて役作りができる。
歌手:3分での表現はつらい。

歌う声と役者で喋る声とでは違う事。芸能界入りのきっかけは役者で、歌手では36から38年。新曲の「ダンチョネ子守唄」に、今まで、女歌でしっとりしたばかりに、今回は、初めて歌う応援歌と。
会話の終わりは、女心の話で、中条きよしさんの”知らないから歌える知らない方がいい”で歌へ。
中条きよし、ダンチョネ子守唄
余談
・司会の服部浩子さん、適当なリンク先見つからず、やっばり、歌謡演歌テレビ番組「歌謡サロン・演歌がええじゃん」のページにリンクするしかないかな?。
・PCの辞書、花見月・ハナミズキに情け無さも。
・文章に、私の、聞き取り違いがあったらゴメン!。
・ダンチョネを検索して、出て来た言葉に、”断腸ね、断腸のおもい、悲しいね、苦しくて、辛さ”などに、言葉にできる辛さはまだいいと思ったりも。
おまけも
Hanamizuki20074261Hanamizuki20074262Hanamizuki20074263竹島宏さんの花水木には、やっぱり、ハナミズキの写真だろうと安易な考えで、今が見頃のハナミズキを写し掲載。
そして、リンクはハナミズキの花の壁紙ページへ。もう一つ、50音索引のハナミズキへも。

| | コメント (0)

番組欄の大月みやこさんに

ラジオの番組欄の大月みやこさんに、テレビもつまらないので、きらめき歌謡ライブを聞く事に。きらめき(キラメキ)が、ひらめき(ヒラメキ)と聞こえた耳に、私だけかな・・・・。
一曲目、瀬川瑛子、笑いじわ。”わらいじわ”を検索に、Yahooは、”笑いじわ”ではと。
二曲目、大月みやこ、白い海峡。
大月さんの、”聞いてくれる貴方がいて・・・”に、”いてくれるから、楽しんで歌えますと、
私は勝手に追記です。

司会者は、大月さんは桜色の着物に、瀬川さんは花壇の様なドレスと紹介だったかな?。また、瀬川さんは40年から41年目に、大月さんは3年先輩と話していたかな?。水森かおりさんは、大先輩二人に、小学生の頃から聞いていたと。
3曲目、
大月みやこ、女の港、昭和61年の曲。
4曲目、水森かおり、鳥取砂丘、平成15年の曲。
5曲目、
瀬川瑛子、命くれない、昭和62年の曲。
演奏、熊野古道、
演奏だけだから、水森かおりさんのカラオケファンは、気兼ねなく歌って、この時間を楽しめるかな?”と頭の中で独り言。
午後8時30分ニュース。
6曲目、川野夏美、室戸岬。ブログへリンクしておきました。
歌の前に、デビューから9年目、恋の歌は最近少しずつ、夏美さんの室戸岬の曲紹介に、女性の一人旅を題材に。夏美さんの”室戸岬が絵葉書の様”に、司会者は茶化すように、”あるんですよ”と。初ガツオに、”また行かなきゃ、深層水のお風呂、舐めてみた”とも。

司会者と大月さんの会話
衣装が替わりました。桜柄に、大月さんは”顔もあります”と。大月みやこで43年に、暗黙の若いですよかな!。20年ぐらい舞台に、幸せ薄い女性が多い、今年は、初の子供のいる役と。私の記憶と言われた言葉は違ったかも?。
4月26日追記。大月みやこさんの桜柄の着物に便乗して、桜の花と紅葉を集めた壁紙ページ春の早い時期に咲くサクラの壁紙のページにリンク。)
7曲目、
水森かおり、五能線。
8曲目、
大月みやこ、恋文の宿。司会者の曲紹介に、”恋文では届かない悲しい・・・”、に私は、ちょっと聞き落としも。
9曲目、
瀬川瑛子、わすれ宿。検索すると”忘れ宿”と書かれているものもちょっとあり。女性の声で曲紹介、忍び合うときめきも・・・。
午後8時55分ニュース。
午後9時ニュース。
10曲目、山本みゆき、風の嵯峨野路。
司会者の昼と全然違う衣装の声、デビューから4年目、44番が好き。リンク先が変わっているので、私のリンク集も更新しなきゃ!。みゆきさんの自分の曲紹介に、一人、思いを込めて・・・。私は、ちゃんと書きとめずにゴメン!です。
11曲目、
水森かおり、ひとり薩摩路。かおりさん自身の曲紹介では、恋にやぶれると北へ北へと行くので、私は南へ。電車にかおりさんの顔の話だったかな?。そして、溶岩焼きは油をひかずに焼く話。
12曲目、
瀬川瑛子、年々歳々。4着目の衣装は、ヒマワリに、その後は聞き落とす。熟年夫婦の女性の気持ちを歌った曲。検索に、年年歳歳も沢山ヒット。
13曲目、
大月みやこ、ひとり語りの恋歌。司会者の今度の着物は・・・に、後姿がいいといわれるに、白い帯との言葉。曲で、私じゃないかなと思う所は3番とも。
次週、キム・ヨンジャさんの名前に、また、聞かなくちゃとメモも。
余談。
司会者が
大月みやこさんの着物の衣装紹介をされたけど、ラジオではピンとこず、テレビ番組なら衣装も楽しめると思うと残念!。
私の記録に、聞き落とす所も多々あり、記憶違いではと言う所もありますが、こんな様子だったかで読み流してください。

| | コメント (0)

2007年4月25日 (水)

樹木の移り変わる姿が好きで

樹木の移り変わる姿が好きで写してます。
Seiyou_tochinoki20074251Seiyou_tochinoki20074252セイヨウトチノキも咲き始め。
Tochinoki20074211Tochinoki20074251トチノキは葉を広げ始め。
Fuji20074211Fuji20074251フジの花も盛りを過ぎ。
Mube20074211Mube20074251ムベの雌花はまだ姿を見せず。
Botan20074251もうじき開くボタンの花の蕾。
Doudan20074211前年の名残を残すドウダンツツジの木と花。
Hanazuou20074221近くの家の庭で咲く白花のハナズオウ。白花は初めて見ました。選抜品種なのかな?。
自宅のものはどこにでもある薄紫色?。
Kiri20074211いくら木が好きでも、切り倒す予定のキリの木の新緑。実生の一人生えで、これ以上、大きくなってもらっては困るのです。種を蒔いても芽吹かなかったのに、庭のあちこちに三本芽吹き、一本は鉢植えに。
Kodemari20074251畑に植え替え、なるがままのコデマリ
Unohana20074251昔からあるウツギにも花。
リンク先は樹木の四季の50音索引の樹木別のページです。なかなか満足できる写真が写し集まらずにいる、そして、写しためたけど、更新できずにいる樹木別ページ。4月21日から25日に写した中から。

| | コメント (0)

松永ひと美さんのスケジュールに

更新された、松永ひと美さんのスケジュールから、予定にあるイベント・キャンペーン・収録の場所がどんな所かと、あれこれ、お役に立てばと検索してみました。(予定からの検索ですから行かれる時は確認も怠らずにお願いします!)
4月25日に見た4月分のスケジュールから、改めてリンクするほどの情報は見つからず、結果だけ紹介
・NHK-FM、夕べのひととき、放送局、広島、福岡、仙台、どこも、同じタイトルで番組がある様。ゲストがあるのは福岡、広島ではゲストは無さそう!、仙台はまれにゲスト。
・RKB 歌謡曲ヒット情報、ゲストアルバムのページがあるけど年月だけの記録と毎週じゃない様子に、リンクを思案。
・RKB 門馬良のこころ鏡うた鏡、ゲスト紹介は無し。
・満腹ワイド ラジDONぶり、期待したけど、松永ひと美さんのゲスト記事は無し。
・夜明けのソファー、松永ひと美さんのゲスト写真有り。
5月分の予定の下調べ、こちらは、演歌ファンの方が訪れてもいいような所を検索してリンクも。
5/4 大阪新曲キャンペーン、堺・光明池、サンピア、堺・鳳ウィングス
堺・鳳ウィングス、光明池・サンピアは、適当なリンク先を見つけられず。
5/7 大石まどかの演歌なひととき ロケ取材
リンクするのに適当な記事見つけられず
歌謡ポップスチャンネルの一つの番組、有料チャンネル
5/15 札幌 レコードの鈴や
検索にヒットせず、”レコードの鈴屋”ではヒット
Oh!さっぽろ(北海道新聞の一部分のページの様)
道内屈指の老舗商店街、札幌市中央区の狸小路商店街
5丁目に、”レコードの鈴屋”の文字
5/19 大阪、ABC朝日放送、夜明けのソファー、松永ひと美 ライブ・イン・ABC1スタ、公開録画、放送が聴ける人は応募してみたら!
松永ひと美ファンの集い難波-フェローズ 18:00-、詳細は電話で確認を!
5/27 大分放送、公録、日田川ひらき観光祭協賛、OBSカラオケ歌合戦、日田市民会館
大分県日田市ホームページ
観光情報のイベントへ
「第60回日田川開き観光祭」 平成19年5月26日(土)・27日(日)開催
日田市民会館が、どこなのかまでは分からず。おいでひたのHPの小京都の文字に、行ってみたくなったけど・・・。

| | コメント (0)

洋子の演歌一直線から

朝8時30分からの洋子の演歌一直線、司会に長山洋子さん。ゲストに、吉幾三さんと門倉有希さん。
吉幾三、海峡
ゲスト紹介とゲストとの話。
吉幾三さんとの話から
元気元気、田舎暮らしだもの、乗馬クラブへいって7k痩せた、馬が痩せた、35周年。
門倉有希さんとの話から
髪を切った、吉さんのデビュー時は生まれていなかった、33才、はまっているもの、入浴剤、ヒノキの香、長風呂、2時間に、出たり入ったりで。ストレス解消もお風呂とネコ。猫は飼い始めて3、4年。
洋子さんと吉さんの話から
洋子:ちっとも来てくれない
吉:もう、青森暮らしが20年、交通費がかかるからいけないのよ?
有希さんの曲紹介から
「日常に、よくある様な恋の話を歌に」、他に、「あまり喋らずのステージにしたい」と言う一言も。吉さんと一緒で、”歌って笑えるコンサート”って事かな?。
門倉有希、泣かせてよ。HPには、大人の音楽~歌謡ふれあいコンサート~の文字
長山洋子、洋子の・・・新宿追分HPには、2007年演歌転身15年洋子ファン待望の、”長山洋子・歌心の旅、10枚組み159曲、スペシャルCDボックス”の文字も、[私が若干追記ですが]。
吉さんの曲紹介から
「青森では、どんな草取りをしているかを歌に」、の冗談の後、「何でも、どんな時でも、”ありがとう”の気持ちが大切、そして、その気持ちを歌に」。
吉幾三、ありがとうを言いたくて
余談に
夜のNHKラジオ、午後8時5分からの歌謡ライブの番組欄に、「大月みやこ瀬川瑛子水森かおり」さん達の名前。さて、大月みやこさんは、9時前か?、9時過ぎ?のどちらだろう?。
松永ひと美さんのスケジュールが更新されてました。

| | コメント (0)

2007年4月24日 (火)

夜から朝にかけ写したシャガの花

走れ歌謡曲の松永ひと美さんの元気な声が聞きたくて、夜中から早朝にかけ、時間つぶし?も兼ね写したシャガの花
まずは、4月22日のシャガの花から
Syaga20074221Syaga20074222Syaga2007422接写に、デジカメ標準のフラッシュにケラレも。模様の付いた黄色い部分がニワトリの鶏冠(トサカ)の様に感じませんか?。
次は、夜中から早朝、そして、朝にかけ写したシャガの花
Syaga20074241Syaga20074242Syaga20074243閉じるシャガの花と(午前2時26分)、開くを待つシャガの蕾(午前2時40分)。
Syaga20074244Syaga20074245Syaga20074246もっと閉じたシャガの花(午前3時11分)、朝には開き始めたシャガの花(午前8時59分)。
Syaga20074247Syaga20074248朝の10時のお茶の時間には開いていたシャガの花。散った花は、もったいないので、子房を取り去り、水受けに。
おまけは、子房を取り去ったのは、水受けの花が、夜中に萎むかどうか?、子房に関係するかどうかを知りたくて!。
25日追記、水受けにおいたシャガの花、やっぱり、朝には萎んでいました。
Syaga20074249追記と写真追加
おまけは、写したシャガの花びらを万華鏡風に加工。 

| | コメント (0)

朝の番組から平成歌謡塾を見る

朝の番組から平成歌謡塾を見る。そして、来週のゲストに、松永ひと美さんの文字と映像のワンカットに、まずは、記憶の為に記録。
小沢亜貴子、「8月のクリスマス」、15周年記念曲。
レッスン曲は、川野夏美、「室戸岬」。
小金沢昇司、「もう一度札幌」。HPには”UFOの激写?”のヒトコマも。服は黒が多いと。今年、20周年、の話も。
瀬口侑希、不如帰、ヒット狙いに、ホトトギス、ほととぎすも書いておこうかな?。瀬口侑希さんのDiscographyを見ていたら、2000年4月21日発売「ねぶた(NEBUTA)」の文字に、試聴は無く残念!。
西荒井大師キャンペーンの模様。これが、平成歌謡塾のいい所かな!?。
ここから、話は変わり、夜の歌謡コンサートの事に

歌謡コンサートの番組欄に、大月みやこさんの、大月の文字を見つけ、テーマ、”熱唱・・・カラオケ最新曲”に”何を歌われるのかな?、どんな着物で出られるのかな?”と、楽しみに。
昨日は、大月みやこさんの誕生日、4月23日に、”みやこさん誕生日おめでとう!”、です。また、23日の大月みやこさんの誕生日&新曲発表イベント、レストランシップ、ヴァンテアンの文字に検索して、大月みやこが船上コンサート - 芸能ニュース  nikkansports.comの記事を見つけました。   

| | コメント (0)

松永ひと美さんが走れ歌謡曲に

松永ひと美さんのスケジュールに、走れ歌謡曲のゲスト。いつも午前3時過ぎぐらいまでは起きているので聴く事に。タイムテーブルが分からないので、ウイスキー片手に、デジカメ横に、シャガの閉じる花・開く花を観察しながらの視(シャガの花)聴(松永ひと美さんの声)になりました。
ゲストの松永ひと美さんの出番は、パーソナリティが井上由美子さんで、4時25分頃から4時40分の15分ほどでした。そして、話題が中心のようで流れた歌は、”ふたり星”の一曲。
会話から
井上:お客様には、松永ひと美さん、お姉さんにあえる。
松永:一年ぐらい前にも。
井上:すごく綺麗だな。美容に気をつける事は。
松永:何も無いけど、お風呂に一時間。踊りが好きで、フラメンコを習い始めて4年、いっぱい汗をかく事が秘訣。チョコをいつも持っている、疲れた時に甘いものを食べると滑舌(かつぜつ) が良くなる。
松永ひと美さんのフラメンコの話に、踊り好きという事だから、ジャズダンス感覚・スポーツ感覚で、フラメンコも、一段と力を入れて踊られているのかなと思ったり。そして、新曲「ふたり星」の話。歌の後は、今後の予定の話。予定に東海地方が無かったのが残念!。
余談
井上由美子さんのスケジュールはHPより、走れ歌謡曲のページの方が新しく詳しい事が分かりました。また、井上さん/松永さんの会話は、ラジオの不調で、聞き逃したり・聞き間違えたりした部分もあります。
タイムテーブルにして
・パーソナリティの挨拶。
1曲目:香西かおり、「無言坂」。1993年の曲。
2曲目:パーソナリティの井上由美子、ラジオの不調に、「夾竹桃の咲く岬」か「さくらんぼ」か聞き逃す。
・交通情報・天気予報。
午前3時20分過ぎ
3曲目:川島英五、「酒と泪と男と女」。
4曲目:敏いとうとハッピー&ブルー、「我慢できないわ」。余談、私も良く歌います。HPを見つけられそうに無いので通販ページへリンク。
・ドラパラ(ドライバーズパラダイスだったかな?)、ドライバーの為の・・・。指定文化財の紹介と近くの見所の紹介。
今回は、中仙道落合の話。
5曲目:恋の・・・、シャガの花に夢中で聞き落とし、歌に、私はついていけない!。
・東京浜松町からの放送の案内と・・・。
6曲目:アン・ルイス、「ああ無情」、正しくは「あゝ無情」、”ああ無常”ではありませんでした。
踊り好きの松永ひと美さんなら着物姿で歌っても似合いそう!。リンクはアン・ルイスさんの雰囲気が伝わる2006年のポスターページ。
・担当パーソナリティの話。カラオケの話では、井上由美子さんもカラオケでつい最近、ああ無情を歌った事。お花見の話では、桃の花・・・・・。
7曲目:中村美津子、「だんじり」。HPはみつけられず。
8曲目:黛ジュン、「天使の誘惑」。1968年の曲。
9曲目:真木ことみ、「おもいで橋」。曲名を”おもいでばなし”と聞き間違える。
午前4時15分頃
10曲目:水瀬あやこ、「京都の恋」、渚ゆう子さんのカバー曲。井上由美子さんの友達の曲との紹介も。検索に、”みなせあやこ”さんと聞いた事に間違いは無くてよかった!。そして、水瀬あやこさんのページには”昭和のベンチャーズ歌謡が甦る!”のキャッチフレーズも。折角だから、ブログへリンクも。あやこ to ランデブー
11曲目:小沢亜貴子、「8月のクリスマス」、15周年記念曲だったかな?。”小沢亜希子”で検索し大失敗も。
ゲストとの会話、4時25分頃から4時40分の15分ほど
今回は松永ひと美さん。
12曲目:一条聖矢、「ゆりかご」。HPをみつけられず、演歌ベストテンの記事にリンク。
私は、この曲を最後に、まだ開かないシャガに痺れを切らし、眠たさに負け、もう寝る事に。そして、あと少しを聞き逃す事に。

| | コメント (0)

2007年4月23日 (月)

トチュウの実と種子

トチュウの実と種子、写真の中で一番大きいのがトチュウの実細長い物が、その中にあった種子Kinomi20074231 Kinomi20074232 トチュウの種子が成熟しているかは分かりませんが、その、一回り以上ある実のまわりの扁平な部分を切り落とし、水に浸し、柔らかくなった頃に、外皮を取り除き、つまみ出しました。写真が2枚なのは、トチュウの実だけを裏返してもう一度写した為。
他に写っているのは、フジの実のサヤに残っていた一個の種子と、干しあがった果皮と果肉をつけたヒトツバタゴの実と果皮と果肉を取り去った種子。一枚にあれこれ種を一緒にして写したせいで、トチュウの実以外がピントはずれになってしまいました。

| | コメント (0)

テレビ番組のワサビに気になり

最近のテレビ番組のワサビ取材の多さに気になり、”わさびの里”で検索です。検索条件に、”・・・の里”としたのは、放送内容からして、清流もだけど、山間部が多そうなので。
花の時期の中心は3月の様、そして、花を見て、ワサビの味も楽しむならに、なるほど!と。
・天城湯ヶ島町。
昭和の森会館(道の駅「天城越え」内)、天城のわさびは日本一おいしい?、伊豆市。
天城わさびの里、筏場(いかだば)のわさび田。
わさびの郷、山葵の里、天城湯ヶ島町。
・西伊豆町。
わさびの駅、わさびと名水の里、西伊豆町大沢里。ほかに、中伊豆
・遠野市。
いわてフレンドリーレストラン遠野市(旧宮守村)・稲荷穴の湧水、岩手県商工労働観光部。
清流とわさびの里、宮守村。
・岩国市。
「わさびの里」としても知られる錦町、岩国市錦町
御殿場わさびの里。
五戸町
青森県「ならではの里」
、畑わさびの里、五戸町、旧倉石村。
・穂高町。
大王わさび農場、北アルプスの湧水が豊かに湧き出る
安曇野穂高
いつだか分からないけど、NHKは、わさびの里、奥多摩町を取り上げた事がある様。
検索にあった所で”再生計画”文字があった所は除いてあります。
ワサビの里”でも検索。
名水とワサビの里、鳥取県倉吉市関金町
ワサビの里小菅村、多摩川源流部に位置する小菅村、山梨県東部。
余談
”わさび”では天城、”ワサビ”では奥多摩の地名が多くある様に感じました。記事のTV、生中継の文字に、奥多摩は東京から近いから取材も多いのかも?。
独り言
さすがに、わさびを水鉢植えにして、冷蔵庫で育てる分けにもいかず・・・・。

| | コメント (0)

題名のない音楽会21に・・・

4日24日追記+
検索で、
BS朝日 - 題名のない音楽会21のページを見つけたのでリンク。
子供じゃないけど、”dearest”の文字に、英和辞典を取り出し、”dear+est”に、”最愛の者”の文字を見つける、でも、召使の様な物言いに、どうして、”最愛の人”じゃないんだと不満も。

以下が23日書き込み分。
題名のない音楽会21
のテレビ番組欄に、堀内孝雄さんと松浦亜弥さんの名前を見つけ、見る事に。
テーマは”青春の歌・こころの歌”だったかな?、堀内孝雄さんと松浦亜弥さんの年の差36歳に、”アリス”は文字でしか知らない年代だったかな?。とにかく、私のメモがいい加減で、ハッキリせず!。

オーケストラによるアリスメドレーに、「冬の稲妻」と「終止符」、広島交響楽団と終止符は、羽田健太郎さんのピアノも加わり、歌も入るかと思ったら、オーケストラだけで演奏でした。
名曲をオーケストラだけでに、松浦亜弥さんの「・・・と、ももいろかたおもい、桃色片想い」がブリッジの様に入っていたの言葉に、演歌しか知らない私は気がつかず!。
山口百恵さんは21歳で引退したけど、松浦亜弥さんも21歳に話では、・・・・。愛染橋(アイゼンバシ)、山口百恵さんの曲を、堀内さんと松浦さんの二人でデュエット。
最近思う事に、松浦さんは、親を大事にしようと思った、親も20歳で結婚して、結婚式をあげていないから、プレゼントに、親に結婚式を!、まだ出来ていないけどと。
松浦亜弥生さんの、dearestの曲紹介に、???でしたが(検索したら、浜崎あゆみさんのアルバムタイトルにもDearestの文字)、次は、堀内孝雄さんで、「山河」は、五木ひろしさんに送った曲、そして、「青春の日々」は、アルバムから初公開でドキドキと。堀内さんのドキドキの言葉に、松浦さんは、堀内さんでも、どきどきするんですか!?と。
来週のゲストの紹介では、12人のバイオリニスト(高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニストの文字を見つけ、さて、見る事にしようか?も。
おまけは、メモから、記憶の為に記録も。
ダ・カーポ、野に咲く花のように、「裸の大将放浪記」の挿入歌。

| | コメント (0)

2007年4月22日 (日)

葱坊主の花を接写で楽しむ?!

ネギボウズの花を接写。
何故、接写と言われれば、山登りと一緒と返事かな?。
ネギボウズの花を接写して、可愛い花に、メシベは何処?!。
Negi20074221Negi20074222Negi20074223Negi20074224さて、花の順を、順序よく、並べてみませんか?。 

| | コメント (0)

シャガの花に、物思い?!

先祖代々、この地に眠る、そして、父親も眠る墓地裏の竹薮で咲くシャガの花
Syaga20074221a父親が購入した土地に墓石の場所を変えた為、土の中に眠る代々の遺骨は別の場所に。
規制の流れに逆らえず、土葬だった地は今も別にあります。
Syaga20074222aこれから咲く花は、まだ、蕾。
咲き終えた花。
朽ちる花と実。
そんな様子に人生を感じて!?。
考えすぎかな?!。

| | コメント (0)

竹の子の明太子付け、江戸前風に

”竹の子の明太子漬け、江戸前風に”と書いたけど、写真を見て頂ければ、残り物和えがよく分かります。
Mentai20074211江戸前に明太子があったかは知りませんけど、明太子レンジでチンに、食べ終わった明太子に、竹の子の煮物を置いて、酒の肴に食べて、竹の子の明太子漬けなんてあったら、どうかなと書いて見ました。
余談。
明太子専門店には失礼な、季節の便りとなったかは・・・。
締めは。
石川さゆりさんの”酔って候”、”よってそうろう”でお許しを!(そして、”酔って候”を石川さゆりさんの全曲集にみつけ・・・、まだ、記憶が確かな事に一安心も)。

| | コメント (0)

2007年4月21日 (土)

手打ちで、うどんを作って、食べ

手打ちうどんを作って食べてみて、茹で方が少なかったのか、茹で上げ洗った、うどんに、ちょっと、しょっぱいかなと言う声も。茹で上げのタイミングを、乾麺の様に、うどんの透明感で判断したのが間違いだったかも?。茹でた水は、木曽川からの水道水。
初めての、うどん作りに結果の量も分からずに、小麦粉、塩、水をそれぞれ、600g、30g、250gで、手打ちうどんを作ってみました。そして、こねるのに力尽き、足踏みに、そして、3時間寝かせ、台所にある包丁では、切る事も難しく、太目のうどんになってしまいました。打ち粉は片栗粉が無かったので、残った小麦粉で代用。
傍らの母親の意見に、参考にしたページの段取りを半分無視したような作り方だったのですが、名古屋の山本屋の煮込みうどんの様な歯ごたえには満足した結果になりました。ただ、煮込みうどんにしか向かない様な結果になったかも?。
麺作りの途中は、粉だらけの手にカメラを持ちたくなかったので写していませんが、切った麺は初めの写真2枚を合わせた量の3倍、茹で上げた麺を水洗いの途中に、茹でた麺を接写、茹でた麺は小さいボールに一杯の量、最後は作った麺二つかみで煮込み始めた味噌煮込みうどん。Udon20074211Udon20074212Udon20074213Udon20074214Udon20074215Udon20074216
反省。
300gでは少ないかなと、計量を単純に2倍にした結果、小麦粉600gで作ったら食べ切れない量で、やっぱり、多くても半分でいいかなと思いました。
参考にした、ミニ手打ちうどんのページはこちら
4月22日追記
作った量に朝も昼も、うどん三昧
Udon20074221朝は、卵の混ぜご飯ならぬ、卵の混ぜうどん。そして、昼は、残り物のカレーに手打ちうどんでカレーうどん。そして、予定では、明日の朝は、味噌かけうどん。味噌煮込みうどんと比べればカレーうどんかと言う写りも追加。
反省も
夜中に、茹で上がった麺をひとかけら食べ、そのしょっぱさに、もう一度、夜中過ぎに、10分茹で、その結果、しょっぱさは消え、また、もちもち感は増した感じに。

| | コメント (0)

アケビの雌花の虫食いに知った

アケビの雌花の花びらの虫食いに、昆虫も、まだ、止まっていたので、虫を接写して、写った結果に、アケビの雌花のメシベの付け根に、退化した?オシベがある事を知りました。
Akebi20074211Akebi20074212普段、虫食いの花を、わざわざ写す事も無く、アケビの虫食いの花に止まっていた虫に感謝です。
Akebi20074213こちらは、雄花です。雌雄同株。
「樹木の四季」、50音索引に掲載しているアケビこちら

| | コメント (0)

セイロンベンケイソウと寒さ

セイロンベンケイソウを乾燥気味に、暖房の無い、コンクリート床の建物に、半ば、置き去りの状態に、葉を落として冬越し。冬の間の水遣りは、数えるほど。
そんな状態に、花もつけず、幹も枯れずに、丸裸になりながら冬越し、そして、最近芽吹いてきた葉を接写です。
Benkeisou20074211一昨年は、花をつけると枯れてしまう幹を見ていたので、放りっぱなしのセイロンベンケイソウに、なんだ、花をつけなければ、伸びた幹は枯れずに済むのかと思いながら、幹からの芽吹きを写してみました。
注意:一冬の観察なので、再現性は不明?かな。

| | コメント (0)

2007年4月19日 (木)

ふるさと迷走案内は移動

ふるさと迷走案内、気がついたら、リンク切れ、面倒だから、”ふるさと迷走案内”を、樹木の四季@壁紙館の一部として移動しました。
検索では、”新ふるさと迷走案内”と”ふるさと迷走案内”が沢山ヒットするので、ここで、移動を案内しておきます。
なお、”新ふるさと迷走案内”については、従来どおりのサーバーにてHPを開設しています。

| | コメント (0)

2007年4月17日 (火)

松永ひと美さんの故郷青森に

松永ひと美さんの故郷青森に、青森と言えば”ねぶた祭り”と、ねぶた祭りを検索。そして、行きたくなった時の為に、ねぶた祭り、八戸三社大祭を下調べ。
青森ねぶた祭オフィシャルサイト、8月の祭りに、ねぶたと花火、そして、子供ねぶた、大型ねぶた、地域ねぶた、金魚ねぶた。
青森市ホームページ・青森ねぶた祭、国の重要無形民俗文化財に指定された”青森ねぶた”、日本の火祭り”青森ねぶた”。
青森ねぶた正調囃子保存会、青森ねぶた正調囃子は10種類の囃子があり、現在は諸事情で「進行」と「戻り」だけに。
ねぶた工房龍星、各種イベントにねぶたを使ってみませんか。
ねぶたの里実際のねぶた祭りを再現するお客様参加型の体験ショーを毎日開催。
津軽藩ねぷた村
弘前ねぷた・津軽の民工芸品。
ピックアップ。
弘前ねぶたは主に扇ねぶた、青森ねぶたは全て組ねぶた。
弘前市の「ねぷた」、青森市の「ねぶた」。

余談の食べ物検索はやめて、”ねぶた 八戸”を検索する事に
ねぶたに負けるな
八戸・三社大祭の文字に、豪華な山車で知られる「八戸三社大祭」を探してリンク。
青森ねぶたと八戸三社大祭・夢の競演、新発見北東北。
八戸三社大祭に続き、弘前ねぷたと青森ねぶたは、ほぼ同時期。
八戸市ホームページへようこそ!
八戸三社大祭、八戸市のHPから観光へ。

松永ひと美さんの故郷青森八戸に、八戸三社大祭は、ぜひ一度訪ねてみたいと思っています。
余談。
ねぶた土産の
食べ物に思いついたのは、ねぶた最中(餡にリンゴジャム)、ねぶた焼き(たいやきのねぶた版?、金魚ねぶた焼きならどうかな?、これも、餡にリンゴジャム)、ねぶたチョコ(ねぶたを模ったチョコレート、リンゴのアルコール漬をワンポイント)に、検索してみる事に。(私が思い浮かべたものは全部ハズレに・・・。)
そして、ねぶた缶(青森と言えばリンゴの缶シュースかな)、ねぶた漬け(理解不能、でも、包装紙がねぶた祭りだからかな?)、ねぶたラーメン(理解不能、でも、ダシの一つがリンゴだからかな?)、ねぶたクッキー(妥当かな!)、そして、検索も、程ほどに終了。

| | コメント (0)

わらびを写しにワラビ畑へ

わらびを写しにワラビ畑へ、正確に言うとワラビ畑ではなく、何度も書きますが、わらびがはびこってしまった畑。太った根は50cmほどの地下にあるはず。もっと深かったかな?。もう、30年ほど前で、思い出せません。一つを接写しないと、雑草ばかり?に、ワラビが何本出ているか探してみてかな?。
Warabi20074171Warabi20074172Warabi200741731枚目が摘み頃のワラビ、2枚目と3枚目が、もう、根を太らせる為に残しておくかと思うワラビ。
折角なので、2006年4月10日 (月)の記事へもリンク。
ワラビのあく抜き
余談
近くの畑に咲いていたイチゴの花も観察。ただ、虫も付いていて写し頃とは言えない状態の花ばかり。
Ichigo20074171Ichigo20074172Ichigo20074173いちごの多弁の花、メシベが沢山の花、花びらが散って、オシベとメシベだけの花。メシベ一個に一つの種をつけます。
Ichigo20074174Ichigo20074175Ichigo20074176花びら5枚からは、オシベの色の変化を、若い花、花粉が飛び出る頃の花で、そして、隣り合う多弁と五弁の花。六弁も、多弁ぐらいみられたけど写さず。
おまけに
Hanazuou20074171Koinobori20074171Ichigo20074177庭の片隅で咲き誇る、ハナズオウ。上がっていたコイノボリ。写したイチゴの若い花からメシベの部分を切り出して、虫と一緒にアップで。
追記に独り言
わらびに、わらび餅が浮かび、検索して、本わらび粉に辿り着き、わらび粉の作り方に、わらびの地下茎から取り出した澱粉を知り、そして、そうか、葛粉も根っ子から取り出した澱粉だった事に。
でも、葛の根と違い、小さなワラビの地下茎を、どれだけ集めたらワラビ餅一個分が作れるのかな?と思ったりも。

| | コメント (0)

2007年4月16日 (月)

水森かおりさんの記事を検索

水森かおりさんの主要記事を検索して集めてみました。熱烈なファンの方の記事に、私も見習えたらと記事へリンクです。(内容が消されリンク切れの際はお許しを!)
水森かおり躍進祈願祭当日、熊野本宮、熊野古道。
水森かおり 銀座三越銀座で演歌ふれあいコンサート。釧路湿原、鳥取砂丘、東尋坊。
玉光堂 水森かおりイベント報告、2004年8月25日。
大好の日記 水森かおりコンサート鑑賞、2006年11月1日、ブログ。
星降る夜に口笛吹いて 水森かおり コンサート2006 歌謡紀行体験記、2006年12月27日、ブログ。
水森かおりの新曲「熊野古道」がヒット(読売新聞)、2006年4月20日。
「もみりん」じゃありませんよ・・・水森かおりさん、HBCラジオ4月の応演歌「釧路湿原」。
水森かおり薩摩おごじょの心意気…新曲「ひとり薩摩路」(夕刊フジ)、2007年4月4日。
JR3QNH'S WEBSITE 水森かおりさんの歌謡ショー、2005年7月30日。ブログ。
歌のアリーナ、2005年11月29日。
細川レコード店WEBサイト 水森かおりさん 「東尋房」キャンペーン、2002年6月3日。

余談
演歌歌手・演歌ファンへのリンク集は、こちらのページの後半に
4月17日追記
ご当地ソングがヒットしている
水森かおりさんに、他の歌手はと思い浮かんだのは、原田悠理さん、そして、検索して、あ!、そうだ!と、思い出したのが、岡ゆう子さん。
最新曲は、水森かおりさんが「ひとり薩摩路」、原田悠理さんが「天草の女」、岡ゆう子さんが嵯峨野路。
そして、演歌歌手リンク集に岡ゆう子さんのHPを追加。

| | コメント (0)

2007年4月15日 (日)

鉢植えから春の芽吹き

どんな木でも鉢植えに、そんな中から、春の芽吹きを写してみました。(樹形を整える盆栽仕立てにはしていません)
Kamiyatude20074151カミヤツデ(別館2の50音索引には未掲載)
芽吹いていた一本を引き抜いて頂いたのですが、また、健在です。
置き場所は、冬も南側の軒下。
Seiyou_tochinoki20074151セイヨウトチノキ(リンクは別館2)。
セイヨウトチノキは芽吹いて花の蕾もつけていますが、トチノキは、まだ、芽吹き待ち。
Tochinoki20074151トチノキ。(実・花は写していますが別館2の50音索引には未掲載。掲載内容が乏しく別館にへリンクせず
トチノキの冬芽、輝いて見えるけど、何のせいかな?。どちらも、園芸店で購入。
Sawagurumi20074151
サワグルミ。(東山植物園には大きな木がありました、ただし、探すのは大変かも?。花も写した覚えが!。掲載内容が乏しく別館にへリンクせず
発芽した年の幼木から育てて10年ほどに。
でも、鉢植えで花を期待するのは無理があるかな?。
背後に、シャッターのラインが入って、指名手配犯の様な写りになっていますがお許しを!。

Kurumi20074151クルミ(オニグルミ)(リンクは別館2)
田沢湖湖畔で真っ黒な果肉を洗い落とし、拾ってきたクルミを発芽させたもの。雄花はつけた事がないのですが、雌花を付け、実をつけた事は1回だけ。
木曽川沿いの扶桑緑地の遊歩道で沢山あります。前もって、この事を知っていたら種は拾わなかったと思います。
Aogiri20074151アオギリ(リンクは別館2)
庭で発芽していたものを鉢植えに。
花後の握り拳の様な様子に、グー・チョキ・パー探しもいいもんだと思ったのは私だけかな?。

Shina_aburagiri20074151シナアブラギリ(花も写しているけど50音索引には未掲載、花の壁紙は別館2に用意していたかも?)
花を見たくて実から発芽させたものですが、近くの「くすり博物館」の樹木園に植えられている事をわかり、花の時期には、そちらまで、写しに行きました。
彩りに、芽吹きが赤い樹木も
Mokugenji20074151モクゲンジ。(リンクは別館2)
すいとぴあ江南に一本植えられています。
近くの鹿小島にも、二重堤近くの畑の中に一本。

あなたは、花の様子からは風船の様な実を想像する事ができるかな?。
Hananoki20074151_1ハナノキ(リンクは別館2)
すいとぴあ江南へ向かう坂道の歩道に植えられています。
田縣神社から神明社へ向かう道では、尾張広域緑道に植えられています。田縣神社の祭りでは、2年に一度は神明社が起点になるので、その時は、ハナノキの花に見頃なのでハナノキにも目を向けて見て!
大木の植えられている場所は、皆さんの楽しみにと書きませんけど、神社では大木を見る事が出来ます。

| | コメント (0)

2007年4月14日 (土)

思いついたのは、手打ちうどん

介護の傍ら、豚モツの臭み抜きとドテ煮の次に、思いついたのは、手打ちうどん
そして、まずは、小麦粉と塩と水の量を検索。
手打ちうどんの基本は、こねて、寝かせて、伸ばし、切るかな?。
そして、うどんの腰をだす、踏み込みは、どの時点かな?。
”手打ちうどん 手作り”で検索してヒットしたページから参考になりそうなサイトをピックアップ。(これ以上探してもとの内容に出会い1件目で探す事は打ち切り)
手作りうどん、そば講座小田聞多の麺講座)
手打ちうどん手打ちそば、そばについてのリンクは参考まで。
小麦粉にも、こだわりが必要みたいだけど、無視して・・・。
水は、木曽川の水道水、塩は、アラ塩を使う予定で、内容を確認、でも、PHなんて書かれても・・・・。
ミニ手打ちうどんの作り方を参考に(小麦粉300g、食塩15g、水は夏120g~冬135g)やってみようかな?。
寝かせる時間(2回目の寝かせる時間)は長くても変質しないようだから、1時間半の一眠りでは短そうだから、二眠りにしておこうかな?。

荒捏ね、寝かせ(30分)、本捏ね、寝かせ、伸ばしと切りに、生地の温度は手が頼り、荒捏ねは、こね具合は、二つ折りにして、ゆっくりヒビが入るくらいを参考に。
山本屋の味噌煮込みうどんか、伊勢うどんの食感を頼りに、手打ちうどんに挑戦してみようと思います。
余談。
豚もつの臭み抜きと違って、1件目に実用的なHPが見つかりホッと、そして、手打ちうどんは微妙な感じですが、まずは、失敗覚悟でやってみるかな?。
ブログも検索したけど、作り方までに入り込んだ記事はなし。

| | コメント (0)

2007年4月13日 (金)

松永ひと美さんのスケジュールに

松永ひと美さんのスケジュールにあったテレビ曲・ラジオ局へ、何か記事があったらいいなとリンク。
4月14日(土) MBC南日本放送 -> 南日本放送 日高正人の銀座ナマナマ天文館、HPがあり、松永ひと美さんの笑顔が掲載される事を期待かな?。
4月15日(日) 46チャンネル 千葉テレビ カラオケ大賞21 -> 千葉テレビ カラオケ大賞、スケジュールのみ。(収録)
4月18日(水) STSサガテレビ -> 佐賀テレビ かちかちワイド、サガテレビ、かちかちワイド担当アナウンサーの日記はあるけど内容がゲストに触れていないのが残念。
4月18日(水) NHK福岡放送局 -> NHK福岡 FM 夕べのひととき、該当ページでは、一週間のゲストの紹介とリクエスト方法の記述。
4月19日(木) RKB HomePage -> RKB毎日放送 街角ふれあいライブ 甘棠館SHOW劇場街角、検索は”RKB毎日放送 街角ふれあいライブ”でヒット、そのページで福岡と知りました。
4月20日(金) 長崎放送 満腹ワイドラジDONぶり、運がよければ、松永ひと美さんの記事が期待できるかな?。
4月23日(月) 文化放送 走れ歌謡曲、検索時点では、ゲストに松永ひと美さんの名前がありませんでした。
4月23日(月) もうすぐ夜明けABC -> ABC朝日放送 夜明けのソファー、2007.3.5放送、松永ひと美さん「ふたり星」の記事を見つける。
4月25日(水) RCCテレビ 中国放送 -> 中国放送 田中俊雄の演歌茶屋、ラジオの公開録音の様だけど、アナウンサーのページには、5月のゲストの記事。(収録)
4月28日(土)  tys テレビ山口 -> 山口放送TV カラオケ名人 歌う宅配紀行、外部の記事だけで、内容が分からず。(収録)
メモも
見落とさないように。
歌謡サロン・演歌がいいじゃん、4/26(木)岐阜放送
平成歌謡塾、4/29(日)名古屋テレビ放送、5/1(火)岐阜放送
聞き落とさないように。
4/23(月)走れ歌謡曲
余談?、おまけ?にリンク。
カラオケONGAKU、雑誌のページ。
演歌歌手・演歌ファンへのリンク集は、こちらのページの後半に
4月14日追記
4、5、6月毎週1回、ほのぼの歌謡曲に松永ひと美さんの記事に下記へリンク。
午前4時からの番組 坂井隆夫のほのぼの歌謡曲 ラジオ日本 AM1422kHz
金曜日 「松永ひと美のキラリ輝けふたり星」/松永ひと美
4月15日(収録)の文字を追記
4月24日追記。

ほのぼの歌謡曲の”坂井隆夫”さんを、”坂井隆生”さんとしているページがある事を知る。
5月9日もう、過ぎた日の古い記事だけど、失礼だから誤記訂正しました。ひと美さんを、こと美さんと入力間違いをしていた所が2箇所あり。検索結果から発見したので、早速、修正しました。

| | コメント (0)

ザミア・プミラ、手入れが悪くて

ザミア・プミラ、冬の間、仕事場の倉庫においていて、水切れ!と寒さ?で、葉を全部落としてしまう。枯れてしまったか分からないけど、株分けには丁度いいかなと思い、悪戦苦闘しながら切り分けてみました。
Zamia2007413Zamia20074133地上部は三つになっていたけど、鉢の中では繋がっていて分離すのに一苦労しました。そして、写し、多分、枯れてはいないと思いながら、また、鉢に植え戻しました。
Zamia20074134Zamia20074135一鉢は、大鉢に二つ植え、小さいザミア・プミラは室内観察用に小さな鉢に、Sotetu20074131_1 種子から芽吹いたソテツと同じ大きさの鉢に鉢に植えました。小さい方を大きな鉢に植えると置き場所に困るからですが。
Zamia20074131Zamia20074132折角、ザミア・プミラが花をつけたけど、結局、雄花か雌花か分からずに終わった花房も解体して写す。雄花は円筒状、雌花は円柱形とあるけど、花を解体して分かったのは判断がつかない事。そして、内部には柔らかく中途半端に終わり朽ちた粒だけ。(この様子、ツクシをテレスコマイクロで写すとよく似ているかな?と思ったりも)
参考までに、葉をつけたザミア・プミラは、樹木の四季@壁紙館、50音索引のザミア・プミラのページへリンク
余談
Nani20074131Nani20074132根に何か不明だけど変わった部分があったので、それも、写して。ザミア・プミラの鉢の側面の根と鉢底の根に寄生?。”根粒菌 ソテツ”で検索して、ソテツの仲間にもチッ素固定をする共生細菌の文字を見つける。
4月26日一部誤記訂正
ザミアと書く所を、タイトルとタイトルをコピーした部分の2箇所で、間違って、サミアとしていた部分を訂正。

| | コメント (1)

鉢植えの葛の根を掘り起こして

クズ(葛)の鉢植え、二鉢あり、掘り起こし(土をはいだ)のは一鉢。芽吹き始めていた一鉢の、葛の根を掘り起こして、水洗いして太っちょになった根を接写しました
Kuzu20074131Kuzu20074132Kuzu20074133何をしたいのかと言われると、ただ、見たかったと言うしかありませんが、肥料もやらないクズは、冬の間に細い根は朽ちたのか?、細い根は今年延びたのかという程度で、太い根ばかりでした。表現が変かも知れませんが、根は、小さな太っちょの塊と感じに成長。でも、クズの根には根粒菌の気配はありませんでした。
Kuzu20074134蔓を挿し木(蔓だからなんと言えば?)してから一年半、まだ、鉢には余裕があるので、写した後は、また、同じ鉢に埋め戻しでした。
余談
Kanabun20074131土の中には、カナブンの幼虫でしょうか?、10匹以上が葛の鉢に同居していました。この幼虫、葛の根を水洗いして写している間に土に潜ってしまったので、また、掘り起こし撮影です。
独り言(追記)
葛の幹を切断して水につけていたものは、芽吹いたけど枯れてしまいました。葛を観察しようと思ったら、やっぱり節のある部分の蔓をさして発根させる方がいいようです。
参考までに、50音索引にのせてるクズのページも紹介。(この鉢植えは母親に抜き捨てられてしまいました)
四季図鑑:クズの写真(くず、葛)(樹木の四季:樹木図鑑)

| | コメント (0)

アラマンダの乾燥した実と種子

アラマンダ(キョウチクトウ科、アラマンダ属)の数百と花が咲いた一つに実を見つけたのですが、気がついた時から、ちっとも大きくならず、今まで、木に付けていたのですが、痺れを切らし収穫です(この時は、もう、実へ繋がる茎は枯れていました)。
Aramanda20074131Aramanda20074132Aramanda20074133乾ききった
を切り取り、水平に裂け目が見えたので、真っ二つに、時計ドライバーでこじ開け、4つ種子を取り出しました。
Aramanda20074134Aramanda20074135種子の様子は扁平で、柿の種より大きめ、色合いは柿の種とそっくり。種子が熟しているのかわからないけど2個だけ、とりあえず水に沈めました。
(アラマンダ、あらまんだ、アリアケカズラ、ありあけかずら)

花の写真は、四季図鑑:アラマンダの写真(あらまんだ)(樹木の四季@壁紙館、50音索引ページへ)
4月15日追記
二日ほど水に浸しておいた種子を水洗い、乾燥していた果肉部分と思われる部分をはがし、もう一度写す事に。
Aramanda20074151Aramanda200741522枚掲載したのは、共に、裏返した関係からです。扁平な回りに果肉が付いていた様で、少し小さくなりました。 

| | コメント (0)

2007年4月12日 (木)

栄養価計算のサンプル画面

栄養価算定プログラム、五訂増補、食品成分表2006に対応して、組成125項目まで対応に修正しました。まだ、成分比の計算が未修正なのですが、感じた事を書いておきます。(成分表をよく見れば最初に悩んだかも)
SeibunKondate1Kondate2Chart1問題は成分表、基本成分は成分番号5桁、アミノ酸組成は4訂食品番号準拠に、さて、対応はどうしたらいいのか?、栄養士でもない私は、サンプル用に成分表データを入力するにあたって、どうしたものかと思案。
成分表も献立も画面は最大化して入力処理ができるようにしてあります。成分表の入力は、微量、推定値微量は+未測定は-推定値0は0扱い、成分表の空欄の箇所は、同様に空欄です。また、集計に関しては、微量の集計は微量、未測定の集計は未測定、空欄の集計は空欄になるように、もちろん数値のあるものが存在すれば、そちらが優先で計算します。
Seibun1ほかには、脂肪酸組成は成分番号5桁なのですが、基本成分に比べると欠番が多く、普段使わないから調査がされていないのかと思ったり。
どちらにしても、使われる方が成分表を入力された方が、すっきりしてていいかと思ったりも。
4月15日追記
アレルギー対応に、成分の項目にも余裕があるし、後の方に追加すれば邪魔にもならないだろうから、アレルゲンの項目を追加して、アレルギー物質を含む食品には、+(微量)マークで、単位は無しとして、追加して見ようと思うけど、いかがでしょうか?。

| | コメント (0)

サツマイモの苗床はランの鉢

サツマイモの苗床をプラスティック製(ラン用の深い鉢)の鉢に、培養土だけで、サツマイモを横に寝かせて数センチの深さに埋め、保温の為の袋には、コンビニのビニール製の買い物袋。
Satumaimo20073211Satumaimo200732123月21日に鉢にサツマイモを埋めてから、数日間、日中は外の日当たりのよい場所に置き、今は、日中、暖房の室内の南側で日のあたる場所へ。
様子見の期間に、途中で、けつまずいて鉢がひっくり返えったせいで、サツマイモからの芽吹きも確認。
Satumaimo20074111Hachi200741114月11日、それから、また、暫くたちますが、久しぶりに露ぶいた袋の中を眺めてみたら、緑の葉が確認できたので早速写して、また、元に戻しました。
余談
今でも、ほぼ、24時間、室内の暖房をしているのは、なぜか寒がりになってしまった、要介護の母親の為なのですが、植物観察には最適な条件になっています。

| | コメント (0)

2007年4月11日 (水)

タラノキ、ウルシ、芽吹きの写真

タラノキ(芽吹きをタラノメとして食用)ウルシの芽吹きを写真(画像)で比較。タラノキ(幹)とタラノメは棘ありと棘なしを掲載。
Tara20074113Tara20074111Tara20074112タラノキと芽吹き(摘んだらタラノメ?)、トゲのある改良?されていない、タラノキとタラノメ。
Tara20074114Tara20074115芽吹きも成長すると、葉柄に恐いくらいのトゲが成長。余談は、葉になるまでは芽?。
Tara200741121Tara200741122Tara200741123家庭菜園でも気兼ねなく育てられそうな、棘無しのタラノキと芽吹き(タラノメ)。トゲの無いのは選抜か?、品種改良?。棘ありと棘なしを写真で比較すると、芽を覆っている皮(冬芽の保護?、植物学的な名称は知りません)も赤と緑で異なっている様。葉柄には少し棘も。
他の木の芽と間違う元は、トゲ無しのタラノキが出てきたからややこしくなったのかな?。
おまけは、タラノキ(棘あり)の冬を接写で楽しむ
そして、Urushi20074113_1くれぐれもテンプラにして食べないでよと写した、
ウルシ(ヌルデ)の芽吹き。

ウルシの呼び名は、私の住む地方の方言?。
ウルシには芽を保護する皮がありません。
(2009年10月8日、樹木名の誤記訂正)。

| | コメント (0)

ナガイモは水耕栽培可能か続編

ナガイモをコーヒーの空き瓶に水道の水だけで様子見。普通は手に入らない芽の部分を、少しイモも残し水につけてあります。そして、その様子を、テーブルで観察です。
Nagaimo2007492Nagaimo2007493Nagaimo2007494ナガイモが観葉植物として水耕栽培が可能か、まずは根のチェックと言った方がいいかな?。
Nagaimo20074101Nagaimo20074102伸びた蔓は、まだ、葉を広げていません。そして、蔓は歩行訓練用の手すりの下の段に、邪魔にならないように這わせてあります。写真は成長点を守っていた何か?だけど、植物学的な名称は知りません。瓶には三つあるのですが、一つは、先端は折られてしまったので、脇から芽が出るのを待つ事に。
これだけでは、彩りにかけるので、スギナの接写も。
Sugina20074101Sugina20074102Sugina20074103
三枚目のスギナらしい写真は、ダンボールが背景なので、どうあがいても、映えません。

| | コメント (0)

マメ科の発芽、鉢植えの芽吹き

テーブルでの種蒔きからやっと、三種類目の発芽。マメ科の発芽(何の種だったかは忘れました)に、全てではないでしょうが、双葉にはならずに、本葉を包み込むような様子で発芽。その様子に、桃太郎の誕生が思い浮かび、私は、まだ、観察が足りないと再認識。
Hatuga2007491Hatuga2007492Hatuga20074101そして、モヤシの様に、緑の実を二つに開き、本葉をつつむように発芽し、開いた実に、その後どうなるのかなと関心も。培養土から覗いた皮を脱いだ種子は、一日遅れの発芽。そして、3枚目は10日。
種子を7個蒔いたサンゴアブラギリに発芽したのは、今の所、二つだけ、前回の様に、発芽が遅い場合は翌年に期待。
Sangoaburagiri20073271Sangoaburagiri20073301Sangoaburagiri2007431Sangoaburagiri2007491写真1枚目は3月27日、種子の外皮は土の中に置き去り、双葉を保護する薄皮を傍らにまとい、双葉は成長。写真2枚目は3月30日、写真3枚目は4月3日、写真3枚目は4月9日、そして、発芽したサンゴアブラギリは双葉を成長させ本葉を待つばかりに。サンゴアブラギリが最初に土から覗いた写真はこちら
Hatuga2007493Hatuga20074102たぶん、クウシンサイかなと思っている双葉と本葉。複数種を蒔いたりで何だか分からなくなってます。葉の付け根の模様(4月10日)にクウシンサイの様な気がしています。
アンティゴノン(アサヒガズラ)は、芽吹き始めました。
Antygonon20074101Antygonon20074102Antygonon20074103写真は芽吹きの先端と葉。テレスコマイクロを付けて写した若葉のアップ。葉は、まだ、緑色にはなっていません。

| | コメント (0)

2007年4月10日 (火)

恐いけどウルシ(ヌルデ)も鉢植え

「樹木の四季」の管理人は、かぶれる(標準語では皮膚負け?、皮膚炎?)のが恐いけど、ウルシ(ヌルデ)も鉢植えにしています。そして、ウルシは、今が、芽吹き時です。
Urushi20074101Urushi20074102Urushi20074103暗い写真は、夜間、鉢植えを室内に移動、coolpix995で、フラッシュの光量調節して写してます。
4月11日午前中の写真を追加。
Urushi20074111Urushi20074112
鉢植えで30cmたらずの木なので、芽吹きを写すには最適かも?。

| | コメント (0)

テレビの演歌番組から一週間を

テレビの演歌番組から一週間をピックアップ。そして、多岐川舞子さんの出番がいっぱい。演歌百選、洋子の演歌一直線、歌謡サロン・演歌がいいしゃん、歌謡コンサートとテレビの出演や、いっぱい流れたプロモーションビデオに、レコード会社の意気込みが感じられ、キャンペーンなどにも活躍でファンとしては嬉しい限り。放送局違いで、同じ放送が日替わりで流れる事もあり、より、多く目にした感じ。
4月3日、歌謡コンサート、音羽しのぶさん、最上川恋唄、最上川をイメージしたドレスが素敵。
4月4日、
番組名の記録を忘れる、石原詢子さん、淡墨桜、HPには、4月1日より「淡墨桜」広告付電車の樽見鉄道「詢子号」が期間限定で運行の文字。
4月5日、
演歌はいいじゃゃん(新譜情報では、過去の分を含め歌手サイトへのリンクも充実)、作詞募集の件では、第何回に記憶はいい加減?ですが、第8回は野中彩央里さんが「郡上恋唄」、第9回は藤原浩さんが「ふたりの始発駅」を歌っているとの話。600から700点の歌詞が集まるけど、歌い手に合う歌を選ぶ苦労・・・・。竹島宏さんへのリクエスト「夜の銀狐」に、懐かしさも。
4月7日、平成歌謡塾多岐川舞子さんは秋冬カモメ、歌謡コンサートと同じ黄色の着物。
4月7日、演歌百選多岐川舞子さんは秋冬カモメ、着物は名古屋の濃尾商会でのキャンペーンと同じ着物?。
今月のゲストでは、石原詢子さん、青の地に桜の花がいっぱいの着物。青空に桜吹雪か、映える桜の花と言った感じ。そして、話題は、詢子さんが大好きなお父さんの話。
4月8日、のど自慢のゲスト門倉有希さんの名に・・・・・・・・・・・・。
4月10日、歌謡コンサート多岐川舞子さんは秋冬カモメ、着物は黄色にコチョウランの花柄かな?。田川寿美さんは、西崎みどりさんの「旅愁」。
演歌歌手・演歌ファンへのリンク集は、こちらのページの後半に
用意しているファンページは松永ひと美さん多岐川舞子さん
おまけは、何も考えずに見られる、教育テレビ7時30分からのマーニーと魔法の書」。

| | コメント (0)

西城秀樹さんの食彩浪漫から

西城秀樹さんが出演した食彩浪漫からメモした事を。
カツ巻の内容から、料理名は、とんかつ巻きでもいいかな?、そして、テンプラのオムスビより、酢飯だから、あっさりして美味しそう。巻いた感じは、鉄火巻きの様に、豚肉を塩・コショウ抜きで、細切りにしてトンカツ同様に衣をつけて揚げ、巻き寿司の芯に、このトンカツ。西城秀樹さんお気に入りのすし屋さんで、子供のお土産に特注とか!。
歌の話では、「歌をうたい詩をおいていく」という言葉が記憶に。寿司屋さんのヒレ酒に、注ぐ熱燗に火を昇らせコップへ注ぐ様子、そして、熱くして早く飲めなくする気配りに、なじみになる気持ちも分かりそう!。
余談で。
食べ物関連で、名前が浮かんだ食べたい物に、てんむす(海老のテンプラのおにぎり)より、エビチリむすび、えびちり饅、ぴざ饅、そして、晩飯には、ネギとイカの味噌和え丼。そして、思い浮かんでも、私が食べるのは味噌和え丼ぐらい!。

| | コメント (0)

2007年4月 9日 (月)

サンデージョッキー、松永ひと美

NHKサンデージョッキーの番組欄に、松永ひと美さんの文字。テレビの”のど自慢”の後は、ラジオに切り替え聞く事に。ノイズ交じりの放送を聴きながら、ラジオ全盛の時代を感じながら。
司会は林あさ美(5月の新曲から水牧あさ実さんとNHKのアナウンサー宮川泰夫さん。
・出演者の紹介に、歌手は、金田たつえさん、松永ひと美さん、服部浩子さん、北山たけしさんほか、今週のかわら版の新メンバーに、神田きらりさん(「神田キラリ」と書いていましたが誤字だったので訂正)、そして、キンコンカンコンの音で番組が始まる
サンデー学校の先生は林あさ美さん、
・入学式の思い出に、金田たつえさんは、だぶだぶのセーラー服に、みんながそうだった。
松永ひと美さんは、小学校、校長先生の話に、隣の人の薔薇が気になって横を向いていたら注意された事、
服部浩子さんは、父なのに、お父さんの容貌に、お爺さんと言われショックだった事、北山たけしさんは、小学校が黄色い帽子、黄色いカバンなので、中学校に上がる時、黒い帽子、黒いカバンが嬉しかった事。そのほかの出演者(書く手が遅く、名前まで書き取れず)からは、中学校に上がる時に間違って小学校の入学通知、未熟児で体が小さくてランドセルに引っくり返りそうに、中学入学にリュウマチで入院・・・。
・林あさ美さんの歌、手のひらの愛、(この位の位置だったかな)。
・ホームルームの話に、林あさ美さんと松永ひと美さんは同郷、でも、市と村の出身で違う事。私には、お国言葉での会話は分からず。地元で美味しい物の話に、松永ひと美さんは、ホタテの稚貝を味噌汁の具に、煎餅汁も。そして、(ふるさと)青森の歌、「ねぶた風恋歌」の歌に
・演奏の時間。
・サンデーズのコーナー、釈迦の誕生日を祝う花まつりに甘茶のいわれ、松坂とイチローの勝負(菖蒲)が見もの。(リンクのおまけに、仏都花まつり公式ホームページ。)
・服部浩子さんの歌、小倉恋ごよみ、、着物姿に帯がポイント、締め方が特に・・・
あさひのぼるさん(朝日昇かな、調べてちゃんと書きますね)のギター漫談、松阪ネタ、元オバサンネタでは、掻き分けて座るほど元気なら、座るな!、手術ネタで、盲腸に新米の医者、医者に向かって頑張れは無いだろう!、病院もポイント制にして、ポイント貯めて盲腸の支払いに!、メイド喫茶ネタに、生まれて初めて行って、お帰りなさい、いってらっしゃいのメイドさんの方が、ご主人さまより収入が多いなど。ネタの内容を、ここに書いてはいけなかったかな?。
・北山たけしさんの歌。
・サンデーものしりクイズ。
・お知らせとニュース。
・探し物は何ですか、宮川泰夫さん、ミロのビーナスの話題。発見された時に手は無かったけど、手をつけて持たせた物に、黄金のリンゴ。
松永ひと美さんの歌、恋の河
・ラジオコメディ、金田たつえ、林あさみの泣かせる話、服部浩子さんは悪役?、松永ひと美さんは芸者役、・・・・・・・・
・演奏の時間。
・疑問にチャレンジ、あさひのぼるさんの、携帯ネタに、ボケた母は104で聞く。
・金田たつえさん、三曲、江刺追分/いろり/髪きり夢屋(文字、間違っているかな?)。
・サンデーなぞなぞ。
・お知らせとニュース。
・つるさんとかめさん。
・林あさ美さんの歌、”さくらさくら”だったかな?(調べますね)
松永ひと美さん、応援の声をバックに、花の寺
・サンデー学園大切り。
・松永ひと美さん、林あさ美さんの声に、ラジオのノイズで聞き逃す。そして、私は、三時間あまりの時間に酒も進み、ほろ酔い気分。
松永ひと美さん、ふたり星
余談。
番組が終わったら、もう一眠りするだけ、そして、番組を聴いてのメモに、新聞への走り書き、殴り書きに、最後は酒に酔って、自分の文字が読めなく、記憶が辿れなくなって、ちゃんと白い紙のノートに、「
思い出NOTE/記憶に残った言葉」を書かなくちゃと反省。(調べ物をせずに書いたので、名前の間違いがあるかも。)
誤記訂正と歌手サイトへのリンク追加。
「林あさ美」さんを「林あさみ」さんと書いていた事を訂正。

あさひのぼる」さんは、平仮名でよかったけど、一箇所、「あさだのぼる」さんにしていた所を訂正。
水牧 あさ実 WEB SITE
あれ、林あさ美さんが、水牧あさ実さんに変わっている、いつ変わったが書かれていないけど・・・。
@Victor Entertainment 水牧あさ実:恋暦浪花春秋(改名第一作との記事がネット記事に)。
蛇足ですが、朝田のぼる、「なじみの酒場」、歌謡サロン・演歌がええじゃん#345(放送日3/7~3/16)に。
4月10日、誤記訂正とリンク追加、花まつりのリンクを追加。
女流講釈師「神田きらり」さんを「神田キラリ」さんと書いていた事を訂正。
「宮川泰夫」さんを「宮川やすお」としていた所を訂正。

| | コメント (0)

2007年4月 2日 (月)

松永ひと美さんを検索して

松永ひと美さんを検索して、最近の写真のあった記事にリンク。
遊・わ~く・ウィークリーゲスト紹介に松永ひと美さん発見。森脇健児の遊・わ~く・ウィークリーへ。
CG37 流行歌ライヴレポートに松永ひと美さん発見。大阪流行歌ライブHPへ。5月10日追記、サイト構成から古い記事は無くなる様で、もう記事はありませんでした。
MiyakoDeEnka.comブログ 松永ひと美キャンペーン・レポート蕨店に松永ひと美さん発見。
余談1。
演歌を応援して頂いている事から濃尾商会さんへの場所を紹介する為にリンク。
濃尾商会の場所は、「金山へ行こう!」金山橋連合商店街振興組合ホームページへ。そして、イベントの時間まで立ち寄るなら、中国家常菜の香花さん。
余談2。
松永ひと美さんの普段着記事の中からも古いけどリンク。
スポニチ Sponichi Annex ニュース 北海道、松永ひと美、いちずな女心しっとり。
北海道:スポーツ報知、松永ひと美「大輪の花さかせます!」
余談3。
ブログ記事だったか、松永ひと美さん検索に、演歌歌手「演歌歌手の一覧」にヒットしたけど、名前が見つからず、リンク先はアマゾンにがっかりも。

| | コメント (0)

松永ひと美さんを追いかけて

松永ひと美さんを追いかけて、昼は三重県三杉町八手俣、君ヶ野ダム公園桜まつり、夜は近鉄伊勢市駅近く、伊勢シティホテル、ふれあいディナーショーへ。
Kimigano2007411Kimigano2007412Isetakehara1君ヶ野ダム手前の桜に、もっと年月がたったら立派な桜の花を見せてくれるだろうと独り言も。写した看板は、君ヶ野ダム公園近くの駐車場から。君ヶ野ダムへは、JR伊勢竹原駅で下車、歩いてダムへ。
Kimigano2007413君ヶ野ダム公園桜まつりを一望できる場所はないかと歩き回る事も。
(介護の徹夜明けに出かけてきました。)
Hitomi2007411そして、雰囲気を、この写真意外で、松永ひと美さんの応援ページに追加、また、君ヶ野ダムの風景も、ひと美さん応援ページに壁紙6枚追加。
5月13日ちょっと記事が寂しいと感じたから、追加掲載
Sakuramaturi200704011Sakuramaturi200704012Iseshi200704011さくらまつりから2枚。ディナーショーから1枚追加。 

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »