« サンゴアブラギリの子葉も朽ち | トップページ | もし、すみれの写真壁紙を探して »

2007年4月28日 (土)

ナギイカダの傍らにツボスミレ

ナギイカダの傍らに咲くツボスミレの花を接写。でも、スミレの花芯の様子を写すには、デジカメ単体(coolpix995)では、ちょっと厳しいと感じた一枚も、花芯の部分を切り出して掲載。
Tubosumire20074281Tubosumire20074283Tubosumire20074282特徴ある葉と、茎が伸びて複数咲く様子に検索して、ツボスミレのようでした。同じツボスミレの咲く鉢には、花びらが短く、反り返っていないものも咲いていました。花芯の様子もツボスミレ。ナギイカダの葉の突起に手の甲を刺されながら、花を狙うと葉が写らず、どう写そうかに思案で終わったツボスミレ。
Sumire20074283_2こちらは、何スミレ?。鉢のあちこちで咲いていたけど、背丈が倍ぐらいのものもあり、その様子に、育つ場所と鉢の大きさが違うせいかと思ったり。
Sumire20074282そして、他に、様子の違うスミレが咲いていないかと樹木の鉢植えを見回して、もう一つの、よく見るような葉のスミレを一株だけ見つける。
Nagiikada20074281本当の写す目的は、この、ナギイカダの花、でも、前年の朽ちた花の様子に写し時でなく、傍らに咲いていたスミレに写す対象を変更。

|

« サンゴアブラギリの子葉も朽ち | トップページ | もし、すみれの写真壁紙を探して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンゴアブラギリの子葉も朽ち | トップページ | もし、すみれの写真壁紙を探して »