« ふるさと迷走案内は移動 | トップページ | アケビの雌花の虫食いに知った »

2007年4月21日 (土)

セイロンベンケイソウと寒さ

セイロンベンケイソウを乾燥気味に、暖房の無い、コンクリート床の建物に、半ば、置き去りの状態に、葉を落として冬越し。冬の間の水遣りは、数えるほど。
そんな状態に、花もつけず、幹も枯れずに、丸裸になりながら冬越し、そして、最近芽吹いてきた葉を接写です。
Benkeisou20074211一昨年は、花をつけると枯れてしまう幹を見ていたので、放りっぱなしのセイロンベンケイソウに、なんだ、花をつけなければ、伸びた幹は枯れずに済むのかと思いながら、幹からの芽吹きを写してみました。
注意:一冬の観察なので、再現性は不明?かな。

|

« ふるさと迷走案内は移動 | トップページ | アケビの雌花の虫食いに知った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふるさと迷走案内は移動 | トップページ | アケビの雌花の虫食いに知った »