« セイヨウトチノキの花色の変化 | トップページ | サンゴアブラギリの子葉も朽ち »

2007年4月27日 (金)

庭のハナミズキを被写体に

庭のハナミズキを被写体に、電柱、電話線、電線、自宅、隣の建物をよけながら、そして、かたわらに植えてある、カキノキ、モチノキ、タラノキ等を気にしながら、太陽の位置も気にしての悪戦苦闘!。最後は、ハナミズキの徒長枝、木の大きさまで気になりだしてのハナミズキ三昧でした。
Hanamizuki20074271Hanamizuki20074272Hanamizuki20074273Hanamizuki20074274Hanamizuki20074275Hanamizuki20074276Hanamizuki20074277Hanamizuki20074278そして、悪戦苦闘のハナミズキ三昧から結果を掲載
余談。花水木に、辞書で出て来た、”花見月(はなみづき)”、月を背景にしか写せない場所にある花水木ですが、月夜に写したら、どう写るかと思ったりも。
種を蒔いて鉢植えにして、5、6年ほどしても花が付かない状態に、痺れを切らし地植えに、大きくなった二本は、運良く白とピンク。ピンクのハナミズキから採取した実だったけど、運良く、結果は紅白に。

|

« セイヨウトチノキの花色の変化 | トップページ | サンゴアブラギリの子葉も朽ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セイヨウトチノキの花色の変化 | トップページ | サンゴアブラギリの子葉も朽ち »