« 手打ちで、うどんを作って、食べ | トップページ | シャガの花に、物思い?! »

2007年4月22日 (日)

竹の子の明太子付け、江戸前風に

”竹の子の明太子漬け、江戸前風に”と書いたけど、写真を見て頂ければ、残り物和えがよく分かります。
Mentai20074211江戸前に明太子があったかは知りませんけど、明太子レンジでチンに、食べ終わった明太子に、竹の子の煮物を置いて、酒の肴に食べて、竹の子の明太子漬けなんてあったら、どうかなと書いて見ました。
余談。
明太子専門店には失礼な、季節の便りとなったかは・・・。
締めは。
石川さゆりさんの”酔って候”、”よってそうろう”でお許しを!(そして、”酔って候”を石川さゆりさんの全曲集にみつけ・・・、まだ、記憶が確かな事に一安心も)。

|

« 手打ちで、うどんを作って、食べ | トップページ | シャガの花に、物思い?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手打ちで、うどんを作って、食べ | トップページ | シャガの花に、物思い?! »