« ナガイモは水耕栽培可能か続編 | トップページ | サツマイモの苗床はランの鉢 »

2007年4月11日 (水)

タラノキ、ウルシ、芽吹きの写真

タラノキ(芽吹きをタラノメとして食用)ウルシの芽吹きを写真(画像)で比較。タラノキ(幹)とタラノメは棘ありと棘なしを掲載。
Tara20074113Tara20074111Tara20074112タラノキと芽吹き(摘んだらタラノメ?)、トゲのある改良?されていない、タラノキとタラノメ。
Tara20074114Tara20074115芽吹きも成長すると、葉柄に恐いくらいのトゲが成長。余談は、葉になるまでは芽?。
Tara200741121Tara200741122Tara200741123家庭菜園でも気兼ねなく育てられそうな、棘無しのタラノキと芽吹き(タラノメ)。トゲの無いのは選抜か?、品種改良?。棘ありと棘なしを写真で比較すると、芽を覆っている皮(冬芽の保護?、植物学的な名称は知りません)も赤と緑で異なっている様。葉柄には少し棘も。
他の木の芽と間違う元は、トゲ無しのタラノキが出てきたからややこしくなったのかな?。
おまけは、タラノキ(棘あり)の冬を接写で楽しむ
そして、Urushi20074113_1くれぐれもテンプラにして食べないでよと写した、
ウルシ(ヌルデ)の芽吹き。

ウルシの呼び名は、私の住む地方の方言?。
ウルシには芽を保護する皮がありません。
(2009年10月8日、樹木名の誤記訂正)。

|

« ナガイモは水耕栽培可能か続編 | トップページ | サツマイモの苗床はランの鉢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナガイモは水耕栽培可能か続編 | トップページ | サツマイモの苗床はランの鉢 »