« アンティゴノンの巻きひげ(2) | トップページ | 大月みやこさんがサブ歌に »

2007年5月 7日 (月)

スイセン(水仙)の球根ほか

スイセン(水仙)の球根、フジの種子、スミレの実、メロンの皮肌も、植物パーツモデルに。
Suisen2007571スイセンの球根
輪切りなどにもしてみて写したらとも思ったのですが、生きている根をつけた状態で、水に浸しだけにして写してみました。
5月17日水に浸したスイセンの根で追記
根を水に浸した水仙の球根は、緑の葉が枯れ、根も腐り気味で、このような育て方は向かないと実感した記録です。この球根3つ、その後、土に埋めたけど、来年、変化があれば報告します。でも、報告なんていらないか!。
Fuji2007571フジの種子。
外皮を剥がし裸になった種子が発芽するかは分かりませんが、仕事場前にある藤の木に実をつけていたものが、今頃、風に吹き飛ばされてきたのか、フジの種子の殻が破れた状態で落ちていたので、剥がして、その栗色に、早速、パーツモデルに加えました。
Sumire2007571Sumire2007572Sumire2007573
スミレの実
ブログ記事”ナギイカダの傍らにツボスミレ”で写した花に、実が膨らんできたので、これも、早速、モデルに参加。

すみれの実の様子に、花の名残をまとっている物もありました
メロンの皮肌
Meron2007561_1Meron2007562Meron2007563Meron2007564水に濡れた”めろん”の肌を、首側、お尻側、そして、必要以上のメロン肌を接写しモデルに。(ヒット狙いに記述を工夫でした)。   
写真素材利用の規定
パーツモデルも含めですが、ブログ掲載写真ほか、樹木の四季と、その関連サイトの写真素材利用の規定については、こちらをお読みください。

|

« アンティゴノンの巻きひげ(2) | トップページ | 大月みやこさんがサブ歌に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アンティゴノンの巻きひげ(2) | トップページ | 大月みやこさんがサブ歌に »