« クリの木の小さな一鉢にも実 | トップページ | ドンベア・バージシアエの冬越し »

2007年6月18日 (月)

NHK、サンデージョッキーに多岐川舞子さん

17日、ラジオの番組欄、NHKサンデージョッキーに多岐川舞子さんの名前、舞子さんのHPのスケジュールにもあったけど、テレビのCSI科学捜査班に気をとられ、ラジオを聞き始めたのは午後2時過ぎに。舞子さんゴメン!
サンデージョッキー、司会は、「そばにいてくれるだけでいい」のメロディと詩に、蕎麦がいいの言葉の宮川泰夫さん、アシスタントは、「ついてくるかい」のメロディと詩に・・・・、谷本知美さん。安物のラジオに、知美さんの一言が聞き取れず、残念!。とにかく、ラジオのダイアルと格闘しながらのサンデージョッキーを聞く事に。
谷本知美さん、一曲目、石見路、二曲目、なみだ駅、「なみだ駅」を聞いて、「知美入門!」かなと感じました。5月30日発売の「汐風の駅」は、聞き始めた時間が遅くて、聞き損なったかな
・人情コメディ、「東京だよ!おっかさん」は、ノイズに悩まされ、肝心な部分を聞き損ないました。舞子さんは「作家の卵」と聞いた様に?。ただ、「下町の黒沢、下町のキムタク、キムチとタクワンが好き」とだけは記憶に。
永井みゆきさん、一曲目、大阪やどり、二曲目、大阪すずめ、「大阪すずめ」を聞いて、初代コロンビアローズさんに「東京のバスガール」が浮かぶなら、永井みゆきさんは「大阪すずめ」かなと感じました。5月30日発売の新曲「よさこい時雨」を聞き損なったかな?
公開は8月末までの予定の期間限定ページもありリンクも、永井みゆき「永井みゆきの時雨日記」 - こぶしdeねっと、新曲キャンペーンを身近に感じられファンの方達は幸せですね!。
島倉千代子さん、一曲目、ほんきかしら、二曲目、おかえりなさい、新曲に、70歳だから歌える詩、団塊の世代に送る歌だったかな?。HPには、”これから、島倉千代子自身本人の声を発信させていただくつもりです”の文字も。
西方裕之さん、一曲目、宿かり、二曲目、湯けむりの宿、「楽屋では、いつもギターをひいている、うまいわけじゃないけど好き」と。もうすぐ、21周年に。
多岐川舞子さん、一曲目、秋冬カモメ、二曲目、あんたの海峡、私が、舞子さんを知ったのは、「あんたの海峡」か「幻海峡」の頃、その頃、NHKBSで、多岐川舞子さんのコンサートの模様を放送していた記憶があります。記憶違いかな?。
今日の着物の紹介に、「アジサイ柄、タンスで眠っている事が多い」、父の日の話題に、「父の日だから、お父さんに電話」と。”五年間、島倉千代子さんのステージに出させてもらった”話し。今年は、劇団シニアグラフィティ・昭和歌謡シアター「新宿の女」に出た事も。
・サンデー学園大喜利(大切[たいせつ]の「おおぎり」ではありません)は、名曲をテーマに。記憶に残ったのは、島倉千代子さんの、炭坑節で、お客さんの運勢、ツキが出た。
「見つけました」を追記。
3月18日のブログ記事に、多岐川舞子さんのキャンペーン模様の写真を。そのブログのトップは、「Yahoo!ブログ - 楽しい一日」。4月19日の三代目コロンビア・ローズさんのブログ記事、落ち込みに。
余談

今日の夜中過ぎは、デットソーン2が先週で終わり、どうなるかと思っていたら、デッドゾーン3が始まるので楽しみに!。

|

« クリの木の小さな一鉢にも実 | トップページ | ドンベア・バージシアエの冬越し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリの木の小さな一鉢にも実 | トップページ | ドンベア・バージシアエの冬越し »