« イタドリの葉を食べるアオムシを襲う若いカマキリ | トップページ | サンゴアブラギリ、花の蕾に、雌花は多くても四つ »

2007年6月24日 (日)

サトイモを水の受け皿で観察

Satoimo200706231Satoimo200706232Satoimo200706233サトイモの脇から伸びる芽と根
Satoimo200706234サトイモの頭部からの芽吹き。
そして、サトイモをカラーの様に観葉植物にと水受けで様子を観察です。
Satoimo2007062016月20日時点のサトイモとナガイモ、ナガイモは店で売っている様な部分から芽吹くかどうかをチェック中。でも、暖かさで腐るかも?。
余談
カラーと観葉で検索すると、ヒットするのは”カラーサンド”の土の代用品ばかりなので、サトイモを条件に追加して、「サトイモ科」の植物「ヤサシイエンゲイ」にヒット。観葉を購入するか、サトイモで我慢するか、あなたなら思案のシドコロ?!。

|

« イタドリの葉を食べるアオムシを襲う若いカマキリ | トップページ | サンゴアブラギリ、花の蕾に、雌花は多くても四つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イタドリの葉を食べるアオムシを襲う若いカマキリ | トップページ | サンゴアブラギリ、花の蕾に、雌花は多くても四つ »