« 松永ひと美さんが水元公園菖蒲まつりに関連して | トップページ | パーツモデルか、自然観察か、迷う所、でも、何が発芽かな? »

2007年6月 1日 (金)

パイナップルの苗も三年目に

パイナップルの苗と言っても、果物のパイナップルの緑の頭部、通常、捨てる部分を挿し芽したものですが、今年で三年目に。やっぱり、まだ、今年も、果実は見られないかな?。
Painapul200706012Painapul200706013Painapul200706014Painapul200706015冬の間は、暖房の室内に置き、大きく葉を広げたパイナップルの葉に、尖った先端の葉は、水遣りをする毎に、腕に刺さりそうになったりでちょっと厄介でした。葉の裏、葉の表、どちらも、そんなに、変りありませんでした。
Painapul200706011そして、暖かくなったので、とりあえず、室外では、日陰から慣らそうと柿の木の木陰に置いていたら、柿の実をいっぱい抱えた様子に、早速、記念に写す事に。もちろん、この後、落ちていた、小さな柿の実は、パイナップルの鉢を逆さまにして取り除き、日当たりのよい場所に移動でした。

|

« 松永ひと美さんが水元公園菖蒲まつりに関連して | トップページ | パーツモデルか、自然観察か、迷う所、でも、何が発芽かな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松永ひと美さんが水元公園菖蒲まつりに関連して | トップページ | パーツモデルか、自然観察か、迷う所、でも、何が発芽かな? »