« ソーメン、野菜炒め、おかゆ、アサリ汁 | トップページ | ガーデニング・園芸はトレニアの季節 »

2007年7月24日 (火)

インドボダイジュ、ハマボウ、アホロゴムの挿し木

Sashiki200707201Sashiki200707231インドボダイジュ、ハマボウ、アホロゴムの挿し木を瓶の水から再利用の赤玉土に変更。どうしても水の温度が気になり変更。
インドボダイジュ、根から芽吹いた一鉢を、その根の様子が気に入っていて、鉢も大きくしたくない為、枝を切り詰め盆栽仕立て風にする事に。そして、切った一枝は挿し木に利用。(インドボダイジュの挿し木ならぬ挿し根も植え替え)。
ハマボウ、大きな葉はむしりとり、芽吹きの時と同じような状態にして挿し木。水に挿している時から大きな葉は元気が無く、挿し木には大きな葉は不要と判断。
アポロゴム、切り口付近に何かが漂う様子に、水で根を出させる事を諦めました。このままだと、水に挿したカポックと同じ運命を辿りそう(根腐れになりそう)。
8月29日追記
今年、伸びたインドボダイジュ、ハマボウの枝の挿し木、共に枯れました。水の中で根を出さないかと長いこと挿していたのが原因なのか、前年伸びた枝を挿すべきだったのか、決めかねていますが、とりあえず、現状を報告です。
他が枯れたので、アポロゴムは、赤玉土に挿し替え、そして、新しい葉を伸ばし始めました。

|

« ソーメン、野菜炒め、おかゆ、アサリ汁 | トップページ | ガーデニング・園芸はトレニアの季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソーメン、野菜炒め、おかゆ、アサリ汁 | トップページ | ガーデニング・園芸はトレニアの季節 »