« 松永ひと美さんの一端を、うかがい知る事が出来る記事に | トップページ | クダモノトケイソウも花の季節に »

2007年7月13日 (金)

豚もつ臭み取りとドテ煮、塩揉みの後、一回目は米のトギ汁で

760gの生豚もつの臭み取りとドテ煮。連休前に酒の肴づくりに、臭み取りも今回で5回目。まずは、生豚モツをオタマ2杯の荒塩で揉んでヌメリ取り。この最初の塩揉みが、後の豚モツを茹でては水での揉み洗いを繰り返す回数に影響しますので、しっかり、ヌメリ取りを!。(今回使用した生豚もつは知多産。生豚もつは、新鮮なものを選ぶのがコツ。ピンク色をした生豚モツを選ぶ様に。そうしないと、臭み抜きに苦労する事になります!)
Butamotu200707131Togijiru200707131今回は、塩揉みと水洗いの後の豚モツ(1枚目の写真)を、一回目は米3合のトギ汁(2枚目の写真)を使って茹でてみようと挑戦。
Yude200707131モツは、鍋のトギ汁に冷たい時から入れ茹で上がると、
アクを吸着したような様子に、オタマで、すくい取りながら、20分ほど茹で続けたのですが、どうも、米のトギ汁では、失敗の様。
Butamotu200707132Butamotu200707133そして、茹で汁を捨て揉み洗いの後(写真4、5枚目)、
ここからは、水から茹で、沸騰したら、湯を捨て、揉み洗いを、さらに、繰り返す事4回。1、2回目は茹でる時間を多めに。塩揉みから、臭み抜きの下ごしらえの完了まで2時間ほどで、何とか、納得の出来る臭み取りに。(モツの臭みを、それほど気にしない方は、この様に何度も繰り返す必要はありません!。)
これ以降は、続けて煮込む必要はないので、のんびり行なってください。
Butamotu200707134臭み抜きを終えたら、鍋を換え、ここからは、刻んだタマネギと臭み抜きした豚モツで、歯ざわりの調整に、さらに、下ごしらえの茹でに。何時間茹でるかは、モツの固さの好み次第!。
また、どて煮の味付けの要領は、今までと同じなので書きません。

|

« 松永ひと美さんの一端を、うかがい知る事が出来る記事に | トップページ | クダモノトケイソウも花の季節に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松永ひと美さんの一端を、うかがい知る事が出来る記事に | トップページ | クダモノトケイソウも花の季節に »