« アセロラの葉にいたバッタの顔を接写、でも後ろ足2本が欠損 | トップページ | ゲッキツの花、暑中見舞いには?、香りと色で暑気払い »

2007年7月27日 (金)

パボニアの花の形に構造を知りたくなって、落ちた花を分解

Pabonia200707271Pabonia200707272パボニアの花、そして花を分解(解体?)。
切花にどうかと思って空き瓶に、前から、花の姿に構造を見たいと思っていたので、その落ちていた一花を分解してみました。
Pabonia200707273Pabonia200707274Pabonia200707275分解した花のパーツ全て、並べる順序を間違えたました。周囲を取り去った花のベースには子房がありそう
Pabonia200707276Pabonia200707277Pabonia200707278花の基本の1セット、シベは二つに切り裂いた半分、これも、並べる順序が間違っている。オシベの一部、一粒ごとの花粉も写っていました。メシベ?。
パボニアの花の構造、ガクは?、花びら?、まだあるものは?、雄しべはわかるけど、雌しべは?と、結局、よく分からない形をしていました。
そして、検索で見つけた、楽しそうなページ、”BOTANYWEB”へもリンク

|

« アセロラの葉にいたバッタの顔を接写、でも後ろ足2本が欠損 | トップページ | ゲッキツの花、暑中見舞いには?、香りと色で暑気払い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アセロラの葉にいたバッタの顔を接写、でも後ろ足2本が欠損 | トップページ | ゲッキツの花、暑中見舞いには?、香りと色で暑気払い »