« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

ラジオ・テレビから、大月みやこ、前川清&クールファイブ

・ラジオ
NHK歌謡ライブに、大月みやこさん、長山洋子さんの名前。久々に、半世紀前の様な聞き取りにくいラジオで、歌謡ライブを聞く事に。ラジオの近くにあるテレビのコードを抜いたり、エアコンのコードを抜いたりで、半分ぐらい聞き取れる状態で、最後まで聞く事に。
・テレビ
歌謡サロン・演歌がいいじゃん、最近、メインの女性司会者が鹿島ひろ美さんになっていた事から、番組のHPを見たら、こちらには、女性司会者に鹿島ひろ美さんの姿だけ。そして、夏休みなどで、一時的に、司会者が服部浩子さんから鹿島ひろ美さんに変わっただけかと思っていた間違いに気づきました。
歌ナビ21(うたなび21)、気になったのは、里田まいwith藤岡藤巻の”オヤジの心に灯った小さな火”と言う、パロディみたいな内容のデュエット曲。そして、やっぱり、心の内は、言わない限り、誰にも分からないと思ったりも。
”オヤジの心に灯った小さな火”で検索したら、YouTube - 里田まい(Mai Satoda) with 藤岡藤巻(Fujioka Fujimaki) - オヤジの心に灯った小さな火に、テレビで見た同じ、プロモーションビデオを見つけ、皆さんにも、紹介したくてリンクを記述
金曜バラエティ、前川清&クール・ファイブで、”恋唄(コイウタ) -2007”の歌に始まり、メンバー紹介(宮本悦朗、森本繁、岩城茂美、小林正樹、前川清)は、昔の写真と現在を対比。去年の紅白の反響から、寄り合い所帯のクールファイブとして、各地を回る予定の話も。”長崎は今日も雨だった”の歌では、前川清さんはコーラスだけで、他のメンバーが、1/2小節ずつ交代で歌われたのは、記念すべき事かも?。(一部敬称略でゴメン)。
おまけ。演歌歌手HP、番組HPなどのリンク集はこちらへ。

| | コメント (0)

岐南町歴史民俗資料館、薬草木園、宮川家住宅

Kusakien200708261岐南町散策、メインの目的は、薬草木園。下調べでも、訪ねた結果からも、岐南町図書館(岐南町平成7丁目38番地)を中心とした関連の資料館、園、建物でした。(中心となる図書館の写真は写してません)。
Shiryokan200708261Miyagawa200708261歴史民俗資料館には懐かしい蚕関連の展示も、宮川家住宅からは、懐かしい自宅を思わせる建物も。
Basyo200708261薬草木園はバショウを除けば樹木だけの樹木園。樹木の種類は数えなかったのですが、くすりの博物館(各務原市川島町)薬用植物園(薬草園・薬木園・温室)(新ふるさと迷走案内の1ページへ)で見られない木も少しありました。
Basyo200708262Seiyou_bakuchi200708261Touhi200708261Sotetu200708261Ichijiku200708261バショウには花と実、タラヨウに似てた葉が柔らかいセイヨウバクチノキトウヒには実、ソテツの雄花、歩道脇なはイチジクの実。
Tujimon200708261Tujimon200708262おまけは、園の一角にあった辻門。辻門については、由緒書きも写しておきました。
Shiryokan200708262Shiryokan200708263図書館を入った左にあった歴史民俗資料館の展示は養蚕具・農耕具の展示が中心。写してはいませんが、時には特別展示にも出会えそうでした。
Mozu200708261Hagatori200708261Shiryokan200708264
養蚕からは、モズ毛羽とり機(はがとりき)を写しただけですが、他にも、色々懐かしい農具がありました。
Miyagawa200708262Miyagawa200708263宮川家住宅(岐南町有形民俗文化財)は、昔の自宅を思わせる風情。我が家も小さい頃は、かやぶき屋根で、それが、トタンブキに代わり、建て替えるまで、かまどもあり、五右衛門風呂も。
樹木園、五右衛門を検索した中からのリンク。(自転車で行く事はないけど)。
岐阜県立みどり壮
福祉事業団知的障害者更生施設)、薬草薬木園。
円空研究センター(郡上市美並町、日本まん真ん中センター内)、円空薬草木園。
中原中也とダダイズム、京都時代、”五右衛門を焚くお話”。

| | コメント (1)

2007年8月29日 (水)

金沢文庫・エラート・ユニー店の文字に、横浜に金沢区を知る

ユニー金沢文庫店、金沢文庫・エラート・ユニー店を検索し、地図は、ユニー店 金沢区、をgoogle検索で、場所を知り、何故、横浜に金沢区と思い。さらに、検索。(神奈川県横浜市金沢区釜利谷東)。ユニー金沢文庫の地図
関連検索で、神奈川県立金沢文庫トップページに、その中に、金沢北条氏の文字、また、地図で気になっていた、金沢八景に、ようこそホームページへ(横浜金沢みてあるき)を見つけ、金沢八景の昔と今の記事に、演歌キャンペーンの前か後に、金沢文庫駅から金沢自然公園を、金沢八景駅からは金沢八景を尋ねるのも楽しみのうちかと思いました。
余談
金沢と言えば、石川県、北陸、金沢、そして、金沢市と言えば兼六園と言う事で、金沢市観光協会ホームページにリンク。
さらに検索を続けた結果、Kingrecords Webcommunication->CATEGORYLIST->演歌
のページ終盤に、”都内近郊店頭キャンペーンスケジュール”と”西日本地区キャンペーンスケジュール”へのリンクがある事を知りました。

| | コメント (1)

皆既月食、今回を踏まえ、三年後の為に、写し方調査

皆既月食、終盤なので、皆既月食の赤い月を写す事も出来ず、普段の満ち欠けの様でした。皆既月食が、次に見られるのが、三年後の2010年12月21日と言う事なので、その時の為に、ネットを検索し、天体専門以外?で、写し方と写りを下調べ。(検索はyahoo、検索対象はブログ)。
・”皆既月食を写す”で、1件ヒットしたけど、該当なし。
・”皆既月食 写す”で、62件ヒット。
赤い月、皆既月食の写し方も書かれていた所
Karankoron Walker - 皆既月食の写真の撮り方皆既月食の写真大成功
赤い月、参考にしたい所。

GITZO - nagame1 ’ BLOG - 月食とともに・・・
しげる ふぉとろーぐ 皆既月食
p2k7 BLOG 2007-皆既月食「8月28日撮影」
赤い月、掲載されていた所。
++ Flavor Of Life ++ 皆既月食
ぶらり散歩・アマチュア無線局(JA6CYA) 赤い月
目指せ1万5千マイル-小樽夜景と赤い月(前編)
夜の散歩道 皆既月食
シロピー日記-皆既月食です
花鳥風月・時の旅人 皆既月食(Total lunar eclipse)
puusanの徒然クサ!- 07-08-28 皆既月食
番外
名古屋市科学館-天文情報20070828皆既月食

| | コメント (0)

2007年8月28日 (火)

皆既月食も終盤、雲が切れたので、雰囲気程度の写りですが

Tuki200708281Tuki200708282Tuki200708283Tuki200708284Tuki200708285Tuki200708286皆既月食を995+テレスコにて、終盤を写すシャッタースピードは1/125秒から1/4秒。デジカメでの写りの中で、月の周囲の青色は、テレスコマイクロのレンズによる分光の影響かな?。(注意:大きさが一定でないのは、見やすくする為に、切り出して掲載したからです)。
Tuki200708287オリジナルを縮小すると、月は、この程度の大きさ。オレンジ色の月を写したかったけど、皆既月食の月を見た時は、もう、左下が覗きかけた時だったけど、それでも、写そうとデジカメの準備を終わって外に出たら雲の中。もう、諦めかけといたら、あと少しだったのですが、雰囲気だけでもと、写しておきました。

| | コメント (0)

2007年8月27日 (月)

伏屋獅子舞、伏屋獅子舞会館と白山神社

Shishimai200708261_226日、伏屋獅子舞会館(伏屋獅子芝居、所:岐南町伏屋)、会館を造る時は、会館を芝居の会場にもする予定だったが、芝居の会場が近くの小学校に移り、会館は、芝居の練習だけに使われているのと話しでした。(県重要無形文化財指定、伝統芸能)。
Hakusan200708261Hakusan200708262Fuseya200708261伏屋獅子芝居発祥の白山神社。(伏屋獅子舞会館横を北へ少し行くと白山神社)。白山神社の右側にも鳥居が1つ。伏屋獅子芝居についての由緒書きも写しておいたので、関心のある方は、大きく表示して読んで!。
余談
Hakusan200708263白山神社で気になったのは、社横に置かれていた「秀吉築城、伏屋一夜城」の案内板。(検索で、インターネット歴史館歴究出版局の部屋にも、「墨俣一夜城」の本の内容に、”伏屋一夜城”の文字を見つけたのですが、それ以上の事は分からずでした)。伏屋獅子舞についての次の訪問は、10月の第3日曜日に、芝居会場となる小学校に行く予定
参考リンク
岐南町/岐南町公式ウェブサイト“ぎなんねっと”岐南町/岐南町のご案内/観光・文化財

| | コメント (0)

炎天下のママチャリ走行は命がけ

Hieda200708264Hieda200708261走りなれた道を、笠松町米野にある日枝神社で最初の休憩。ここには、”草も木も 離れ切つたる ひばりかな”と書かれた芭蕉の句碑
Hieda200708262Hieda200708263”貞享二年(1685年)、3月24日頃、のざらし紀行の途中、米野の原を過ぎる時、この句を詠みました”ともありました。
余談。折角なので、「芭蕉の句碑」検索で見つけた”芭蕉俳句全集”、”芭蕉(bashoDB)”へもリンク。そのトップページは、伊藤洋のページ。私が、今までに、走り回った神社仏閣(未掲載もまだ沢山ありますが)については、こちらへ。
独り言
26日、目的地は、自宅から40分ほどの岐南町にある薬草木園(私の見た感想は、樹木園なのですが、詳しくは、後日)でしたが、お盆過ぎで、まだ、猛暑の中、炎天下を、自転車で長時間走るのも命がけと実感した一日に。
Shinmei200708261熱中症を気にしながら、帰路、最後の休憩は川島町の上ノ島神明社境内。午前11時から午後3時まで、4時間を室外で、休憩を取りながらの自転車散策に、帰りあと10分の所で、息切れして日陰のコンクリートに尻を下ろしての最後の休憩も。そんな中、神明社に張り巡らされた銀のテープに、そういえば、近くは、鷺の営巣地なので、鳥避けに貼られているのだと、自分に納得も。

| | コメント (0)

2007年8月26日 (日)

30年ぶりに復活した、犬山城下の盆踊り

Bonodori200708251Bonodori200708252Bonodori20070825325日夜、6時半からの、犬山城下の盆踊り、30年ぶりに復活との話し。ケーブルテレビも取材に。犬山と分かるものはと探してみた訳ではありませんが、石に彫られた”国宝犬山城”の文字が目に止まったので、アングルに入れてみました。
Bonodori200708254Bonodori200708255Bonodori200708256国宝犬山城の文字、踊り手もあり、思うように写せません!。25日の盆踊りに、主催者は、26日は、一人で来ないで、誘い合って来て下さいとの声も。ケーブルテレビは29日に9回放送される話も。
Bonodori200708257横に走る光の帯は、広場前の道路が通行止めになっていない為の車の明り。盆踊りの定番は、犬山音頭、炭坑節(子供向き?)、花火音頭(花火の時でないと、ちょっと空しい?、ちょっと寂しい?と思うのは私だけかな?)、あったかなで、郡上踊りからの、かわさき、春駒。私は、次から盆踊りを訪ねる時は、曲名はメモしておいた方がいいかと反省でした
聞けなかった曲に、踊るポンポコリン、あられちゃん音頭、ドラえもん音頭、ちびまるこ音頭、アンパンマン音頭、オバQ音頭。
リンクのおまけは、”盆踊りの定番”で検索して、夏の定番は!? 好きな盆踊りソングランキング(ORICON STYLE)、盆踊りの定番曲といえば?(投票結果)

| | コメント (0)

子供のヤモリが、今度は、玄関に

Yamori200708261Yamori200708262Yamori20070826326日、午前2時過ぎ、ヤモリの姿に、外へ出て写そうとしましたが、”居たよ”と言うだけの写りで、逃げられてしまいました。
余談。いつも見られるわけではないですが、”ヤモリの出る所に泊まりたい、そんな、田舎に泊まろう”はどうかと思ったりも。

| | コメント (0)

3回目は、焼きニンニクで、にんにくの醤油煮にしてみました

Ninniku200708251Ninniku200708252Ninniku200708253ニンニク6個をオーブントースターで焼いて、ニンニクの醤油煮を作ってみる事にしました。一回に焼く個数は3個。焼き時間は、17分だと軟らか過ぎに、2回目の3個は、16分に、これなら、小分けにしたニンニクを電子レンジで1分チンした時より固めで、醤油煮にしても、うまく出来そうな感じ
Ninniku200708254Ninniku200708255Ninniku2007082561回分3個の皮をむいたニンニク。焼き上がりの皮の状態にちょっとガッカリしましたが、皮を剥いたニンニクの色に、これならいいかでした。
Ninniku200708257Ninniku200708258Ninniku200708259前回の煮汁も使ったので、レシピにはなりませんが、醤油、砂糖、味醂、酒、ザラメの量は、30分煮詰めるのに必要な適当な量。これだけの調味料だと、コクが足りなさそうなので、今回は、酒にコンブつけただけのダシを取り使って見ました。この状態では、昆布臭さが邪魔をするかと思っていましたが、ニンニクと他の調味料を加え煮込んだらコンブ臭さが無くなりほっとしました
出来上がりは、ちょっと甘みが足りないかでしたが、タッパに入れ、冷蔵庫に。このニンニク6個の焼きニンニクの醤油煮、ご飯の友でしか食べないのですが、1ヶ月で食べきれる量かなと思っています。(焼きニンニクなら、一株一個分を、一回の酒の肴にしますけど)
余談
Kanaami200708251Kanaami200708252ガスコンロに金網で、弱火で時間をかけて、にんにくを焼こうと思いましたが、三個すら満足にのらない状態に諦めました。また、火が付いてないようなガスコンロの金網は、フラッシュの光量を調節する前で、弱火を写す事が出来なかった時。真っ黒なオーブントースター、イワシの丸干しを焦がしたりで、そして、私以外に使う事がなくなりました。

| | コメント (0)

2007年8月22日 (水)

アオクサカメムシ、成虫だけなら、ミドリカメムシでいいかも!

Aokusa_kamemushi200708221アオクサカメムシ。この玄関先にいた緑色のカメムシ、成虫はミドリだけど、成虫になる前は違う色の様でした。
検索は、単純に、緑色のカメムシだから、ミドリカメムシで検索し、ヒットした1ページに、アオクサカメムシの併記をみつけ、今度は、アオクサカメムシで検索。
検索で見つけたアオクサカメムシ、トップページは、幼虫図鑑でした。そして、注意書きには、”芋虫,毛虫の類が嫌いな人見ない方がいいかも”とあり。
余談。夜中過ぎの玄関先、食べ物も無いのに、何でこんな場所に?。手の届かない位置に、背伸びして、フラッシュ使用で、写真は、画像を切り出してで掲載。おまけは、別の種ですが、カメムシの壁紙こちらへ。

| | コメント (0)

2007年8月21日 (火)

ヤモリの子供は仕事場の外灯下

子供のヤモリYamori20070821仕事場の集蛾灯は蛍光灯、集まった虫を食料にしているのはヤモリ。大人のヤモリは、玄関先で、獲物を待ち受けて

| | コメント (0)

道頓堀川遊歩道、完成はいつ?、もう完成?

Tombori200708201Tombori200708202Tombori200708203旅行と言うには難がありますが、桂銀淑さんのコンサートを聞きに大阪なんば新歌舞伎座に行った時の時間待ちの間に歩いた道頓堀川遊歩道を紹介。
Tombori200708204 Tombori200708205 松永ひと美さんの話に出て来た戎橋を見ようとやってきたら、戎橋は工事中、でも、見つけた、とんぼりリバーウォークtombori river walkway、頓堀河畔漫歩、ハングルは入力できないので省略)案内図を見て、散歩好きな私は、人混みしかない町中(まちなか)を歩くのは止め、道頓堀川遊歩道を両岸の建物などを見て散策。
Tombori200708206Tombori200708207戎橋から太左衛門橋の区間だけの遊歩道から道頓堀川を見て、もっとヘドロいっぱいの川かと思っていたら、日中でも、ヘドロ臭さは無く、ゴミもほとんど見られず、濁りさえなくなれば(不可能かな?)、そして、緑も多くなれば、この遊歩道も楽しめるかも知れません。船体に”どうとん”(一本松海運株式会社の船で、船名は”どうとん号”と書かれた船、旅客46人と書かれていたけど窓が無く、用途は何かな?(HPには、”完全オープンの船で、桜の季節や花火などに、是非ご利用ください”とありました)。
私の目にとまった物・所
Tombori200708208Tombori200708209Tombori2007082010Tombori2007082011Tombori2007082012Tombori2007082013観覧車側面の戎(えびす像)。つりぼりの名前が、”うなぎつりぼり”と言う事は、鰻つりが楽しめる?。戎橋の工事期間看板。戎橋から見えるのはエビスビールの看板、おやじキャグをそのまま看板にしたのかな?。道頓堀川の上は工事車両置き場。おまけは、法善寺横丁の通りを写すつもりが、目が悪くて、道頓堀極楽商店街8月23日のテレビ番組、私が見たのは、「若い女性が並んでいた建物と看板に、”翼”の文字」ですが、このテレビで見た建物と同じでした。そして、写してはいませんが、写した商店街とはの反対方向に大阪松竹座(歌舞伎・演劇)がある事を知りました。)の通りを写していました。
8月23日htmlソースなどの誤記訂正と記事の追記、そして、独り言の追記
アイコンのリンク先が違っていた2件について、大きい画像が表示されるようにソース修正。法善寺横丁の名前を法善寺横町と間違えていたので訂正。
独り言 大阪なんば新歌舞伎座の地図では、松竹座の位置は地図の範囲外でしたが、松竹座の地図には、新歌舞伎座の名前を入れる余裕がありそうな様子に、会社が違うから仕方が無いのかな?と思ったり。戎橋筋商店街は、戎橋を堺に、南と北へ伸びる通りと検索で、知りました。法善寺横丁には、リンクしようと思うページが見当たらず、大阪千日前-水掛不動尊-法善寺のMAPにあった法善寺横丁界隈の手書きの地図が印象的で法善寺にリンク。

| | コメント (0)

桂銀淑コンサート、大阪なんば新歌舞伎座

Kyeeunsookコンサート時間は2時間、歌に感情移入で涙もろい桂銀淑さん、地元なだけに客席を引き込む話しが面白い堀内孝雄さん、ぼけと突っ込みコンビで楽しいトーク、二人とも歌だけでも十分なのですが、堀内孝雄さんの突っ込みも、桂銀淑さんとは、3年ぶりとは思えないように感じました。堀内孝雄さんは、小さい頃は、前を通っていたと言う、新歌舞伎座には、初舞台との話し。デュエットは北空港、都会の天使たち・・・、後半の桂銀淑さんの情熱的な歌に照明も印象的でした。
余談
私には、”桂銀淑さんの声は、関西弁が似合わない!”と思えました。写真は、1時間ほど前に難波に着き、購入したチケットの半券と購入したCD。

| | コメント (1)

2007年8月20日 (月)

金山、濃尾商会に、歌手のキャンペーン予定を調べに回り道

Noubi20070820濃尾商会のキャンペーン予定。8月20日現在のキャンペーン予定の用紙をもらってきて、写真で掲載。濃尾商会さんの電話番号も写真の中。用紙にあった名前は、椎名佐千子、MAYUMI、中村美津子、山口ひろみ、松川未樹、西尾夕紀、チャン・スー、野中彩央里、水田竜子、大黒裕貴。予定の変更も考えられますので、わざわざ行かれる方は予定を確認した方がいいかも?。(敬称略、演歌歌手リンク集こちらの後半)。
余談。大阪なんば新歌舞伎座、桂銀淑コンサートの帰りに回り道。その方が、電車に名古屋から座る事ができるかもとの思いもあり回り道。

| | コメント (0)

2007年8月19日 (日)

雷から稲妻を写す練習、昼の空からはキントンウン探し

Inazuma200708191Kumo200708191久々に、南の空に稲妻が見えたので、室内から狙ってみたけど、写した結果を見て、蜘蛛の巣を取り除いておくべきだったと反省。30分ほど、解放時間2秒で、数打てば当たるで写してみたけど、もっと長くてもよさそう!。
もう1枚は、昼間の雲で、孫悟空が乗っている、キントンウン探しだけど、ちょっと見では見つかるはずも無く。金の布団の雲?、辞書が変換した漢字、金団雲(キントンウン)、Yahooで検索して、孫悟空の話か分からないけど、69件ほどあったから、これでいいのかな?。
そして、次回の雷写真を考慮して、雷探しなどのリンクも
NTT雷なんでもサイト
中部電力雷情報中部電力株式会社
住んでる地域と違うけどリンク
東京電力雨量・雷観測情報
東北電力落雷情報
九州電力雷情報(落雷情報)
北海道支社日本気象協会ホームページ)、雷情報(北海道支社)
JMA雷実況図(広域)全国、SVGView(adobe)が必要、HPを開くと、無ければ無料ソフトをダウンロードするか聞いてきます。

| | コメント (0)

2007年8月18日 (土)

空(そら)、熟したゴーヤ、金魚

Sora200708171Sora200708172Gooya200708171Kingyo200708171納得のいかないの様子を万華鏡風に加工したり、人面雲を探したり、熟したゴーヤの実で、猛暑が伝わるかと写してみたり。おまけは、動き回る金魚から、思うに任せないアングルですが、写真加工して健在を報告。
余談。中々増えない空の壁紙(夕景中心)ですが、”空の彩り(樹木の四季 別館3)”に、90枚用意してます。

| | コメント (0)

アデニア・グラウカの若い葉に集まる蟻は何してるのかな?

Adenia200708131Adenia200708132アデニア・グラウカに集まる蟻に、蜜線でもあるのかと写してみたけど見当たりません。何か、蟻を集めるようなフェロモンでも出しているのかな?。若い葉をしみじみ眺めた事がないので、写してみて、若い葉の、茎の近くが平らで、手の平の様な所が写し所かと思ったりも

| | コメント (0)

カニグモ科、アズチグモ、仮面をつけた蜘蛛に見えました

Azuchigumo200708171_2 Azuchigumo200708172_2 Azuchigumo200708173_2 ジャスミナム(マツリカ)(リンクは壁紙ページ、後の方に2枚あり)の花の影にいた蜘蛛、写した結果から、仮面をつけたような様子に、検索して、アズチグモと分かりました。そして、仮面がどのようになっているかも知りたくて、再び、アズチグモがいる鉢植えのマツリカに行き、横からの姿も写しておきました。アズチグモの顔の様子に、顔の前には単眼が6個あるように見え、後には単眼が2個に、この目で、どんな様子を見ているのかなと気になったりも。(写真2枚目は切り出した画像)

| | コメント (0)

”21世紀・仏教への旅(4)禅の最前線”を見て

NHK、五木寛之、21世紀・仏教への旅(4)禅の最前線(中国・フランス)、を見て記憶を辿り、キーワードを検索、そして、リンク。
フランスに禅(ZAZEN DOJO)を広めた日本人僧侶「弟子丸泰然」、「達磨祖師」が中国(china)の禅宗の創始者、六祖慧能(六祖壇経)が民衆に禅を広める、文革時代に仏像が破壊された禅寺、十牛図
日本の禅 臨済宗・黄檗宗の公式サイト 臨黄ネット
圓徳院
 禅の境地を伝える十の画 十牛図、十牛禅図
足利義満六百年御忌記念「京都五山 禅の文化」展 公式ブログ
 Let's ZEN! 展覧会のみどころ->十牛頌・十牛図
十牛図を読む
山形の地酒処あべ酒店
 風の良寛(NEXT)->勝者と敗者(目次の16番)->十牛図
中国佛教宗派
一顆明珠 HHK-HV特集『五木寛之21世紀・仏教への旅』
そして、感じた事
全てを否定する禅、全てを肯定する禅、生きるが禅、生きる中に禅の修行あり、”かすみを食って生きられるなら、あなたは生かされているかも?”。どんな時にも感謝の心。
そんな中で、独り言
松永ひと美さんを振袖姿でステージに立たせたい」でした。

| | コメント (0)

松永ひと美さんの記事を検索して

8月12日、
BG ACTIVITY(バイクショップ「CLICK」のオフィシャルチーム”ブルーグラス”の活動ログ - 「BG夏合宿」の記事に松永ひと美歌謡ショーの文字と写真の中の1枚に、雰囲気だけは分かる、8月12日、祝第50回小泊港祭りのステージに立たれている写真を見つける。
大島、小泊の文字にどこなの?でしたが、もう一つ、ヒットしていた、周防大島商タイム(周防大島町商工会 商業部会公式ブログ で、山口県瀬戸内海の大島と分かりました。
周防大島デジタル詩人西山喬(フォトグラファーなども) - 「小泊港祭り」の記事には、松永ひと美さんが、どのようにとらえられているかを知る記述も少し
8月7日、
My Life(柏木タカシ 日々の出来事) - 「「日本の心」最後の収録」に、ゲストに、松永ひと美さんの文字(他には、大黒裕貴さん、橋 宏之さん)、ここにも、雰囲気だけが分かる、松永ひと美さんも写っている写真1枚。
おまけ
柏木タカシ オフィシャルサイト」で、柏木タカシさんが歌手だとも分かりました。また、「日本の心」の文字があった、レディオガガ 無料インターネットラジオ RADIO-GAGAへもリンク。

| | コメント (0)

2007年8月15日 (水)

テレビ番組の被爆アオギリに、他の木々もあると思い検索

被爆アオギリを検索して見つけたHP「広島ぶらり散歩(ひろしまぶらりさんぽ)」には、被爆アオギリをはじめ、被爆した樹木一覧があり、写真も掲載されていました。そして、私がそのHPのテーマで、他に関心を持ったのは、”広島の神社仏閣などぶらり散歩”、”わが町附近をぶらり散歩”、”広島ぶらり散歩「植物」編”でした。
そして、熊本城の本丸近くにあるイチョウで、被雷イチョウだったか、被災イチョウだったか忘れましたけど、ささくれ立った幹を見せていたイチョウの事を思い出しました。
Kumamoto_icho1990左のイチョウの写真は1990年頃に写したものですが、今の様子はどうなっているかなと思い、”熊本城”、”熊本城のイチョウ”などで検索したけど、熊本城が別名が”銀杏城”熊本城ホーム -> 城内ガイド -> 天守閣・宇土櫓ゾーン -> 大銀杏)となったのは、このイチョウが謂れと由緒書きがあった様な事を思い出しただけに。また、ヒットした中には、イチョウパイと聴きなれない文字も。結局、これが、そうかなと思う写真もあったけど、時の流れに様子がつかめずに探し疲れただけになりました。
おまけ
2007年で、熊本城築城400年との事。いずれ、リンク切れになるかも知れないけど”熊本城築城400年祭公式ホームページ”へもリンク。

| | コメント (0)

朝の水撒きで見つけたアマガエルをモデルに写真素材を

Amagaeru200708141Amagaeru200708142久々のアマガエル(雨蛙)に捕まえてモデル協力に。逃げ回るので空色のポリバケツに入れ、ラップでバケツをシールしての写真撮影。フラッシュにラップが反射したりも風情?があっていいかと思ったりも。
このアマガエルの体の迷彩模様が気になって検索、生活環境で色を変えるニホンアマガエルの様でした。
樹木の四季関連からアマガエル壁紙ページへのリンク。
雨蛙(アマガエル)の壁紙3枚のページ。
アマガエルの壁紙2枚のページ。

| | コメント (0)

川野夏美ファンの集いLiveレストラン青山の文字に検索

松永ひと美さんのディナーショーが、Liveレストラン青山である事を知っていたので、川野夏美さんのブログのファンの集いLiveレストラン青山との事もあり、とにかく、場所が気になって検索、そして、演歌歌手、松前ひろ子さんがオーナーの店と知りました。
そして、また、小桜舞子さんのブログでも、創刊25周年記念エンジャル・ライブが、やはり、会場はLiveレストラン青山とありました。
結局、Liveレストラン青山への地図を見るなら、松前ひろ子さんのHPにあった店舗紹介からの写真で見るお店へのアクセスがわかりやすいか!と思いました。

| | コメント (0)

2007年8月14日 (火)

サルトリイバラの双葉とナギの芽吹き、そして、何?

Hatuga200708131Hatuga200708132Nannoki200708133多分、双葉の大きさと光沢からサルトリイバラの発芽で間違いないはず、そして、双葉を見る事がなかったナギに、どうなる事かと思っていたけど、本葉の芽吹きに一安心。3枚目は、何が芽吹き、大きくなってきたけど、心当たりの無い木
Nagi2007052625月26日時点のナギの先端は、何これ、状態でした。
余談
樹木の相手は、種を蒔いてから忘れた頃の発芽や芽吹きに忍耐も必要?。クルミの時は2年ぐらい待ったかな?。
8月29日訂正と追記
サルトリイバラだと思っていた双葉、本葉も4枚近くになり、その様子に、種を採取したアラマンダの双葉だったような気になりました。種を蒔いたけど発芽しないだろうと思っていたので。もっと、大きくなったら、また、報告しようと思います。

| | コメント (0)

ユリの花を解体、実を付けされる為に外したのは花とオシベ

Yuri200708121Yuri200708122受粉は終わっている様なので、ユリの花びらとオシベを外して写す。そして、分かった事は、どちらも、子房の下側から出ていた事。また、花びらは、筒状の様に見えたけど、シールを剥がす様に1枚ずつに解体出来た事。

| | コメント (0)

ジョウゴバナ、コウシュンカズラ、マツリカ、デュランタ

Jyougobana200708121Kousyunkazura200708121Jasminum200708121Dyuranta200708121クロッサンドラ(ジョウゴバナ)は花後も楽しめ、コウシュンカズラは?、ジャスミナム(マツリカ)は花の香りが楽しめ、デュランタは色温度に苦戦、でも、これは、もっているデジカメの特性と苦戦を受け入れ。
Dyuranta200708122Dyuranta200708123デュランタの花、日陰の花に、フラッシュを使用して、光の強度を変え、日中に合わせる苦労。鉢植えだから、写したい所を日向に移動すればいいのですが・・・。
Jasminum200708122ジャスミナムの花の横顔に、花を解体したくなったのですが難しそうで・・・。

| | コメント (0)

2007年8月13日 (月)

ハラビロカマキリ、名は体を現すの典型?

Kamakiri200708121Kamakiri200708122Kamakiri20070812312日夜、台所に置いていたウイスキーの空き瓶に、予期せぬ訪問者のカマキリ(まだ、成虫ではない、このカマキリの姿に、検索して、ハラビロカマキリと分かりました)。デジカメのレンズに飛びかかってくるカクキリ、そして、逃げるカマキリと苦戦しながら、夕食の後の少しの時間を楽しみ逃がす事に。灰皿のカマキリに見返り美人?、アサガオの支柱にとまるカマキリには、月見が似合うかなと思ったりも。
Kamakiri200708124Kamakiri200708125ハラビロカマキリのもう一つの特徴は、前足上腕にある左右で6つの黄色い反射板、暗い方の写真で、フラッシュに黄色が反射している。リンク先(SITNAM)に見つけた文字は”前脚基節のイボ状突起3つ”。
Kamakiri200708126Kamakiri200708127Kamakiri200708128カマキリのカマに相当する部分(腿節、脛節)は、棘が向かい合って収納可能。
余談
額にある単眼、口ある触手も写した中を探してみたけど、それと分かる写りはありませんでしたので、次回の課題に。

| | コメント (0)

街おこし夏祭り飛高盆踊り大会

Hidaka200708111Hidaka200708112Hidaka200708113Hidaka20070811411日の飛高盆踊り大会の写り。私が着いた時には、鳴り物の人達の演奏で阿波踊りが踊られていました。
久しぶりの盆踊りに、デジカメの設定をミスった様、どうしても納得できない写りに、翌日も出かけてきました。
Byoin200708111あちこち自転車で駆け回り、勘違いもあって、盆踊りを探しての神社めぐりも空振り2箇所。その帰り道に、工事中の新病院を前に、明りがついていたので写す事に。愛北病院と昭和病院を一つにする、この新病院の名前は”江南厚生病院”と5月に決まった様です。

| | コメント (0)

8月1日から8月12日の食事から抜粋して、パーツモデル?に

Syokuji200708011Syokuji200708012Syokuji200708013写していなかったと思う料理を写真素材に
8月1日、キュウリとミニトマト、イワシの丸干し(丸干しを電気オーブンで焼いて以来、私以外に使う事がなくなりました)、デザートはモナカアイスをヒトカケラ。
Syokuji200708031Syokuji200708032Syokuji2007080718月3日と7日からは失敗の報告、3日はそうめんにニンニクの醤油煮をトッピング、醤油をかけてと思ったけど、辛味大根をすりおろし追加、そして、無理して食べるはめに。7日は、麻婆茄子の仕上げに失敗して、油っぽくなっていたけど、酒の肴として食べる時は気にならなかった麻婆茄子、ダメかなと思いながら、残りをご飯に載せて麻婆茄子丼(飯)に、そして、やっぱり、無理をして食べるはめに。
Syokuji2007081018月10日の朝食、ご飯のトッピング?は、ニンニクの醤油煮と海苔の佃煮、そして、味噌汁、味噌汁の具は、豆腐、タマネギ、乾燥ワカメ、そして、味噌は、ダシ入り赤味噌。
味噌汁の具材、日によって、タマネギがキャベツに、豆腐が油揚げに、ちょっと、具材が足りないと思ったら生卵を落としたり、季節によっては、えんどう、ササギだったり。
ご飯のトッピングは、わさびふりかけ、納豆、紫蘇ふりかけ、なめこの佃煮?、海苔の佃煮とローテーション。ニンニクの醤油煮は、今回、作ってみたから、今後、ローテーションに追加。
Syokuji200708111Syokuji2007081128月10日の酒の肴、茹でササギ、イカの煮付け、キザミキャベツ、酢さば。酢さば、ササギは、タッパに2、3回で食べ切る量が冷蔵庫に。
Syokuji200708113Syokuji2007081148月11日昼は、カップ焼きそばと焼酎のロック。早朝までの介助疲れで、今日は酔って寝るだけ。ほんとは、大口のマメナシ、小牧のアオモジ、犬山のナギの実の様子を見に行きたかったけど、介助の寝不足で炎天下を自転車で20k近く走る元気がなくなりました。
Syokuji2007081218月12日の酒の肴。ササギ、刺身、冷奴、酢さば、モツ炒め、デザートはオチウリ。刺身は1パックの半分、酢さばとモツ炒めは後一回分を残し、そんなで、明日の晩も同じ酒の肴で終わりそう!。冷蔵庫に干物があるから、その一品が追加かも?。オボンの一盛りをまとめて写し、結果は照明不足に

| | コメント (0)

2007年8月 9日 (木)

ニンニクの佃煮と思ったけど、ニンニクの甘辛煮の方が・・

Ninniku200708081Ninniku200708082ニンニクの醤油煮、今回は、隠し味に、一味(イチミ)を少々入れて煮込んでみました。そして、あれこれ、言葉探しも。
醤油煮の味と食感から、ニンニクの佃煮かな?とも思ったのですが、シイタケも削りカツオブシも入っていないから、ニンニクの甘辛煮の方がぴったりかな?と、そして検索したレシピの煮込み時間から想像すると、でも食感は佃煮かな?と思ったりでした。
今回は、醤油の量が多すぎて、ニンニクを煮込んだタレを他の用途にも使わないと減らないので、まずは、コンニャクをキンピラ風に味付けして、酒の肴にする事にしました。
コンニャクのキンピラ風料理の材料。板状コンニャク1枚(丁?)、ニンニクの醤油ダレ、大さじ4杯、煮込んだニンニク1カケ、一味少々。
Kinpira200708091Kinpira200708092Kinpira200708093Kinpira200708094Kinpira200708095レシピ。コンニャクは食感を楽しめる大きさに切る。一煮立ちさせコンニャクの臭み取り。そして、湯を捨て乾煎り。乾煎りしたコンニャクに、ニンニクを煮たタレと一味を入れ、コンニャクに絡め煮詰める。出来上がりまじかに、煮込んだニンニク1カケを入れ、潰してコンニャク絡め出来上がり。

| | コメント (0)

丘みどりさんのブログを検索して

日々の記事が楽しみで、「樹木の四季」トップページからリンクしている、演歌歌手「丘みどり」さんのブログタイトル「丘みどりの みどりはみどり」に、「丘みどり みどりはみどり」でYahooで検索、あれ、見当たらない?、では、Googleでは、と検索してみたら952件ヒット。ブログ記事検索では、どちらも似た様な結果でしたが、サイト検索で、丘みどりさんのブログがヒットしない結果に、まず検索するなら、Googleかと思ったりでした。

| | コメント (0)

2007年8月 7日 (火)

にんにくの醤油煮を、ご飯の友に

Syouyuni200708071Syouyuni200708072ご飯にタクワンならぬ、ご飯に、ニンニクの醤油煮、朝食のご飯の友にも合いますよ!もちろん、晩酌の酒の肴にもニンニクの醤油煮は単品で楽しめます。(私だけかな?)。
失敗は、
素麺に、私の作ったニンニクの醤油煮のトッピング、我慢すれば食べられますが、甘さが、そうめんのさっばり感を消し、台無しでした。
余談

今度は、”ニンニクの味噌煮”はどうかなと思い検索してみましたが思う物が見つからず、諦めて、”ニンニク”を検索、そして、覗いてみた、にんにくや.jp(にんにく屋、2298.jp)のHP(にんにくの通販ページ、にんにく料理レシピもあり)にあった、ニンニクの保存方法に、冷蔵庫でとあり、タマネギと同じ、室外の軒下に置いていたニンニクを見たら、半分以上が腐っていて、残りを、今日の夜にでも、小鍋で、にんにくの醤油煮にしておこうと、塊を分解して、水洗いし、冷蔵庫へ。(今日、煮ないかもしれない?)。

| | コメント (0)

アサガオ観察の締めくくりは実の中の種を写し完結

Asagao20070807Asagao200708070アサガオ、双葉から本葉が出た時と蔓の葉の脇に蕾が付いた時、そして、花が咲いた時しか写してないけど、やっぱり、観察の締めくくりは、実の中の種を写し完結かな?。種は、子供の頃、黒いだけにしか見えなかったのですが、マクロで写した種子に、ビロードかベルベットの様な感がありました。
Asagao200708071Asagao200708072Asagao200708073アサガオの実を摘む時はハサミを使いましょう!。そうしないと、元となる蔓を傷めてしまう事になります。
種子の撮影に際し、まずは、実の分解
実は根元までしっかり乾燥していれば、種子を包む部分が、種子の間仕切りを残し、すっぽりと抜けるはずです。そして、その後、種子が入った包みを裂いて、種子を取り出し、撮影準備完了に。
実を分解結果に
実の中は部屋に分かれていて、空室もありますが、部屋の数だけの種子が基本の様。でも、最高でも5粒でしょうか?。
余談
”アサガオの種の写真”を検索しても、根気がないと、種子の写真には出会えません。また、見つけたとしても、ストレスが増すだけの写りだったり、やっぱり、自分で写そうでした。でも、もう、写した後でしたけど!。

| | コメント (0)

2007年8月 5日 (日)

第32回 江南七夕まつり・市民サマーフェスタ

Syachi200708041Syachi200708042Syachi200708043Syachi200708044Syachi200708045江南市民サマーフェスタに、鯱ほこ連の方達を写しに出かけました。布袋の会場まで出かけ阿波おどりは昨日と言われ、江南市駅前の広場へ逆戻り、ギリギリでしたが、なんとか、鯱ほこ連の阿波踊りの模範演技の時間には間に合いました。、
Kounan200708041Kounan200708042Kounan200708043鯱ほこ連の人達以外に鳴り物を担当された方達。会場全体を写し忘れていました。そして、集合写真は、阿波おどりに参加された、江南市職員の有志の方達。
8月6日追記
1024*768の画像を「樹木の四季」の壁紙番外編に江南夏祭り、鯱ほこ連の阿波踊りで掲載しました。

| | コメント (3)

2007年8月 1日 (水)

カリッサも花の時期、小さな鉢なので、実が楽しめないのかな?

Karisa200707311カリッサの花、なかなか、赤い実を楽しませてくれません!。冬越しは、暖房の室内、夜間から朝にかけては、なりゆきのままの温度管理。そして、冬の水遣りは、少々怠っても大丈夫なようで乾燥にも強いと感じました。
Karisa200707281Karisa200707282Karisa200707312カリッサの花の形、なかなか、これだと思わせるような物が見つからずです。そして、横顔と蕾も写し。
Karisa200707283最後の1枚は、蜂か何かのお尻が写った受粉を助けてくれるのかと思った写真から切り出して。

| | コメント (0)

ニンニクの醤油漬けならぬ、ニンニクの醤油煮を作ってみる

Ninniku200708015Ninniku200708016保存食に、にんにくの醤油煮。作った事がないので、材料の量は適当(勘)。作った、にんにくの醤油、味は、一粒食べ、以前、土産で買ってきて食べた、瓶づめのトロトロニンニク漬けと似た様な食感で、こんなものかな?でした。風味は冷えてみないと何とも言えません!。
材料・食材
Ninniku200708011にんにく4株。傷んでいるもの、小さなものを取り除くとちょっと減ります。
醤油、コップ1杯ぐらい。レンジでチンしたニンニクが浸るぐらいの量。
砂糖。大さじ3杯ぐらい、ザラメを使用。
みりん。おちょこ1杯ぐらい。
日本酒。湯のみ1杯ぐらい。
調理・料理
Ninniku200708012ニンニク、生だと、とてもじゃないけど皮が、むき難いので、レンジで1分チンし、皮をむきます。私の場合は、700Wで60秒(1分)。(どうなってもいいやで1分でしたが、最適な時間でした、アルミ箔で包み、ガス台で弱火で20分ほど蒸し焼きにした位の固さ)。
生だとニンニク臭が少しでも気になるのですが、このレンジでチンしたニンニクは臭気はほとんど気になりません。(ニンニク嫌いの人にはダメでしょうが!)。
Ninniku200708013醤油、砂糖(ザラメ)、みりん、日本酒を鍋に入れ、煮立てます。そして、レンジでチンした皮むきニンニクを入れます
Ninniku20070801420分ほど、弱火で煮込み、飴色が付いてきた所で火を止めます。(煮詰まり過ぎるようでしたら酒を足します)。
飴色が浸透するよう、2時間ほど、そのまま、ねかせます。もっと長くてもいいかな?。
再度火にかけ、煮立ったら、10分ほど、弱火で煮込みます。(水分が浸るにはちょっと足りないかなという所まで煮込みます)。
器に入れ、冷えたら冷蔵庫に保存
余談
参考は、NHKの番組での、”焼きニンニクの醤油漬け”。また、ご飯の友に、食べたら感想は追記します。
検索から
折角、検索したから、内容は違うけど、リンク。私が知りたいのは、とろとろ、ニンニクの醤油漬けなんですが!。
*ニンニクの醤油漬け
男の趣肴(しゅこう)、あったのは、ぽりぽり醤油漬けニンニク
・佐川すすむ先生の料理塾「男の手料理」、レンジを使う所は同じ、にんにくの醤油漬け。たぶん、食感は似ているだろうけど、何か違う感じ。
その大元の、レシピ検索は、一瞬、検索窓が並んでいて、使う事に戸惑ったのですが、気を取り直して、キーワードで、”にんにく”で検索したら、167件ヒット、”にんにくの醤油漬け”で検索したら、やっぱり、167件ヒット。
そして、検索結果の上部の”な”をクリックしたら、8件の中に、にんにくの醤油漬け。(にんにくの”に”は”な行”)。
*にんにくの醤油煮。
検索してみたけど、希望の結果は得られず、”にんにくの醤油煮 保存食”でも同じでした。

| | コメント (1)

私の食事、誰も知りたくも無いでしょうが、これも素材写真に

今回追加した、カテゴリー、”グルメ?、私の食事”は、何のこだわりも無く、写真素材にどうかなと写し掲載です。しいて書けば、クッキングとの文字をつけるのも恥ずかしいのですが、”おてがるクッキング”でしょうか?。
Soba200707291Soba200707292・そばつゆなしの、辛味大根のすりおろしに、醤油をかけただけのソバ。そして、名前は、勝手に、”おろしぞば”としておきます。
コブシ半分ほどの小さな辛味大根が気に入ってます。
Meshi200707311Meshi200707312鉄火飯、酒の肴にした刺身を醤油、山葵に浸し、茶碗のご飯にズケの刺身のせただけのてっかめし
もちろん、刺身はスーパーのもの、ワサビはチュウブのもの。
*昨日の晩飯のおかずから、酒の肴で、ご飯を食べずに終わってしまいました。
Sunagimo200707311Sunagimo200707312・スナギモを焼き、塩コショウで味付け。(塩コショウはブレンドされた市販品)。歯ざわりと顎の運動が楽しめます。これは、単に、”スナギモ”でいいでしょうね!。(これは、私の料理ではありません)。
Sasagi200707311Sasagi200707312サンジャクササギ。茹でたマメに、おろししゅうがに醤油かけただけ
(茹でたのは私ではありません)。ワンポイントは、生ショウガを使う事。
Yako200707311Yako200707312冷奴。やっぱり、ワンポイントは、生ショウガをすりおろして使う事でしょう!。写す事については豆腐の角で何とかと言う様に、カドをちゃんとフレーム内に入れる事かな?。

| | コメント (0)

NHKの熱中時間の番組に、インドアプレーンを検索

NHKの番組、熱中時間のインドアプレーングラム単位で飛ぶ、ラジコン機(テレビリモコン応用)に、早速、”熱中時間 インドアプレーン”を検索。そして、見つけた素敵なサイトにリンクです。
toko's Home Page、その主要テーマは、Indoor airplane world(インドアプレーンの世界へようこそ)、そして、ここも、Indoor Airplane World e-shop
エレキジャック、CQ出版社、電子工作推進マガジン、カテゴリに、電子工作インドアプレーン、パーツ店へのリンク、さらに、カテゴリーには、PICマイコンなど色々あり。
NHK、熱中時間~忙中“趣味”

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »