« 22日、松永ひと美ディナーの夕べ、ライブレストラン青山へ | トップページ | 片隅で咲くタデの花もピンクに色づき写し頃 »

2007年9月25日 (火)

ゴーヤの赤い種とヒオウギの黒い種

Gooya200709241Gooya200709242Gooya200709243ゴーヤ実の下部が黄色く色づき、爆ぜて、赤い衣をまとった種が覗いてました。実を写した後に、種だけを6粒採取。種を包む紅い柔らかい薄皮をティッシュで剥ぐと種子。ティッシュは少し赤く染まったけど、紅い薄皮で手が染まる事はありませんでした
Hiougi200709241Hiougi200709242Hiougi200709243ヒオウギの実も枯れ葉色になり、種は黒い衣をまとっていました。種を包むのは、大豆の皮の様な感じなので、皮をつけたまま種子を保存。薄皮の色は濃紺かな?。こちらは、実の中の種子の並びも写しておきました。
余談
ヒオウギの種を蒔く時は、黒い皮付きのままなのですが、数粒、黒い皮もはいで写した方がよかったかな?。

|

« 22日、松永ひと美ディナーの夕べ、ライブレストラン青山へ | トップページ | 片隅で咲くタデの花もピンクに色づき写し頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 22日、松永ひと美ディナーの夕べ、ライブレストラン青山へ | トップページ | 片隅で咲くタデの花もピンクに色づき写し頃 »