« アマガエル、目の後にエラの名残の様な模様が特徴 | トップページ | 松永ひと美さんの2007年9月のスケジュールから場所を検索 »

2007年9月 4日 (火)

デジカメ、数センチの接写には三脚を使っています

Adenia200709041Aserora200709041Aserora200709042数センチを接写する時、風で揺れる、奥行き方向・上下左右方向に手が動くなど、シャッタースピードと手ぶれ補正でカバーできればいいのですが、私の持っているデジカメには、その機能がないので、三脚が欠かせません。特に、デジカメの影に対象が入ってしまうとシャッタースピードが上がらず、微風も気になる事に。
写真は、1.5cm程のアデニア・グラウカとアセロラの花。アデニア・グラウカの花は、メシベが筒の中の様、今回は筒状を紹介できる写りは蚊に刺されながらで断念しましたが、花の分解とあわせ写してみようと思います。アセロラの花は、枝が邪魔して、これ以上、近づく事が出来ませんでした。鉢を動かして、写しやすい場所の花を狙えばよかったのですが、こちらも、蚊の攻撃に退散。
おまけ
Degikame200709041もちろん、三脚使用ですが、目に映ったデジカメと風景?を、ほぼ、1対1の画像で切り出してみました。これ、黒目とデジカメの口径が一緒だった様です。

|

« アマガエル、目の後にエラの名残の様な模様が特徴 | トップページ | 松永ひと美さんの2007年9月のスケジュールから場所を検索 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アマガエル、目の後にエラの名残の様な模様が特徴 | トップページ | 松永ひと美さんの2007年9月のスケジュールから場所を検索 »