« グッピーの空き瓶飼育、続試行錯誤編 | トップページ | アユの塩焼き、秋のアユは卵も一杯 »

2007年9月20日 (木)

センリョウ、マンリョウの実は、まだ、緑

Hiougi200709201ヒオウギ(檜扇)の実は、あと少しで、採取時。以前に、種を撒き、沢山育てた事も。(ヒオウギの花の壁紙は、こちらへ)。
Senryo200709201Manryo200709201センリョウ千両)の実、マンリョウ万両)の実は、まだ、緑色でちょっと小さめ。(センリョウの花の壁紙は、こちらへ実の壁紙は、こちらへ黄色い実の壁紙は、こちらへこちらもマンリョウの花の壁紙は、こちらへ実の壁紙は、こちらへ)。
fukuromochi200709201 フクロモチ(ねずみもちの変種)にも、まだ、小さな実。(フクロモチの芽吹きと小さな蕾の壁紙は、こちらへ花の壁紙は、こちらへ実の壁紙は、こちらへ)。
Kaki20070920110月になれば食べられる様になるカキ)の実。(果実が黒くならないと渋くて食べられない品種)。(カキの新緑と花の蕾の壁紙は、こちらへ膨らみ始めた蕾と花の壁紙は、こちらへ色づいた実の壁紙は、こちらへ)。
Hekusokazura200709201ヘクソカズラ(屁糞葛、ヤイトバナ,サオトメバナ)の実と花。ほっておくと、蔓が木を上り、増え続ける困り物。蔓を引きちぎると、手の臭気にウンザリも。臭さの性か、花を、壁紙用には写していませんでしたので、追加したいと思います。でも、豚モツの臭みよりは、ましかな?。
注意:壁紙ページは1ページに10枚ほど、樹木から用意してますので、紹介した木だけではありません。

|

« グッピーの空き瓶飼育、続試行錯誤編 | トップページ | アユの塩焼き、秋のアユは卵も一杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グッピーの空き瓶飼育、続試行錯誤編 | トップページ | アユの塩焼き、秋のアユは卵も一杯 »