« アマガエルの様子に、木登り蛙の文字が浮かびました | トップページ | 我が家のエンピツノキの幹と葉の様子 »

2007年9月13日 (木)

ノウゼンカズラが他に取り付き登る事が出来るわけ

ノウゼンカズラの、あまり気にした事の無い、幹(蔓)の様子を写しました。どう表現したらいいのか、根の様な物を伸ばしている様子に、接写です。
Nouzenkazura200709131Nouzenkazura200709132左右は異なる部分ですが、写真左の茶色の部分を接写したものが写真右。このヒゲの様なものがある一節を切って、土に埋め、様子を見たくなったのですが、秋という事もあり、どうしようか思案です。 

|

« アマガエルの様子に、木登り蛙の文字が浮かびました | トップページ | 我が家のエンピツノキの幹と葉の様子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アマガエルの様子に、木登り蛙の文字が浮かびました | トップページ | 我が家のエンピツノキの幹と葉の様子 »