« "山川豊 歌とダンスの夕べ"に6人のメンバーは誰?と検索 | トップページ | アオハダ、黄葉と赤い実、大明神社にて »

2007年12月 3日 (月)

紅葉を捜して近くの神社巡り

紅葉を捜して、自転車で、近くの神社を巡る事に。そして、回ったのは、大明神社、曼陀羅寺公園、熱田社、音楽寺
Sansaku200712011Sansaku200712012Sansaku200712013Sansaku200712014まずは、江南花卉園芸公園(通称:フラワーパーク江南)前を横目に、大明神社のモミジを見に。大明神社での、お気に入りは、雑木林の中にあるモミジ。ほかに、シダレザクラ、アオハダ、イスノキ。
Sansaku200712015Sansaku200712016Sansaku200712017この、アオハダの実の写りは、色とび気味に写った黄葉が、沢山の赤い実を強調しているかの様で、消去せず残す事にしました。イスノキにあった大きな虫こぶも、フラッシュ未使用で写したので、記録程度の写り。
Sansaku200712018Sansaku200712019次の場所へ向かう途中に、新しくなった、おもいやり橋の先(各務原側)の紅葉が目に止まり写したり、ススキも黄葉でいいかと写し、曼陀羅寺へ向かう前に、江南団地の四季桜(寒桜)の様子を見て行く事に。
Sansaku2007120110冬に咲く、江南団地のサクラは、公園整備で植え替えられたので、大きな木は、花を付けていませんでしたが、新たに植えられた数本の小さな木には、今年も花を楽しませてくれていました。ここには、お気に入りのモミジも片隅にあるのですが、日陰なので、写しませんでした。
Sansaku2007120111Sansaku2007120112Sansaku2007120113曼陀羅寺公園では、庭師さんが植木の手入れ中、この寺では、ハマボウも黄葉。順序が逆になったけど、北側通りの隅にあったモミジ。まだ、公園整備がつづけられていますが、その先にあった大きな松は立ち枯れの性で2本とも伐採されて寂しくなってしまいました。
Sansaku2007120114Sansaku2007120115Sansaku2007120116Sansaku2007120117藤棚がない藤、藤棚から伸びる竹に、どうして?と思ったり。仏像の近くにあった、過去に実を写した事のあるイトスギがなくなっていた事にも気がつきました。
Sansaku2007120118Sansaku2007120119Sansaku2007120120Sansaku2007120121Sansaku2007120122Sansaku2007120123Sansaku2007120124Sansaku2007120125Sansaku2007120126池の落ち葉?。ハトは、ほんとは、飛び立つ所を写したかったのですが。お気に入りのムクノキの背景は、曼陀羅寺本堂、曼陀羅寺への参道。参道のエノキを写したりで、紅葉とは関係なくなってますが、木が好きだから許して!?。ドウダンの紅葉は、工事中で、思うようにならず!。モミジにも紅葉と黄葉、マンサク、イチョウは黄葉でしたが、様子だけの紹介に。
Sansaku2007120127Sansaku2007120128Sansaku2007120129Sansaku2007120130曼陀羅寺公園を裏に抜け、裏通り角の塀から伸びている皇帝ダリア(木立ちダリア)に、DSC-H7単体でも、ストレスなく一花を狙えたりも。枯れ葉色のエノキを写したり、通りの民家のこの黄色い実はユズ?と思ったり。そして、熱田社は、正面からを写すだけで、横切るかたちになりましたが、次の音楽寺へ。
Sansaku2007120131Sansaku2007120132Sansaku2007120133音楽寺では、モミジ以外に、マルバノキの花が写し頃でした。マルバノキの花は、木が、ただ、落葉しているだけの様子なので、近づいて、花を見ようとしないと、咲いているかどうかは分かりません。
余談。写真だけが多くなって、要点もなく、ただ、だらだら書いただけ内容に反省でした。また、早朝まで介護補助に起きていた関係で、母親はデイサービスに預けたのですが、私は、朝食後、午前中を寝てしまい、遠出(遠出と言っても犬山の寂光院)の予定が狂いました。

|

« "山川豊 歌とダンスの夕べ"に6人のメンバーは誰?と検索 | トップページ | アオハダ、黄葉と赤い実、大明神社にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉を捜して近くの神社巡り:

» ◆銀杏/イチョウの素晴らしい黄葉。ドウダンは紅葉 [てらまち・ねっと]
 先日、三重県の鳥羽の相差(おうさつ)に行く途中、伊勢市内で見事な銀杏(イチョウ)の並木を見かけました。  帰り、絶好の好天、最高の景色でした。  こんな見事なイチョウの黄葉は初めてみました。  写真でもう十分。 (写真をクリックすると拡大。写真右下あたりのクリックでさらに拡大) この 輝くような まぶしい黄葉 地面は見えない         黄色の なんと 濃い こと    たぶん 一番いい日に 立ち寄ったのでしょう       幻想的な美しさ どうだんの紅葉も... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 21:29

« "山川豊 歌とダンスの夕べ"に6人のメンバーは誰?と検索 | トップページ | アオハダ、黄葉と赤い実、大明神社にて »