« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

「松永ひと美ファンの集い」の3月20日(木)に、ちょっと、早合点!

更新された、松永ひと美さんのHPのスケジュールの中の下記一行に、
3月20日(木) 大阪「松永ひと美ファンの集い」ホテルアウィーナ大阪13:00 ~」
「なんだ、折角のファンの集いも平日の昼間か!」と思って諦めていたら、今日届いた、松永ひと美ファンの集いの案内には、3月20日(木)祝日とあり、早速、ファンの集いの出席を決めた私でした
3月のひと美さんのスケジュールの中には、中部地方のキャンペーンも無く、上記の用に、早合点で、ガッカリしていた所への一報に、3月のカレンダーをしっかり確認しなかった自分を反省でした。
Yoyaku200802241Yoyaku200802242写真は、私が江南の新星堂で注文してきた、「夜祭り恋唄」の予約レシート。江南の新星堂では、一括での入荷は無理と言われたので、入荷状況は、また、書こうと思います。
3月3日、また、「ねぶた風恋歌」のリメイク版、新曲「夜祭り恋唄」を「夜祭り恋歌」と書き間違えていたので訂正。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウメ、マンサク、メジロ

曼陀羅寺公園にて。
Ume200802241Ume200802242Ume200802243Mansaku200802241Megiro200802241DSC-H7+テレコンの、何でもピンポイント・望遠の写り。
ウメの花、マンサクの花に、ピントは合ってないし、メジロは、2枚目のシャッターチャンスは逃すし、記録を取っただけの一時に。
4、5羽は見たメジロ、身近にいるメジロなのに、なかなか、こちらを向いた瞬間に出会えずにいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

アオサギが狙ったのは放生池の鯉

Aosagi20080224曼陀羅寺公園の放生池にアオサギ
まさか、小さな、放生池に、アオサギが来ているなんて思いもよらず、池に近ずくが早いかで、アオサギは、池の脇にあるイトスギに移動。
飛び立つ瞬間をと思って狙っていたけど、フレーム一杯のアングルに、飛び立つ方向の予測も付かず、空を写しただけで終わってしまいました。
余談
2月24日、体調不良で、風の強い中、何か飛んできてあたったらと思いながら、自転車で、江南アピタ、新星堂に。3月5日発売の松永ひと美さんの新曲「夜祭り恋唄/雪の日本海」を予約注文に行った帰りの出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

パンジーの花・ビオラの花

自転車のカギをなくしたことですっかり忘れていた、ビオラの花、今頃の掲載に。
Biora200802111Biora200802112Biora200802113138タワーで写してきたのは、小形の花で、ビオラ。カモに似せた造り物を飾っていたビオラの花から、平面状に植えられていた部分だけをピックアップでした。
接写で写しても良かったのですが、DSC-H7のテレコンを外すのが面倒なので、そのままで、写してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江南市北野天神社の梅の花の咲き具合

17日、近隣のあちこちで行なわれる梅祭りに、梅の花の咲き具合の参考にならないかと江南市北野天神社の梅の花の様子を写してきました。
Ume200802171Ume200802172Ume200802173Ume200802174Ume200802175Ume200802176咲き具合の良さそうな枝を中心に写してきたので、あまり参考にならないかも知れませんが、近くの梅の名所を訪ねる参考になればと掲載でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月18日 (月)

カラスの石をひっくり返す様子に時間を忘れ

Karasu200802172Karasu200802173Karasu200802174Karasu200802175五条川を下る中、岩倉あたりの川にいたカラスに、いつも、樹上のカラスばかり見ていたので、小石を、くわえ、どけたり、ひっくり返したりに、小石間を飛び移るなど様子を、暫く、写し続けていました。でも、肝心のシーンには、タイミングが合わず、残念な結果でした。
Karasu200802171また、このカラスの羽の色(焼けた紙の色?、枯れ葉色?)に、種類を調べなきゃいけないのかなと思いましたが、時間がかかりそうで諦めも!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野鳥のキジに、オスは、逃げ足が速く、メスは置き去りでした

Kiji200802161Kiji200802162Kiji20080216316日は、雪が降り出し、遠出は諦め、近くで、写せる野鳥を探し、偶然近くで見つけた雉(キジ)を追いかける事になりました。
そして、写した結果の、メスと一緒にいた時と逃げ出した時のオスの顔の赤さの違いに、「雉の顔 求愛」「雉の顔 表情」「雉の赤い頬を膨らませた顔」「雉の頬で膨らむ赤い袋」「目の周りに赤い肉腫」とあれこれ検索してみましたが、結果を得られず。
Kiji200802165Kiji200802164Kiji2008021661回写しただけの結果からですが、私なりに、思うのは木の上にいた雌雄の雉に、雄は目の周りの赤い肉塊を膨らませて、雌にアピールしている様で、また、逃げた、草むらの雄の雉の様子に、頭をもたげ、回りに注意をはらっている様子には、「頭隠して尻隠さず」の言葉は無縁の様でした。また、「メスが草むらに入ったら保護色で、見つける事は不可能かも」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演歌歌手、渕上雅代さんのキャンペーンに、北名古屋市西春へ

17日は、五条川沿いを鳥を探しながら、途中から線路沿いをパレマルシェ西春(名鉄西春脇にある)へ、今年デビューした、西春出身の演歌歌手「渕上雅代」さんのキャンペーンに、どんな歌声かなと自転車で行ってきました。(ブログは、さくらびより)。
Fuchigami200802171Fuchigami2008021721月の中日劇場の芝居では、都はるみ役で大抜擢、急遽歌手デビューも決まった事。芝居では、都はるみさん自身が、母親役。歌手志望から、一躍、都はるみさんが座長の芝居に、そして、芝居は経験も無く初めての事だそうでした。
Fuchigami200802173Fuchigami200802174歌唱、新曲(持ち歌)から、吉野路、雨挽歌、他に、命くれない、みちづれ、北の宿から。最後は、吉野路の歌唱指導。
3月には、東京・新宿コマ劇場、6月には、大阪・大阪松竹座で、中日劇場と同じ芝居が、上演されるので、ぜひ、お越しくださいとの話も。
また、「都はるみ特別公演「好きになった人」~恩師・市川昭介と都はるみ物語~」、渕上雅代さんを検索した中には渕上雅代さんに関する話題などは、特に無かったので、興味を持たれた方は、ぜひ、芝居にも出かけてみて下さい
Pare200802171Pare200802172Pare200802173初めて出かけた会場に、ちょっと、迷いましたけど、パレマルシェのキャンペーン会場は、建物2階。(催事場だったかな?)。3階と4階からは、見下ろせる場所は、2方向、後の2方向は、エスカレーターと洋服屋さんのショールームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

自転車のカギを無くし、推理に、見つける事が出来ました

自転車のカギを落とし、悩んだ日に
138タワーまで出かけ、缶コーヒーを飲む時に、小銭入れをチェックし、結局無くて、1000札を自販機へ。釣銭を入れる時にも、自転車のカギの入ったポケットから、小銭入れを取り出したりで、この時以外に、落とす事を考えられずの出来事に。
Kagi20080211Tou200802111Tou200802112結局、写し所を見つけられなかった138タワー。追い討ちは、無くした自転車のカギ。塔近くの自販機から、はずれの木陰にある駐輪場まで、カギを探す為に往復する事に。
闇雲に自販機の周囲を探しても見当たらず、気を取戻し、テーブルの配置から、人が蹴飛ばしたら、どの方向に飛ぶんだろうで、カギを見つける事が出来ほっとし、無事自宅に帰る事が出来ました。今までカギを無くした事がなく、スペアキーも一緒に付けていた事を反省した日に。
余談。
Koyama20080211デジカメが苦手な逆光シーンで、DSC-H7+テレコンの能力デスト。結果は、仕方ないかでしたけど。そして、「皆さんの使っているデジカメはどうなのかな?」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供も飲めるノンアルコールの甘酒に

1月の頂き物の甘酒の元。子供も飲めるような甘酒に、飲む機会を逃し、まだ、冷蔵庫の野菜室に沢山あり、忘れたような時期になったけど、飲む事に。
そして、作った甘酒に、生のショウガをアクセントに使用しないと、大人が飲むには物足りないと感じました。一宮の甘酒祭りもノンアルコール、材料の質感も同じ様で、米のつぶれた形もあり、ショウガが必須と納得でした。

Syouga20080213Amazake200802131Amazake200802132材料は、生ショウガ少々、オタマ三杯の甘酒の元。
甘酒の元を水で、倍に薄め、煮立ったら、生ショウガをすりおろして入れ、暫く煮立てて完了。
Amazake200802133Amazake200802134体が温まる御粥、そんな、雰囲気の一杯に。一気に、2、3杯は飲めそうだけど、胃の寝酒のスペース確保に、一杯だけ飲む事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野鳥壁紙、水鳥壁紙、水辺の鳥壁紙

サイバーショットDSC-H7+テレコンを使うようになってから写した鳥たちに、まだ、少ないですが、本館「樹木の四季」に、野鳥写真壁紙水鳥写真壁紙(水辺の鳥壁紙も水鳥の中に)を用意してます。今回、野鳥壁紙の項目を追加。
野鳥壁紙に掲載は、カワセミ(雌)、ジョウビタキ(雌)、ムクドリ、ニュウナイスズメ(雌)、モズ(雄・雌)、カワラヒワ、シメ、ケリ、スズメ、ハト、ツグミ、カラス。(ケリだけは、一瞬の出会いで、壁紙はありません)。
余談。
飛び立つシーンは、デジカメを三脚に固定してシャッターチャンスを待たないと、写せない様な気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

カワセミとジョウビタキのメスに出会えました

Kawasemi200802101iKawasemi200802102iKawasemi200802103i犬山城へ向かう遊歩道もはずれで、カワセミがいるよと小声をかけて頂いて
遠くにいる小さなカワセミに切り出しても、ああ、そうかでしたが、何を思ったのか、近くに降り立ったカワセミに、焦って、ピンボケと色飛びの結果も。(3枚とも切り出して掲載)。
声をかけて頂いた方と二人で見ていた隣に降り立ったカワセミに、カワセミが、まさか、人のいる脇の地上に降りるなんて考えもしなかったので、カワセミに気がついて写し始め、10秒ほどで飛び去ってしまって、結果は、手持のブレと日差しによる色飛びに、写したよとの報告だけに。(いつも、観察されている方も、カワセミが人の隣に降り立つなんて事は初めてだと言われていました)。
Jyoobitaki200802101iShime200802101iジョウビタキの雌に、シメ
ジョウビタキのメスは、見つけたときは木陰にいたけど、様子を追い続けていたら、幸運にも、もっと近くの石の上に止まったので写せました。
シメは、樹上にいた時を写したのですが、パソコンで見るまで、こんなに個性的な顔をした鳥だとは思いもしませんでした。(シメも切り出して掲載)。
余談
サイバーショットDSC-H7+テレコンで写しているのですが、今までなら、カメラを向けても無駄としか思っていなかった鳥たちに、樹木以外にも、写す素材が増えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江南市民駅伝競走も終わる前に

Ekiden200802101iEkiden200802102i近くの公園の雪景色は?と思い動き出したのですが、運良く、江南市民駅伝を終わるちょっと前に、少しだけ、写す事が出来ました。そして、「フラワーパーク江南の雪景色は、雪が降っている昨日がよかったかな」と思うだけに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

愛知県内からキャンペーン先3件検索

追っかけに必要と思われる、愛知県内の演歌歌手キャンペーン先を、ネット検索
北名古屋市、文化堂楽器(0568-26-0746)
 パレ店、パレマルシェ西春4Fが、店の場所か、キャンペーン会場かが分からず行って見ないと、分からない結果に。また、文化堂さんのHPもありましたが、更新停止でした。
名古屋市、文化堂(052-582-3939)
 電話番号からすると、こちらの様でした。文化堂/名駅前サンロード店
 名古屋駅サンロード地下街内、マクドナルド名古屋地下街サンロード店横とあるけど、商店街の地図がないと探せそうもありませんでした。リンクしてある地図では、よく分からず、やっばり、行って見るしかないかでした。
豊橋市、ツバメ屋楽器(0532-52-3853)
 「ローズブログの愛知県の豊橋駅に移動し、ツバメ屋楽器店で歌いました!」を頼りに、荒すぎて、このあたりかな?の地図はあったけど、商店街らしく、名前が無いので、番地?では、このあたり、でも、さらに、南の方へ、200mぐらい歩いた所に萱町があるけどとハッキリせず、ツバメ屋楽器店、萱町25を、住所検索で見つけた場所に、やっぱり、行って見るしかないかでした。
結果は、前もって、どの辺りかを知るだけの事になってしまいましたが、少しは手間がかかる事を省けたかで、今回の検索は終了。
これで、松永ひと美さんが、新曲「夜祭り恋唄/雪の日本海」のキャンペーンに、何時、近くへ来られてもいいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演歌番組を見て

話題が前後しますが、2月1日に書き込めなかった事から。
・うたナヒ21、ゲストは中島ゆきこさん
中島ゆきこさんは、うたナビマニアで、見た後、また、眠るとの事でした。
話は、新曲、「都忘れ」のプロモーションビデオ撮影での様子を、アルバム写真で、紹介され、その途中の様子に妄想劇場で盛り上がった歌ナビに。まるで、スタッフと駆け落ちの様に見える写真に、話は盛り上がり、プライベート写真の紹介も。
パーティー料理も、お品書き付き、手作りで、性格としては家庭的、編物も。手編みのマフラーを持参され、話題に。
・他に、番組で、記憶に残ったのは、「いい女いい男」の曲のプロモ
セイちゃんvミーちゃんでのデュエット曲で、それぞれ、和田青児さんと山口ひろみさんでした。
・NHK名古屋テレビ、さらさらサラダ、ゲストは、多岐川舞子さん
書き忘れてはいけない、大切な多岐川舞子さんの話題。出演時の衣装は、着物で、紫色の生地に、肩に菊の柄が印象に。
アナウンサーの、用意した席は50席、でも、立ち見の人も入れて100人ほどが集まった事から始まる。
番組の始まりは、秋冬カモメ、そして、多岐川舞子さんの20周年の話、話題のテーマ、原点は3人に有りで、歌手、多岐側舞子を育てた3人の人物。
、和紙の染める仕事、兄弟の中から素質を見抜いたのか、最初に歌った曲は「あなたにあげる」、小学校2年生の時で意味も分からずに。
五木ひろしさん、父の歌仲間だった事を、五木ひろしさんの楽屋にお父さんと尋ね納得した事。
市川昭介さん、出会いは16才の時、演歌歌手は学校を卒業してからでも遅くないよという事で、卒業してから東京に出て、それから19歳でデビューとの話。
そして、故市川昭介さんが舞子さんにかけられた言葉の紹介に、”歌の細かい事より、素敵な女性にならないといけないよ!”の言葉が印象的でした。そして、確かに、素敵な女性の感じのする多岐川舞子さんに納得でした。
話題の締めは、記念曲、飛騨の恋文に、「いずれ、よくくる、こちらの情景を歌にして欲しかったので嬉しい」との言葉の後に、新曲、飛騨の恋文の歌に。
余談
演歌歌手リンク集は、こちらへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

多岐川舞子さんのキャンペーンで刈谷・東部市民館へ

2月2日は、鈴鹿ハンターに続き、多岐川舞子さんの飛騨の恋文キャンペーンの東部市民館へ。刈谷駅から、場所を間違えたりで、常連さんを再度、刈谷駅で待ち、刈谷・東部市民館へ行く事に。(東部市民館は、地図にリンクしてありますので、地図を広域にして、刈谷駅からのルートは探して!)。
Shiminkan200802021Shiminkan200802022刈谷・東部市民館(永田商会)でのキャンペーン場所は、東部公民館の名称の方がぴったりの場所で、約100人の大家族的な雰囲気の中で行なわれ、一時間越えの楽しい時間を過ごす事が出来ました。(100人以上は無理かも)。
Shiminkan200802023Shiminkan200802024東部市民館では、鈴鹿ハンターとは違い、なじみの焼き鳥屋さんとラウンジさんへ、CDにサインを付けてあげる為に、その名前で、お願いして書いて頂きました。その時、舞子さんからは、こういうのが嬉しいとの一言も。そして、ツーショット撮影会に。
余談
ゼンリンの地図では、この東部市民館は、刈谷市東部市民館・公民館で記載されていました。くれぐれも、私が間違えた、小ホールも沢山ある、刈谷市市民会館ではない事を、ここに書いておきます
独り言
ここの記事は、「演歌ファンの方が、東部市民館へ行くには?」が中心になっていますので、多岐川舞子さんのファンの方は、応援ページへお越しください。
検索についても、一言
このページをブログ検索するなら、gooか、googleを、Yahooでは、無意味に、多岐川舞子さんの名前だけが書かれたブログばかりがヒットして、必要な記事を探すのが大変な状況に。
ちなみに、山本智子さんを検索すると、goo、google、Yahoo、3つのブログ検索では、見たいと思うブログを探す事に一苦労で、そこで、山本智子さんの事なら、演歌のリンク集でもリンクしている、「ようこそ!山satoこと山本智子のフアンさん」のブログを紹介。(こんな事を書くと、全ての検索サイトから見放されるかな!?)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

多岐川舞子さんのキャンペーンで鈴鹿ハンターへ

2月2日は、多岐川舞子さんの新曲、飛騨の恋文キャンペーンに。初めて出かける鈴鹿ハンター、江南の自宅から、徒歩、バス、電車は、名鉄と近鉄で、近鉄の乗り換えは、伊勢若松で1回。でも、運良くでしょうか、バス、電車の接続も良くて、もっと不便な所かと思っていましたが、これなら、これからも、気軽に出かけられそうに感じました。(でも、自宅から、片道2時間30分は必要ですが)。
Hanter200802022Hanter200802021HUNTERの看板は、電車の進行方向に向かって左手方向にも見えましたので、何も知らなくても、看板を探していく事が出来ましたが、平田町駅前の地図には、目的地の場所に、スーパーサンシの文字しかなく、ちょっと不安もありましたが。
Hanter200802023Hanter200802024鈴鹿ハンター(みどり楽器)でのCD・カセットの販売は、歌のキャンペーン前後にあり、歌の前だと、テープで仕切られた会場の椅子席にすわれました。また、ステージを前にして、会場を見渡せるのは右手方向の2Fと3F。左手方向には、エスカレーターがあり見渡す事が出来ない状態でした。
Hanter200802025サイン色紙は、舞子さんの人気で、会場が混雑という事もあり、直接の手渡しでは受け取れない人がほとんどだったでしょうか?。私も直接受け取る事は出来ませんでした!。歌と歌唱指導に30分、サインとツーショット撮影に30分、席は、仕切りのテープ際で、最後部したが、テレコンの望遠を使わなくても済み、応援ページに掲載した、歌われている時の目線のあった1枚に満足でした。(全滅状態の写りに強がりかな?)。席の陣取りに、背後が壁の場所で立って写せば、もう少し写し様もあったのだろうと反省も、ちょっぴり。
ここのブログでは、多岐川舞子さんについては、応援ページに書いていますので、これから、演歌歌手を追っかけて、鈴鹿ハンターのキャンペーンに行かれるのに役に立てばとの記事になっています
再度書きますが、演歌歌手のキャンペーン予定は、鈴鹿ハンターのHPで確認できます
余談
書いた記事の内容に、Yahooのブログ検索で、多岐川舞子さんを検索しても、ここがヒットしない事に、いつもガッカリ!。でも、他のキーワードでヒットして、多岐川舞子さんの文字が目に止まるならと続けているのですが、効果は未知数。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2月3日は犬山成田山の豆まき式

犬山成田山の豆まき式は、近くなのに、初めて行った気がしました2008年2月3日、運良く日曜日だったけど、朝は雪で白くなった様子に、成田山に行く事を躊躇していたのですが、、小雨になったので、傘を差して、自転車で、のんびりと、芸能人が豆撒きをされる様子も見たくて、行く事に。
Naritasan200802031犬山成田山の節分まつり特別豆まき式での、特別参加の芸能人の方は、歌手からは、チェリッシュの松崎好孝さん、松崎悦子さん、普天間かおりさん、元宝塚の女優さんからは、紫城るいさんが参加、豆まきシーンを写した中の笑顔に、福が来そうで、来年も行って見ようと思いました
そんな様子を、樹木の四季本館の「犬山成田山豆まき式」に壁紙サイズの写真と共に掲載しました。

リンク
チェリッシュオフィシャルホームページ 普天間かおりofficial web site 紫城るい
紫城るいさんはHPなどが見つからなかったので、それなりの記事へリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

2月2日は、多岐川舞子さんのキャンペーンに

2月2日は、多岐川舞子さんのキャンペーンに!。
午後2時から、鈴鹿ハンターのイベント広場から、(みどり楽器)、午後7時から、刈谷・東部市民館にて、(永田商会)に行ってきました。(鈴鹿ハンターショッピングセンターのHPでは、演歌歌手の方のキャンペーン予定を知る事ができます)。

Maiko200802031二つの会場の様子は、後日にも掲載するとして、樹木の四季本館の多岐川舞子さん応援ページには、写真の更新をしました。舞子さんへの曲リクエストはがき用の写真も一部差し替えしました。壁紙サイズの写真も期間限定ですが、一部に、用意しました。
余談
Maiko20080127多岐川舞子さんの1月23日発売の”飛騨の恋文/さすらい海峡”のCD購入に、各務原アピタに直行したのは、1月27日の散策時
以下は多岐川舞子さん応援ページから転載・編集
私、樹木の四季管理人からの舞子さん応援の御願い
ネットでの演歌応援には、30才代、40才代の方は、同じ働く女性として、10才代、20才代の方は、素敵なオネエさんとして、オネエと書くと男性?も入りそうだから、多岐川舞子さんは、やっぱり、お姉さんかな!、そんな、駄洒落も込めて、演歌歌手、多岐川舞子さんを、応援して頂けたらと思います。
おまけのツーショットについては、管理人のツーショット写真は、要らないと思いますが、しどろもどろの状況で、並んで写る写真を参考に、カラオケでも、まず、旨くない人が歌うと、後の人が続きやすいと言う事で、私の貧相なツーショット掲載で、ツーショットに縁のない方は、スナックで飲む回数を1、2度減らし、CDを購入して、ツーショットを写して、自宅で、家族団らんの一つにしてみませんか?。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

鴨探しの散策も予定が狂ったりで

1月26日、27日の自転車での散策から、
(1)東島池のヒトツバタゴの実、(2)通りからイチョウの枝、(3)犬山河川敷グランドから伊木山の岩場、(4)合戸池のマガモ、(5)通りからカラスの定位置はアンテナ、(6)民家のにはキンカンの実、(7)通りすがりの神社から神棚に狛犬、(8)木曽川のカルガモ、(9)熱田社のムクロジで数珠を作るかな、(10)ナンテンの実と葉も真っ赤、(11)冬の定番はロウバイの花、(12)用水の分流の流れの飛沫はどう写るかな、(13)自販機に好物のしるこを発見、(14)スギの雌花の膨らみ、(15)ツグミは実のなくなったセンダンの枝に、(16)マルバユーカリの葉の輝き、
と目に止まったシーンを切り取りでした。
Hitotubatago200801271Ichoo200801261Igiyama200801261Kamo200801261Karasu200801261Kinkan200801261Komainu200801271Magamo200801261Mukuroji200801261Nanten200801261Roubai200801261Shibuki200801261Shiruko200801261Sugi200801261Tugumi200801261Yuukari200801261そして、写した結果に、何でも望遠には、無理がある事の確認の二日間に、そして、クイズは、「私が写した順序は、どうだったでしょうか?」かな?!に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK歌謡ライブに、多岐川舞子さん

1月30日
NHK歌謡ライブ、うっかり、8時からを忘れていて、9時のニュースからでしたけど、多岐川舞子さんの曲は、二曲聞く事が出来ました。
・南国土佐に雪が降る
・飛騨の恋文
飛騨の恋文、曲の出だしは歌う、曲の中ほどは語る感じで歌えばいいのかなと、独り言でした。また、多岐川舞子さんの歌は、北の歌が圧倒的に多いの事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋子の演歌一直線に多岐川舞子さん

1月30日
洋子の演歌一直線
多岐川舞子の歌が新曲「飛騨の恋文」になってからのテレビ出演は、見たのは30日が初めてでした。
・松原のぶえ、おんなの出船
・鹿島ひろ美、20周年、夢海峡
・長山洋子、望郷ひとり泣き
・多岐川舞子、20周年、飛騨の恋文
着られていた着物、ジャケット写真の裏側と同じ着物の様でした
・松原のぶえ、30周年、桜、散る海
来週は南かなこさんの名前
プロモは、渥美二郎さんで、虎狩笛と記憶していたら、虎落笛(もがりぶえ)でした。ごめんなさい。そして、川中みゆきさんの、夫婦ちゃんりん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演歌百選で、丘みどりさん

2008/01/26
午前0時15分、テレビ番組、演歌百選で、丘みどりさんの、日ノ岬灯台を聞く。
改めて、丘みどりさんのブログを眺める、そして、いまさらの事ですが、レコード会社の丘みどりさんのページへのリンク、今、売り出し中の曲の題名の記述が無いので、この二行だけでも、ブログにリンクと記述があった方がいいかなの感想でした。
ブログ内容については、更新も頻繁に、思いつくままの記事の内容に、丘みどりさんの感性を知るには、いい機会かなと思ったり、そんなブログの屈託のない内容に、丘みどりさんを応援したくなる人も多いのではと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひるの散歩道に多岐川舞子さん

2008/01/25(金) NHKラジオ「ひるの散歩道」生出演 12:30~
先週の週末、ラジオ、”昼の散歩道”のゲスト、多岐川舞子さんに、
12時30分から、NHK(AM)を聞く事に
寒い歌が多い、海をテーマに、鉛色の海の曲が多い
(1)終冬カモメ、去年の歌
歌の中断、死刑判決のニュース
お酒が美味しい冬が好き
昨日、2箇所、都内キャンペーン、
寒い中、口が上手く回らない、そんな、過酷なほどに、思い出す
(2)北の恋歌、10年前の歌
歌の中断、二回目の死刑判決のニュース
2008年1月23日発売の新曲”飛騨の恋文”に、
今までとは違い、三日月、紅葉(モミジ)で、色どりがあり
(3)、飛騨の恋文
歌の中断、大阪モノレール運転見合わせのニュース
折角、聞いたラジオに、全3曲が中断、ファンにとっては、
速報の必要性を疑う事になった、昼の散歩道でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »