« 松永ひと美さんが歌謡コンサートに!! | トップページ | カンムリカイツブリ »

2008年3月 4日 (火)

川野夏美さんを追いかけて、桑名、鈴鹿、松阪へ

Natsumi200803011 Natumi200803012 3月1日(土)は、川野夏美さんの「利尻水道」の生歌を聞きたくて、「桑名、サウンドイン松岡、11:00から」、「鈴鹿、鈴鹿ハンター、14:30から」、「松阪、村林楽器店、17:00から」の、3箇所を追いかけて見ました。(3月5日、記事が夏美さんの写真が無しでは寂しいので、日本人形を思わせる写りの夏美さんを追加。偶然ですが、着物の帯は、ポスターが写り、お顔と、帯に、何時も写せるものじゃない、こんなアングルもいいと思った1枚を追加掲載)。
近鉄電車を乗り継いで、鈴鹿ハンターさんへは、余裕で着きましたけど、その後の村林楽器さんへは、夏美さんと同様に、私も、ちょっと遅れ気味に着きました。村林楽器さんの予定が後、30分遅ければ、気が焦る事もなかったと思いますが。
川野夏美さんの印象は、辛く・苦しい・悲しい歌も、元気で吹き飛ばす様に歌われる、キム・ヨンジャさんの印象に重なるものがあると感じました。
余談。
一人旅の電車での追っかけに、電車で眠るわけにもいかず、帰路は、睡魔との闘いに。三箇所を追いかけ、朝8時30分頃自宅を出て、午後9時に帰宅までの約12時間に、ちょっと一休みする場所も無く、さすがに、年には、ちょっと応える、徒歩、名鉄バス、名鉄電車、近鉄電車の乗り継ぎ旅となりました。
次の機会には、この反省も含め、昼は喫茶店に入って、うたた寝でもしようかと思います。

そして、演歌歌手の方のキャンペーンの大変さを感じた一日に、ショップも含め応援ページを作りたくなって、雰囲気をお届けするだけのページですが、下記1ページを作る事に。
演歌歌手とイベント・キャンペーン先の紹介で、演歌を応援
Nobue200803011Hinaarare200803011サウンドイン・マツオカさんでは、欲しかった、松原のぶえさんの「桜、散る海/泣いたりなんて」も購入。マツオカさんで、川野夏美さんのCDを購入した時に、一緒に袋に入っていた「ひなあられ」に、以前、キャンペーンに行った時にも、何か一品入っていた記憶も。

|

« 松永ひと美さんが歌謡コンサートに!! | トップページ | カンムリカイツブリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川野夏美さんを追いかけて、桑名、鈴鹿、松阪へ:

« 松永ひと美さんが歌謡コンサートに!! | トップページ | カンムリカイツブリ »