« 曼陀羅寺公園の藤まつりも最終日に | トップページ | 花を見て浮かんできた名前は、クサフジ »

2008年5月 8日 (木)

焼き鳥屋さんで、黙っていても出てくるのは、すずめの丸焼き

Yakitori200805061ビールに、串は、すずめとレバーの照り焼き。そして、後、一杯は、濁り酒。これが、私の、焼き鳥屋さんでの定番。
さすがに、丸裸になって冷蔵庫で、ビニール袋の中で、沢山眠っているスズメを写す気にはなりませんでしたが、すずめの丸焼きが好物なんです。
Suzume200805061最初の内は、姿焼きのすずめを口にした時は、頭を歯で噛み砕こうとすると吐き気がしたものですが、今では、他の食べ物では味わえない、スズメの骨のバリバリ感と頭部の肉汁が好きになってしまいました。
余談
すずめを袋詰めのまま眠らせておくより、食べて供養と思って、焼き鳥やさんへ行くと、いつも注文です。形としては、魚の丸焼きと一緒なのに、何故か注文される人が、ごく希な、すずめの丸焼き、皆さんも、いかがですか?。

|

« 曼陀羅寺公園の藤まつりも最終日に | トップページ | 花を見て浮かんできた名前は、クサフジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼き鳥屋さんで、黙っていても出てくるのは、すずめの丸焼き:

« 曼陀羅寺公園の藤まつりも最終日に | トップページ | 花を見て浮かんできた名前は、クサフジ »