« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

デジカメの動画機能、雷相手に使って見ました

雷を写して。管理人のマイページ、@niftyビデオ共有、動画投稿サイトに、ニコニコ動画、YouTube、クリップライフ等も考えたけど、手続きが面倒なのと、今の所、他に、動画投稿の予定も無く、niftyを使う事に)。
夜の雷では、距離をマニュアルにして、∞にしていなかったので、心残り。どちらも、繰り返し再生すれば、雷鳴を楽しむ事が出来ると思います。
また、雷鳴をチャクメロに使ってもいいかなと思った結果でした。
ここでは、中途半端な画面になっていますが、雷鳴重視と考えれば、問題ないので、「ブログでは、どうして、こんな再生画面なの?」には、特に、調べずに!!。

Kaminari20080829午後の雷(画像を大きくすると5秒から6秒の間に光る稲妻の見える位置が分かります)

Kaminari20080828夜の雷(初めて、デジカメの動画機能を使いました、こちらは、残念ながら、稲妻は映ってはいません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

栗の棘、サンゴの様に成長でした

Kuri200808281Kuri200808282開いていた、クリの実に、写っていた、クリの棘。
ウニの棘の様な物かと思っていたら、接写したクリに写っていた棘は、サンゴの成長の様に、枝分かれした物でした。
今回は、写っていた棘を切り出して掲載ですが、次回には、栗の棘だけを接写して、追加掲載しようと思います。
余談
Kuri200808283同じ木に、季節外れですが、栗の花も見られました。(雌花の有無のチェックまではしませんでしたが!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

悲壮感と羞恥心

悲壮感、羞恥心、
どちらも、おもしろいだど、
悲壮感の歌に、人生の縮図を感じ、
歌詞「今回の、デビューだけは、見逃して」に、
作詞者に、次は、「どんな詩」を作るの?でした
そして、浮かんできたのは、
「悲壮感」の、
困った事になってもいい、
一曲だけの、武道館ライブでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイカを食べる

Suika20080814大きなスイカを切り分けて食べるのもいいけど、小玉西瓜を半分に切り、スプーンで、ほじくって食べるのも、「スイカを食べたぞ!!」と言う気分を楽しむにはいいかと思います。
子供じゃあるまいし!」なんでしょうが、そんな食べ方も好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼたもち、小さなのが、おはぎ?

Ohagi20080814昔は、一つが、おぼん山盛りの大きさの「ぼたもち」を、茶碗に取り分けて食べていました。(50年以上の昔で、何月頃に食べていたのかは忘れましたが!)。
そんな、記憶がよみがえる、小さなおはぎ、だからか、今も、おはぎが、大好きです!!。
余談
ネットで見つけた、牡丹餅の文字に、私は、牡丹の季節に食べたからじゃ無く、牡丹の花ほどの大きさのものだからからと勝手に解釈でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セロリと金山寺味噌

Serori20080814セロリに、金山寺味噌をトッピング、モロキュウ代わりにやってみましたが、セロリだけを楽しむのもいいけど、時にはいいかとの判断でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

ちょっと形が変わった雲に、室外へ飛び出して

Kumo20080824口を空けた様な雲の様子に、写すまで、形を変えないでと、デジカメを取り出して。
見慣れた入道雲とは違う形に、「妖気漂う」の言葉が似合いそうな、薄曇の中の雲の塊でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蚊に刺されながら、待ったのは、少しの時間でいいからと、雲から月の出

Tuki20080826午前3時過ぎの空、雲の切れ間に、僅かな月の明り、そして、この時ばかりと、三脚に付けたデジカメを持ち出し、コウモリが飛んでいる様な夜空に向け、月の出で待ちでした。
涼しくなった外は、蚊も少なめでしたが、蚊取り線香などの対策もせずで、蚊に悩まされる月の撮影に。
そして、今日の朝も雲一杯の空に、また、早朝の細くなってゆく月を探し、狙っている自分を想像でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

トコトンハテナのセミの話題に

まずは、蝉の話題に、リンク先探し。
兵庫県立 人と自然の博物館から。
・セミの鳴き声
セミの鳴く様子
トコトンハテナから。
今回のトコトンハテナ、タイトル、セミの種類が変わってる?
過去の、トコトンハテナへのリンクトップ
そして、記憶に残ったのは、土が固いと、大型のクマゼミしか、土にもぐる事しか出来なくなるのでは・・・。
六種類の蝉の鳴き声の聞き分けでは、「せめて、六種類の蝉の鳴き声の聞き分けぐらいは、ボケ防止に覚えておこうかな!」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌手の方のブログ、コメント欄投稿に関して思った事

***さんへのメッセージ以外は、控えて!。
***さんへのメッセージを待ってるはずだから!。
匿名希望
------------------------------------------------------
上記の様なコメント投稿が、一番、意味の無い投稿なので、
ブログの持ち主でもない方が、この様な投稿する事は止めましょう!!。
投稿コメント、トラックバックの管理は、ブログの持ち主の方に任せましょう!!
意に沿わなければ、削除か、無視が、ネットのルールなのですから!!。
27日追記
コメント欄に、ネットルールの常識論を書きなぐって立ち去り、問題を荒立てる書き込みも困ったもの!
個人の書き込みに、誰が、チェック?。本人が、思い込んで書いたら、誤字脱字は、避けようがない事ぐらい、許す、心の広さも、持ち合わせないと管理人はやっていけません!!。
流行の文字使いと思えば、苦にならないし。
私が解釈できないのは、絵文字とキャラクターによる表情表現、全く、解釈が出来ないので、無いものとして読みますが!!。
それより、アダルトサイトからのトラックバックだけは、削除して欲しい、リンク先の様子に、リンクをトップから削除するか悩む管理人です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ススキの花に、秋の気配

Susuki200808241Susuki200808242園芸種のススキですが、坂道の隅に植えられたススキの穂に秋の気配。でも、ここのススキの中に、月を捉えるには、無理がある場所でした。
そして、月とススキ、両方をクッキリ見せるには、合成写真しかないかと判断でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に、若い方からのリクエストで、テレビ番組で、みさおさんの舟唄組曲が見られました

ほとんど、いつも同じ出演者に時間を割かれている様子の番組、演歌流行歌に、ほんとに、久しぶりに、もう見られないかと思っていた、みさおさんが振袖姿で、舟唄組曲を歌って踊られる姿を見ました
そして、「みさお 舟歌組曲」と検索キーワードを間違えたおかげで、テレビ番組で流れた同じ映像を、YouTubeの中に見つけました。(映像の中のタイトルは、ちゃんと、舟唄組曲と読み取れますよ!!)。
YouTubeの「みさお 舟歌組曲」が、いつリンク切れになるか分かりませんが、少しでも多くの人に知って欲しくて、樹木の四季トップページからもリンクでした。
余談
みさおさんの曲は、「舟歌組曲」ではなく、「舟唄組曲」ですから、注文される時、文字を間違えると、”ありません”と言われる事があるかも!?。
みさおさんの歌は、「舟唄組曲」ですから、くれぐれも、間違えないように!!。
独り言
9月になったら、みさおさんの舟唄組曲と、川井聖子さんの最終便のCDを注文してこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハマゴウの花、栗の木に隠れて咲いてました

Hamagou20080824栗の木の枝を掻き分けて写したハマゴウの花。木曽川沿い、犬山河川敷グランドでも、川辺側で咲いているハマゴウの花を見た事があります。
一目花を見ると、ローズマリーの様な花の形ですが、ハマゴウの花は、鼻を近づけないと、その芳香は感じられません。
余談
拡大解釈すると、雰囲気的には、ハマゴウとローズマリーの違いは、マルバルコウソウとルコウソウの違いの様な感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

マルバルコウソウ、はびこるがままなのですが!!

Rukousou20080824マルバルコウソウを、ちょっと写すかと、荒地状態の庭へ。
少しの時間でも、蚊の総攻撃には勝てず、すぐに退散でした。
(蚊の攻撃の無い時間帯に、マルバルコウソウの、はびこっている様を、写して追加)。
写真の追加
Rukousou200808242サザンカの緑の枝に、まとわり付いているマルバルコウソウの蔓。
サザンカの為に、蔓を刈り取らなければと思っているのでが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てるてる坊主

Teruteru200808241Teruteru200808242Saihou20080824後で画像処理ソフトで顔を書けばいいかと、顔を描かなかった、てるてる坊主
演歌歌手、花咲ゆき美さんのブログの「てるてる坊主でも作ろうかなぁ~」に、さっそく、本棚から、携帯裁縫セットを取り出し、ティッシュと白糸で、”こんなだったかな?”と思いながら、てるてる坊主作りでした。
追記
立川すずらんライブは、どしゃ降り」との事に、てるてる坊主は、逆効果みたいで、ゴメンナサイ!!。
Sora20080824ちなみに、私の住む地域は、曇り空で済みました。
でも、花咲ゆき美さんの、てるてる坊主の話題に、子供の夢の様な工作を楽しめた事に感謝でした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

NHK、教育テレビ番組、サイエンスZERO、太陽観測

サイエンスZEROの太陽のテーマに、目で見られない太陽、そして、まだ見ぬ世界に、興味津々でした。
観測衛星「ひので」の話に始まり、コロナの加熱問題、宇宙天気予報・・・をキーワードに、あれこれ、検索。(内容というより、まだ見知らぬ世界という事で、リンク集に)。

国立天文台 ひので ホームページ(ひので科学プロジェクト)
ISAS  太陽観測衛星「ひので」SOLAR-B - 科学衛星
ISAS  太陽コロナ~活動・加熱の源を求めて~ - 宇宙科学の最前線
(同一HP内への複数リンクは、記事を探す手間を省く為)。
・コロナ加熱
太陽活動と太陽面現象

NICT 宇宙天気情報センター
(太陽フレアー観測による予報)。

サイエンスZERO
(番組HP)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演歌歌手、川井聖子さん

演歌百撰のアシスタント、着物姿の歌手の様な方に、歌声が聴けず。そして、名前も分からず、検索で、なんとか辿り着けた、「演歌歌手、川井聖子」さん。そして、あれこれ、検索でした。
(その歌声と曲に、歌う好みのリンク集に追加でした)。

川井 聖子 かわぃせぃこ blog
ブログを開くと「最終便/花明かり」の歌が流れます。

川井聖子official web site
PC版と携帯版、共用のトップページ
川井聖子オフィシャル・ウェブ・サイト
(このリンクは、PC版トップ、携帯用のHPもあったけど、私には見られないので、リンクしてません)。
絹の道/あなたとなら大和路 - 川井聖子-試聴可能な通販ページ
株式会社ウイングス。プロモーションビデオがありました。
・迎え傘/汐鳴り海岸・風の宿
(2008年10月に新曲の予定も、通販ページで見つけました)。

川井聖子ファン応援メッセージ
川井聖子ファンクラブ

一度、川井聖子さんのブログを開いて、素敵な、歌声と曲を聴いてあげてください!!

誤記訂正(9月10日)。
演歌百撰なのに、撰の文字を、選と間違えていた、演歌百選の部分を訂正。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠くに聞こえた花火の音に

先週の事だったかな、遠くで花火が上がっているような音に、検索。
濃尾大橋の花火、一宮の花火で検索して、あちこちのページを見て、音だけが聞こえた濃尾大橋の花火でした。そして、一度、訪ねて見たくなった、びさいまつりの記事にヒットでした)。

夏祭り前夜祭・花火大会、濃尾大花火(一宮市・羽島市・市民花火大会)
尾西商工会
びさいまつり

余談
なぜ、下記のHPがヒットだったか、もう、記憶にありませんが記述!。
日本自然科学写真協会
SOCIETY OF SCIENTIFIC PHOTOGRAPHY (SSP) Home Page


お星様とコンピュータ

金髪のかつらをつけていない山崎バニラさんの姿に、ブログからピックアップでした。
VANILLA'S DIARY
ことだまシネマ
ことだまシネマ②。
ことだまシネマ③。

ベネッセ 趣味のコミュニケーションサイト「自分の楽しみ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

20日、午前2時の夜空

Tuki200808202Sora20080820流れる雲に隠れる月、午前4時には、雲も消えて、月もクッキリ出ていました。朝は、午前7時まで寝ていて、もう少し早く目が覚めればよかったのですが、朝方の月は見れませんでした。(写真は午前2時過ぎの月と月と雲の創る夜空)。
今日の昼間も夕方も、やっぱり曇っている様子に、今日の夜の月は写せるのかなと期待を少しの、月の出が気になる日に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の毎日新聞夕刊、涼風真世さんのインタビュー記事のタラコに

しあわせ食堂、涼風真世さん「タラコおにぎり」の記事に。
気になったキーワードを、少しだけ検索でした。

宮城県-みやぎ夢大使
子供の頃のタラコおにぎり、
今も、宮城産のタラコを、トースターで焼いて、おにぎりの芯に。
(記事の、福丸水産、たぶん、リンク先は、ここでいいと思う!)。

私は、酒の肴に、時には、タラコなのですが、でも、レンジでチンだったので、外がちょっと焦げている事もないので、今度は、参考に、スーパーのタラコを、オーブントースターで焼いてみようかな!。
さらに、余談ですが、
私の冬の自転車散策、いつも、芯も回りも、なんとかフリカケだけの、ラップで丸めただけのおにぎりなので、今度からは、手弁当おにぎりに、焼きタラコおにぎりを、海苔を巻いたものと海苔を巻かないものを作り、散策の定番おにぎり弁当に加えようかな!!。
(今まで、おにぎりの芯といえば、梅干しか浮かばなかったのでした)。

宮城の空の広さが好きに、涼風真世さんのブログでは、ほとんど空の写真ばかりに、何か、宮城への思いが感じられる様に思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライチ(レイシ)の冬越し室外に

Raichi20080801八本ほどあった、実を食べた後の種を蒔いて、プランターで発芽したレイシの苗を、手抜きで、室外で冬越し。
そして、全滅かと思っていたら、一本だけ、小さな枯れ木の様な幹から葉が芽吹き、このレイシの木だけは、鉢に植え替え、この冬からの冬越しは室内と決心でした!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花咲ゆき美オフィシャルファンクラブ

2008年6月4日発足!
花咲ゆき美オフィシャルファンクラブ
「ゆき美の会」会員募集中!

(上記は、ゆき美さんの所属事務所、t-force「ティーフォース」の
会員募集pdfファイルへリンク)。

私が書く事ではありませんが、
「花咲ゆき美」さんを検索すると、

”『花咲ゆき美』公認ファンクラブ『ゆき美の会』”がヒットし、
そこに入り込むと、ゆき美さんの所属事務所の、
「ゆき美の会」会員募集中!の内容と同じだとは思うのですが、
今ひとつ記述を確認したくて、あれこれ迷い、
結局、ゆき美さんのブログから、

「番組出演・雑誌・イベント・キャンペーン情報はこちら
を経由してとなり、ややこしいので、この記事を書く事に!。

本当は、ゆき美さんのブログ、

花咲ゆき美オフィシャルブログ「妖精のささやき」

から、ワンクリックで、会員募集のpdfファイルに行き着ける様に、

”番組出演・雑誌・イベント・キャンペーン情報はこちらの行の次に
”「ゆき美の会」会員募集はこちら

の記述があると、「ゆき美の会」会員募集中!で、
私と同様に、途戸惑う事がないのではと思い記述でした!。

追記
yahooのブログ検索で、右窓に表示されるサイトに、演歌歌手の、ゆき美さんとは関係ない、花咲ゆき美タイトルで、通販宣伝ブログがある事を確認でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラッサイア(シェフレラ属)の続き

枯れた幹を切ったら中空の芯だった、冬越しを室外でした、ブラッサイアの続き。
Bura20080801切り戻した木の様に立派に葉を一杯茂らせて来ました。(切り戻して、背丈を低くしたかったから、根が枯れずに冬越ししてくれて幸運でした)。
くれぐれも、観葉植物のブラッサイアを、室外の冬越しで、幹を枯らして、背丈を低くしようと考えないで下さい。(そんな人がいるとは思いませんが!!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナブンの交尾、接写でなく失敗

Kanabun200808141Kanabun200808142何か羽音がすると思い、セイタカアワダチソウの葉陰にいる虫を、DSC-H7+テレコンを持ち出して写す事に。
セイタカアワダチソウがはびこっているので、近づきがたくて、手持ちで、望遠で写し。
写っていた結果は、カナブンの交尾でしたが、やっぱり、coolpix995で近くで写していたらと後悔でした。(写真は切り出した結果で、大きさは1/2に縮小)。
そして、はっきり写せていたら、甲虫目全般の交尾で紹介できそうと思うと残念な結果に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハトを写すなら

Hato20080427Hato20080518Hato20080818写していた鳩(犬山首頭工、犬山朝市の木曽川河畔、テレビアンテナの上)に、写した数が少ない事、住む近くでは、あまり鳩を見かけない事、さて、ハトを写すなら、どこへ出かけるかの記録でした。
そして、写してはいませんが、飛び回る鳩を狙うなら、時期は忘れましたが、浅井山公園が最適かと!!。
Karasu20080126Hato20080126カラスは沢山写して、反省ばかりなのに、ハトは、写した数が少ないので、電線上のハトを忘れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

約二年前の散策から

2006年9月24日の自転車散策から、岩屋観音(坂祝町)貞照寺(各務原市)を「ふるさと迷走案内」に追加(写真40枚、壁紙14枚)。
暑さで、自転車で走りまわる気がしないから、未整理の写真をアップでした。
他には、本館(樹木の四季)にある、月に関連したページを、月の満ち欠けの壁紙月の風景(月の夜空)の壁紙ページに分離しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

岐阜放送昭和村サテライトスタジオ

Showamura200808312演歌歌手、小桜舞子さんの8月31日のスケジュールにあった、岐阜放送昭和村サテライトスタジオが、日本昭和村の、どこにあるのかと検索。
(美濃加茂市観光協会)平成記念公園 日本昭和村からリンクされている、日本昭和村公式ホームページの施設内マップだけでは、サテライトスタジオが、どこにあるのかが分からず。
「岐阜放送昭和村サテライトスタジオ」を検索し、ヒットした中の、日本昭和村に行かれた方のページ(広島・岡山・中国地方ぶらり旅「ふたりでおでかけ」)(平成記念公園日本昭和村でかけた日)に、記事と建物と看板の写真があり、施設内マップの22番創作体験館「わらべ」と確認でした。

Showamura200808313私が、2008年8月31日に写してきた写真では、創作工房と書かれていたのは、看板で、片隅に、22の数字と、さらに小さく、白いパネルに、赤い字で書かれた「わらべ体験日」の文字でした
検索で、見つけた建物の写真では、「工房わらべ」の暖簾?の上に、
それより大きな「岐阜放送昭和村サテライトスタジオ」の看板。


サテライトスタジオを使う、番組タイトルは、ぎふチャン、「演JOY歌う~んとDOWN!!」、放送は、公開生放送で、あさ11時~ひる1時55分の様。
私が、2008年8月31日に訪問した時は、11時40分頃から10分位に、ゲストインタビューがありました。

おまけは昭和村リンク集と思ったけど、中々見つからずの結果に
群馬県昭和村公式ホームページ
福島県 昭和村 からむし織の里
昭和の町-大分県豊後高田市-昭和体感ができる町
余談(スタジオに出かけた翌日の事)
久しぶりに、「岐阜放送昭和村サテライトスタジオ」を検索したら、「群馬県昭和村」をキーワードにしたスバムブログが列挙され、Yahoo検索の機能の弱さに、寂しさも感じたりでした!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

夜の空模様

今日、満月に近い月は、雨模様で、ちょっぴり降ったりと、月は、もう見られないと、油断していたら。
Tuki20080816最大ズームでは写す時間は無かったのですが、ほんの一時、動く雲間に月を捉えました。
写真では、雲がブレている様に見えますが、月の輪郭は、くっきり、円になっているので、雲の動きが早かったのだと判断でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊びの花火を写して

小さな花火の明りに、至近距離で、花火を接写でした。
Hanabi200808161Hanabi200808162雲も出てて、真っ暗な中、頼りは、花火の明りだけ。
線香花火も写してみて、姪っ子、甥っ子の持つ手と風で少し揺れる中、何も考えず、AUTOで、ピントが定まりにくい条件で写してみました。
特に、線香花火は、芯になる火の玉が振れると雰囲気が台無しに。
でも、近くで明るい遊びの花火に、手持ちでも、雰囲気だけなら十分かなという写りに!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

送り火、お盆も終わり

Okuribi20080815あっと言う間の三日間。
もう、送り火。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏といえば、蝉の抜け殻

Semi20080815夏の定番、セミの抜け殻
朝早く起きて蝉の脱皮の様子も写して見たいのですが、脱皮を見られる確立が100%とは思えないので、写そうと思う気分が、今一歩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

桃の中の種も、木の実の内

Momo200808141Momo200808142桃を皮をむいて丸かじりの後は、桃の種を丁寧に、金属たわしで、手の皮をむかないように水洗いでした。
写した後の種に、土に埋めるか、割って中を見るか、今の所、テーブル上に放置で思案です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さい頃の遊び相手はジグモ

Gigumo200808131子供の頃遊んでたジグモ採り。(お盆の帰省の折には、ささやかな遊び、蜘蛛採りに挑戦して、蜘蛛採りを楽しんで!!、そして、逃がす事も忘れないで!!)。
垣根のマキの木の根元に巣を作っているクモ、ほぼ、半世紀ぶりに、巣を引っ張りだして。
巣の端から摘み出す様にして、巣から追い出し、ジグモ(地蜘蛛)を写してみました。
Gigumo200808132Gigumo200808133Gigumo200808134一つ目の巣では、途中で千切れてしまって蜘蛛はいなかったけど、蜘蛛採りの感触を思い出した様で、二つ目に引っ張り出した巣では、巣の手触りに、蜘蛛のいる事を確認。
巣から丁寧に追い出し、炎天下で眩しさのせいか固まってしまっていたジグモでした。
この蜘蛛を見て、最初に感じたのは、お尻の色と形に、小豆が浮かんだのですが、検索のキーワードにはなりませんでした。(なので、「ジグモは小豆色の尻」をキーワードに記述、また、写した後は、庭の木の中に逃がしました)。
余談
ツチグモ(土蜘蛛)、小豆色のクモ、木の幹から土の中に巣を作るクモ、土の中のクモ、土の中に巣を作るクモ、あれこれキーワードを変えながら、ジグモ(地蜘蛛)の名前に。
そして、方言では、ツチグモ(土蜘蛛)もありの様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

寅さんよりゴンゾウが見たくて・・・

私には分からない寅さんの映画、テレビドラマのゴンゾウには、素直に泣けるのに!!。
8月14日追記
朝のテレビ番組、「はなまるマーケット」のゲスト、黒谷友香さんの「男はつらいよ」が大好きの話の中に。

独り暮らしなので、みんなが集まってガヤガヤやっているシーンが大好き
ビデオも流しっぱなしにして、大好きなシーンだけテレビの前に行ったり。

そんな、黒谷友香さんの話に、フーテンの寅さん映画の楽しまれ方を知った、はなまるマーケットでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎天下のカラス、電柱で口を空けているカラスに・・・

独り言は、「カラスの黒い体に”日陰にいればいいのに!!”」でした。
Karasu200808121Karasu200808122Karasu200808123電柱の上に居る口を空けたカラスに、カラスは舌を出さないけど、犬と同じ様に口で呼吸かと思いながら写していました。
止まる場所が変わっても口を空けたままのカラス)。
Karasu200808124そして、アンテナに止まっていたカラス2羽も、同じように口をあけていたので、これは、間違いなく、「カラスの夏の暑さ対策」と確信。
鳴き声を上げるでもなく、その口を空けた様子に浮かんだ文字は、「夏の炎天下のカラスは、口呼吸で暑さしのぎ」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭の迎え火、迎え火を写真に、写した結果は火の用心壁紙に!!

Mukaebi200808131Mukaebi200808132Mukaebi200808133お盆の迎え火を焚きながら、火のそばにいなくてはいけないからとデジカメを持ち出して!!。(迎え火の火の用心に、バケツに水も用意して)。
ちょっと曇り空だったけど、陽射しの暑さと火の熱さも楽しみながら、燃え尽きるまでの迎え火撮影に。(写した一部を壁紙にする予定)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

喉を膨らませ鳴く鳩と鳴いてない鳩を比べ

Hato20080809Hato200808092写った結果のハトに、こんなに喉を膨らませて鳴き声をあげるのか!とびっくりでした。
電線の鳩、写している時には、鳴いている時に、喉の膨らませている事は確認できず。また、写りが、小さいので切り出して掲載。
(喉を膨らませた鳩は8月9日分を転載。場所を変え写したけど、ピントが合っていないので、比較掲載をためらった2枚目)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写したバッタは、ショウリョウバッタ

Batta200808081Batta200808082Batta200808083このバッタの捉え所が無い頭部の形に、どう写したらと思案。
そして、ショウリョウバッタの正面からのアングルに、目にピントを合わせたかったけど、残念ながら外れてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死んで干物になったムカデ(百足)

電話ダクトを空けたら、ムカデの干乾びた死骸
Mukade20080808ふと、浮かんだ、死んだ原因、
「後戻りができないムカデは、狭い通信ケーブル用ダクトに、紛れ込んだから、死ぬしかなかったのかな?」
でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

名古屋城宵まつり

演歌歌手の公開録音もあるという事で、8月10日は、犬山の花火を諦め、名古屋城の宵まつりに。(入場料の800円に、お城に上がる訳でもないのに、公園に入るだけで、800円は高いだろうと思いながら)。
江南駅から、乗り換えの要らない、地下鉄の浅間町駅へ。
汗だくになりながら、歩いた名古屋城正面で、入場料を払い、二の丸イベントステージの場所を聞く。
入ったすぐの、大きな祭り屋台を抜け、次に、沢山の祭り屋台かと思うような飾り付けのある食べ物屋台通りを遠通りぬけ、一番遠い所に、閑散としすぎているのではと思うような所に、イベントステージがありました。
Nagoya200808101Nagoya200808102Nagoya200808103まず、写すなら、展示物ではない、名古屋城の屋根飾りの、金のシャチホコかな!。
来た方向を振り返り。
イベントステージにある場所に来たのですが、何故か、立ち並んでてもいいような屋台も無く、広さだけが、物悲しい感じのイベント会場。
Nagoya200808104Nagoya200808105写し方で、イベントステージは賑やかにも見せられるのですが、公開録音だから仕方ないのか?、ほんとは、次の写真にある、祭りが一番盛り上がる祭り舞台の上で、演歌歌手二人に歌って欲しかった宵祭りでした。(ゲスト、香田晋音羽しのぶ)。
Nagoya200808106Nagoya200808107Nagoya200808108折角、名古屋城まで来たので、ライトアップされた城も写しておく事に。
折角のライトアップも、建物をスクリーンに使用して、何かを映し出している様子に、お城の雰囲気が台無し!!。(名古屋城を写した3枚目)。
Nagoya200808109Nagoya2008081010最後は、もう一度、イベントステージに戻り、席取りも楽な、ステージ前に、帰る気力を取り戻す為にのビール一缶でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成長しては消えてゆく積乱雲

Sora200808105「DSC H7+テレコン」を持ち、外へ出て写した積乱雲に、フレーム内に納まらないので、「DSC F828」に代え、写そうとしたら、積乱雲は、もう、跡形も無く消えていました。
あれ、雲は、どうなったの?と思いながら、次の雲の成長を待つ事に。
Sora200808101Sora200808102Sora200808103Sora200808104そして、その後、成長してきた積乱雲(入道雲)に、ちょっと、小さいけど、その変化を写す事に。
余談
積乱雲の成長して消える様子に、昨日の夕方の雲の成長と比べると、写しがいのない雲でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

8月9日の月(MOON)を追いかけて

Tuki200808091Tuki200808092Tuki200808093Tuki200808094Tuki200808095Tuki200808096MOON(月)を7月11日から写し続けて、最近は、なかなか見えない月に、時間があれば写し。
15時00分、16時56分、17時24分、18時22分、18時56分、22時12分(記述時刻は、多分で!)。
昨日は見る事が出来なかったので、今日は、見える内に写しておこうと言う事で、上弦の月の追っかけに!!。(写真の5番目までは手持ちにて)。
月を写している中で、他に写したもの
Hato20080809Hikoukigumo20080809Hikouki20080809鳩が首(喉)を膨らませ鳴き声をあげていた時の姿。
飛行機雲を狙い大きくブレていた雲と旅客機に、手ぶれ補正の限界を超えていた様。
月より大きい姿の旅客機にピントを合わせ。
夕方の空模様に、夜の月は写せるのか心配に
Sora200808091Sora200808092Sora200808093夕方の湧き上がる入道雲(積乱雲)に、日暮れ後、夜には、雷鳴も。そして、黄色い月を見たのは偶然。
西に沈みかけた月に、雨粒も感じられたけど、デジカメを持って、障害物が無い所まで出かけ、今日の月を何とか写し撮る事が出来ました。
余談
写真は、空模様以外は切り出して縮小。
独り言
犬山城のライトアップの様子を見に出かけようと思っていたけど、夕方の、この空模様に、その下見は断念でした。
「私書箱・・・」を、トラックバック禁止IPに設定追加。もし、このIPが、汎用IPアドレスで、誰かに再割り付けられたら、その方は、トラックバックを諦めて!!。
(トラックバックの禁止は、独り言で、本文と関係なく、書いておこうと思います。そして、この独り事の記述は、ゴミの再利用に!!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

ミラクルフルーツの木を室外で冬越し、その結果は・・・

室内へ取り込むのが遅れ、もういいやで、耐寒テストを兼ね、ミラクルフルーツの木を、南側の室外で冬越し。
Mirakuru20080808幹は枯れ、もうだめかなと思っていた、ミラクルフルーツの木は、根元近くから芽が沢山吹き、無事を、最近、確認でした。(もう二度と耐寒テストはしませんから!!)。
余談
大切な木を、こんな感じで、耐寒テストし、枯らしてしまう事も多々ありますが、皆さんは、真似しないで!!
参考までに、耐寒テストをした場所は、愛知県江南市、木曽川に近い所。
ミラクルフルーツ関連リンク
ミラクルフルーツ協会
ミラクルフルーツの育て方
ミラクルフルーツ味覚修飾研究サイト、島村光治のホームページ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

夜空の明るい星一つを写し

Star200808071Star200808072Star200808073

同じ星を写したけど、どんな星を写したかも分からず。(DSC-H7+テンコンにて)。
ピントが合っているのか、どうなっているやらも分からずでしたが、300*225の部分を切り出して、写っていた星の色の違いを楽しむだけの結果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の赤いほっぺは、ミニトマトの赤

Tomato200808061Tomato200808062Tomato20080713トマトもミニトマトも、何もつけないで食べるのが好き
3枚目の写真は、一ヶ月ほど前に収穫した、ミニトマトの倍以上あった、ちょっと細長いトマトと言うか、楕円と言うか、そんな形のトマトも、丸いミニトマトの比較用に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷蔵庫に有った賞味期限切れ40日の味醂干し

夕食の酒の肴
Mirinboshi200808071Mirinboshi200808072_2小魚の味醂干しは、冷蔵庫にあった未開封の賞味期限切れ日数40日。
自己責任で、オーブントースターで焼いて、食べる事に。ちょっと恐いので、傷んでいそうな、焼いても白くなっている部分は、少しだけだったので、千切って捨て、食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

クリの実も、大きさは収穫時と同じに

Kuri200808031Kuri200808032栗のイガイガの実も、外観は、収穫時に落ちているイガイガと同じに大きさに。
今のイガイガの中の実(クリの種子が、一般的に言われている、クリの実)がどうなっているかは、イガイガを裂いてみないと分かりませんが!!。(4個しか残ってないクリの実に、千切って、実を引き裂いて、中を見るか思案中!)
余談
クリの実の茎には、またしても、クリオオアブラムシが少し発生でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

青桐の実でグー・チョキ・パーを探すつもりが・・

Aogiri20080803Aogiri200808031暑さで、自転車散策がおっくうになっていて、アオギリの実がサヤ状の時に写すつもりが、袋に種子をぶら下げた様な状態になってしまっていました。
(「開いた袋に貼り付いている実」の表現の方がいいのかな?)。
Aogiri200808032Aogiri200407103枚目が、アオギリの実が、サヤ状だった事が、ある程度、分かる写真です。
4枚目は、今年も写せなかった、サヤ状の時の様子で、その姿は、ロボットアームと言った方がいいかも知れませんね!!。(4枚目の写真は2004年7月10日)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石北本線リンク集

素敵な鉄道写真を、「石北本線」を検索して、リンク集に
(沢山の写真が複数ページに掲載されている所は、目的の場所へ辿り着きやすい様に、関連ページもピックアップしてリンク)。
北海道の列車たち
青春18きっぷの旅と鉄道写真
 北海道 遠軽 石北本線冬の石北貨物 2秋の石北貨物6石北ラッセル
石北本線
Mac&DigitalPhoto北海道
 JR北海道。(車両の写真は無いけど北海道の地図に路線が書かれている)。
目的からちょっと外れるけどリンク
・マー坊のローカル線の旅
 石北本線
JR全線全駅へ!! 「つちぶた本舗の全駅訪問の旅」 駅舎を巡る鉄道の旅
 石北本線(JR北海道)全駅舎、ホーム、駅前の写真
石北本線 全駅の旅。(沿線の駅周辺を動画で紹介されている)。
2008冬北海道 その5 午後はいきなり鉄ちゃんに!石北本線冬旅情
路面電車と鉄道の写真館
 キハ40 700番台 ぽっぽや号 石北本線
交通総合フォーラム
 石北本線
鉄道紀行
 
北海道の鉄道。(新旭川-上川-遠軽-北見-美幌-網走)。
JR石北本線。(HPが大きすぎるので、駅名列記のページにリンク)。
時刻表ほか

JR北海道交通ネットワーク。(時刻表)。
JR北海道旭川支社 石北本線(下り)特急時刻表
JR石北本線 路線図(マピオン)
余談
「北海道、石北本線の様子で、旅情を感じて見よう!!」と思いリンク集に
でも、わざわざ、リンク集にした理由は、別に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フヨウの花

Fuyou200808051Fuyou200808052Fuyou200808053昨夜、蕾に白い花びらが、ちょっと覗きかけていたけど。
そして、まだ咲かないと思っていたら、朝には、フヨウの花びらが開き始めていました。
午前5時、午前5時30分、午前8時15分に芙蓉の同じ花を写し。最初のちょっと開いた花だけは、フラッシュを使用です。
Fuyou200808054オシベは、花粉嚢が爆ぜ、花粉の小さな粒を出していましたが、メシベは、午前8時15分の時点では、先端が、まだ、5個に分岐していない状況でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

音羽しのぶさん生歌を聴きに、金曜日は、金山の濃尾商会へ

演歌歌手の音羽しのぶさんの話す声にも興味があり、8月1日は、名鉄金山駅ビル2階にある、濃尾商会へ。
Shinobu200808013しのぶさんが歌われてる時・話されている時に、涼しげな衣装も写したいと思いましたが、会場の通路は、前の方に背の高い方がおられ、首から上しか見えない状態でした。
また、カメラを縦写しに構えられると、その腕で、しのぶさんの姿が遮られたりと、右往左往しながらの、しのぶさんの姿と笑顔狙いの撮影に。
ステージでのキャンペーン終了後、CD購入が私の番になった時には、あらかじめサインされていたはずの色紙は、CD・カセットが予想以上に売れたのか、しのぶさん自身のサインも、名前入れの後に書かれていました。
Shinobu200808011Shinobu200808012音羽しのぶさんのファンには、ワンショットから、しのぶさんの素敵なドレス姿?をお届け。(折角、正面で、しのぶさんと目線が合った時には、左側に居た人の肩でフラッシュが遮られ暗い写りに)。
余談
写した結果の、しのぶさんの目の充血が気がかりに。また、しのぶさんのキャンペーンに初めて出かけ、歌われる声と話される声が同じと言う事を知りました。
(キャンペーン中、私の前におられた方が、なぜだかじっとされていないで、リズムに乗るわけでもなく、体を左右に揺りうごかされていたせいもあり、私の右往左往に、たぶん、私の後ろの人も、そんな私に、困り果てられたかも!!)
独り言
音羽しのぶさんの事について何も書けずにいますが、記憶がすぐに出てこない性格で、また、物覚えも悪いので、思い出す事があったら追記したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もろきゅうの美味しい食べ方

Morokyuu20080801材料は、共に冷やした「キュウリ」と「金山寺味噌」だけ。
キュウリは、手で折って、小皿に、後は、適量の金山寺味噌
食べる基本は、折口、かじり口に味噌をつけ食べるだけ。
キュウリを切る面倒くささが効をそうした様で、ひんやり、みずみずしく、甘い、この単純な食べ方が、私には、真夏のキュウリの、一番美味しい食べ方でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近くでも見られるはずのバショウの花と実でしたが

Basyou20080803バショウ自体が痩せているのか、花房は、複数の幹の中で、一つだけ、それも、残念な姿しか見られませんでした。
昨年、8月26日に、岐南町歴史民俗資料館、薬草木園を訪ねた時には、バショウの実も花もつけていたけど、近くのバショウの花房には、重りの様な姿だけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏のカラス、食事は、蝉の羽を毟って丸呑み

Karasu200808031Karasu200808032神社の森に集まっていたカラス(鴉)、地面にいたカラスが何をしているか不思議でしたが、境内に居た一羽で、その原因が分かった様でした。
写真1枚目、カラスがセミの羽を毟っている。写真2枚目、銜えたセミを、この後、丸呑み
蝉(セミ)の発生量からしたら、蝉の死骸がゴロゴロしていていいと思っていましたが、なぜか見当たらないセミの死骸に、ほとんどが鳥の餌になっている様な気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

サンゴアブラギリ、今年は種子二つが芽吹きました

Sango_aburagiri20080725Sango_aburagiri20080801サンゴアブラギリの発芽
2007年に7粒蒔いた種子は、2007年に、二粒が発芽。でも、残りの五粒は土の中に。
以前蒔いた時も、その年には、全てが発芽しなかったので、今年の発芽に期待していましたが、ふと、気がついたら、もう、2008年7月25日には、3つ目が発芽して双葉を広げていました。
そして、そのあと、頭をもたげてきた4つ目の種子も、2008年8月1日に双葉が開きました。(8月1日の時点では、三つ目は本葉が一つ芽吹いてきてました)。
蒔いた年に発芽するとは限らない、サンゴアブラギリの種ですが、今年は、土の中に残った5粒から、何粒発芽と思っていたら、また、二粒の発芽に終りそうです。
諦めかけていた、今年の発芽に、土の中に残る3粒は、何時になるのか?、腐ってしまうのか?、その結果は、今後のお楽しみに!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花後のパイナップルの実、数えられる程度の実の突起の膨らみ

Pain20080801Pain20080725パイナップルの苗の冬越しに、室内への取入れが遅れ、実の下には葉がほとんど無い状態。
クラウンと呼ばれる実の上部の葉の成長だけが、今の、パイナップルの実の成長を助けてくれる様な状況ですが、実が黄色く色づく事を楽しみに、観察を続けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カボチャの実、表皮のデコボコを写真に

Kabocha200808011Kabocha200808012Kabocha200808013日本カボチャのデコボコではないですが、西洋カボチャの皮(実の表面)に出来た、アバタ?、ニキビ?、吹き出物?、何と呼べばいいのか分かりませんが、土色のデコボコを写してみました。
お店で売られているようなカボチャには見られないと思うのですが、アレルギー症状を起こした様な実の表皮に、「何故?」、でした。
Kabocha200808014Kabocha200808015もう一つは、カボチャのヘタ側でない、土に当たるお尻側の様子も写して、メシベの名残の様な突起の様子に、「何これ?」、でした。
シミジミ、カボチャの実の表面なんて眺めないので、気になって写してみました
また、表皮のデコボコに、ネット検索もしてみましたが、私が思い浮かぶ様な言葉では、ヒットはありませんでした。
そして、”土から実を守る防衛本能?、防衛機能?が働いているのかな!!”でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »