« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

冷凍ピザの美味しい食べ方には、タバスコが欠かせません!!

お値打ちな冷凍ピザは、オーブン用より、レンジ用が手軽。
・まずは、冷凍ピザを説明に従って、食べ頃になる時間チンします。
Piza200810302Piza200810303・残念な事に、トマトが欠かせない(でも、ミニトマトではダメ!)私には、この冷凍ピザがちょっと物足りなくて、冷蔵庫にあるトマトケチャップをトマト代わりに代用。
また、チーズも物足りない感じなので、トマトケチャップをかけた上に、スライスチーズをのせ、再度、チンして、タバスコを沢山かけ食べてます!。
*ほんとは、ケチャップではなく、トマトをのせたいのですが、いつ食べるか分からないから、トマトケチャップで代用なのですが!。
余談
Piza200810301平日の夜は、要介護2の母親も自宅にいるので、その隣で、夜間のトイレ歩行補助の時間潰し(暇つぶし)に、寒くなってきたので、時には、ホワイトホースのお湯割りと冷凍ピザを好みに味付けし、眠くなるまでを楽しんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェット機、どの写りもピントが甘くて!!

Jet20081028Jet20081029Jet200810301Jet200810302どのジェット機は、日の丸が付いているので、自衛隊機かな。
2枚目以外は、一目で自衛隊機と分かるけど!!。
移動するジェット機に手持ちで写す以外考えられず、だけど、どれも、ピントの甘い写り。”さてはて”、どうしたものかなんですが!!。
望遠でフレームに収めるのには、両眼で狙い、頭の中で位置補正すればいいと、慣れたのだけど、ピントの甘さは、ただ、訓練あるのみかな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

デジカメ動画は、風になびく、蜘蛛の糸に絡んだ、柿の枯れ葉

風に揺れる枯葉の様子に、写真より、三脚を持ち出し動画でした。
庭の柿の木の枯れ葉と鳥の鳴き声、最後は、ジェット機の騒音の締めくくりになりましたが、動画に残した結果に、”普段の生活環境の音も、揺れる枯れ葉と共に楽しめないかな?”との思いも!。
余談。
ジェット機のデジカメ動画も、手持ちで写した事が一回ありますが、頭上を通過した為、再接近では、ピントが合っていない時もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

歌謡コンサートに、山口かおるさん

昨日の歌謡コンサート、見る・聞くの目的は、山口かおるさんの新曲「哀愁フラメンコ」でした。
かおるさんの緊張感の伝わってくるステージでしたが、初めて、ジャケットと同じ衣装も楽しむ事が出来ました。(初めて、山口かおるさんに、お目にかかったのは桑名での新曲「哀愁フラメンコ」のキャンペーンで、この時は、ツーピースの違う衣装でした)。
Obesumu20081014余談
司会者の「下町の赤い薔薇」の紹介に、私は、過去の写真から、「砂漠の薔薇」と愛称のある多肉植物、アデニウム・オベスムを引っ張り出してきました。
このアデニウム・オベスム(書き方色々で、アデニューム・オブサム、アデニウム・オベスム)の花を見て、薔薇と比べると、やっぱり、かおるさんに似合うのは、薔薇の花と思ったりも。
Bara20080601と言う事で、紅い薔薇ではありませんが、今年の6月の写真から、朱色の薔薇を掲載。(写したバラの花を、あれこれ見ていて、山口かおるさんに赤い薔薇も似合うけど、この朱色の薔薇の方が、もっと似合うかなと思ったりも)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

ユスリカ捕り名人は、ジョロウグモ

Kumo20081028写真は、ジョロウグモ(アシナガグモ科)の雌
このジョロウグモの網にかかった沢山の虫の様子に、虫捕り名人?の文字が浮かび、何とも思い出せない虫の名前にイラダチが、そして、虫の名前の検索に。
本当に写したかったのは、ジョロウグモの背中、腹、尻の模様だったのですが!!
ユスリカを見つけた検索
「カゲロウより小さい虫」を検索して、ユスリカの文字を見つけ、ユスリカを検索して、「ユスリカとは」へ。そして、見つけたページは、木曽川上流河川事務所のサイト内でした。
おまけは、タイトルに使いたくて虫の名前探しに、キーワードに使用した文字群
秋の虫、顔にまとわり付く虫、小さな飛ぶ虫、秋の昆虫、飛ぶ虫、堤防で群がる虫、堤防で群がって飛ぶ虫、「昆虫 堤防 群れ飛ぶ」、堤防を群れ飛ぶ虫、カゲロウより小さい。
その結果、知りたかった虫は、ユスリカでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クジラ雲、イルカ雲を探すなら、秋の空

秋の空の雲の塊の中に。
写真左の雲の一番下の塊がイルカの様に見え、外に出て写した時には、このハッキリしない形でした
写真右は、ウロコ雲は、秋の風情と思い、写した1枚。ウロコ雲の塊の中に、くじらくも、いるかくもが現れないかと思って、空の雲の様子を眺めていましたが・・・・
Sora200810281 Sora200810282

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSC-H7単体で写す範囲は、タンポポなどの接写から、望遠では高速で飛ぶジェット機まで

Tanpopo200810281Jet200810281ジェット機は遠くて、1024*786のエリアを切り出しましたが、ピントが合った時とシャッターを押した時で、距離が変った様で、600*450に縮小して、この結果でした。
掲載してませんが、頭上のジェット機を写した結果では、陽射しの影響もあり、シルエットの様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンパンマン壁紙リンク集

アンパンマン壁紙」をYahooで、ブログ検索してヒットしたのは・・・、そして、「ブログとの一致?」にあった12件、どう考えても・・・・。
そして、「アンパンマン壁紙 公式サイト」で、サイト検索してヒットした、

アンパンマンポータルサイト

公式サイトトップには、かべがみダウンロードへ直接行ける様にリンクされており、

携帯サイトトップからは

ひろば(アンパンマンひろば)->かべがみ(かべがみダウンロード)、

そして、公式サイトにあったPC用壁紙は1種だけの残念な結果でした。

また、アンパンマン公式サイトから、アンパンマンミュージアムへも行けますが、2クリックが無駄なので、ここから、リンクも。

アンパンマンポータルサイト -> ケータイサイト(有料)

香美市立やなせたかし記念館
アンパンマンミュージアム


にリンクでした。

結果的に、リンク集を作るより、アンパンマンミュージアムのリンク集を利用された方か良いかと思う事に

アンパンマン壁紙についての結論。
管理がしっかりされているので、ネットには公式サイトの壁紙が1枚しかなく、アンパンマン壁紙を検索する事事態が無駄な事の結論に!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

秋の風情は、線路脇のススキ

Susuki20081019電車が信号待ちで止まった折に、車窓から外を眺め、線路脇のススキの様子に1枚写し。
余談
自転車で走り回っている事の多い私には、滅多に見る事の無い車窓からのススキなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミカンを食べる、その前に写し

Mikan200810221Mikan200810222普段なら、グルメ?の私は、ミカンを黄色い皮のまま丸かじりで食べますが、今日は、その前に写した事もあり、普通に、皮をとり食べました。
Mikan200810223Mikan200810224ミカンの袋の中の様子を写したくになり、写す為に、夏みかんの様に、一袋だけ、ミカンの袋を剥ぎましたが、その実はもちろん、後は、ミカンの薄皮をとるなど面倒な事はせずに、2、3袋ずつ口にほおばり食べました。
余談。(誤字訂正も)。
あなたも、ミカンを皮ごと食べ、ミカンを丸ごと味わいませんか?。
甘い、酸っぱいとは違う、他の味覚も味わえますよ!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私は、スーパーの生食用の牡蠣で十分!!

Kaki200810171演歌歌手の方を追いかけて、名古屋、金山駅に出かけた折に、キャンペーン場所近くのお店外で見かけた、かきフライの看板に、自宅で簡単に牡蠣を食べるならスーパーの生食用の牡蠣かな!!
これから、牡蠣鍋(赤だし味噌仕立て)の季節。時には、気分を変えて、牡蠣のバター蒸しも食べますが、でも、自分で簡単に用意できるのは、何と言っても、酢醤油で食べる、簡単調理?の酢牡蛎!!
Kaki200810172Kaki200810173Kaki200810174そして、かきフライを写した、この日の、私の、晩のおかずは、酒の肴に、適当に酢醤油をつくり、手間要らずの、スーパーの生食用の一袋の牡蠣で、焼酎をコップ一杯でした。(17日の事)。
ちなみに、明日28日は、スーパーに生食用の牡蠣が無かったので、牡蠣鍋の予定。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

手機織機にあった、まだ繋がれていない綿の糸

Menshi20081018手紬の糸が手機織にかかっていた様子に、縦糸は、まだ、織機に結ばれていませんでしたが。
糸のしなやかさに引かれ、手織機も珍しいと、1枚写して。
今は無縁?の自動織機ですが、昔は、仕事柄、見慣れたものでした。また、実際に動いている手織り機は、こちらで、初めて見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬山城下秋まつりの山車とライトアップの犬山城

Inuyama200810251Inuyama200810252Inuyama200810253Inuyama200810254とやかくは書きません、見て感じてください。
ライトアップと山車を楽しめる犬山城下秋まつり。
日暮れ時から自転車で走り回って、犬山城のライトアップをメインに出かけてきました。
山車からは、提灯の中で揺れるロウソクの炎までは写しきれていませんが!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

なまずの蒲焼を初めて食べ

Nuigurumi200810181なまず祭りに、羽島市竹鼻商店街を歩き、ウナギとナマズを焼いていた大型屋台で、一匹を開いた、なまずの蒲焼を購入。(私が立ち寄った時は、店頭の水槽に、なまずが一匹泳いでいました)。
(一枚目の写真は、路地で見つけ写した、ピンク色と黒色のナマズのキャラクターは、なまず祭りのマスコット、たぶん。着ぐるみの中の人に訪ねなかったので、念の為、たぶんと付けておきました)。
Namazu200810181Namazu200810182缶ビールのツマに、一匹のナマズの蒲焼は、一人では食べ切れそうに無いので、美味しい部分を三分の一だけと言い、代金は一匹分を支払う
なまずの蒲焼一匹が2000円なので、話の種にと食べるなら、最低四人のグループで購入が最適な人数かも。
なまずの蒲焼を食べた私の感想
なまずの蒲焼の身は、キンキの煮魚の様な味と食感でした。なまずの皮も、一口だけ口にしましたが、私には、”もういいや”でした。また、小骨の身付き部分もかじってみましたが、やっばり、一口だけに
Unagi20081018うなぎの蒲焼も、同じ所で焼かれ売られており、焼き姿で、うなぎの蒲焼と、なまずの蒲焼を見分けるのは、写した写真から、鰻、鯰に刺さった串の数かなと判断。(鰻には6串、鯰には4串刺さっている)。
ウナギとナマズの蒲焼のタレは一緒の様で、お互いの味に、どう影響しているかは、ちょっと不明。
Eki200810181Eki200810182祭り会場への向かう前に写した名鉄竹鼻線、羽島市役所前駅。小さな商店街だから、たぶんで歩き、祭り会場から駅へ戻った時は、ホーム反対側の位置でした。
Syoutengai20081018Betuin200810181Betuin200810182祭りの商店街、竹鼻別院、ここは、「竹鼻別院のフジ」としても有名の様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朱色に熟れたカキの実と赤く色づいたハナミズキの実

Kaki20081019Hanamizuki20081019熟した柿の実は、恰好の雀の餌に。
ただ、雀に突付かれて穴が開いた柿の実も沢山あって、穴の開いていない完熟の柿の実を捜すのに一苦労も!!。
スズメか、ヒヨドリが、カキの実のある枝にとまっていてくれたら、穴の開いたカキの実も写し甲斐があったのですが!。(近づくと、すくに飛び去る鳥が憎らしい結果ばかりでした)。
花水木の赤い実、デジカメをマクロモードに切り替えてなくて、実にピントの合わない写りに。どうも、ピントが合ったのは、春に咲く、ハナミズキの花芽だったようでした。
余談
漢字に疎い私は、Yahoo!辞書 - かっ‐こう【格好/恰好】の文字を検索でした。
独り言
演歌歌手の方の追っかけ記事を中断したままのブログ更新になりましたが、記事に季節感も欲しいとの思いの更新でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

多岐川舞子さん、小桜舞子さん、川野夏美さん、松永ひと美さん

16日から20日まで、ファンである演歌歌手の方を追いかけて。(21日、22日追記)。

多岐川舞子さんの新曲「石北本線」キャンペーンは刈谷・金山・桑名へ(16日~18日)、
Maiko200810171Maiko200810172Maiko200810173金山、濃尾商会の会場(17日)は、ウナギの寝床の用に狭く長いので、いつもの様に出かけて来た私は、後の方になって、写せたのは、顔だけに!!。また、生憎のスケジュールだった様で、アリバイ証明の名前入れはありませんでした。(ワンショット撮影の時も後方)。
キャンペーン終了後、お店で、写真を撮られたり/常連のお客さん用にサインされたりするので、その時に、ファングラブの会員だから、無理も利いて頂けそうだったけど、私は遠慮して、サインは頂きませんませんでした
そんな時に、濃尾商会さんの店頭に、多岐川舞子さんの「石北本線」直筆メッセージがあるのを見つけ、記念にメッセージを写したりも。
Maiko200810181Maiko200810182Maiko200810183桑名、サウンドイン松岡の会場(18日)。
私は、はじめて見たのですが、三名だけ、お客さんを横に一緒の歌唱指導も
その分、歌われた曲数は少なくなりますが、舞子ファン、お客さんにとっては、嬉しいサプライズになったと思います。
(カラオケ店では、お客さんと一緒の歌唱指導シーンは珍しく無いと思っていたけど、サウンドイン松岡さんで、そんな光景が見られるとは思いもしませんでした)。
余談
多岐川舞子さんから、初めて、HP名でのサインも頂きました。
小桜舞子さんの祭りゲストは2008年美濃竹鼻なまずまつりへ(18日)、
Kozakura200810181Kozakura200810182Kozakura200810183小桜舞子さんの出番まで時間があり、なまずも食べましたけど、一人で、ナマズの蒲焼単品では、ちょっと物足りない、2000円の散在になってしまいました。
そして、ナマズを食べるなら、ご飯物かと思った、初めてのナマズでした。
ステージ上の歌唱は、撮影禁止、ただ、地元の人か分かりませんけど、前年までは、撮影禁止ではなかったと話されていました歌唱、即売終了後のワンショット撮影で、素敵な笑顔が影になってしまった写真も1枚だけここへ
撮影禁止なのに、何故、小桜舞子さんが写っているのかは、アドバイスがあり、撮影禁止の会場エリアに立ち入らずに、写す分にはとの抜け道を教えて頂いたからでした。
そして、なまずまつりのメインイベントの歌謡ショーを記事にするには、外せないステージの様子、望遠だからの雰囲気だけの小桜舞子さんも。
Kozakura200810184Kozakura200810185Kozakura200810186CD・カセット店での新曲キャンペーンでは、一度もお目にかかった事のない小桜舞子さんですが、なまずまつりに出かけたおかげで、キャンペーン同様の、歌唱終了後の新曲「おばこ吹雪」即売会では、CD・カセット購入で、名前入りのサインも、その後、ワンショット撮影、また、希望者はツーショット撮影もありの、楽しい一時を、舞子さんと過ごす事が出来ました
もう一人の、なまずまつりのゲスト、桜井くみ子さんは、気が付いた時には見えず、即売だけで帰られてしまった様でした。
余談
小桜舞子さんも、なまずを食べられたそうなので、その感想も楽しみです!。
Dango20081018Minotumugi20081018Anmaki20081018なまずまつりに出かけた折に、上唇を火傷した、みそぎ団子、売り出されるのは、なまずまつりと、6月30日だけ。
ぶらりと入ったのは、美濃縞(みのじま)の美濃縞伝承会の家屋。
綿を育て、紡ぎ、てばた織物で、細工物に、今後の問題は、どう、伝承して行くかだと話されました。
会場ステージ近くのボランティアグループが開かれていた、お店の方にCDを差し上げたお礼に頂いた「あんまき」。
大あんまきは、知立の藤田屋が有名ですが、普通サイズより小さい、小あんまき?も写し。
大あんまきは、刈谷・東部市民館での多岐川舞子さんのキャンペーンで、お客さんから話題に出たのでしたが、小桜舞子さんを追いかけて、あんまきに出会うとは思ってもいませんでした)。
川野夏美さんの新曲「夜桜しぐれ」キャンペーンは桑名・西春へ(19日、20日)、
Natsumi200810191Natsumi200810192Natsumi200810193桑名、サウンドイン松岡の会場(19日)。
夏美さんの緩急音色の変る話し方も、個性的でいいなと感じたキャンペーンに。
写真2枚目、夏美さんの雰囲気も、夏美さんの文字もあって気に入ったシーンでしたが生憎の写りに。
ワンショット撮影では、川野夏美さんのポスターの下に、夏美さんの目標とする歌手、キム・ヨンジャさんのポスターがありで、これも、縁かなと思ったりも
Natsumi200810194Natsumi200810195Natsumi200810196「川野夏美ベスト14」のCDも購入、サイン色紙は、20日分はフルネームで書いて頂いたので、2枚重ねての写真に。
パレマルシェ西春店の会場(20日)。
夏美さんは、昨日の着物とは違う衣装で登場。Natsumi200810201Natsumi200810202ポスターの夏美さんも加え、写してみたのですが?。もう少し右をフレームに入れると、衣料品店が入ってしまうので、こんな形に。
川野夏美さんの19日、20日のキャンペーンに、サインの時、ツーショットの時と、噛み合わない一言が気になって、頭の中が空っぽになってしまい、何も書けずの記事に、ゴメンナサイネ!!
そして、新曲「夜桜しぐれ」の桜に、夏美さんとの一言の噛み合わなさが影響したのか、
桜の花、見られる所は限られるけど、これからちょっと先には、カンザクラ(寒桜)、シキザクラ(四季桜)が見られますよ!
の事さえ浮かばない私でした

松永ひと美さんはカラオケ玉城チャリティ歌謡祭ゲストに(19日)、
桑名駅から、JRで、松阪から先のJR田丸駅へ、駅名の由来は、田丸城跡からきているのか、地名は、玉城町(たまきちょう)でした。(一時間に一本のJR田丸駅には、松阪駅で30分ほど時間待ちの接続)。
Tamaki200810191Tamaki200810192Hitomi200810191カラオケ玉城チャリティ歌謡祭には、松永ひと美さんがゲストに出られ、ひと美倶楽部の会員の方もボランティアで運営に参加されており、また、歌われるという事もあり、玉城町保健福祉会館ふれあいホールで行なわれた、カラオケ店、玉城主催の、チャリティ歌謡祭に出かけてきました。
田丸駅を降り、ちょっと、緑の見えた寺と神社を散策後、午後3時半頃に、会場のふれあいホールへ。
Hitomi200810192松永ひと美さんの新曲「夜祭り恋唄」を含めゲスト歌唱時間は、4時15分頃から一時間ほど、そして、カラオケ歌謡祭終了後は、会場の機材撤去後、カラオケ玉城のママさんの好意で、打ち上げの食事にも、つき合わさせて頂き、普段着姿の髪を下ろした、ひと美さんにもお会い出来、楽しい時間を過ごす事が出来ました。(珍しくお酒が入っていなかった私は、打ち上げで、ひと美さんとは、口下手で、あまり会話が出来ませんでした。また、話では、カラオケが盛んな地域という事で、ふれあいホールは、ゲストが、コマーシャルでも三重に縁がある松永ひと美さんと言う事もあり、満席状態のチャリティ歌謡祭に)。
余談
切符の購入間違いで料金不足だったれ、焼き団子で唇の火傷をしたり、電車の人身事故では、後続に乗っていて、目的地を目の前に30分ほど電車に缶詰だったり、教えてもらった駅名が間違っていて、なかなか切符が買えなかったり、その電車も普通乗り継ぎに待ち時間が時間が30分ほど、そして、電車も本数が一時間に一本だったり、ツーショットに踏み段が移動し、私は、こけそうになったりと、オロオロ・アタフタ・ヒヤヒヤありの追っかけに。
独り言
桑名への近鉄電車では、目覚まし音用に木曽川、長良川、揖斐川にかかる鉄橋の音をメインに、ちょっと録画も。音録用の機材はないので、橋脚と川の映像も含んでますけど。
(寝起きが悪い方に、また、近くに鉄道鉄橋が無い方も、めざましに、時には、電車の音もいいのではと録画でした)。
誤記訂正と追記コメント
20日、21日、川野夏美さんの西春のキャンペーンが終わったので、記事の一部変更・追記、そして誤記訂正も。
22日、記事を書ききれず中断したので、再追記と再編集も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

金曜バラエティのキム・ヨンジャさん、東部市民館キャンペーンの多岐川舞子さん

Yonja20081013岐阜シティ・タワー43 1stアニバーサリーイベントでは、撮影禁止で写せなかったキム・ヨンジャさんですが、購入したCDを撮影。(10月13日)。
キム・ヨンシャさんは、テレビで、金曜バラエティ、平成歌謡塾で、続けて見ていて、その続きで、イベントと楽しみにしていったのですが、当然ながらの撮影禁止に、このCD写真だけに。(バラエティとアニバーサリーイベントでの内容は、記事後半で)。
Maiko200810161Maiko20081016216日は、刈谷・東部市民館多岐川舞子さんのキャンペーンに出かけた時は、通路が空いていて、写すには良い位置だと思って中央最後尾に席をとったけど、しくじった席取りに。
他ごとですが、17日の朝写した、名入れして頂いた色紙、場所を変え、影が作る様子に、色紙も、一工夫で、味わいが増すと認識でした。
Maiko200810163Maiko200810164この写真2枚は、困った場所に席取りをしたと後悔した場所から写したシーン。
席を立って前の方に出て、写しても良かったのですが、遠慮して最後まで、この席で歌と話を聴いていました。そして、「石北本線」他の舞子さんの止まる事を知らない感じの歌と話に、当然、思うような、舞子さんの姿を写し残せなかった私でした。(10月16日)。
余談
JR刈谷駅から東部市民館までの途中、道を知る目標物になるものを写してこようと思ったのですが、前回と同じ、日暮れの早さに、諦めも。(建物のネオンでもと思いもしましたが)。
舞子さんが会場を後にされる時の服装は、”舞子便り「久々の…」”の時と同じ衣装、髪型は、”舞子便り「電話インタビュー」”の時と同じでした。
この記事の締めくくりは、金曜バラエティとイベントでのキム・ヨンジャさんから
10日の金曜バラエティは、ピンクのロングドレスで、涙の鎖北の迷い子、北の迷い子は、浜圭介さんとデュエット、デュエットだけど、録音の時は、別々に歌ったので、一緒に歌うのは初めて、そして、浜圭介さんさんがこれから出す曲「誘蛾灯」を歌唱。(この、誘蛾灯のタイトルに、私は、”男は虫、女は灯”の独り事)。最後は、ヨンジャさんの新曲「夜明け前」。
衣装は、浜圭介さんとのデュエットから、スカイブルーのロングドレス、今日の日の為に作ったドレスと話されました。
13日のアニバーサリーイベントの時のヨンジャさんは、スタイルと体力維持に、40分ぐらいの競歩スタイルの歩きと、40分ぐらいの犬との散歩を、日々欠かさないようにしているとの事でした。そして、ダイエットを意識はされてはいない、ヨンジャさんでした
追記
文中に「石北本線」の文字を使い・書き忘れていたので、本文中に追記。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過去4ヶ月の都道府県別ブログアクセスランキング(閃いて追記)

ブログ「樹木の四季」管理人の気ままな記録
の過去四ヶ月のアクセス情報
(2008年10月17日現在)

アクセス数合計: 24,155  (日平均: 224)
訪問者数合計 : 14,917  (日平均: 138)

地域情報が拾得できたテータからの
都道府県別ブログアクセスランキング

ランキング集計対象アクセス数:6,810

都道府県         割合
1 東京   1,345 19.8%
2 愛知   1,203 17.7%
3 大阪     518  7.6%
4 神奈川   438  6.4%
5 岐阜     378  5.6%
6 埼玉     251  3.7%
7 千葉     212  3.1%
8 福岡     198  2.9%
9 静岡     187  2.7%
10 北海道   148  2.2%
11 兵庫     137  2.0%
12 三重     131  1.9%
13 京都     106  1.6%
14 茨城     102  1.5%
15 宮城      79  1.2%
16 長野      72  1.1%
17 広島      70  1.0%
18 新潟      65  1.0%
19 富山      64  0.9%
19 沖縄      64  0.9%
21 岡山      61  0.9%
21 栃木      61  0.9%
23 愛媛      59  0.9%
23 群馬      59  0.9%
25 石川      58  0.9%
26 青森      54  0.8%
26 岩手      54  0.8%
28 山口      53  0.8%
29 鹿児島    51  0.7%
30 熊本      45  0.7%
31 大分      39  0.6%
32 秋田      37  0.5%
32 香川      37  0.5%
34 福島      36  0.5%
34 長崎      36  0.5%
36 徳島      34  0.5%
37 福井      30  0.4%
37 鳥取      30  0.4%
39 宮崎      26  0.4%
39 山形      26  0.4%
41 奈良      25  0.4%
41 滋賀      25  0.4%
41 高知      25  0.4%
44 山梨      24  0.4%
45 和歌山    20  0.3%
46 佐賀      19  0.3%
47 島根      18  0.3%

過去4ヶ月の都道府県別の当ブログ
アクセスランキングを公開した訳は・・・

ひまつぶし!!
と、
こうでもしないと、使う事の無い「アクセスランキングゥ~」の文字なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

岐阜シティ・タワー43を散策、目的は、自販機、トイレ、喫煙所探し

Tower43_200810131岐阜シティ・タワー43のを歩き、赤提灯徘徊派の私には、入りづらい店ばかりに感じました。(写真はビル2階入口付近にあった案内図)。
通りから見えるメニューに、晩酌セットなどと、大きく書かれていたら、真昼でも、お店に入ったかとは思いますが、喉が渇いた私は、自販機探しに、そして、喫煙所とトイレ探しに夢中でした。
Tower43_200810132Tower43_200810133四階フロアで写した所は2枚、スクエア43広場は、催しの案内垂れ幕で見渡せませんでした。また、ぎふチャン(岐阜放送)の入っているフロアでもありましたが、壁とガラスに仕切られて、隔離されている感の強い様子に、岐阜駅前に、ぎふチャンがある必要は?と思ったりも。
Guid200810131Guid200810132Guid200810133二階フロアから、喫煙所、自販機の場所43階に行けるエレベーターは、建物入口からは、一番奥の方にありました。
ただし、自販機コーナーは、案内図で確認しただけ。(トイレは小さな写真でも図柄で分かるので切り出しての写真は用意せず)。
余談
スクエア43の広場(イベント広場)は、田舎なら何処にでもあるような広場に感じ、わざわざ、テントを用意して、イベントを、この場所でやる必要があるのかと思ってしまいました。
また、広場は、2階歩道の一部で、それも、タワー43の東側にある、ちょっと広い場所でした。
そして、イベントとか憩いの場所にと思うのなら、せめて、始めから屋根ぐらいは付けておいて欲しかったと思いました。
祭日に出かけたJR岐阜駅、広場でのイベント案内も駅通路に張られていたけど、やっぱり通過駅という感じが抜けない所でした。
岐阜シティ・タワー43展望台は、ちょっと立ち寄れば済む場所だし、周囲はコンクリート尽くしで、自然を楽しむ場所も無いし、”やっぱり駅前と言っても隣のビルだし、4階までビジネス街でよかったのでは!!”と思ってしまいました。
独り言
岐阜城からの眺めに満足している私は、岐阜シティ・タワー43の展望台が目当てでもなく、イベントされている場所が、ネットで調べても様子が、いまいち、はっきりしなかったので、イベントで、キム・ヨンジャさんが歌われる事もあり、岐阜シティ・タワー43周辺の様子見も兼ね出かけて来たのでした。(10月13日の事)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

岐阜シティ・タワー43界隈をスクエア43でイベントが始まる前に散策

2008年10月13日に、岐阜駅へ出かけた時の出来事からも。
Gifu200810131まずは、岐阜シティ・タワー43界隈を紹介するのに、丁度いい、看板を写してきたので、最初に、「JR岐阜駅北口駅前広場案内図」を見て頂いて、まず、案内図を写した現在位置確認を。
U字型の「杜の架け橋」を中心とする歩道橋には、地上と歩道橋を結ぶエレベータが各所に配置されていて、この記事を書くのに、丁度良いマークとなっているので、そのAから始まる記号をポイントに、写真で岐阜シティ・タワー43周辺のJR北口駅前を案内。
Gifu20081013a1Gifu20081013a2A地点の地上にある歩道から、岐阜シティ・タワー43方向の眺めと、JR岐阜駅の看板を写して。
二十年ぶりぐらいに来た名鉄岐阜駅ですが、さすがに、昔の記憶もなく(岐阜へは、江南駅から名鉄犬山線を、犬山回りで)、名鉄岐阜駅を出た時点では、JR岐阜駅の方向もつかめず、名鉄駅を出ると、その前の広い通りが長良橋通とも分からず、とにかく、陽射しを便りに、南の方がJR岐阜駅だろうで歩く事に
Gifu20081013dGifu20081013cd Gifu200810132 D地点付近からの、岐阜シティ・タワー43の方向の眺め。広い通りは、C地点とD地点の中間辺りでシティ・タワー43と反対方向を写し、名鉄岐阜方向から歩いてきた歩道橋が写真左側に写っています。D地点と現在地の中間辺りで写した、岐阜シティ・タワー43方向の眺め。
Genzaichi200810131Genzaichi200810132現在地からの歩道橋から、岐阜シティ・タワー43の方向の眺め。
この記事の1枚目の写真で紹介した案内図は、広角で、岐阜シティ・タワー43をかすめて写した中の手前方向に雰囲気だけがあります。
Gifu200810133来て分かった事ですが、スクエア43広場から東方向の地上には、駐輪場も見え、江南市から自転車で走って来た方が、所要時間は短かったかなと思いました。
駐輪場があるのなら、自宅から江南団地まで25分ほど歩き、団地から江南駅まで、バスも10分ほどかかるので、待ち時間なども含めると、のんびり自転車で走って来てもいいかなと思ったりでした
Gifu200810134Gifu200810135Gifu200810136東側特設ステージ、スクエア43と言われる場所を目の前にして。
正しく言うなら、スクエア43に作られた特設ステージかな?。東側にしかステージが作り様も無い場所だと感じ、東側の文字は要らないだろうとも思いました。
特設ステージ、シートがあるのは両サイドと背面だけの様子に、何故、屋根が付けられてないのかな?、風で吹き飛ばされたくないからか?と思ったりも。(歌謡ショーが始まる前に写し)。
この日は、炎天下となり、ドレス姿で歌唱された、キム・ヨンジャさん、花咲ゆき美さんには、テントの屋根が欲しいステージになっていたと思いました。そして、二人とも、肩が出たロングドレス姿に、日焼けは大丈夫?と思ったりも
スクエア43広場を、ちょっと遠くに眺め、じゅうろくプラザを右手方向に見える位置で。また、歩道橋上のじゅうろくプラザ入口近くには、この日、灰皿がありました。(いつも灰皿があるのかも?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

歌謡コンサートに、大月みやこさん、多岐川舞子さん、浅田あつこさん

テーマ「別れと旅立ちの・・・」の歌謡コンサートに、ファンになった人から三人が登場でした
大月みやこさんは、朝の新聞のテレビ番組欄で歌唱があると知り、他の二人の名前は無く誰を優先と思ったり。
HPには、大月みやこさんも、浅田あつこさんも、スケジュールの予定に記載が無かったり、更新されていなかったりと情報不足もあり。

唯一、前から、歌謡コンサートへの出場を知っていたのは多岐川舞子さんだけでした。
そして、そんな状況で、今回の歌謡コンサートは、私好みの歌が三曲聴ける、三人の方の歌唱になりました。

・森進一さん、冬の旅、新曲は「波止場」も。(1,10曲目)。
・太田裕美さん、さらばシベリア鉄道。(2曲目)。
大月みやこさん、ガタンゴトンの音に続いて、ナレーションありで、新曲「終着駅にて」。(3曲目)。白地に朱色のモミジ柄の着物、帯にまで、目が行きませんでした!。ごめんなさい!!。
・北山たけしさん、汽笛の音に始まり、ナレーションありで、無錫旅情。(4曲目)。
・川中美幸さん、夜のブラットホーム、新曲は「木曽川しぐれ」。(5、8曲目)。
・中村三津子さん、「女の旅路」。(6曲目)。
・たけかわゆきひでさん、銀河鉄道999(スリーナイン)(7曲目)。銀河鉄道999に、”スリルもサスペンスも無い漫画”としか浮かびませんでした。
多岐川舞子さん、インタビューあり、ナレーションありで、新曲「石北本線」。(8曲目)。ジャケットと同じ柄の着物、黄色い木の花の名前は、説明されなかったけど、平成歌謡塾で、ミモザと聞いた記憶がありました。舞子さんの表情に見入っていて、帯にまで目が回らず、ゴメン!!。(インタビューの中で、JR北海道の鉄道写真も紹介されたけど、私も、舞子さんの歌に、「風情にひたり、心を込めよう」と、8月5日に、石北本線リンク集を用意してみたりでした)。
浅田あつこさん、ナレーションありで、新曲「古都の雪」。(9曲目)。衣装は、純白のロングドレスで、キャンペーンの時とは違う衣装でした。そして、花の髪飾り、首飾り、イヤリンク(ピアス?)も全て白で統一された様に見えました
余談
ナレーションは、記述しなかった人にもありましたが、記事が冗長になるので、省略!。
10月14日は、鉄道の日もあってのガタンゴトンと汽笛の音の効果音かな?と思いながら、私も、今度、電車を相手に、駅のホームから電車の音と共に電車の動画撮影をしようかなとも思ったりも
そして、テーマ、「別れと旅・・・」に、大月みやこさん、多岐川舞子さん、浅田あつこさんの歌が似合うと感じたりでした。
独り言
少し、記事追記で、更新です!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クジラ雲、雲が造る二頭の親子クジラ

Kujira20081013空のくもの様子に、写真に収めた、親子くじらの様な姿に、タイトルをどうするかと、「雲が造る二頭の親子クジラ」、「雲の親子クジラ」、「雲のクジラ」とキーワードを短くしていったら、「くじらぐも」にヒット、雰囲気からか、響きがいいからか、沢山の「くじらぐも」と名付けられたページに、写真の掲載意味を失った検索にもなってしまいました。(母クジラの下に、子クジラがいる様な様子に、写そうか迷っている内に、雲の形は崩れていきましたが!!)。
余談
本の著名さに、沢山ヒットした、「くじら雲」、「くじらくも」のキーワードに、どうして名付けられたのか、最初は、さっぱり、意味がつかめませんでしたが、小学生向けの国語の教科書に「くじらぐも」の文字(絵本?)、そして、創作音楽劇にも「くじらぐも」が、あるようでした。
そして、見つけた、参考リンク
中川梨枝子「くじらぐも」、小学生が体操をしていたら、空のくじら雲も一緒に体操をする話。 - 大分県立図書館
音楽物語「くじらぐも」楽譜本、原作:中川梨枝子。(ミュージックシアターネットワーク、音楽物語研究会)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節を感じた、コスモスに、旅する鳥?たち

Cosmos200810121Cosmos200810122Tori20081012代わり映えしない、どこにでもあるようなコスモスも、背が高くなって花も増え、花が目に付くようになりました。
そして、朝方の列を成すに、ちょっと、写そうとした時には、もう、隊列が乱れてましたが、とりあえず写し、掲載でした。(首の長さに、鴨の渡りだと思うのですが、川鵜だったらゴメン!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューびわこ健康サマーランドへ、花咲ゆき美さんの歌謡ショーに出かけ

10月12日は、ニューびわこ健康サマーランドまで、バスと電車を乗り継いで、JR瀬田駅へ、そして、駅からは、地図を頼りに、一号線を15分ほど歩いて、花咲ゆき美さんの歌謡ショーがあった、健康ランドへ。
JR瀬田駅を出ると、ロータリーがあり、空色をしたシャトルバスもあるとの事でしたが、着いた時間が悪かったのか、停車場も見つけられずに、今回は、健康サマーランドまで歩く事に。(帰る時に停車場を確認するつもりが、ほろ酔いで、すっかり忘れてしまいました!)。
Biwako200810121Biwako200810122靴をロッカーへ預け、そのカギは、認識腕輪と交換で預け、予約しておいた歌謡ショーの券も購入、会場は、早い者勝ちで、中央少し後の写真の様な見通しの席を取る事ができました。(自宅を午前7時に出て、健康サマーランドに着いたのは午前11時ちょっと過ぎ)。
びわこ健康サマーランドの歌謡ショーに来られている人は、私を除くと、地元滋賀県の人ばかり、そして、皆さん、あちこちのカラオケ仲間の様で、カラオケの先生と一緒に来られている人たちと、隣に座られた方が言われていました(月1回、サマーランドを会場に、歌手の方を呼んで、カラオケ・歌謡ショーを楽しまれている感じでした)
歌謡ショーが始まる前に、テーブル上の膳など(この日は、三段の弁当)は下げられ、司会者の案内で、花咲ゆき美さんが登場。この時には、もう、会場で出入り口の横には、特設CD・カセットの即売場準備も完了。(この日に、私が飲んだお酒は、酒に二合に、ビール生小2杯ほど)。
Yukimi200810121Yukimi200810122Yukimi200810123歌謡ショーでは、100人ほどが入ったいた会場全体を、ワイヤレスマイクを持たれ歌われながら回られ、握手も、全員とされ、そして、ゆき美さんの歌謡ショーは、家族的な雰囲気の中で行なわれました。
Yukimi200810124音が良いのは、ケーブルマイクなので、ステージに戻られた時には、マイクを持ち換えれ、その、振り返った、ゆき美さんのドレス姿に、ドレスの胸には、テレビドラマでしか見た事が無いような、割り箸に挟んだ、お札のおひねりがありましたおひねり姿のゆき美さんの写真は気に入らずに消去でしたが、脚光で接写になった暗い写真では(掲載してません)、ハンカチで肌を保護された姿があり、皮膚が弱そうに感じていたので、一安心でした!
お客さんからのお花を受け取られた時には、もう、おひねりは消えていましたが。
お酒も入っていたお客さんからは、集合写真を頼まれるヒトコマも、その時は、ゆき美さんが隣に座られたのに、自分のデジカメに収めるタイミングを逃したりの、心残りの出来事もありました。(ゆき美さん、我が侭な客で、ごめんなさいね!!)。
余談
写真2枚目、食事の時間は、カラオケタイムで、誰でも、申し込めば歌えます。私も、酒の勢いと、隣の人の声に、カラオケを申し込んだけど、花咲ゆき美さんの歌謡ショーが始まる時間となり、歌わずに済みました。多分、歌謡ショーの後で歌っても良かったのでしょうが?。
暗い会場に、写りは全滅に近いのですが、もう少し見せたいなという写真もあるので、ニューびわこ健康サマーランドの歌謡ショーの楽しみ方で、花咲ゆき美さんの存在を知ってもらう為の記事を書くか迷ってます。
「健康サマーランド」、「健康ランド」の文字が、どうも、検索条件で書かれる事が無さそうなので。(書いても、ブログとほとんど同様の記事になるかと思うけど!!)。
Biwako200810123出入り口にみえた健康サマーランドのスタッフの方を写そうとして逃げられたシーンから。写真に見えるテーブル隅は、向かって扉左側にCD・カセット即売に用意されたテーブル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

ヒイラギモクセイ、JR岐阜駅近くの歩道角にありました

Mokusei200810133Mokusei200810132Mokusei200810131ヒイラギモクセイの香りに、私は、ちょっと、癖のある香りと感じました。
どう表現したらいいのか思い浮かびませんが、キンモクセイより、芳香が強いように思いいました。
岐阜駅に出かけた折に、時間潰しで歩き回る中、休みで閑散としていた繊維街の通り片隅に、白い花が満開のヒイラギモクセイの木を1本見つけ、夢中になって写していました。
余談
たしか、くすり博物館の樹木園で見た、ギンモクセイ(花は白で、葉の縁にギザギザがない木)は、香りが無く、無臭だと思っていたから、このヒイラギモクセイの香りには驚きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

雲の造る形、アルファベット小文字のy、そして、文字は、白鳥へと変化

Sora200810111Sora200810112Sora200810113写した雲の様子に。
大きな繭の様な雲の近くにあったy字型の雲、大きな雲から離れて、消えてしまうかと思った雲は、見る方向にもよりましたが、ちょっと形を変え、白鳥の飛ぶ姿の様に変化でした。
余談
Sora200810114Sora2008101151枚目の写真の左上にあったスカイブルーの丸みをおびた色に、これは何と、他の写真も眺め切り出してみたけど、写っていたのは、これを含め、似たようなアングルで写した3枚だけでした。(一瞬、この写りに、「デジカメが壊れたのかな?」と思ってしまいました)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姪っ子の女の子が見せに持ってきたのは抜けた乳歯

Nyushi20081010乳歯が保育園で抜けたと、姪っ子の子供の女の子がやってきたので、歯が抜けた日付を入れさせて、色紙じゃないけど記念に撮影でした。
色紙にテープでとめた乳歯、歯が抜けた日(2008年10月3日)が書いてなかったので、数字の書き方などを教えて、色紙の余白を埋めて、記念撮影!!。
余談
こんな出来事でもないと、私が「乳歯、保育園、姪っ子、子供、女の子」などと言う文字を使う機会もないからとブログ記事に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月夜と雲と虫の音に、秋の夜は、やっぱり、虫の音と感じた動画撮影に

Tuki20081010本当は、音がデジタル録音できて、パソコンに取り込めれば、虫の音だけでも、よかったけど、機材も無く、デジカメの動画機能で代用でした。
そして、雲の無い月夜だけでは、動画にするには寂しいので、雲がある時に写しましたが、今回は、ちょっと、雲が厚すぎた様です。
また、撮影結果に、月が出ている夜でないと、虫の音も小さく感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

キンモクセイの香りの表現に、ちょっと気になって、検索

ふと見たページの記述に、「キンモクセイの甘酸っぱい香り」の記述に、「”キンモクセイ” ”甘い香り”」と「”キンモクセイ” ”甘酸っぱい香り”」を検索してヒット数をチェックでした。
以下が、Yahooの記事検索で、キンモクセイの香りを、どう、表現されているかの結果。
甘い香り -------- 約132,000件ヒット。
甘酸っぱい香り -- 約1,860件ヒット。
そして思った事は
甘い香りとしか感じない私は、「甘酸っぱい」の表現を、どんな記事の中に使われているまでは、立ち入りませんでしたけど、
キンモクセイの花の時期に、「初恋に破れたのかな!?」でした。
11日追記
Kinmokusei200810111Kinmokusei200810112やっぱり、キンモクセイの写真が無いと、記事も映えないかと、今日、晴れたので、写してきました。
でも、前日の雨もあり、大きなキンモクセイの木は、地面に花が沢山落ちていて、花の盛りが過ぎた感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛行中の自衛隊機、輸送機でしょうか?(ピンボケとブレと騒音を楽しんで!!)

Hikouki20081009頭上を通過する自衛隊機を、静止画で写すか、動画で写すか迷い、結局、動画に。(最接近では、はるかにフレームをはみ出し、ピントもズレてしまいましたが、これは、動画から、ましな部分のワンカットです)。
初めて写した飛行機の動画、写してみて分かった事は、最大望遠、手持ちでは、安定して写せる訳も無く、ブレブレの確認だけに!!
でも、そんな動画ですが、ジェットエンジンの爆音、騒音を、携帯の音録音機能を使って録音すれば、目覚まし音ぐらいには使えそうでした。
よろしければ、爆音を楽しんで頂けたらと、ここへ、動画をはりつけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

オシロイバナのシベと花粉の粒

Oshiroibana20081005写したオシロイバナの一花から、「シベと花粉の粒」の部分を切り出して、花粉の粒の大きさを、巻いたシベの太さと比較でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉色を楽しむ植物

Kansyou20080928Kansyou200809282写したけど、「葉色を楽しむ植物」以外に、言葉が浮かびませんでした。(2枚目の写真は加工あり)。
”緑地に絞り模様”の特徴的な葉も写したけど、「さて、どんな名前の草花かな?」の結果に!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

夏みかん、冬に食べられるけど、なぜ、夏みかん!!

Natsu_mikan200810021Natsu_mikan200810022記事の目的は、夏みかんの写真。「ナツミカンの写真だよ!!」だけでは寂しいので、夏みかん見ると、いつも思う事を、駄文だけど、タイトル文にしてみました。
甘ずっぱさ好きには、たまらない、美味しいナツミカンですが、一年間、実を木につけたままにしておくと、どうなるのかな?。鳥の餌になって終わりなのかな?。
しかし、夏まで待っても、すっぱい夏ミカンが、甘くなる訳では無さそう!!。
余談。
詳しい事は、検索で見つけた「夏みかんの歴史/萩みかんのたけなか」へ。サイトを覗くと、夏みかんは、加工食品向きのミカンなんだと、実感でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

ヒガンバナ(彼岸花)、写したかったのは花と伸びるシベの赤

Higanbana200810051Higanbana200810052ヒガンバナ(リコリス属)の花、その、毒々しさを感じない、鮮やかな赤色に、ほとんど、盛りを過ぎた花ばかりでしたが、その中から、写し時の花を選んで!!。
余談
色々なリコリスの写真が一杯のページがリンク切れになってしまっていたので、今回、新たに、リコリスを検索して、「草と木と花の博物誌 Natural History of Plants」を見つけたので、ここからもリンク。(リコリスの沢山の種の花写真を見たくて、以前、存在した「リコリスの城下農園」をお探しの方は、ぜひ草と木と花の博物誌を訪ねられたらと思います!!。但し、色々な花色・花姿のリコリスの球根を探している人には向きません!
独り言
HPトップのバオバブの写真が掲載されている様子から、改めて、リンクしていた所かなと、本館トップページを検索したら、既に、リンクしているサイトでした。
そして、”バオバブにしか目が行っていなくて、「草と木と花の博物誌」の管理人さん、ごめんなさい!!”でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツバボタン(松葉牡丹)、朝露の中では花は閉じていました

Matubabotan20081005_2マツバボタン(スベリヒユ科)、ちょっと、花びらの大きさに、違和感を感じたマツバボタンですが、大輪マツバボタンと言う品種がある事を知りました。
午前9時ごろの朝の散歩道に、畑の一角にあったマツバボタンは、花が閉じていたので、花が開くだろう日中にも、もう一度でかけ、写して見たい花でした!。(残念ながら、午後は雨で出かけずじまいに!!)。
余談
同じ科の、葉の丸い、花の小さい、ポーチュラカも、どこかで見た記憶も、そして、多分と思う心当たりもあるので、今度出かけた時には、写して追加掲載しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌手、丘みどりさんのブログに掲載された写真に、天橋立に行ってみたくなりました

歌手、丘みどりさんの、日本三景から始まる、リフトから見た風景の天橋立の記事に、天橋立へ行ってみたくなりました
35年ほど前、天橋立駅(あまのはしだてえき)で降り、天橋立を見る事も無く、仕事だけの出張に終わった思い出のある場所だけに、行ける機会があるかは別にして、より行ってみたい気持ちが大きくなりました。
「丹後 宮津」を検索して。
丹後・宮津tvへようこそ!(tango・miyazu-tv)
丹後海陸交通  天橋立・丹後半島の旅
「天橋立駅 名古屋駅」を検索して。
天橋立観光協会-宮津・天橋立観光案内ウェブサイト
昔を思い出して、名古屋駅-東舞鶴駅-天橋立駅のルートも検索、そして、このルートでは、昔と殆ど変わらない所要時間が必要な事を確認でした。
また、京都経由で、所用時間も短縮され、それでも料金が誤差の範囲内である事を知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

何か鳥がいる事は分かったのですが、ヒヨドリと分かったのは写した写真を見てでした

Hiyodori20081005Sakura20081005雑木林にいる飛ぶ鳥を写しては見たのですが、鳥の種類が分かったのは、写した結果を見てからでした。
ほんとは、「小さい秋見つけた」を狙って散歩に出たつもりだったのですが!!。
余談。
サクラの葉の、小さな紅葉は、写してはいたのですが、ほとんど脱線した、秋の彩り探しになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンちゃんに吠え立てられたけど、気落ちせず写していました

Inu20081005滅多に写さないワンちゃんも、今日の散歩では、吠え立てられたので、お返しに、写真を写してあげました!。
そして、どうも、カメラ目線は苦手とし感じたワンちゃんでした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コオロギを撮り逃がした、歩道脇の芝生

Dote20081005久しぶりにコオロギを見たけど、飛び跳ねて逃げる、逃げ足の速さに、終には、コオロギが写っていなかった芝だけの写りに我慢でした!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

江南の花火、写しに行ったけど?

Tuki20081004Hanabi200810041Hanabi200810042花火の上がる日の月、太陽を追って、西に沈む月だから、花火を写すには、月の明るさは邪魔しなかったけど、動画と静止画の両方を写そうと欲張った事で、何も残らない結果に。
強いて書けば、デジカメの動画機能で、ピントって合うものなのか?の疑問が出たぐらい。滅多に写した事がデジカメの動画、カラスでも狙って練習するか!結果に!!。
そして、納得のいかなかった花火を写した動画のUPは、後日に!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

花咲ゆき美オンステージに出かける為に、ニューびわこ健康サマーランドを検索

ニューびわこ健康サマーランド滋賀県大津市月輪一丁目9-18)の場所と、花咲ゆき美さんの歌謡ショーの時間に間に合う為の下調べに、あれこれ検索。
健康ランドのHPには、JR瀬田駅からシャトルバスが、20分間隔である様に書かれているので、交通の便は良さそう。
名古屋からのJR電車も、特別快速、新快速、快速を乗り継げば、二時間ほど
自宅からだと、徒歩、名鉄バス、名鉄電車の乗り継ぎもあるので、さらに、一時間半は余分に見て、遅くても、自宅を朝7時半に出かけないといけない事に。
瀬田駅へは、JR名古屋を9時10分発に乗れば、乗り換え2回あるけど、11時5分に着き、11時半からの食事にも間に合いそう!!
参考)今日、電話予約した時の話では、午後1時までに入ってもらえれば、食事は、歌謡ショーの後に食べてもらっても良いとの事でした。
余談
ニューびわこ健康サマーランド、ニューびわこ健康ランドが沢山ヒットするのは、ラジオ番組の提供元にもなっているからでした。(ラジオ番組に、「ナッツメロンショー」とあったけど、勝手に、”懐かしのメロディを略し「懐メロ」に、さらに、文字遊びをして、ナッツメロンとしたのかな?”と思ったりでした)。
歌謡ショーの後で立ち寄るとしたらと思い、ネットで地図散策に、近くにあるのは、一里山公園ぐらいに、どんな所かと検索。
財団法人 大津市公園緑地協会のHPにあった「一里山公園 緑のふれあいセンター」の内容に、植物を眺めながらの散策ぐらいは楽しめそうなので、立ち寄る予定にも。
10月14日誤記訂正と追記
サマーランドに出かけ、ほろ酔い気分に、自宅まで4,5時間かかると思うと、一里山公園を歩く元気も無く、帰宅に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

調理食材写真集?、なんと言われようが素材写真です!!

Mirinboshi20080807Somen20080808Tantanudon20080812_2Natou20080812Kare20080815Udon20080816Tantanmen20080906Tantanudon20080921Itamemono20080921Furikake20080929Unagi20080929Okashi20080929Asazuke20080930Mentai20080930Teba20080923x小魚の味醂干し、素ソーメン?、調味料を掻き混ぜる前のタンタンうどん、ネギを掻き混ぜたナットウ(カップ麺からも)、ソースをかけたインスタントカレー、たぶん揚げを沈めた「きつねうどん」、タンタン麺、タンタンうどん、ニラ・モヤシ・豚炒め、ふりかけご飯に、鰻の蒲焼の玉子とじとろけるチーズを挟んだチーズクラッカー、ダイエットならバナナよりカロリーが低い「キュウリとキャベツの塩揉みサラダ」(生より食べやすい浅漬け!!)、オーブントースターで焼いて油抜きした明太子、味醂干しと同じ様に接写した手羽唐。
余談
接写で写した調理済み食材写真集、食品素材写真集の言葉の方が当てはまるのかな?。写真を貼り付けるだけの素材用途には向きませんが、解説の為の写真としていかがでしょうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミョウガ、ツワブキ、ヒオウギ、葉茎の根元を掻き分けて写したりも!

Myouga20081002Tuwabuki20081002ミョウガの花、ツワブキの花の蕾、どちらも、根元にあったものを、接写でした。(道路際の庭の片隅から)。
デジカメを手に、ミョウガの葉茎、ツワブキの葉茎を、掻き分け、ファインダーを覗いての撮影だったので、傍らを人が通ったら、見た人からは、葉の中に頭を突っ込んで、落し物でも探しているのか、何をしているの?、だったかも!?。(ミョウガの花の写りは雰囲気だけに!)。
Hiougi20081002爆ぜたヒオウギの実に見えたのは、黒い皮の付いた、黒光りする種子。(庭から、少しの風でなびく、見の爆ぜた種子を、”エィ!”と息を止め接写でした)。
取り蒔きで、土に埋めてやっても、発芽率が高い、ヒオウギの種子だったかな?。今ある一株は、毎年、根が残って、春に芽吹くヒオウギなのですが!!。
余談
ミョウガの花に夢中になっていたら、ミョウガとツワブキが混栽状態なので、ツワブキの根元にあった小さな花の蕾にも目が止まりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

手羽の唐揚げ、江南市には、風来坊と鳥屋

9月23日の事。アピタ西店にCDの注文に走った折に、ネットで調べ、大阪、北新地で入った「鳥屋」(ホテルモントレ グラスミアハウスの裏通り)のお店と系列が、一緒か、どうか知りませんが?、同じ「鳥屋」の名前に、手羽唐の味が同じ事を確認でした。
アピタ西店の北新地「鳥屋」では、即持ち帰れるように、揚げ置きが高く積み上げられ、量り売りになっていました。
Teba200809231Teba200809232持ち帰ってた時の、最初の食べ方は、冷めたままで食べました。そして、冷えても美味しく食べられる事を確認
お店の方がページを見て、写真に写した手羽唐、美味しさが伝わる写りでないと感じられたら、ごめんなさい!!)。
また、手羽唐が入った袋には、電子レンジとオーブントースターでの温め直し方も、きちんと書かれていました。
そして、風来坊は、お店で食べるのが基本なので、持ち帰りも待たなくてはならないので、鳥屋は、ちょっと食べたくなった時に、これからも、利用したいと思います。
余談
以前、風来坊で、手羽唐を持ち帰りした時は、温め直し方を聞かずに帰って、勝手な時間で、電子レンジを使い温め直し、失敗した苦い経験もあり、鳥屋の手羽唐も、袋の説明を信じない訳ではなかったのですが、今回は、冷めたまま食べる事になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トックリキワタの成長した棘を見て、サイの小さな角が浮かびました

Kiwata200809271Kiwata200809272トックリキワタの成長し始めのトゲは、薔薇の棘の様ですが、さらに、棘が成長すると、角の文字が似合うほどの形に成長。(写真とテレビでしか、サイの角を見た事はないですが)。
トゲと成長する木の表面の様子しか写していませんが、庭の鉢植えで、太さも10cmほど、木の高さも2mほどで、花が見たくて購入した、トックリキワタの木からです。
余談
自分が生きている内に、花は見られるだろうか?、見られたらいいなぁ!!、と思って応接間から見える、軒下に置いてある、トックリキワタの木を眺め、そろそろ、植え替えないと根詰まりも限界かなと案じたりも。
他の生物(せいぶつ)と違い、樹木は、環境さえ良ければ長生きだから好きなのですが!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手筒花火を動画に残したくなった理由

Tezutsu_hanabi200809281Tezutsu_hanabi200809282Tezutsu_hanabi200809283弥栄神社での奉納手筒花火(愛知県額田郡幸田町)をデジカメで写していて。
小さな手筒花火は、手にした状態で点火されるのに対して。
両手で抱える手筒花火は、地上に、寝かせた(横向き)状態で、点火し、横向きに噴出す火柱の筒を持ち上げ抱き起こす動作に、写真だけでは、迫力に欠けるかなと思い、一通りだけですが、デジカメの動画に記録でした。
9月28日に、写した手筒花火の壁紙写真も、本館サイトの1ページに、4枚用意。その内、2枚は、縦に伸びる火柱を写している関係で、組写真壁紙になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »