« ヒイラギモクセイ、JR岐阜駅近くの歩道角にありました | トップページ | 季節を感じた、コスモスに、旅する鳥?たち »

2008年10月14日 (火)

ニューびわこ健康サマーランドへ、花咲ゆき美さんの歌謡ショーに出かけ

10月12日は、ニューびわこ健康サマーランドまで、バスと電車を乗り継いで、JR瀬田駅へ、そして、駅からは、地図を頼りに、一号線を15分ほど歩いて、花咲ゆき美さんの歌謡ショーがあった、健康ランドへ。
JR瀬田駅を出ると、ロータリーがあり、空色をしたシャトルバスもあるとの事でしたが、着いた時間が悪かったのか、停車場も見つけられずに、今回は、健康サマーランドまで歩く事に。(帰る時に停車場を確認するつもりが、ほろ酔いで、すっかり忘れてしまいました!)。
Biwako200810121Biwako200810122靴をロッカーへ預け、そのカギは、認識腕輪と交換で預け、予約しておいた歌謡ショーの券も購入、会場は、早い者勝ちで、中央少し後の写真の様な見通しの席を取る事ができました。(自宅を午前7時に出て、健康サマーランドに着いたのは午前11時ちょっと過ぎ)。
びわこ健康サマーランドの歌謡ショーに来られている人は、私を除くと、地元滋賀県の人ばかり、そして、皆さん、あちこちのカラオケ仲間の様で、カラオケの先生と一緒に来られている人たちと、隣に座られた方が言われていました(月1回、サマーランドを会場に、歌手の方を呼んで、カラオケ・歌謡ショーを楽しまれている感じでした)
歌謡ショーが始まる前に、テーブル上の膳など(この日は、三段の弁当)は下げられ、司会者の案内で、花咲ゆき美さんが登場。この時には、もう、会場で出入り口の横には、特設CD・カセットの即売場準備も完了。(この日に、私が飲んだお酒は、酒に二合に、ビール生小2杯ほど)。
Yukimi200810121Yukimi200810122Yukimi200810123歌謡ショーでは、100人ほどが入ったいた会場全体を、ワイヤレスマイクを持たれ歌われながら回られ、握手も、全員とされ、そして、ゆき美さんの歌謡ショーは、家族的な雰囲気の中で行なわれました。
Yukimi200810124音が良いのは、ケーブルマイクなので、ステージに戻られた時には、マイクを持ち換えれ、その、振り返った、ゆき美さんのドレス姿に、ドレスの胸には、テレビドラマでしか見た事が無いような、割り箸に挟んだ、お札のおひねりがありましたおひねり姿のゆき美さんの写真は気に入らずに消去でしたが、脚光で接写になった暗い写真では(掲載してません)、ハンカチで肌を保護された姿があり、皮膚が弱そうに感じていたので、一安心でした!
お客さんからのお花を受け取られた時には、もう、おひねりは消えていましたが。
お酒も入っていたお客さんからは、集合写真を頼まれるヒトコマも、その時は、ゆき美さんが隣に座られたのに、自分のデジカメに収めるタイミングを逃したりの、心残りの出来事もありました。(ゆき美さん、我が侭な客で、ごめんなさいね!!)。
余談
写真2枚目、食事の時間は、カラオケタイムで、誰でも、申し込めば歌えます。私も、酒の勢いと、隣の人の声に、カラオケを申し込んだけど、花咲ゆき美さんの歌謡ショーが始まる時間となり、歌わずに済みました。多分、歌謡ショーの後で歌っても良かったのでしょうが?。
暗い会場に、写りは全滅に近いのですが、もう少し見せたいなという写真もあるので、ニューびわこ健康サマーランドの歌謡ショーの楽しみ方で、花咲ゆき美さんの存在を知ってもらう為の記事を書くか迷ってます。
「健康サマーランド」、「健康ランド」の文字が、どうも、検索条件で書かれる事が無さそうなので。(書いても、ブログとほとんど同様の記事になるかと思うけど!!)。
Biwako200810123出入り口にみえた健康サマーランドのスタッフの方を写そうとして逃げられたシーンから。写真に見えるテーブル隅は、向かって扉左側にCD・カセット即売に用意されたテーブル。

|

« ヒイラギモクセイ、JR岐阜駅近くの歩道角にありました | トップページ | 季節を感じた、コスモスに、旅する鳥?たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148169/42786027

この記事へのトラックバック一覧です: ニューびわこ健康サマーランドへ、花咲ゆき美さんの歌謡ショーに出かけ:

« ヒイラギモクセイ、JR岐阜駅近くの歩道角にありました | トップページ | 季節を感じた、コスモスに、旅する鳥?たち »