« マツバボタン(松葉牡丹)、朝露の中では花は閉じていました | トップページ | 夏みかん、冬に食べられるけど、なぜ、夏みかん!! »

2008年10月 6日 (月)

ヒガンバナ(彼岸花)、写したかったのは花と伸びるシベの赤

Higanbana200810051Higanbana200810052ヒガンバナ(リコリス属)の花、その、毒々しさを感じない、鮮やかな赤色に、ほとんど、盛りを過ぎた花ばかりでしたが、その中から、写し時の花を選んで!!。
余談
色々なリコリスの写真が一杯のページがリンク切れになってしまっていたので、今回、新たに、リコリスを検索して、「草と木と花の博物誌 Natural History of Plants」を見つけたので、ここからもリンク。(リコリスの沢山の種の花写真を見たくて、以前、存在した「リコリスの城下農園」をお探しの方は、ぜひ草と木と花の博物誌を訪ねられたらと思います!!。但し、色々な花色・花姿のリコリスの球根を探している人には向きません!
独り言
HPトップのバオバブの写真が掲載されている様子から、改めて、リンクしていた所かなと、本館トップページを検索したら、既に、リンクしているサイトでした。
そして、”バオバブにしか目が行っていなくて、「草と木と花の博物誌」の管理人さん、ごめんなさい!!”でした。

|

« マツバボタン(松葉牡丹)、朝露の中では花は閉じていました | トップページ | 夏みかん、冬に食べられるけど、なぜ、夏みかん!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒガンバナ(彼岸花)、写したかったのは花と伸びるシベの赤:

« マツバボタン(松葉牡丹)、朝露の中では花は閉じていました | トップページ | 夏みかん、冬に食べられるけど、なぜ、夏みかん!! »