« 「湯気を写すなら逆光!」、そう思ったのは、三時のお茶の時間 | トップページ | 航空ショーの自衛隊機、そして、夕方は、三日月の空を眺めていた一日に »

2008年11月29日 (土)

演歌歌手、山口かおるさんを追いかけて、浜名湖競艇場サンホールへ

Kaoru200811281 Kaoru200811282山口かおるさんの応援に、まずは、出かけた事の証明(ここでは、ちょっぴりだけ)。(11月28日の事)。
そして、思案中の、かおるさんの記事の下書き(ちょっと長すぎる下書き!!)に、思い浮かんだキーワードを、まずは、羅列でした。
Kyotei20081128Tokei20081128この日は、競艇場へは、無料で入場可能の日で、一日二回の歌謡ショーの間の時間待ちに、モーターボートを写した後は、弁天島へも電車で行き、競艇場への出入り自由も楽しんできました。(競艇場のボートを写すテレビカメラに初めて気がつき、また、大きな時計の様な物に、これは何?でした)。
Kachidoki20081128また、時間待ちと食事をどうしようかとに、場内の守衛さんに、新居町の見所、食事所も聞き、お酒が飲める所なら、新居町駅と競艇場の中間に、お店がある事を教えていただきました。(食事よりビールとツマミを選ぶ私は、何も考えずに、「飲み処かちどき」へ)。
Tateiwa20081128競艇場に出かけた車窓からは、二川の立岩の看板に、目に付いた岩が、立岩と知り、帰りの電車では、車窓から連射でしたが、座った席からは、ちょっと難がありました。(この岩に、なぜ、立石ではいけないのかなと頭の中で独り言)。
Bentenjima200811281Bentenjima200811282Bentenjima200811283弁天島では、アングルに収めようと後ずさりして、植栽に気がつかず、後ろ向きに転倒。(弁天島と言えば、海の中の赤い鳥居、そこで写した、ちょっと縁が無い、この洋風の海辺の風景)。
Syokusai20081128転んで、まず浮かんだのが、「怪我・気絶でもして、かおるさんの二回目に歌謡ショーに間に合わなかったらどうしよう!!」でした。(この植栽を跳び箱に、左手にデジカメ、右手にカメラバッグを持ったバクテンでしたが、カメラも私も無傷でした)。
Bentenjima200811284Bentenjima200811285そして、その後は、別の所に移動して、松の木に夢中でしたが、今度は、ちゃんと、後を注意して、海に落ちないかを確認しながらの松の木撮影でした。(弁天島駅界隈散策?)。
Araimachi20081128Bentenjimaeki20081128JR新居町駅、JR弁天島駅のホームでは、肝心の普通電車より、並行して走っている新幹線の車両通過を楽しむ事が出来る事を知った、電車の時間待ちにもなりました。
そして、11月28日は、ファン冥利に尽きるコメントも頂いたりの出来事に。

|

« 「湯気を写すなら逆光!」、そう思ったのは、三時のお茶の時間 | トップページ | 航空ショーの自衛隊機、そして、夕方は、三日月の空を眺めていた一日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演歌歌手、山口かおるさんを追いかけて、浜名湖競艇場サンホールへ:

« 「湯気を写すなら逆光!」、そう思ったのは、三時のお茶の時間 | トップページ | 航空ショーの自衛隊機、そして、夕方は、三日月の空を眺めていた一日に »