« 松永ひと美さんを追いかけて、多治見市文化会館へ | トップページ | カラスのシルエット写真集にどうかなと思った日にも!! »

2008年11月 9日 (日)

小桜舞子さんを追いかけて、犬山キャスタへ

Maiko20081103Maiko20081103211月3日の事。
演歌歌手の小桜舞子さんに、キャンペーンでお目にかかるのは初めてという事は別にして、犬山キャスタで、同一歌手の一日二回のキャンペーンは初めてでしたが、一回目に、キャンペーン歌唱で、アンコールに応えて、歌われたのを聞いたのも、小桜舞子さんが初めてでした。
そんな、始めてづくしも楽しめた、小桜舞子さんの新曲「おばこ吹雪」キャンペーンに、生憎の曇り空でしたが出かけて来ました。(相変わらず、ここは、欲求不満の募る記事にしてありますので、関心もたれた方は、応援ページへ)。
Shikizakura20081103そして、キャスタに、舞子さんを追いかけて出かけた事で、今年、初めて、チラホラ咲きでしたが、シキザクラ(四季桜)の花を見て、その形も、はっきり確認する事が出来ました。
余談
晩秋から初冬に咲く桜の花(冬の花?)は、花が小さいので、愛称を「小桜」に、勝手に決めて、小桜繋がりに、そして、一言
春先の時の四季桜は、枝に咲く沢山の桜の様子を写しただけで、朽ちた花にも混ざって咲いていて、接写する事もなく、雰囲気だけで、よく見かける十月桜と勘違いしていました。
Kurumi200811031Kurumi200811032Kurumi200811033犬山への途中で、朽ちたクルミ(胡桃)は、真っ黒を紹介したくて写して、そして、クルミの木の全体の色付きは、まだ、先の様でした。
Kakuremino20081103Hanamizuki20081103Inuyama20081103一回目のキャンペーン即売会、ツーショット、ワンショット撮影の終了後は、二回目が始まる30分前まで、四季桜撮影の散策などに。
キャスタ内のプリントショップでは、舞子さんに1枚と写してきたシキザクラの印刷にとまどったりも。
その後、駅近くのコンビニへ。東屋と灰皿のあるベンチでは、カクレミノの黒い実ハナミズキの赤い実を写したりも。
帰り道では、横切る踏み切り手前で、駅ホームの電車を写したり、雨の降りそうな様子に、後は、一目散に、自転車を走らせ帰宅でした。

|

« 松永ひと美さんを追いかけて、多治見市文化会館へ | トップページ | カラスのシルエット写真集にどうかなと思った日にも!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小桜舞子さんを追いかけて、犬山キャスタへ:

« 松永ひと美さんを追いかけて、多治見市文化会館へ | トップページ | カラスのシルエット写真集にどうかなと思った日にも!! »