« 極上宮の雪は、甘酒の風味付けに、ちょっと違った楽しみ方でした | トップページ | チンゲンサイ、タカナ、ナンテン、ナツミカン、サザンカ、スイセン、冬の植物の彩を楽しむ »

2009年1月 4日 (日)

浜名湖競艇場へ小桜舞子さんを追いかけて

Maiko20090103競艇場へ出かけたのは、一月三日。
サンホールでの、午後の12分と言う短いステージにもかかわらず、小桜舞子さんは、午前の部とは違う着物で登場でした。そして、その振袖は、ディナーショーでも着られたそうでした。
1月6日追記
写した写真で気が付いた事は、午前と午後の部で、髪飾りの一つが、ランの花飾りから、サザンカの花飾りか、バラの花飾りに変わっていた事でした。そして、ここに写真が無いと、小桜舞子さんを知らない人に、関心を持って頂けないかと写真を追加でした。

Araimachi20090103今回、一部と二部の空き時間、三時間ほどは、ちょっとの時間を居酒屋で過ごし、ほか、ほどんどの時間を、新居町界隈散策で過ごしました。そして、気になっていた、新居関所にも行って見ました。
1月6日追記、
正月に、漁船に掲げられた大漁旗は正月飾り、その様子を、海辺に住んでない私は、初めて見て、どこから見た様子が一番なのかなと、ちょっと思ったりでした。

そんな内容をHPの小桜舞子さん応援ページ(出かけた場所に関連した写真も含む)に写真と共に追加でした。

余談。
新居町駅の入場券は140円、浜名湖競艇場の入場料は100円、出入りしたので、二回分の入場券と一回分の入場料が、新居町界隈散策には、余分にかかりました。
また、
新幹線撮影を楽しむだけなら、新居町駅への入場券で済む事に、あらためて、気が付きました。

独り言。(1月6日追記)
サイン後の握手の機会が二度もあったのに、舞子さんを目の前にして、「あけましておめでとう」の言葉が浮かばなかった事が、つくずく、悔やまれます!!

|

« 極上宮の雪は、甘酒の風味付けに、ちょっと違った楽しみ方でした | トップページ | チンゲンサイ、タカナ、ナンテン、ナツミカン、サザンカ、スイセン、冬の植物の彩を楽しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148169/43635221

この記事へのトラックバック一覧です: 浜名湖競艇場へ小桜舞子さんを追いかけて:

« 極上宮の雪は、甘酒の風味付けに、ちょっと違った楽しみ方でした | トップページ | チンゲンサイ、タカナ、ナンテン、ナツミカン、サザンカ、スイセン、冬の植物の彩を楽しむ »