« 月と太陽の見かけの大きさの比較 | トップページ | HP「樹木の四季」の更新案内 »

2009年1月 7日 (水)

井村屋、ゆであずき(430g)は、缶入りしるこ、缶入りぜんざい、二缶と同じ値段ぐらい

演歌歌手の方のブログに、載ったぜんざいの写真に、ぜんざいが食べたくなり、ふと浮かんだ「ゆであずき」の文字を、購入リストに書き加えて。
Label20090106この井村屋さんのゆであずき缶を見る限り、食べ方のヒントも書かれておらずたいやきの餡の様な様子に、ラベルを読み、単なる、小豆だけを茹で、缶に詰めたものだと思っていたら、砂糖、小豆、でん粉、食塩の文字が並んでおり、味は付いていそうなので、水だけ加え、温める事に。
Yudeazuki200901061Yudeazuki200901062鍋に、ゆであずきの餡をあけ、水の量は、空になった缶を計量器に使い、多すぎたら煮詰めればいいと、まず同量の水を加え温め
Shiruko20090106Azuki20090106沸騰させ、味見をしたら、ちょうと良い味に、まずは、しるこで、少しだけ頂きました。小豆の写真は、しることして飲んだ後に、お椀に沈んでいた小豆で、食べてしまう前に写しておきました。
余談
偶然購入した茹で小豆に、ぜんざい、しるこが、この「ゆであずき」に水を加え、温めるだけで、簡単に食べられる事を知りました。そして、こんな簡単な事なら、もっと気軽に、ぜんざい、しるこを食べようと、保存期間も長いので、もう一缶を購入リストに追加でした。
独り言
ゆであずきの事は、まず、別に書いているブログに、同じ様な事を記述でした。
今日の朝の事
Zenzai20090107Zouni20090107デイサービスに預ける母親には、このゆであずきで、ぜんざいを出しました。ぜんざいと言っても、餅を煮込んだりせず、レンジでチンの餅に、昨日作ったしるこを温めてかけるだけのぜんざい、そして、私は、お雑煮でした。

|

« 月と太陽の見かけの大きさの比較 | トップページ | HP「樹木の四季」の更新案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井村屋、ゆであずき(430g)は、缶入りしるこ、缶入りぜんざい、二缶と同じ値段ぐらい:

« 月と太陽の見かけの大きさの比較 | トップページ | HP「樹木の四季」の更新案内 »