« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月19日 (木)

尾崎神社(金沢市街散策から)

Ozaki200902141Ozaki200902142Ozaki200902143尾崎神社(おざきじんじゃ(2009年2月14日訪問時の写真から)。朱塗りの囲いが印象的で、冬に飛騨を尋ねた時に見た光景が思い出されました。そして、冬だけの風景かと思ったりもしました。(検索で、尾崎神社の写真を、少し見たのですが、朱塗りの囲いがある写真は見られませんでした、また、狛犬の顔を見てくるのを忘れました)。
Oinari200902141Oinari200902142Ozaki200902144社の隣には、定番?のお稲荷さん。鳥居には、豊受稲荷社とありました。そして、この位置からは、神殿も朱塗りの囲いの中と分かりました。そして、ちょっと変わった鳥居の囲いかすめ、違う角度からも拝殿方向を1枚でした。
Ozaki20090214あらかじめ地図でチェックもし、地図も持って歩いていたので、大通りから、尾崎神社は、一目で分かりました。(歴史・謂れについて知りたい方は、リンク先を参照して下さい)。
余談
尾崎神社(金沢市)、尾山神社(金沢市)、私は、尾関。そして、江南市にもある地名の尾崎(おさき)。
そんな同じ、尻尾の尾つながりに、何かを感じ、尾崎神社を検索すると、各地にある尾崎神社の名前に、特に意味があるわけではないですが、尾崎神社リンク集も作りたくなりましたが途中で挫折でした。
尾崎神社(岩手県釜石市)、おさきじんじゃ、朱塗りの屋根。
尾崎神社(埼玉県川越市)、おざきじんじゃ。かわつる紀行
個別に探すのもと、HP「玄松子の記憶」へリンク。
ちょっと、蛇足になるけど
金沢旅のチェックにどうかと、金沢観光情報「きまっし金沢」をリンク。
そして、きまっし金沢で見つけた、尾崎神社(撮影日の記載がなく、また、主な観光施設のリストには該当無しでした)には、拝殿に朱塗りの囲いが無い、写真を見る事が出来ましたので、対比の為に、特にリンク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

金沢城公園散策

三十間長屋、五十間長屋、石川門などを写しまわった、金沢城公園散策に、沢山の写真も掲載なので、ブログへ起こしの方は、「滅多に目にする事の無い、金沢城公園を満喫してください」でした。
Ishikawamon200902141Ishikawamon200902142Ishikawamon200902143石川門では、生憎の逆光だったりと思うに任せない写り。そして、石川門を抜けると、そこは、工事中でした。
Nagaya200902141Ishikawamon200902144Matsu200902141グランドの様な芝生の広場に、そして、逆光に戸惑いながら。写したのは五十間長屋と石川門石垣。普通、あまり紹介されない光景を写し。そして、工事中でなかったらどんな光景かと、ここでは、松を写しでした。
Nagaya200902142Nagaya200902143Nagaya20090214五十間長屋を近くに写し。そして、五十間長屋の前方への坂を上がり。その風景は、壁紙ページに掲載をゆずるとし。
Nagaya200902144Nagaya200902145Nagaya200902146今度は、三十間長屋の方へ散策。目に付いた道を、何も持たずの散策で、道に迷い、近道の帰り道を探したりの歩きに、また、同じ場所へ。
Ishigaki200902141Ishigaki200902142Map20090214石垣マニアは見えるのかなと、少しだけ、石垣にこだわり。後で知ったのですが「金沢城の石垣めぐり」の看板も写してきました。その地図には、迷って、ここかなと、公園から出てきた所が、「いもり坂口」とも書かれていました。地図を三枚目の写真とすると、一枚目の写真の道を歩いて行ったら、2枚目の写真の位置に戻ってきて、2枚目の手前方向に、「いもり坂口」の出口に近い道がある事を知りました。(時間も遅くなり、兼六園の後で、足の疲れも限界に、そして、石川門へは戻りたくなかった私でした)。
Sansaku200902141Sansaku200902142Sansaku200902143散策を続けると、ここは何だと写したり、五十間長屋の門が見える場所に出たり、兼六園方向の眺めも写したりに。
Jyumoku200902141Jyumoku200902142Jyumoku200902143最後は、森の道に、近道探し、そして、目に止まった木を写しでした。そして、閉門時間があるのかよく分からない散策にもなりました。
余談
これだけ歩いて写した事に、写真のタイムスタンプを見ると、金沢城公園にいたのは30分ほどで、思ったより短い公園滞在時間でした。
兼六園と金沢城公園の壁紙ページは、こちらへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢、フードピアランドに出かけ

Foodpialand200902141Foodpialand200902142Foodpialand200902143Foodpialand200902144金沢、兼六園に、松の木マニアの私は、結果的に、願ってもない金沢行きでした。あきさんにも合え、兼六園も楽しめる、滅多に無い、こんな機会に、雨はどうかなと思いながらの2月14日でしたが、折り畳み傘も持って、まずは、金沢中央公園のフードピアランドに行きました。
Foodpialand200902145Aki20090214音を頼りに、歩いていくと、イベント会場となった中央公園敷地内の南東角に、歌唱ステージがありました。ステージ終了後は、今回、あきがたりのCDを購入、あきさんの冷たい手の握手に、思わず、冷たいの言葉が出てしまった私でした。そして、よく考えたら、寒そうな服装のあきさんに、寒くは無いですかの一言を忘れた事が心残りに。
独り言
このページは、歌手名で、ヒットしないように記述してあります。また、私が、食べ物マニアだったら、フードピアランドでの時間も考慮するけど、散策マニアに等しいので、あきさんの歌唱が終わったら、ほぼ、一直線の兼六園行きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演歌歌手、山本あきさんを追いかけて、フードピア金沢2009のフードピアランドへ

作ったページは、兼六園と金沢城公園のデスクトップ壁紙ページ。
そして、兼六園金沢城公園尾山神社尾崎神社などの金沢散策スポットの案内と、演歌歌手、山本あきさんを追って、金沢にきた事で、金沢散歩も楽しめた一日に感謝して、あきさんを、このページで、ささやかに応援です。
余談
まだ、新曲キャンペーンで、一回しかお会いしていなくて、写した結果に心残りもあり、今回、金沢フードピアランドに出かけた事で、山本あきさんの素敵な笑顔を、写真で連れ帰れ、素敵な2月14日のバレンタインデーになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

黒皮落花生を購入、台湾産だったので、ふと、国内で育てている所はと検索

Mame200902121落花生マニアじゃないけど、食べたかった落花生に、袋の文字など読まずにスーパーで購入した、黒皮落花生。生まれて初めて見た、薄皮の黒い落花生でした。
何か袋の様子が違い、真空パックの様子に、袋の文字を読むと、「台湾産 落花生 黒皮」と書かれていました。そして、「黒い薄皮には、アントシアニンが含まれて」と書かれてました。
Mame200902122この落花生の豆の一粒の大きさは、大豆ぐらいと小粒。そして、普通の落花生なら、薄皮を口にしたら、豆ごと吐き出す事になるけど、この黒皮落花生の薄皮は、豆と一緒に食べても、違和感もなく、食べられました
ただ、難点と感じたのは、落花生の殻で握力の無い人(私の母親の様に、要介護などの人)には、ゴツゴツ感のある落花生の殻を割るのが難儀かなと思いました。
営業じゃないけど、あなたも、スーパーで、珍しい、黒皮落花生を探しませんかと写真も紹介です。(黒皮を剥がすと普通の落花生色なので、薄皮を剥がした写真は、写していません)。
余談。
国内生産は?と、育てている所を検索したけど無く、どんな所で育っているのかなと、台湾での生産地も検索したけど、簡単には見つからない結果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

写した野鳥は、頭が白、目の周りから首が黒、胴体から尻尾が茶色

Yacho20090208個性的な野鳥だと思ったのですが、そして、冬の羽色なのか、ネットの野鳥図鑑では、簡単に見つけ出す事が出来ませんでした。
追記。
もうちょっと調べたら、ジョウビタキの雄と分かりました。
そして、雌からは、イメージできない、オスの姿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルシー焼きそばの作り方

Yakisoba20090208豚肉、キャベツ、ピーマン、生タイプラーメンで、普通に、焼きそばを作り、ここから、ヘルシー焼きそばへ、変身の一手間を紹介です。
(写真は、ヘルシー焼きそばに変身後です)。

Yudeyasai20090208最初は、モヤシとニラの茹で野菜を、醤油で食べようかと思ったのですが、野菜の、あっさりしすぎた味に、出来上がっていた焼きそばに、かき混ぜ、思いつきの、ちょっとした工夫に。

・茹でモヤシ、茹でニラを、しっかり水切りして、共に刻んで、先ほど作った焼きソバに加え、かき混ぜる
だけです。これで、増量とあっさり味、そして、彩りも楽しめる、野菜たっぷり焼きそばに変身です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アジをさばく」を鮮明写真で紹介

Aji200902061まずは、「アジをさばく」の前に、まな板の、アジ一匹と出刃包丁の紹介。

そして、おろし手は、義理の妹、写し手、私。

そして、見れば分かる、「アジをさばく」、の写真紹介に。

Aji200902062Aji200902063Aji200902064Aji200902065Aji200902066Aji200902067Aji200902068・ゼイゴといわれる尻尾の方の体表側面にあるウロコを切り取ります。
・アジの体から、ウロコを剥がします。
・アジの頭を切り落とす。
・内臓を取り出し、水洗い。
・三枚におろす。
写真では、三枚におろす所までではなく、半身を切り取る途中のシーンと、半身を剥がし、並べて写したシーンのみ撮影。
・最後に、中骨に付いた身を、スプーンですくい取る。

Aji20090205写真に写したのは、「さばく」の主要部分だけで、アジの皮を剥がし、刺身用に切るシーンは、写しておりません。

メインのシーンは、刺身になった、アジ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

演歌歌手、山本智子さんの新曲「若狭恋唄」から、「そとも」を仮想旅

山本智子さんの新曲「若狭恋唄」から歌詞にある、蘇洞門(そとも)を仮想旅といっても、蘇洞門関連のリンク集です。
(蘇洞門の写真壁紙も探してみましたが、見つける事は出来ませんでした)。

若狭フィッシャーマンズ・ワーフ
若狭湾観光 蘇洞門遊覧船観光 株式会社


小浜市
心やすらぐ美食の郷 御食国若狭おばま


ええやん!若狭の國
若狭おばま観光協会公式サイト


以下は、写真を見るならでリンク。

蘇洞門めぐり案内

蘇洞門めぐりと三方五湖日帰り
蘇洞門めぐりⅢ:satoshi.sⅡさんの旅行ブログ
(旅行のクチコミサイト フォートラベル)


おまけのリンクは、
Yahooブログに書いた記事。

テレビ番組、平成歌謡塾の山本智子さんを見て

さらに、おまけは、
私が智子(さとこ)さんの歌謡ショーに
出かけた時のページへリンク。

山本智子さん応援ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

太陽のある曇り空を写し、写した写真を、ちょっと加工したら

Sora20090203思わぬ、写真加工結果に、「シンプルで、これもありか!!」と、普段なら「ブログは個性だ!!」に掲載ですが、今回は、こちらのブログに掲載でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

カップラーメンを一工夫は、濃い味のラーメンに、温野菜のトッピング

Cupmen200902011Cupmen200902012昔、名古屋に勤めていた頃は、昼食は、モヤシ一杯の味噌ラーメンを、ほぼ、毎日食べていた事を思い出し、そして、今更、気が付いた事は、モヤシとネギをレンジでチンして、カップの味噌ラーメンにトッピングでした。
余談。
次回の時は、ニラも好きなので、モヤシ、ニラ、ネギのトッピングにしようと思っています。
また、モヤシ、ニラは、あらかじめ、どんな食べ方にも使えるようにと、茹でて冷蔵庫に保存、ネギも、刻んで、こちらは、生のまま、冷蔵庫に保存。
そして、食べる時に、ネギは、モヤシ、ニラを温めた後で、30秒ほど、レンジで追加温めで、合わせてのトッピングにしてます。
なお、モヤシ一袋なら、一回のトッピング、ニラとモヤシ一緒なら、2回分のトッピング材料になるはず。そして、あまり物にも困らない、美味しい食べ方に、今更ながら気が付きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画に「竹林のざわめき」を追加

神社の掃き掃除に出かけ時に、途中の、竹林の竹の鳴る音に魅かれ、
清掃終了後に、再度、途中まで出かけ、動画撮影でした。
そして、決して、良い結果ではなかったのですが、
まず、一回目として、動画ページにアップでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »