« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月28日 (土)

アラマンダ、マツ、ノウゼンカズラを接写で楽しむ

Aramanda20090328Matsu200903282Nouzenkazura20090328アラマンダ、この枝は、葉が4枚の輪生。ふとっちょな茎だと思っていたら、下の葉が、茎を包んでいました。
マツの冬芽も緑に、そして、葉が伸び始める頃が楽しみに。
ノウゼンカズラも芽吹きが分かるように、そして、気根(付着根)と芽吹きの様子に、今が接写時かなでした。

余談。
草花では、こんな楽しみ方が無いかもと思った接写からでした。また、アラマンダの綿ぼこりが積もった葉は、愛嬌で見てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

東海ラジオの番組「歌謡スクエア」を検索する

演歌歌手、小桜舞子さんのブログにあった、”東海ラジオ「歌謡スクエア」”の文字に、聞いた事も無い番組なので、「東海ラジオ 歌謡スクエア」で検索。
そして、検索リストにあった「Time Table」文字に、タイトルに「東海ラジオ」の文字がなく、クリックをしても仕方ないかと思って、再度、東海ラジオ(1332kh)zを検索。

そして、東海ラジオのHPにあった「タイムテーブル/Time Table」ボタンをクリックすると、平日週間のタイムテーブルが表示され、そのページも、ページタイトルが「Time Table」の記述だけの様子。
そして、「東海ラジオ 歌謡スクエア」をキーワードに検索して、表示された検索リストの「Time Table」の意味が、やっと理解でした。

そして、東海ラジオから辿り着いた、タイムテーブルの木曜日、午後9時から30分の番組「歌謡スクエア」に、タイムテーブルの土日が別リンクになった構成を知りました。でも、やっぱり、土日ページも、ページタイトルは「Time Table」だけ。

余談
ほんとは、東海ラジオの放送周波数が知りたかっただけの検索に、ちょっと回り道をしてしまった検索でした。そして、以前にも、同様な事をしなかったか分からなくなった、私でした。
そして、よく考えたら、URLを見ればよかったと反省でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢競馬場ミニライブについて検索

歌手、山本あきさんのスケジュールにあった、金沢競馬場ミニライブについて、気になった点を検索。

場所は、金沢駅からどんな距離か
金沢競馬場の位置を地図で確認して、金沢駅から兼六園の比ではない距離に、金沢競馬のHPに、金沢駅から金沢競馬間のファンバスがある事を確認。
・ミニライブは、金沢競馬場内のどこか。そして、二回のミニライブという事だけど、一回あたり何分か
ミニライブの場所、2回のライブの始まりと終わりの時間については、金沢競馬のHPには記載なし。でも、過去の記事を見つけ、場所と一回あたり時間について、参考になりそうな事が書かれていました。
場所:金沢競馬場内ファンサービス館横ステージ、ミニコンサート:一回あたり15分。

山本あきさんのスケジュールについては下記をリンク
山本あき公式ブログキングレコード山本あき、(リンク先なので敬称略)。

余談
五月の連休前で、電車も混んでいないし、出かけてはみたいけど、競馬場以外の時間を、どう使うかが思案になった検索に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

鳥が蒔いてくれた枝垂桜

3.26 成長記録に、シダレザクラの観察記録のページ追加し、枝垂桜の接写花壁紙を4枚用意
3.24 樹木の四季折々に、変な構成ですが、同じ好きな事だからと、桜巡り・花巡り・歌巡りで、壁紙ページを1頁作成
薄墨桜、三又、彼岸桜、椿、メジロ、白木蓮、辛夷、山桃、小彼岸桜、すいとぴあ江南の桜、フラワーパーク江南の桜、
歌手は、あきさんと智子さん(人物は壁紙なし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

文化堂名駅前サンロード店と見つけたキャンペーンイベントに補足

文化堂名駅前サンロード店は店舗で、イベントの場所ではなかったので、文化堂イベントホールの場所を、念の為、この別記事で案内。
(文化堂さんの地図では、店舗の場所がちょっと分かりにくいので、何かの時を考慮して、文化堂サンロード店の分かりやすい地図?を見つけリンク。名駅地下街サンロードのフロアガイドの、店舗配置図文化堂の場所は「配置図でC9」)。
Bunkado200903211Bunkado200903212新曲
キャンペーンが行なわれる場所は、写真のHAKURAI RECORD BUNKADO(地図へリンク)と看板の掛かった、別の場所なので、地下街の店舗からは、迷う事も考えて30分ほど、考慮された方がいいかもしれません。(ビル街の風景は、北の方向)。
Tennonbashi200903211Tennoubashi200903212Tennoubashi200903214名古屋市中村区名駅南、堀川横、
天王崎橋辺りの他の様子も写してきたので、同様にビルの谷間ですが、風景写真も追加掲載。(文化堂横から堀川対岸の眺め、西方向の眺め、最後は、対角方向のビル街に残された古風な建物)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

演歌歌手、山本あきさんを追いかけて、すいとぴあ江南の桜祭りへ

Suitopia20090320Suitopia20090322Aki20090322すいとぴあ江南のコヒガンザクラも、山本あきさんを満開の桜で出迎える事が出来た桜祭りの日に。そして、最前列中央に陣取っておられた一行の中には、顔見知りの西尾からの方も見つけました。
そして、渡したいものがあって、ステージに行った時には、あきさんの「近くなのですね」に、チグハグな言葉をかけてしまった事が、ちょっと心残りに。(3枚目の写真は、歌唱が終わって、抽選の景品になっていた、あきさんのサイン入りポスターを、当選者に手渡される様子から、また、写真向かってステージ上左端の方が、もう一人のゲスト歌手の砂田おさむさん)。
私の携帯ではありませんが、私には聞こえなかった携帯の呼び出し音に、あきさんは気が付かれ、そのお客さんに、待っているから出てあげてと、声をかけられたりに、私は、適当な言葉が見つかりませんが、あきさんの人柄を知る出来事に
山本あきさんを知ったのは、新曲「涙の河を越えて」を聞いたのがきっかけ。キャンペーも、まだ、一回だけ。そして見つけた、フードピアのイベントゲストに出られるブログ記事には、兼六園もある事だし、あきさんの歌唱が終わったら散策すればいいと出かけた先月2月の金沢、そして、改めて、あきさんの笑顔と歌声に魅せられてしまった金沢行きに。そして、今月3月は、あきさんが偶然にも、すいとぴあ江南へ来られると知り楽しみにしていた22日でした。
22日の空模様に、山本あきさんのブログにあった「晴れ女」の文字を思い出し、朝からの雨が止んで曇り空ですんだ空に、これも、晴れ女効果かなと思ったりでした。
余談
同市内の私は、すいとぴあ江南までは、自転車で10分ほどの距離なので、祭りイベント会場へは自転車で行き、帰り道には、曇り空のすいとぴあ江南のシンボルタワーを写し。また、写真では、20日の晴れた日のすいとぴあ江南の桜も紹介。
独り言
毎週土曜日は、朝7時30分からの、ぎふチャンのラジオ番組「山本あきのティーアップミュージック」で、あきさんの声を聞く事も楽しみに。それも、一世代前の様なラジオなので、放送開始時刻には、オープンニング曲「涙の河を越えて」を探しながら、アナログチューナーと格闘でです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演歌歌手、山本智子さんの新曲「若狭恋唄」のキャンペーンへ

Bunkado200903213Satoko20090321今月二回目の山本智子さんのキャンペーンに、声帯のリハビリ中との話しもあり、声の調子は、持ち歌でも、激しくない優しい歌い方なら歌えそうな様子でした。ツーショットの時に質問すればよかったけど、だから、今回のキャンペーンでは、私の聞きたかった、前作の「炎の川」は、歌われなかったのかな?と思ったりも。そして、同居されている鳥のフクロウの話になると、満面の笑みで話し続けられる智子さんの様でした。
また、ブログを書かれていない事も、謎の多い・ミステリアスな演歌歌手という事でいいかなと聞いた様な記憶でした。
余談
「智子」の文字は、「さとこ」と、「炎の川」は、「ひのかわ」と読みます。また、拙い事しか書けませんが、智子さんに関心をもたれた方は、ぜひリンク先へ。
コロムビアミュージックエンタテインメント  山本智子さんのページ。
文化堂・名駅前サンロード店とイベントホール
Bunkado200903211Bunkado200903212初めて出かけた文化堂、サンロード地下街店と、アットホームな雰囲気の中でキャンペーンが行なわれた文化堂のイベントホール。ホールというより室内といった方がぴったりな場所ですが、「えんかよせ、文化堂演歌倶楽部」と掲げられた看板は、なかなか、いい雰囲気でした。
キャンペーンが行なわれるのは、写真のHAKURAI RECORD BUNKADO(地図にリンク)と看板の掛かった、他の場所。
でも、何かの時に、名駅地下街サンロードのフロアガイドで、店舗配置図にもリンクしておいた方が、文化堂の地図説明より、文化堂の場所(配置図でC9)が分かりやすいかとリンクも。
地下街の文化堂さんに立ち寄り、地図をもらって、イベントホールへ、歩いての所要時間は、30分ほど考慮した方かいいと思われる所にありました
独り言
久しぶりに、昔に勤めていた会社があった辺りの道程に、キャンペーン帰りには、昔懐かしい通りも歩いてみて、焼き鳥屋さん二件の匂いに誘惑されそうになったりでした。でも、結局、地元の焼き鳥屋さんでは、隣になった人に、智子さんの新曲「若狭恋唄」のCDをあげたりも。そして、後の二枚は、いつもの様に、曲を聴いて気に入る人があったらあげてとと渡したりです。
また、桜巡りをしている私には、歌手の方の笑顔に、「笑顔の花巡り」のタイトルで1ページを作ろうかなでした。
ことわり
私がCDを複数枚購入するのは、売り上げに貢献の目的ではありません。少しでも、智子さんの歌声を知って欲しくて、小遣いの範囲で配る為に購入です!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月20日の自転車散策は、桜巡り花巡り

近くの堤防裏の桜が満開、そして、薄墨桜も満開だったので、近くを自転車で花巡りでした。
Rengyo20090320Kibushi20090320Asebi20090320Shidarezakura20090320まずは、自宅から、レンギョウ、キブシ、アセビ、シダレザクラ
アセビの花は暖簾の様に写したかった、そして、枝垂桜は実生で勝手に生え育っていました。
Sakura200903201Sakura200903202Sakura200903203Sakura200903204Sakura200909205自転車散策からは、私の桜巡り標準木も紹介。
最初の2枚が、自宅近くの堤防の桜。この二本の桜の木が、私に桜巡りの時期を教えてくれます。そして、ウスズミザクラも近くに、ちょっと走ると、ヒガンザクラ、そして、江南団地の一本のカンザクラは、もう、葉桜になっていました。
Kouen200903201Kouen200903202Mejiro20090320近くの公園からは、フラワーパーク江南のヒガンザクラと、すいとぴあ江南の満開のコヒガンザクラ
コヒガンザクラのとある一本には、花の蜜を求めてか?、沢山のメジロが集まって来ており、メジロ撮影も楽しむ事が出来ました。ただ、メジロに近づく距離に気をつけないと一斉に逃げ出される感じでした。
Usuzumizakura20090320Hakumokuren20090320Tubaki20090320Mitsumata20090320Kobushi20090320余談になりますが、薄墨桜の花茎の長さに下を向く花ばかりが目立ち、覗き込んで写すのに一苦労だったり、ハクモクレンの花では白さを写し楽しんだり、お気に入りの紅白のツバキでは、いいアングルはないかと探し楽しんだり、ミツマタの小さな木では、うつむいて咲く花なので、フリーアングルのデジカメではないので、これも写すのに一苦労、また、強風に舞うコブシの花では、舞う姿を写し楽しんだりでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

コブシ、レンギョウ

Kobushi20090315Rengyou20090315自転車で走っていて、目に付いた樹木に、サンシュユ、ハナノキもあったけど、花の小ささに、写す事をパスでした。
レンギョウの花も、信号を一回パスして、車が通らなくなった時に、もっと近づけばよかったかなと思いましたが、通りすがりとなってしまいました。
Yoteiro20090315また、予定していた道が工事中でなければ、アオモジの花を見ることも出来たのにと、ちょっと悔しい思いも。(アオモジの花、どこかに、雄花・雌花の写真を掲載しているはずだけど、まだ、50音索引に未掲載でした)。
アオモジの花が気になって、サイト内を検索したら、「樹木写真素材写真壁紙集樹木の四季別館2」の「デスクトップ壁紙(273)」の最後の3枚にアオモジの花がありました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田縣神社豊年祭りの主役神輿

Mikoshi200903151Mikoshi200903152細かい事は別にして、豊年祭りの田縣神社に奉納される主役神輿
テレビ番組の珍百景に投稿したら、どうなることやら。また、全国に、この祭りが、どの位、知れ渡っているのかな?。
でも、単純明快な豊年祭りかも、そして、天下の珍祭の主役神輿の写真でした。
余談
今年で、出かけたのは、三回目。また、移動してリンク切れになることもありますが、本館に掲載したページへもリンクしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

神輿内の五穀豊穣の神、御祭神を豊年祭りの行列が出る前に写し

Saijin200903151Saijin200903152豊年祭りの神輿が動き出したら近づく事も容易に出来ないと思っていた神輿。熊野神社境内ではなく、公園脇に置かれていた神輿に、この機会とばかりに写していました。
写真の1枚は、私が神輿に気が付く前に鎮座する祭神を写そうと狙っていた人。(神輿の中の像を写して見て、気が付いたのは、「若者姿の御祭神かな?」でした)。
Hounenmaturi200903151Hounenmaturi200903152Hounenmaturi200903153そして、神輿が境内ではなく、ここに置かれていた理由を、神輿が重すぎて、熊野神社の境内に運ぶのが困難だったか、神輿を置く場所が、狭い境内では場所が無かったのか、独り言も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田縣神社豊年祭りの神輿の起点、熊野神社周辺を楽しむ

Kumanojinjya200903151 Kumanojinjya200903152 Kouen20090315 河津桜を楽しめる事を知った、田縣神社近くの、今年の神輿の出発点、熊野神社行きでした。(余談、祭り神輿は、写した方向へは来ません)。
Kawazuzakura20090315そして、今年の河津桜の様子に、花が散ったり傷んだりで、写すには遅すぎた様なので、来年は、豊年祭りではなく、熊野神社周囲の河津桜を写しに、一ヶ月前ぐらいに来ようと思った豊年祭りになりました
名鉄小牧線、田県神社前駅から、熊野神社への近道を知った、散策にも
Yousui20090315Densya20090315Eki20090315熊野神社から遊歩道沿いを、久保山に沿って駅前の方に自転車を走らせると、風の強い中、何とか、河津桜の接写も1枚撮れ(4枚目の写真)、さらに用水?に沿っての道に、そして、斜面の階段を自転車を引いて降りたりで、名鉄電車の眺めも楽しみ、こんな近道があるのかと思った散策に。(名鉄小牧線の複線区間は、上飯田-小牧間なので、田県神社前駅では、車両がすれ違う為に上り下りが並ぶ事も)。
余談に以前のページへもリンク
2006年の豊年祭りの神輿の起点は、神明社
2008年の田縣神社豊年祭りの行列
2004年に訪ねた岩崎山と久保山の熊野神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サツマイモの苗床はプラ鉢で、培養土100%で

Beniazuma20090314Naedoko20090314サツマイモの品種紅東の名前を知ったので、スーパーで紅東を一本購入して、食べ頃の中心部分は切り取って、両側を一つにビニールテープでくっつけて、葉芽出し様の種芋に。
写真一枚目が、腐ってしまわないようにと、サツマイモの切断面を合わせテープで固定。
写真2枚目は、培養土に水を一杯含ませた土は、まだ、冷たいので、土の温度が上がるまで、サツマイモは、新聞紙でくるみ暖かい場所で保存。
今後について
培養土の苗床は、日当たりの良く場所に置き、発酵促進で、温度が上がってきたら、切断面をくっつけたサツマイモなので、腐らせてしまうか分かりませんが、培養土中に埋めようと思っています。
余談
思いついたら、身近で出来ることなら、何でもやってみようと思う、植物マニアの管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

岐阜梅林公園の梅まつりと新聞社主催の撮影会

Umematuri200903083Umematuri200903081Umematuri200903082 Satueikai200903082 Satueikai200903081 ちょっと不安な空模様でしたが、天気予報を信じて、江南から岐阜へ、撮影会目当てで、岐阜梅林公園の梅まつりへ、体力テストを兼ね自転車で走ってきました。
Sora20090308Sakura20090308Mimoza20090308Jinchoge20090308Boke20090308江南から岐阜までの道程では、桜の花とミモザの花(ギンヨウアカシア)を写したり、岐阜梅林公園では、ジンチョウゲの花の香りが、梅に勝っている場所もありました。他に、梅林の中にボケの花。
余談
梅の花色を接写する為に、幹に咲く花をあれこれ探してみましたが、柵の中の梅の木なので、思うように、接写に適した花を見つける事が出来ませんでした。
また、ふるさと迷走案内ふるさと写真素材写真壁紙集で、過去の写真を振り返ると、岐阜梅林公園へは、2005年から梅まつりに通っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

毎月の江南広報配りも最終月に

今月の「広報こうなん」の楽しみは、、三月中旬から始まる、江南さくら祭りの期間中の記事に、歌手の山本あきさんの名前を見つける事。
そして、ありました、カラオケゲストに、山本あきさんと、もう一人、砂田おさむさんの名前。
ネット(下記リンク先)では、一足早く確認していたけど、配布で変わっていたらと心配もしていたのですが、紙面でも、山本あきさんの名前を確認できました。
いこまいCAR一部変更・すいとぴあ江南さくら祭り
余談。
山代温泉「雄山閣」のブログに見つけた、[演歌・舞踊・マジックショー]に、山本あきさんの名前と写真を見つけ、ショーと食事、両方を楽しみたい私は、日帰りは辛いし、さて、どうしたものかと迷ったりです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

演歌歌手、山本智子さんの新曲「若狭恋唄」のキャンペーンに濃尾商会へ

Satoko200903021Satoko200903022あまりの体調の悪そうな山本智子さんに、ツーショットを写してもらう事も遠慮したキャンペーン行きになりました。そして、曇りがちな笑顔のワンショットも、写すことなく帰る事に。
でも、新曲CDは、とりあえず三枚購入して、帰りに、いつも立ち寄る焼鳥屋さんに二枚渡してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

針綱神社、三月三日、ひな祭り、女の厄除け祭り

Harituna200903011Harituna200903012針綱神社には、鳥居に、「3月3日ひな祭り、女の厄除祭」の横断幕が掲げられていました。(3月1日の散策にて)。
Harituna200903013Harituna200903014Harituna200903015でも、私の注目は、小さな祠の神々でしたが。
針綱天満宮を奥にいくと、山神社を始め、神々の祠の並んでいる様子に、個別に写したくもなりましたが、キリが無いからと、左右からまとめて写しておきました。そして、境内から、ちょっと大き目の祠は、個別に写したけど、未掲載なので列挙だけに(多賀大社、金毘羅神社、市神社、秋葉社、本殿横には、八幡社、愛宕社、御神馬、御神砂)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱田社、北野天神社、扶桑緑地、犬山駅近くの公園

Tubaki200902281Tubaki200902282Tubaki200902283Ume200902281Ume200902282Ume200902283Nekoyanagi200903011Nekoyanagi200903012Nekoyanagi200903013Sakura200903011Sakura200903012Sakura200903013熱田社(江南)のツバキの花は見納め、北野天神社(江南)のウメの花は、これから咲く梅も(接写したのは見納めの花色)、扶桑緑地(扶桑)のネコヤナギの花(強風で幹に近い花を接写)、犬山駅近くの公園(犬山)では、シキザクラの花が見納め(枝先にも写し頃の花はあったけど、強風なので、揺れが少ない幹に咲く、数少ない花を探しまわり、花を接写)(2月28日、3月1日の久しぶりの自転車散策に、そんなに距離を走っていないのに、帰宅したら、ちよっと片足が筋肉痛)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »